【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

コンセントにはホットとコールドとアース線があります。


配線図を見ると、これらのラインは別のラインとなっています。

http://sudoteck.way-nifty.com/photos/uncategoriz …
http://lazyecology.web.fc2.com/reverb/special/gu …

一方で、

https://allabout.co.jp/gm/gc/51186/
http://pabasic.com/denkinokiso/dengennokyokusei/

このページの解説のように
コールドラインとアース線が繋がっている
と説明されている記事もよく見かけます。

これは一体なぜなのでしょうか?
単に解説記事を書いた人の誤解なのでしょうか?

あるいは、配線図の見方を間違えていますか?

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございます。

    両方ともアースではあるけれど
    別の場所のアースだったのですね。

    しかし、アースという言葉は「地球」が語源だと思いますが
    同じ地球から電位をとっているのに
    場所によってアースの電位が異なるというのは変な気がするのですが。
    繋がっているけど、繋がっていない、というのは解釈が難しいです。

    質問なのですが、
    通常、漏電時に感電事故を防ぐために、
    洗濯機などにアース線を接続すると思います。
    もし漏電してコールド線とアース線がショートすると
    6000Vが洗濯機側に流れる可能性がある、ということですか?

    あと、コールド線とアース線をショートしてはならない理由、
    なぜ6000Vが流れる可能性があるかについても
    もう少し詳しくお教え願えないでしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/03/22 10:23
  • ありがとうございます。
    No.1さんは繋がっている、と仰っていますが・・・
    どちらが正しいのですか?

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/03/22 18:23

A 回答 (6件)

アース線の接地とコールドラインの接地は目的が全く違います。


電気をしっかり学んでいる人は明確に区別しています。

名称も違います。前者をD種接地、後者をB種接地と呼びます。

B種接地は、変圧の内部または外部で高圧と低圧が接触した場合に低圧ラインの対地電圧(地面との電位差)が上昇しないような目的で、低圧機器の損傷や感電・火災の防止です。したがって万が一変圧器が故障して高圧線と低圧線が接触した場合、コールドラインと対地の間にに数百ボルトの電圧が発生する可能性があります。そのため機器のアース端子にコールドラインを接続すると変圧器故障時には機器の外部に大きな電圧が発生して感電します。通常はその場合でも更なる安全装置が変電所で働き、高圧線を遮断します。

D種接地は低圧線で漏電が起きたときに、機器の外装などに低圧の電圧が出てきて感電することを防止します。その場合でも数ボルトから数十ボルトの電圧が機器の外部の金属部分に現れます。

もう一つの役割として、D種接地とB種接地が熱になっていることで漏電ブレーカーの感度が上がり、安全性が上がります。

>別の場所のアースだったのですね。
そうです、また別の目的のアースということです。

>もし漏電してコールド線とアース線がショートすると
>6000Vが洗濯機側に流れる可能性がある、ということですか?
変圧器が故障して、洗濯機が漏電した場合そうなります。ただし、B種接地(コールド)が断線などしていなければ、数十~数百ボルトに収まります。また通常は変電所の安全装置が働き、すぐに停電して安全を確保します。

>No.1さんは繋がっている、と仰っていますが・・・
通常は「直接は」つながっていません。
ただ、いいかえると大地を通じてつながっているということです。(No.1さんの説明の意味)
    • good
    • 0

柱上変圧器から電気機器までの一般的な配線図を添付しておきます。


変圧器の100V側の1端はアースしてあります(図のE1)。アースしてある側が N線(コールド)、してない側が L線(ホット)です。
N線(コールド)は地面に繋がっているので対地電圧は 0V(ゼロボルト) です。ですから理論的にはこの線に触れても感電しないしアースにショートしても電流は流れないので漏電事故は起こりません。漏電ブレーカーも動作しません。漏電するのは L線(ホット側)だけです。(現実にはコールド側には数ボルト程度の電圧が生じている場合があり、その電圧のために漏電ブレーカーが作動することがあります)。

<危険> 電気を学んでない方にはコールドとホットの見分けができないでしょうからどちらの線にも絶対に触れないように。不幸にもホット側であれば感電します。
その見分け方はここには書きません。電気の勉強を十分にしていない方がいい加減なことをすることは非常に危険だからです。家庭に来ている100Vはどちら側も感電すると思ってください。人身事故にならないために。

