プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

韓国語の質問です。
ㅇとㄴの発音が難しく感じます。例えば私がある動画で당첨という単語を初めて聞いたとき、どんな意味だろうと思って調べようとしたのですが단점とか단첨とか단쩜とか打ち込んで(当然出てこないわけなんですけど笑)、そのときパッチムがㅇだと知ったのですが、もう1度聞き直してみても聞き分けるのも難しいし自分でちゃんと発音できているのかもよく分かりません。
ㅇとㄴで具体的にどういう違いがあるのでしょうか。発音する時、リスニングのコツなども教えていただきたいです。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ㅇとㄴの発音について、少し書いてみます。

ついでにㅁにも触れています。

新大久保 しんおおくぼ  新宿 しんじゅく  新橋しんばし
この地名にはみんな「ん」が入っていますね。
この三つの地名を発音してみてください。

「ん」を発音する時の舌の位置や唇に注意してゆっくり丁寧に発音すると三つの「ん」はそれぞれ発音が違うことに気が付くと思います。
このように日本語の「ん」は実は三つの違う発音をすべて「ん」で書いています。そしてこの「ん」がパッチムのㅇ/ㄴ/ㅁなのです。

新大久保の「ん」は「ㅇ」です。
「ㅇ」は舌はどこにもついていません。口は開いたままで、舌をぐっと後ろに引っ込めるように曲げています。舌を高くして音が口から出るのを塞いでいます。「ん」の音が響く感じですね。

新宿の「ん」が「ㄴ」です。
「ㄴ」は、舌が上の歯茎の裏にしっかりついています。歯から舌が見えるくらいです。

そして新橋の「ん」が「ㅁ」です。唇を閉じています。

ハングルで書くと 「新」の部分は 新大久保 싱 新宿 신 新橋 심 と発音しています。

つまり日本語では全部「ん」と書いてあっても、発音は韓国語のㄴㅇㅁと同じように発音しているわけです。

ただし、日本語の場合は、後ろに来る音によって自然に신 싱 심(ㄴ/ㅇ/ㅁ)と発音しわけています。そこが韓国語との違いです。

韓国語でも、たとえば「안녕하세요」の「안녕」の部分は「ㄴ」と「ㄴ」ですから日本人も自然に発音できます。

ところが「관광(観光)」になると「ㄴ」と「ㄱ」ですからとたんに難しくなります。
日本人はよほど意識しないと「 광광 」になってしまいます。

「공부」もそうですね。日本人は「곰부」になってしまいます。

ですから「안녕」のように、日本人でも発音できる単語を繰り返して舌の位置などを覚えさせる。
また逆に難しい発音 「관광」とか「공부」とかを繰り返して発音する。
そういう積み重ねだと思います。

リスニングは「聞き分け方」というよりも「慣れ」だと思います。また単語を知っていれば、聞き取れる。聞き取れると発音の違いも分かりやすくなります。

少しずつ前に進むのが外国語の勉強ですから、あせらずに頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく分かりやすい説明ありがとうございます。まさに、後半でおっしゃっている発音しにくい単語がとても難しくて(´・_・`) やはり練習と慣れあるのみですね。。頑張ります!

お礼日時:2018/04/09 23:36

ㄴの「ん」は舌が上歯茎にくっ付く発音


ㅇの「ん」は舌が中空でどこにも触れない発音。

日本人には難しいカモ
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング