観葉植物のブライダルベールを買ってきてそだてはじめました。が、2週間ほどたちましたが丈がひょろひょろと伸びるばかりで、いっこうに花が咲きません。考えられる原因と対処法を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

花をつけるには光量が不足しているのではないでしょうか?直射日光でなくても大丈夫ですが、室内では暗すぎるようです(以前は室内だけで育てたら花がつきませんでした)。

それと屋外ならまず問題ないと思いますが、室内で冷房を入れていると温度が低すぎるのかもしれません。肥料は月に1回程度液肥をあげる位で十分です。私のうちでは全く肥料は与えていません。去年冬に丸刈りにしただけで植え替えもせず今年は花をつけています。
あとブライダルベールはのびすぎたものはカットしてそのまま土に差しておくだけで挿し芽が簡単にできますので(ただし根付くまでは土があまり乾きすぎないように)、もし伸びすぎたようなら試してみてもいいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、やっぱり日照不足が原因のようですね。
できるだけ窓辺には置いているのですが室内で育てていましたので。なんとか屋外に置ける場所を見つけようと思います。伸び過ぎて不格好になってきていたので、どうしよう?と思っていたのですが、挿し芽をためしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/21 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q万田酵素のアミノプラスは室内の観葉植物に与えてもいいのでしょうか?主人がリビングの観葉植物に万田酵素

万田酵素のアミノプラスは室内の観葉植物に与えてもいいのでしょうか?主人がリビングの観葉植物に万田酵素のアミノプラスを与えてますが、いいのかな?と心配になりました。

気化して室内に農薬成分が舞ったりしませんか?

Aベストアンサー

毒にも薬にもならないので、大丈夫です。

>>気化して室内に農薬成分が舞ったりしませんか?

農薬じゃないですし、どの程度の不安なのか判りませんが、醤油ソースを皿に残るくらいかけるのより問題無いかと思います。
気化して困るのは、人間の汗です。
これも水分と塩分とアミノ酸(フケ、垢とも言いますが)ですので、結構悪さします。
ペアガラス、普通は結露しないと言いますが、ペアガラスの結露の大多数の原因が人間の汗です。

万田酵素、根菜類には効くようですが、観葉植物?どうなのかな。

Q横に伸びる観葉植物探しています

コチョウランなどの背丈がある花の寄せ植えのアレンジに観葉植物を探しています。
そこで、
・縦に伸びるよりは横に伸びる
・緑単色よりも斑入りあるいは、ライトカラーなどがあるような品種
・高温多湿に強く3日間程度の水切れでも丈夫なもの=コチョウランの水やりと同程度

どうも葉が薄く、面積が多いものは水上げが多く合わないような感触です。
>プミラ、アイビー、スターライト

ポトス、シンゴニウムなどが候補ですが、
アイビーなどでも品種により耐性があるのかどうか苦慮しております。

観葉に詳しい方のご助言頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
胡蝶蘭は例に出されているだけでしょうか。
ランの類は培地用土が特殊なものが多いので、「寄せ植え」ということは難しいですね。
市販されている鉢植えの中には胡蝶蘭などの前にアイビーなどが植えられているものがありますが、あれは胡蝶蘭とアイビーが別々のポットに入っていてそれを化粧鉢の中に入れられています。
水やりも、アイビーと胡蝶蘭の給水のタイミングが違いますので、それぞれ別々に必要な時に与える必要があります。

違った植生のものを、装飾的に寄せる場合、短期間でよければ無理やり寄せ植えすることもありますが、植物のためを考えれば、まず植生のあったものを集めるか、上の胡蝶蘭の例のようそれぞれ別の鉢やポットのものを寄せて入れる必要があります。

寄せ植えに関するアドバイスが必要なら、主になる植物を提示されて相談されるといいですね。

最初に戻りますが、胡蝶蘭の場合、日当たりを嫌いますので、日蔭に強いものがいいですね。
ポトスは日蔭むき、シンゴニウムは日当たりれも日蔭でも強いので大丈夫です。
アイビーも日蔭でも大丈夫ですが、斑入りの場合葉の色がきれいに出ないことがあったり、アリマキがつきのが難点です。

ほかには「ホヤ」や「ペペロミア」「プレクトランサス・ミントリーフ」「フィカス・プミラ」「シッサス・シュガーバイン」などが適していると思います。
いずれにしても胡蝶蘭との「寄せ植え」はできません。別々のポットを寄せて入れるだけです。

こんにちは。
胡蝶蘭は例に出されているだけでしょうか。
ランの類は培地用土が特殊なものが多いので、「寄せ植え」ということは難しいですね。
市販されている鉢植えの中には胡蝶蘭などの前にアイビーなどが植えられているものがありますが、あれは胡蝶蘭とアイビーが別々のポットに入っていてそれを化粧鉢の中に入れられています。
水やりも、アイビーと胡蝶蘭の給水のタイミングが違いますので、それぞれ別々に必要な時に与える必要があります。

違った植生のものを、装飾的に寄せる場合、短期間でよければ無...続きを読む

Q花が咲かない観葉植物ってありますか?

