ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

プランターで育てるイチゴの寿命はどのくらいですか?

今年2月に苗から植えて今でも元気に育っているのは嬉しい反面、長期の旅行や仕事に行くことが出来ず困っています。

イチゴを育て始めてからもうすぐ半年が経ちます。
長期で出掛けて帰ってきたときの悲惨な姿を思い浮かべるとどうしても出掛けられません。

寿命がどのくらいかと何かいい方法はありますか?家族は手伝ってくれません。

A 回答 (4件)

増殖したランナーが収まり、水切れも起こしにくいサイズ(50cm×100cmほど?)の衣装缶に移植されてはいかがでしょうか?


うちでは3畳ほどの畝に、20年に渡って一期生り苺を植えっぱなしにしていますが、秋には50株を残して、その10倍前後を撤去しています。
    • good
    • 0

イチゴは多年草ですが、露地栽培で品質の良い大きな実を点けるのは1度だけです。


一般的には10月に植付け、翌年の5月頃に収穫します。
それ以降はランナーが伸びて子苗ができます。
(まれに実がつくこともあります)
親株も残りますが、翌年は小さな実しかつかず、病気にもかかりやすくなります。
この子苗を育てて、翌年の苗にします。
ただし、夏超えは大変難しく、大半が枯れてしまいます。
初心者の方は毎年10月頃に苗を購入して育てることをお勧めします。
    • good
    • 1

心配なら100金とかで売ってるペットボトルにつけて水を染み込ませてくれるやつ買ったら如何でしょう??この猛暑じゃそれだけではだめかも知れませんが、春とか秋とかなら1週間くらい放っておいても大丈夫ですよ。

    • good
    • 0

イチゴの苗の寿命。


基本的には「1年」と思った方が良いかも。
今年実を着けたイチゴを来年も使うことはできるが、クズイチゴしかできないことも多く、病気も発生しやすい。
そのため、毎年ランナーを伸ばしてできる「子株」と更新します。
この作業が意外と面倒なので、今ある株はあきらめて、秋にまた新しい苗を買うことだね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイチゴを植えっぱなしにしておいて大丈夫?

一昨年の秋に植えたイチゴを植えっぱなしにしています
去年の春より今年の方が株も大きくなって実も沢山つきました
このまま植えっぱなしにしておいて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

次の点で苗の更新が必要です。
1.ウイルス
 イチゴはアブラムシによるウイルスが入ってしまうといった仮定で苗を更新します。
 実際ウイルスが入っている事が多いし、1年ならともかく2年3年経てば、まず侵入しています。
 さらに程度もあるし、一旦入ったウイルスは自然に、又は薬剤でそれを抜き去る事はできません。
 この呪い(笑)は末代祟ります。
 何が起こるかですが・・・収穫量が下ります。
 2・3割下るのは当たりまえ、半作やそれ以下になることもあります。
 プロ(農家)にとっては収入面で致命傷になります。
 総量が下るのも困りますが、粒が小さくなると仮に300gパックでLサイズなら20個以下で、Sなら30個以上となります。
 http://ktichigoen.exblog.jp/tags/%E8%B2%A9%E5%A3%B2/
 収穫や詰める手間は大きくても小さくても1個は1個で、差がありません。
 問題は単価で、仮にLが市場で150-200円であっても、Sなら100円以下です。
 あとは掛け算ですので、売上高は収穫量の差以上に落ち込みます。
 ウイルス対策はメリクロン→ウイルスフリー苗くらいしかりません。
 種子に頼らない球根や芋、栄養繁殖の草花は多く利用されています。
 代表的な物では、ジャガイモ、百合、ニンニク、蘭類全般、カーネーションなど。

2.親株を使うと実が小さくなる。
 株が大きななると花数が増えますので、一株当たりの総収量は多くなりますが、大きな実ができ難くなります。

3.植え替えずに美味しいイチゴは難しい。
 美味しいイチゴは有機肥料分の量によるところが多いと思っています。
 堆肥や米糠、鶏糞などが入り地力のある畑が良いです。
 植え替えしなければ、それを消耗して美味しく甘いイチゴは期待できない。

4.その他で
 A.ランナーは何本もでますの、必ずしも1番の子苗が悪いとは言えません。
  選択の基準は根の老化が始まっていない事。
  以前書きましたが、根が白い事が一番で、茶色がかってくる事が老化の前兆です。
  子苗の葉が3-5枚が基準で根が土に入っているのがベスト。
  葉が7-8枚になると、根の老化が始まりますので、それが限度です。
  早く伸びたランナーなら、2番の子苗でも老化が始まっていることも多いです。
 B.収穫量の差は仮植苗床の地力の差や、管理の差が大きく出ます。
  プロが作った良い苗を定植時に見たら、スゴイと言うしかない物があります。
  爪楊枝位の太さの根が何十本も20cm以上伸びています。

検索するなら、とりあえずイチゴ ランナーかな。

次の点で苗の更新が必要です。
1.ウイルス
 イチゴはアブラムシによるウイルスが入ってしまうといった仮定で苗を更新します。
 実際ウイルスが入っている事が多いし、1年ならともかく2年3年経てば、まず侵入しています。
 さらに程度もあるし、一旦入ったウイルスは自然に、又は薬剤でそれを抜き去る事はできません。
 この呪い(笑)は末代祟ります。
 何が起こるかですが・・・収穫量が下ります。
 2・3割下るのは当たりまえ、半作やそれ以下になることもあります。
 プロ(農家)にとっては...続きを読む


人気Q&Aランキング