> 場所によってアースの電位が異なるというのは変な気がするのですが。
場所によってアース電位が異なることはありません。アースの電位はどこでも 0V(ゼロボルト) です。つまり電気機器のうちアースに接続した部分の電位はどこでも 0V です(ただし落雷などで強大な電流が流れた場合は話は別です)。

コールド側とアース線がショートしたことが原因で6000Vが電気機器に流れることはありません。
前に書いたのは柱上変圧器の所でのアース(添付図のE1)と 電気機器のアース(図のE2)をまとめて1つにした場合です。この状態でアース線が切れると変圧器の一次側(6000V)から二次側(100V)に漏れている電流が家庭内の電気機器にまで流れることがあるのです。この漏れ電流は E1 があれば大地に流れるので家庭にまでは届きません。ですから E1、E2 の2つのアースを1つにまとめてはいけません。アースを2か所設けることで1か所が切れても最低限の安全性が確保されていると考えても良いでしょう。

漏電があると漏電の電流は電気機器の中でホット側からケースに、さらに E2 のアースから大地に、そして E1 のアースから変圧器の N線(コールド側)に流れます。すると漏電ブレーカーにおいて L側 と N側 を流れる電流の値に差が出ます。漏電ブレーカーはこの差があることで落ちます。
「コンセントのコールドはアースと繋がってい」の回答画像5
    • good
    • 1

アース線と他の線は繋がっていません。

繋がると漏電ブレーカーが遮断されます。漏電ブレーカーを外してコールドとアース線を繋ぐと、電力メーターが止まります。だだで電気が使えますが窃盗犯で逮捕されます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

コールドは柱上トランスのセンターの接地に繋がってますが、


三極や200Vの接地極は建物内のアースに繋がってます。

こうすると漏電遮断機が動くので安全なんです。
#漏電遮断機の原理上、建物にローカルな接地が必須。
    • good
    • 0

上の 2つと下の 2つではコンセントの形が違います.

    • good
    • 0

① 一般家庭等に来ている100Vの一端は柱上変圧器のある所で接地されています。


② アース付のコンセントではアース端子はコンセントの近くで接地してあります。
ということで100Vのコールド側とコンセントのアース端子は共に地面に接続してあるので「繋がっている」と言ってよいです。
しかしその接地場所(地面につながっている所)が別々であることに注意してください。この2つのアースは絶対に共通にしてはいけません。これを一緒にすると感電事故を防ぐことができなくなります。安全のために必要なのでこのようにしているのです。

①の接地は柱上変圧器が絶縁不良を生じた時に高電圧が100V側に流れないようにするためです。
②の接地は電気器具に漏電があっても人が感電しないようにするためです。
もし①と②の接地を一緒にしてしまうと接地線が切れた場合に電気器具に6000Vの高電圧が流れる可能性が生じます。もし流れると器具が壊れたり火災、感電事故になります。
屋内配線のどことどこがショートしても、また断線しても感電事故にならないようにするために2か所で接地するのです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む

QACコンセントのニュートラル(コールド)側と「アース」

「ACコンセントのニュートラル(Cold)側は、
電柱の変圧器の部分で接地されている」
という認識です。(配線工事が誤ってなければ)

「そこで、家電製品のアース端子の接続先として
ニュートラル側を利用できるのでは」
と考えてしまうのですが、これは可能でしょうか?

今、具体的に考えているのは、下記の2用途です。
下記接続に、問題点などはあるでしょうか?

1:
CRTディスプレーのフィルタのアース線接続先として、
ACコンセントニュートラル側を使うこと。

2:
PC電源のアース線(Hot側Cold側と丸いアース端子がある形状のプラグを、Hot・Cold二穴しか開いてないコンセントに刺すためのアダプタを使用したとき、アダプタからにょろっと出ている線)を、ニュートラル側に結線すること。

Aベストアンサー

>アース端子の接続先としてニュートラル側を利用できるのでは」
アースの目的から考えると不可能です。

1.フィルターのアース接続先は、電気の流れていないクリーンな接地先に繋ぐ必要があります。
汚れた接地先に接続すると、フィルターでとったノイズを吸収することが出来ないばかりか、汚い接地先がノイズ源となりフィルターからノイズを注入することとなります。

2.PC電源も同じです。ノイズが接地側からも入ってきます。

質問が電子機器となっていましたので、ノイズ中心に回答しましたが、家電全般で考えると、次のようになります。
家電でアース端子があるのはフレームが金属製などで、感電のおそれのある場合がほとんどです。
アース線をとることにより、万一の漏電の時にフレームをアース電位(0V)に保ち、感電事故を防いでくれます。
これだけだと、電源の接地側線にアースを落としても良い錯覚に陥ります。

各家庭の電源口には、NFBが取り付けられています。
一般的には、過電流検出で電気を流しすぎた場合回路を遮断する目的ですが、漏電検出も行っています。
漏電検出は、入った電流と戻る電流に差がないか常に検出しています。

家電製品で漏電があったとき、真のアースに電流が流れれば、漏電検出をしてNFBが回路を遮断しますが、電源の接地側線に流れてしまうと、漏電検出が出来ませんので、漏電部分が発熱し火災の原因となります。

漏電により火災となった話は良く聞くと思います。
これは、漏電で漏電電流が真のアース線に流れなかった場合によるものです。
極端な例として、コンセントを半さしにして長期間使用したとき、コンセントの電極部にホコリが溜まり電源間で漏電したため火災となった例があります。

>アース端子の接続先としてニュートラル側を利用できるのでは」
アースの目的から考えると不可能です。

1.フィルターのアース接続先は、電気の流れていないクリーンな接地先に繋ぐ必要があります。
汚れた接地先に接続すると、フィルターでとったノイズを吸収することが出来ないばかりか、汚い接地先がノイズ源となりフィルターからノイズを注入することとなります。

2.PC電源も同じです。ノイズが接地側からも入ってきます。

質問が電子機器となっていましたので、ノイズ中心に回答しましたが、...続きを読む

Qアースが正しく取られているか確認する方法は

通信機器(ルーター等)の電源と接地について困っています。

機器の仕様では、電源電圧 100-240V -5% +10%
第3種(D種)アースが必要です。

この機器はアースが正しくとられていないと動作が不安定になるので
本当に正しく接地されているのか確かめる方法はありませんか?
工事業者に聞くと、正しく接地されているので問題ありません、
と言われますが、何か数値で判断する事は出来ないのでしょうか。
どなたか教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

当方第一種電気工事士です。

専門家として一言言わせて下さい。
下記で皆さんが答えていらっしゃる様な事は実際にはなさらないようにして下さい。
一般家庭に送電されている電源は、柱上に設置されている変圧器で6600Vの高圧を100Vと200Vの低圧に降圧されます。
変圧器の接続されている低圧配電線には電圧線と中性線があり、中性線は大地に接地されております。
1次側に6600Vを使用する変圧器は、内部コイルの損傷の際の漏電対策として、外側ケースは中性線と結束されて共同接地されています。
高圧の配電線は各電力会社のエリア内を何千Kmという総長で結ばれています。
電気は1秒間に地球を7周半できるスピードで走り抜けます。
ですから、どんなに遠くでもエリア内のどこかで配電線事故や落雷があっても一瞬のうちに全家庭に異常電圧が入るのです。
それをどれだけ防げるかは柱上変圧器の接地抵抗にもよるし、高圧配電線に取付してある避雷器の性能にもよります。
また、そのようなこともあるため、一般家庭毎での対策も重要になってくるのです。

ですから素人が保護具無しで、その辺で売っているような安物のデジタルカードテスターのリード棒を、コンセントの穴に挿すような事は大変危険ですのでやめて下さい。
ましてやANo.3の人の様に電圧線と大地間に電球を入れて点けるなどとは論外です。とても知識のある人のする事とは思えません。
感電や火災の恐れもありますし、第一普通はELB、漏電遮断器が働いてたちまち停電します。

一般家庭に引き込まれている電線のうちの1線はあくまで中性線であり、接地線とはなり得ません。
一般家電製品はそのほとんどがエネルギー変換効率100%に遠く及ばないのです。
引込線の電源線を通して受電した電源も、負荷機器で全て消費できるわけではないので、中性線を介して柱上変圧器に戻して、大地に逃がされているわけです。

そのことから、中性線は0Vではありません。
柱上で接地されているとはいえ、保安アース等でもありません。
正確なアナログテスターできちんと大地間との電圧を測定すると、それなりの電圧が発生します。

正しい接地工事が行われていないと、そこに繋いだPC関係やAV機器には異常な電位差が発生してノイズの原因になります。
つまりはちゃんとアースさせれば機器類は安定動作します。

