十~十五年前に図書館で借りて読んだ本のことで質問いたします。

大きさは恐らくA6、表紙の感じからポプラ社辺りではないかと思うのですが…。
表紙はアニメっぽい絵柄と塗り(セル画?)で、青い髪の少年とその友人数名が、星空を背景にジャングルジムに登っている絵だと思います。
内容は覚えていませんが、青い髪の少年は実は宇宙人だった、というオチでした。

殆ど情報がないので恐縮ですが、もしお心当たりのある方がいましたら回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も探していたのですが、それは「宇宙人のいる教室」という本ではないでしょうか?ジャングルジムはないのですが、後ろに校舎がみえます。

ヤフーブックスで表紙の確認・購入ができます。(【資料詳細】 書名 :宇宙人のいる教室 著者名 :さとうまきこ/作 , 勝川克志/画 出版者 :金の星社 出版年 :1984. ページ数等:140p 大きさ :18cm 要旨(BOOK):ピッカピカのランドセルに金ボタンの制服で、ぼくたちのクラスにやってきた転校生、星レオナ。なんかおかしいだろう?だってぼくたちは4年生なんだよ 。レオナはどこか調子がはずれてる。でも、ゆだんはきんもつ。ぼくはあのテレビゲーム以来、レオナは宇宙人じゃないかと、ひそかにうたがっているんだ。 )
    • good
    • 0

ポプラ社ということで思い出しました。


「ときめきクラブ 転校生はふしぎな男の子!?」
くらしき理央・著、鈴原玲音・絵

ポプラ社のとんでる学園シリーズという、小学生向け?の本でした。1988年に出版されています。
主人公・ユキたちの学校にサーカス団員の転校生がやってきます。外国を転々としてきたという彼の行動は、周りの生徒たちに気持ち悪がられてしまう。何故なら、彼は宇宙人だった…という話です。

これも画像が見つけられなかったのですが、表紙の感じは全然違うんです。星を見るシーンはあったはずなんですが…
図書館の児童書のコーナーによく置いてあるので、見つけられるかもしれません。
    • good
    • 0

国際子ども図書館(

http://www.kodomo.go.jp/)のデータベースで「ポプラ社」「宇宙人」で検索したところ、阿部肇著、「転校生は宇宙人?」という本が当たりました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4591048 …
ネットで検索したけれど絶版のため表紙画像が見つからなかったので確証はありませんが、近所の図書館にはあるかもしれません。請求してみると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!URLも丁寧に上げてくださり感謝しております。

これは探していた本とは違うようでした…。ともあれ、探して頂けて嬉しかったです。
もしまた何かありましたらよろしくおねがいいたします!

お礼日時:2004/10/21 17:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの「十五少年漂流記」はありますか?

小学1年生の息子に「十五少年漂流記」(「二年間の休暇」)を読ませたいと思っています。
どの出版社のものがおすすめでしょうか。いままでの息子の様子をみていると、面白い本ならば小学校中学~高学年向けのものでも喜んで読んでいるようですので、高学年向けのものでもいいかなとも思っています。お教えください。

Aベストアンサー

福音館書店「二年間の休暇」
もし息子さんには手ごわければ、
おとうさん、おかあさんの読み聞かせ でもいいと思います。
毎日少しずつ。

Qオオカミ族の少年、生霊わたりの表紙の絵

「オオカミ族の少年」と「生霊わたり」という本の表紙の絵を
今年の初め頃見てからずっと気になっています。酒井駒子さん
という人が書いているそうです。始めて見た時、上手く言えま
せんが心に突き刺さるような感じがしました。
 
 この二つの絵を見た事ある方にお聞きしたいです。これらの
絵を見てみなさんがどう思ったか聞きたいです。この絵が好き
じゃない人、何も思わなかった人の意見も聞きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして!
酒井駒子さんのファンです。児童書のイラストレーターですからあまり知名度も高くなく、このような質問&回答を目にする機会があるとも思っていなかったので、正直に嬉しいです。
ちなみに「オオカミ族の少年」、邦訳既刊は読了済みです。

