既存のビジネスモデル特許に使われている情報システムについて、
その申請されているビジネスモデルの分野とは別の分野で、
全く同じシステムを使ったり、全く同じシステムを組み込みながらも、
別の収益構造を構築することは、侵害に該当するのでしょうか?

例えば、
「買い物カゴシステム」を従来の「買い物」に使うのではなく、
「旅費計算システム(行き先を買い物カゴに入れるように、
複数選択して、最後の確認画面でその交通費の合計がでる等)」
に利用する。

「買い物カゴシステム」はシステムのごく一部分で、実際に、
利益を上げるのはそのシステムに絡んだ別プログラムのために
可能となる等です。

イメージとしては、
ビジネスモデル特許に申請されたシステム単体では目的とする
利益は見込めないが、そのシステムをカスタマイズ・機能追加
することによりはじめてビジネスモデルが出来上がるといった
イメージです。

理解しにくいと思いますが、詳しい方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

結論から言うと、特許の記載の状況により、ケースバイケースです。



特許の権利書(明細書といいます)には、産業上の利用分野という項目、クレーム(特許請求の範囲)と呼ばれる、明細書に開示した発明のうち、権利化したい部分を特定して記載する項目があります。もし、そのクレームが、広い範囲をカバーする書き方だった場合、つまり、「所定のグラフィカルユーザインタフェースと連動し、課金額を算定し、前期課金額を自動的に計算する」という風な、広いクレームになっていると、構成要件のすべてに実施製品が当てはまっていると、実施(侵害)に該当すると思います。もちろん、クレームの構成要件のうち、一部だけが当てはまっている場合には実施には該当しません。また、産業上の利用分野が、「ショッピングシステム」のように限定されている場合であっても、実施には該当しないと主張することが可能だと思います。ただし、この場合は、先行技術との兼ね合いによって、前記特許が斬新なものであった場合には、弱い主張とならざるを得ないでしょう。なお、特許庁で閲覧申請できる出願経過を参酌して、明示的に権利者が権利範囲から除外してる旨主張していた場合には、これを材料として、非侵害を主張できることもあります。また、日本では、最近特許が認められる方向進んでいますが、明細書に開示された発明の実施形態と、製品の実施形態において、発明の目的と作用効果に著しい相違がある場合には、非侵害の理由として主張することも出来ます。いずれにせよ、ケースバイケースです。

具体的な内容は、ソフトウェアに詳しい実務の専門家(弁理士など)にお尋ねすることをおすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。。ケースバイケースなんですね。勉強になります。
詳しいご説明ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/13 17:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールマガジンのシステムの特許やビジネスモデル特許について

メールマガジンを自前で発行するシステムを作って売りたいのですが(C言語やPerlやPHP)、このメールマガジンのシステム自体は特許やビジネスモデル特許があるのでしょうか?それとも自前で(コードを独自に書いて)作成し売る分には問題ないのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご説明の範囲・内容では,開発言語によらず,新規性も進歩性もなさそうですから,これだけではビジネスモデル特許(ビジネス方法の特許)にするのは困難でしょう.何らかの独自の工夫が加わればわかりませんが.
逆に言うと,メールマガジンをコンピュータを使って発行するのは言わば人為的な取り決めのたぐいですから,侵害にはならないでしょう.売れるかどうかは別ですが.

>自前で(コードを独自に書いて)作成し...
ここがポイントです.なにか独自の技術がありますか? もしあれば,それは絶対にこのような場所で公表しないようにしましょう.

Qビジネスモデル特許-システム化とマイクロソフト

ITを使ったシステムモデル特許で質問です

アイデアをITコンピューティング=システム化でビジネスモデル特許化、実用化した場合、
マイクロソフトさんの特許である
「分散コンピューティングシステムと、分散アプリケーションの自動化された設計、展開、および管理とのためのアーキテクチャ」
にほぼすべてのビジネスモデル-システム化はひっかかってしまうと思うのですが、実際どうなのでしょうか?

ビジネスモデル特許取得した上でマイクロソフトさんにも上記特許の利用料を払っているということなのでしょうか?

Aベストアンサー

ビジネスモデル特許化(B)を販売する上で、MSのソフトを販売しなければならない場合は別として。
MSが既に他の用途で市販されている場合は、それを利用する(B)特許の実施に当たり、再度MSにロイヤリティーを支払う必要はありません。

要はMSソフトがウインドーズのように一般化されたソフトであれば、それを利用した新たなソフトの実施にあたり、MSがウインドーズの使用料を徴収することは二重徴収になります。

Q【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか? 同じ形式のお店を出せないようにビ

【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか?