【質 問】
花が咲かない観葉植物ってありますか?


なぜこんな質問を思いついたかといいますと…

李家幽竹さんの風水の本に、未婚の女性は寝室に観葉植物を置くとよい、とあったのです。ただし、花が咲くものはダメだ、と。切花ならいいけど、花が咲く鉢物はダメなのだそうです。

そこで、早速、観葉植物を買ってきました。
ふと、レジで質問してみました。
「これ、花って咲きますか?」
答えは、
「うーん、咲くのは、咲きますよ。でもかなり大きく育ったら、の話しです。」
とのこと。
「じゃあ、めったなことでは咲かないんですネ。」と、なんとなく納得して買ってきたんです。
今、寝室に置いてあります。
(名前は…確認せずに買ってきたのでわからないです。)

でも、よくよく考えてみると、めったに咲かないにしても咲くのは咲くんだから、これは風水的にダメなんじゃない?!と思えてきました。

さらによく考えてみると、そもそも花の咲かない観葉植物ってありえるのかしら??とも思えてきました。シダとかじゃないんだから、植物として花が咲くのが当たり前のような気がしてきたんです。

ポトスとかアイビーとかパキラの花、私はみたことないですが、自分は見たことがないだけで、よい環境でよく育てば花が咲くものなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

【質 問】
花が咲かない観葉植物ってありますか?


なぜこんな質問を思いついたかといいますと…

李家幽竹さんの風水の本に、未婚の女性は寝室に観葉植物を置くとよい、とあったのです。ただし、花が咲くものはダメだ、と。切花ならいいけど、花が咲く鉢物はダメなのだそうです。

そこで、早速、観葉植物を買ってきました。
ふと、レジで質問してみました。
「これ、花って咲きますか?」
答えは、
「うーん、咲くのは、咲きますよ。でもかなり大きく育ったら、の話しです。」
とのこと。
「じゃ...続きを読む

Aベストアンサー

普通の観葉植物を陽のあたらない室内で育てていれば
普通に咲かないと思いますよ。かわいそうですけど(^^;)
絶対に咲かないとはいえませんけど。
子孫を残すための器官ですから

日当たりの良いところで育てると
花つく可能性は高くなりますけど。
根が詰まってくると、子孫を残そうとして
咲いてしまう植物もあるみたいですけど・・・

Q観葉植物が伸びすぎてしまったのですが・・・

園芸超初心者というか、植物には水をあげるぐらいしかしたことがないので、間抜けな質問でスミマセン。

ヒメモンステラがぐんぐん育ち茎が伸びて、にょろにょろとして見た目にバランスが悪い状態になってしまいました。
支柱をしてさらに大きく育てるのではなく、支柱がなくても自立するぐらいの大きさで保ちたいのですが、
自分で伸びすぎた分を切ってしまえばいいのでしょうか?
また、切った部分から増やすことは出来ますか?

Aベストアンサー

伸び過ぎた部分は切って挿し木に出来ますし切った部分からは新芽も出てきます。
挿し木はできれば5月~7月が良いのですが室温が15℃以上あれば何時でも可能で30日~40日で発根します。
挿し木は葉の付いた天挿しでも茎だけの茎挿しでも可能ですし切った茎を用土に寝かせておく茎伏せでもできますので下記サイトの仕立て直し・挿し木や増やし方をご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/mo_00005g.htm

Qキンモクセイは、例年、10月はじめの一週間、花が咲き、それで終わりと思ってましたが、今年、また、咲き

キンモクセイは、例年、10月はじめの一週間、花が咲き、それで終わりと思ってましたが、今年、また、咲きはじめてるようですが、いつも、そうなんでしょうか?

Aベストアンサー

いつもかどうかはわからないのですが、
私の感覚ですと返り咲きはそれほどないイメージです。

ただ、金木犀のなかにも四季咲き、というタイプがあるので、
そのタイプは返り咲きする可能性もあります。
また、普通の一季咲きのタイプでも、シーズンではないのに突然
花が咲くというのは、植物にはけっこうあることなので、
あり得ると思います。
金木犀はけっこう「返り咲き」しました、というブログや写真投稿も
みたことがあるため、実はしやすい植物なのかも...
(あるいはここのところの気候がそうなりやすくなっているのかも)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報