残念ながら接地工事の状況を簡単に測定する方法はありません。
近くの信頼できる電気工事店にお願いして測定や改修をお願いして下さい。

当方第一種電気工事士です。

専門家として一言言わせて下さい。
下記で皆さんが答えていらっしゃる様な事は実際にはなさらないようにして下さい。
一般家庭に送電されている電源は、柱上に設置されている変圧器で6600Vの高圧を100Vと200Vの低圧に降圧されます。
変圧器の接続されている低圧配電線には電圧線と中性線があり、中性線は大地に接地されております。
1次側に6600Vを使用する変圧器は、内部コイルの損傷の際の漏電対策として、外側ケースは中性線と結束されて共同接地されています。
高圧の配電...続きを読む

Q交流回路のアース

初歩的な質問ですみません
AC100Vは一般的に片側がアースされていますよね。
交流回路に抵抗がひとつあり、スイッチをいれると+-交互に電流が流れます。しかし片側がアースされていると、交流電源に戻らずアースに電流が逃げてしまうのでは?アースの抵抗が大きくてアース側に電流が流れないのなら感電時人に流れずアースにながれるのはなぜですか。すいません教えてください

Aベストアンサー

 直流で解りやすく説明すると乾電池に抵抗の負荷が繋ないで、電池のいずれか一つの極を接地しても抵抗にしか電流が流れません。ここで電池の±極を交互に反転しても、同じです。即ち、交流でも同じと言うことになります。
これは接地した側がループになっていないからです。接地してない側(線)に触ると、人体から地面を介して接地を通り電源に帰ります。ここで凄く絶縁のいい靴を履いて触った場合は感電しません。(常に電流は電源側に帰ります、大地に行きっぱなしと云うことはありません、流れないようにすれば感電しません)また、接地した側を触っても感電しません。なぜなら電位差がないので。
 鳥が高圧電線に止まっても感電しないのは、回路がループを形成しないからです。(この場合空気が絶縁物になっています)
 それでは接地しない方が感電しないでいいのではとなりますが、電気技術基準とか漏電が検知しやすいとか色々あって接地してますね。
 

Qアースを繋ぐ線がある電源コードのホットとコールド

2極アース端子付コンセントに繋ぐ電源コードのホットとコールドがわかりません。
普通の電気機器のコードなら見分けられるのですが…。
反対に挿しても別に支障があるわけではないのですが気になります。

Aベストアンサー

何か勘違いされているようですが。
2極アース端子付きコンセントと言うことは
ホット端子、コールド端子、アース端子ですね。
コールド端子は柱上変圧器のところで接地されています。
アース端子は自宅の鉄骨または地下埋設で接地されています。

コールド端子は柱上変圧器までに各家庭の負荷電流がうようよ流れていますので接地線といえどもアースには使えません。

と言うことで、2極のプラグならどっち向きにさしても関係有りません。
余談ですが一部のオーディオマニアはプラグを挿す向きでオーディオの音が変わると言いますが
個人差があり科学的には証明されていないようです。

QAC電源(L,N.E)の特性

AC100V電源のL, N, Eの特性について、以下質問いたします。

(1) AC電源を使う機器の場合、ヒューズはL側に入れるのはなぜでしょうか?
N側に入れても、電流はLとNに同じだけ流れるので、問題ないと思うのですが。

(2)100Vを、Nを使わず、LとEから取るとどのような問題があるでしょうか?

(3)そもそも、Eが接地されているのに、Nも接地されているのはなぜでしょうか?
両方接地されていないと、感電防止?にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。

(2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげますが、ここには電気が流れる経路がないからです。もし、ここに電気が流れてしまうことがあれば、それは漏電という事故になります。
機器-アースー地面-N側という経路に電気が流れてしまいます。
したがって、EをNの代わりに使うことはできません。
電流は、Lから機器をとおり、Nの線から戻るので安全ですが、電流がLからEに流れてしまうと、人体や機器のケース、建物など、流れてはいけないところに電流が流れることになるので、感電や火災などの事故になり危険になります。
漏電で流れてしまう場合は、電流が微量であったり、漏電遮断器がすぐに作動するするため、危険は回避されます。

(3)ほぼ、(2)と同じ回答になるかと思います。
機器(負荷)だけが接地され、地面につながっていても、万が一、漏電が起こったときに電流の逃げる道(Nに戻る道)がないため、人体に電気が流れてしまい、危険な状態となってしまいます。普通は、人体より地面のほうが抵抗が小さいので、人間はほとんど感電せずにすみます。

(1)L側は、100Vの電圧が加わっており、N側は0Vです。もし、N側にヒューズを入れ、このヒューズが切れてしまっても、L側は100Vとつながったままですので、事故が起きているのに危険な状態のままになっています。L側にヒューズを入れておけば、過電流などにより事故が起きてもN側は、0Vなので危険はありません。

(2)Nは接地側電線、Eは接地電線で、似てるようで違います。基本的にEは、機器と地面、Nと地面がつながっていますが、電流は流れません。なぜなら、たとえば、機器の筐体(ケース)などにEをつなげます...続きを読む

Qアースと100Vコンセントのマイナス側の違いって?

お世話になっています

パソコン用のルータとハブにアース線を取り付けたいのですが、
PCの置いてある部屋のコンセントは普通の100Vコンセントです

このコンセントの化粧版を外すと白と黒の導線が接続されていますが、
この黒(マイナス?)にアースを結線すれば、アースをとったことになるのでしょうか?

洗濯機等は緑の導線がコンセントに付属しているアース用端子に結線されていますが、この端子は最終的に配電盤の中立線(黒?マイナス?)へつながっているのでしょうか?

アース棒を地中に突き刺して接地する場合は、最終的に電柱のトランスへノイズが吸収されていると思います。
でも、
単相200Vの中立線もトランスとつながっていますよね?
だから、部屋のコンセントの黒(マイナス?)でアースってとれないのでしょうか?

Aベストアンサー

>この黒(マイナス?)にアースを結線すれば、アースをとったことになるのでしょうか?
黒は活線でもろにAC100Vの交流電圧が出ています。そんなことをしたら感電したり、機器が火を噴いて壊れたりします。

アースは、繋ぐなら、一点アースで地面に刺したアース棒から来ている線に接続して下さい。

>洗濯機等は緑の導線がコンセントに付属しているアース用端子に結線されていますが、この端子は最終的に配電盤の中立線(黒?マイナス?)へつながっているのでしょうか?

最終的には地面に刺したアース棒等に接続されています。
家庭内のAC100V配線の白線側(コンセントの長い穴の方)は、その地区の各戸に電力を供給している電線の電柱を経て、柱上変圧器が接地されている電柱の所で、変圧器のトランスの二次側の端子の接地側(電柱の真下で設置されている。これは落雷や誘雷で発生する高圧電圧が家庭内に侵入するのを防ぐのが目的)に繋がっています。落雷時は電柱の下のアース電位と各家庭の家の付近の大地の電位の間には大きな電位差が発生します。なので家庭用AC配線の接地側(白線側)を家電機器のアースとして使用してはいけません。家電製品等のアースは、家屋周辺の地面にアース棒を刺したところから引いた電線からとってください。

>単相200Vの中立線もトランスとつながっていますよね?
>だから、部屋のコンセントの黒(マイナス?)でアースってとれないのでしょうか?

ダメです。
黒はAC100Vの活線です。柱上トランスのアース側ではありません。
家電製品(家の中で使う電気製品、ルータとハブのアース)は専用のアース端子(家屋に隣接地面のアース棒やアースに接続)に接続して下さい。

>この黒(マイナス?)にアースを結線すれば、アースをとったことになるのでしょうか?
黒は活線でもろにAC100Vの交流電圧が出ています。そんなことをしたら感電したり、機器が火を噴いて壊れたりします。

アースは、繋ぐなら、一点アースで地面に刺したアース棒から来ている線に接続して下さい。

>洗濯機等は緑の導線がコンセントに付属しているアース用端子に結線されていますが、この端子は最終的に配電盤の中立線(黒?マイナス?)へつながっているのでしょうか?

最終的には地面に刺したアース...続きを読む

Qアースの設置法

アース棒の設置法を教えて下さい。
使用するアース棒は直系 14mm 長さ1500 mmのものです。
こういったアースを埋める際には、深さどの程度の位置に埋めるべきなのでしょうか?
また、深さがとれないときは、アース棒を横に寝かせて、埋めても良いものなのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、電気関係の仕事をしている者ですが
アースを設置する機器はなんでしょうか?