以下は私の勝手な感想ですので、多少気障りな箇所がありましても大目に見て下さい。
「オオカミ族の少年」の表紙は作品の表層イメージに、酒井さんなりの解釈を加えて描いているという印象を受けました。
いい意味でなんとでもとれる”絵だと思います。それは不用意に飾り立てることも、意味深に見せることもなく、挿絵の役割を逸脱せずに全うしていて素晴らしいと思います。どんなにお上手でも挿絵は挿絵ですから、小説そのものの領域には踏み込まないスパイス的存在だと思います。そこの辺りを心得ていらっしゃるなぁ、と。
しかしまた、酒井さんのイラストは挿絵として優れているだけでなく、作品から独立した一枚の絵としても魅力的です。書店で見かけて、なんとなく手を伸ばしてしまう表紙です。
あと、色の表現力がすごい!自分が下手の横好きですが絵を描くもので、ちょっと妬ましいくらいです。(笑

初めて酒井さんのお名前を意識したのが、絵本「きつねのかみさま」でした。
ほのぼの心温まる、優しくもあり美しくもある童話なのです。作品のままに愛らしいのですが、この酒井さんのイラストの中にそこはかとなく恐ろしいものを感じました。……すみません。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31306637

次に印象深い作品で、児童書「夜の鳥」「ヨアキム」では心臓をグッと掴まれ、臓腑を抉られるよう感覚に陥りました。大袈裟ではなく。不安と孤独と恐怖……こういう負の感情を濃厚に匂わせつつも、作品の小説そのものは美しく、これ以上ない程美しく仕上がってます。それをそのまま絵に写したような酒井さんの表紙。ダイレクトに心に響いてくるような絵、だから「きつねのかみさま」を恐ろしいと感じたのかもしれないと思いました。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31148467
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31148464&pg_from=rcmd_detail_1

恐ろしい恐ろしいとばかり口走ってますが、畏怖の念のようなものだと思います。
「オオカミ族の少年」も厳かな雰囲気が伝わってきて、素敵です。作品そのものはさほど好きではないのですが、酒井さんのイラストが好きです。

はじめまして!
酒井駒子さんのファンです。児童書のイラストレーターですからあまり知名度も高くなく、このような質問&回答を目にする機会があるとも思っていなかったので、正直に嬉しいです。
ちなみに「オオカミ族の少年」、邦訳既刊は読了済みです。

以下は私の勝手な感想ですので、多少気障りな箇所がありましても大目に見て下さい。
「オオカミ族の少年」の表紙は作品の表層イメージに、酒井さんなりの解釈を加えて描いているという印象を受けました。
いい意味でなんとでもとれる”絵だと思います。...続きを読む

Q小説表紙の絵

講談社文庫から出ている高里椎奈さんという方が書いた『銀の檻を溶かして』という本の表紙絵を描いているイラストレーターさんが知りたいです。小説の裏表紙なども見てみたのですがイラストレーターさんの名前がどこに書いてあるかわかりませんでした。
知っている方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

表紙を担当している方は唯月一さんです。
中表紙の裏側もしくはカバーの見返し部分のイラストレーターの名前が書いてあると思うのですが(私の持っている講談社文庫は大抵そうです)

Q島本理生さんのナラタージュ表紙

ナラタージュ表紙の女性は作者、島本理生さん本人でしょうか?

Aベストアンサー

ご本人はこの方ですがどうでしょう?

参考URL:http://subaru.shueisha.co.jp/html/person/p0506_1.html

Q漫画チックな表紙の文学作品

集英社文庫の『人間失格』(太宰治)の表紙が『デスノート』の小畑健さんのイラストになっているのを知りました。

同じように「名作」と呼ばれる類の文学作品で、若い人が好みそうな漫画チック・アニメチックな表紙をつけた本がほかにあれば教えてください。日本文学、外国文学、どちらでもかまいません。

表紙画像の見られるページへのリンクも付けていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

質問者さんの求められている「イマドキの漫画・アニメチック」なものとは違うかも知れませんが、書店で見かけてびっくりしたのがハヤカワ文庫のSF小説群でした……。
すっかり今時の表紙にされてしまって、と思った記憶が(^-^;
個人的には媚びてる感じがして好きではないですが。

ハインライン「銀河市民」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/11517.html
ハインライン「人形つかい」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/11541.html
スタージョン「人間以上」
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/10317.html
一般にはあまり有名ではないかも知れませんが、SF好きの間では有名な作者の著作です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報