同じ形式のお店を出せないようにビジネスモデル特許って取れるのか教えてください。

Aベストアンサー

ビジネスモデルの特許はあります。

文章を読む限り、この場合は 「同じ形式」がミソですね。
販売する商品は商品の特許ですが、この、「形式」がユニークで有れば、可能ではないでしょうか?

Qビジネスモデル特許

卒業研究でビジネスモデル特許について調べています。特許とビジネスモデル特許を分けてないからだと思いますが、今の時点でビジネスモデル特許はどのくらい登録されているかわかりません。できれば、最近の出願件数と共に教えてください。

Aベストアンサー

特許庁のホームページにも、そのものズバリの回答は無いようです。

参考URLはメールマガジンで、毎号、ビジネスモデル特許の概要が載って
います。数字だけをすぐに知りたい場合には、マッチしませんが、バック
ナンバーを順次読めば、数字を拾うことは可能です。
また、出願数は公開されるまで分かりません。

参考URL:http://bn.lib2.com/backnumber/frame.cgi?id=0000038685

Qビジネスモデル特許

ある教育企業がインターネットを使ったラーニングシステムを紹介し、サイトで

「・・・ビジネスモデル特許申請中)を開発しました。この教育システムは日本で唯一、当社だけが提供できるもので」

と書いてあるものを見つけました。そのシステムは
相手のディスプレイに先生の顔と黒板のような役割をする部分を映しだし教えるというものです。

このようなシステムはアメリカの大学がさきがけで、いまでは日本の大学(院)などでよく見られるシステムで
目あたらしくはないんですが、この会社がもし特許をとれてしまったら、
日本の大学やほかの教育会社はこのようなソフトウェア(or ウェブサイト)を独自開発したとしてもそれを使えないのでしょうか?

この会社にどの部分で(プログラム?ネット教育システム?)特許申請したのか問い合わせたわけでもなく、宣伝文句かと思うのですが、特許という世界、なにがあるかわからず質問しました。

文章でシステムを紹介したのでわかりずらいと思いますが、
わからなければ補足します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

出願から1年半を経過した特許出願は公開されます。
公開されると、インターネット上で特許庁の電子図書館で閲覧することができます。

http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl

このページの一番上の「特許・実用検索へ」の右のプルダウンメニューから、次のようなことができます。

★特許・実用新案公報DB(公開番号がわかっている場合)
http://www.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjsogodb.ipdl?N0000=101

★特許・実用新案文献番号索引照会(公開番号はわからないが出願番号や登録番号はわかっている場合)
http://www.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjbansaku.ipdl?N0000=110

★公開特許公報フロントページ検索(出願人・発明の名称・公開日・分類などからリストアップする場合)
http://www1.ipdl.jpo.go.jp/FP1/cgi-bin/FP1INIT?1020830859639

★公報テキスト検索(様々な項目からのキーワードで検索する場合)
http://www7.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

また、申請中(我々専門家は「出願中」と申します)ということは、まだ特許されていないということだと思います。出願しても審査請求をしないと特許するに値する発明であるかどうかの審査は行なわれません。

審査請求は、昨年9月30日までは出願から7年以内にすればいいことになっていました。昨年10月1日以後の出願については、出願から3年以内に審査請求しなければならないように法改正されました。審査請求費用は高いので、出願だけして審査請求はしないというケースもございます。

その出願を見つけ出して、発明の内容を理解し、経緯を見守ることをお勧めします。

もし審査請求されたら、その発明が特許に値しないものだから拒絶すべきであるという情報提供をする(その発明が新規のものではないことや進歩性がないものであることを証明するための証拠を提出する)ことができます。

いずれにしても、その出願の特許請求の範囲がどのようになっているのかがわからなければどうしようもないですよね。是非見つけ出してください。

なお、うまく見つかりましたら、弁理士さんのところ(特許事務所)に行って鑑定をお願いするという手もあります。

参考URL:http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl

出願から1年半を経過した特許出願は公開されます。
公開されると、インターネット上で特許庁の電子図書館で閲覧することができます。

http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl

このページの一番上の「特許・実用検索へ」の右のプルダウンメニューから、次のようなことができます。

★特許・実用新案公報DB(公開番号がわかっている場合)
http://www.ipdl.jpo.go.jp/Tokujitu/tjsogodb.ipdl?N0000=101

★特許・実用新案文献番号索引照会(公開番号はわからないが出願番号や登録番号はわかっている場...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報