ちょっと難しい話をすると具体的には、アースには4種類有って
A種、B種、C種、D種とありそれぞれ施工法法が違います。

施工例

A種 高圧機器の外箱類 
   
B種 変圧器の中性点
    
C種 300Vを越える低圧用の機器の外箱
   
D種 300V以下の機器の外箱

埋設深さは なるべく湿気の多い場所で接地極の上端を地下0.75m以上の深さに埋設します
(1500mmのアース棒だったら法的には2.25mも土を掘らないとだめですよ)
また、アース棒から機器までの配線サイズも使用する機器に応じて変わりますので注意してください

アースを取り付けする機器が不明のためどの種類のアースになるかはわかりませんが
アース棒のサイズが大きいのがちょっと気になりました
もし、家電製品なんかだったら、あまり気にせず適当に埋めるだけでOKだと思いますよ。
とりあえずちょっと深めで、水道管やガス管の近くでなければ、そんなに問題は無いと思います。

こんな感じで良いでしょうか

私は、電気関係の仕事をしている者ですが
アースを設置する機器はなんでしょうか?

ちょっと難しい話をすると具体的には、アースには4種類有って
A種、B種、C種、D種とありそれぞれ施工法法が違います。

施工例

A種 高圧機器の外箱類 
   
B種 変圧器の中性点
    
C種 300Vを越える低圧用の機器の外箱
   
D種 300V以下の機器の外箱

埋設深さは なるべく湿気の多い場所で接地極の上端を地下0.75m以上の深さに埋設します
(1500mmのアース棒だったら法的には2...続きを読む

Qコンセントのコールド側は静電気対策用アースに使えるか

お世話になります。趣味で電子工作をしています。

74HCシリーズの標準ロジックICなど手でべたべた触っても壊れたことがない(保護回路が入っているから?)ので、静電気についてはそれほど気にしていなかったのですが、おそらく静電気によるICの破壊も何度か経験し、大事なICは静電気対策を十分にして扱わなければ、と思うようになりました。

そこでリストバンドなどで人体アースを取ることなど考えているのですが、困るのは家庭のコンセントにアース端子がないことです。そこで、電灯線のコールド側(つまりB種接地につながっている)を静電気対策用アースに代用することを考えているのですが、これは問題があるでしょうか?1MΩとかの抵抗をかませて静電気を逃がす分にはかまわないような気がするのですが。

また、もっと簡単な静電気対策の方法がありましたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

静電気程度なら水道管が塩ビ管でも中の水が純水ではないので、十分な電導性を持っていますよ。また、CMOSなどを扱う場合に重要なのは、扱う物と同じ電位であることなので、工作する台などに導電性のある物を使い、その台に触れた状態で作業すれば問題ないでしょう。私は高価なCMOSを扱うときは秋葉原で買ってきた導電性スポンジ(ICなどが挿してある黒いスポンジ)、その上で作業します。300ミリ×300ミリ程度の物を一枚用意しておくと何かと便利です。作業する際に滑り止めにもなりますし、ICを挿したスポンジや包んだアルミ箔ごと導電性スポンジの上に置き(基盤や他の部品も同様)、そこに手を触れて電位を同じにしてから作業すれば静電気での破壊は防げるでしょう。またソケットを利用する場合は別にして、ICなどを直接半田付けする場合は半田ごての漏れ電流も要注意です。私は高価な(手に入りにくいも含め)CMOSなどを扱う場合は電気こては使用せず、コテライザー&リストバンド(導電スポンジに接続)で作業しています。

Q洗濯機などのアースの設置工事にはいくらくらいかかりますか?

こんにちは。

アパートに引っ越すことになったのですが、
アースがありません。アースの設置工事をしたいのですが、
いくらくらいかかりますか?
電気屋でお願いしようと思うのですが。
大きな工事ですか?
壁に穴開けたりするのでしょうか?
場所は2階のアパートです。

Aベストアンサー

条件により工事費は異なりますので一概にいくら位とは
言えません。
例えば、部屋の分電盤からアース線を引張り
アース付コンセントを取り付けるだけでいいのか。
それとも、新たに接地工事をする必要があるのか。
前者と後者では工事費が大きく異なります。

普通、見積もりは無料ですので、電気工事店に見積もりを
依頼してみては如何でしょう。

ちなみに、接地は接地抵抗を100Ω以下にしなければ
ならないので、ご自分でアース棒を埋めても十分な
効果を得られない可能性があります。


人気Q&Aランキング