AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

極性引力について
分子間の極性引力による結合において、静電気的な引力が加わるとあるのですが、同一極性分子どうきの結晶では、電気的な斥力が働くと思うのですがどうして、より強く引き合うのですか?

質問者からの補足コメント

  • すみません誤字です。
    極性分子どうき→極性分子どうし

      補足日時:2018/09/12 16:37

A 回答 (1件)

同じ符号の電荷であれば反発するし、逆符号の電荷であれば引力となる。


極性というからには、正電荷の部分と負電荷の部分が生じるわけで、その両者の間に引力がはたらく。その引力が働いている状態が安定なんだから、わざわざ同符号の電荷が接近して、専ら斥力が働くような状態にはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございました。
分子全体としてみるのではないのですね。

お礼日時:2018/09/12 17:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学式の区分として、組成式はイオン結合分子、分子式は共有結合分子に使うという縛りはありますか?

化学式の区分として、組成式はイオン結合分子、分子式は共有結合分子に使うという縛りはありますか?

Aベストアンサー

分子であれば分子式が使えるし、分子でなければ分子式は使えない。
名前のまんま、それだけの話です。
組成式であれば、基本的にあらゆる化学種に使えます。

Q高校化学の反応熱の求め方

(反応熱)=(生成物の結合エネルギーの総和)-(反応物の結合エネルギーの総和)
と参考書に書いてあったのですが、どうしてこの式で反応熱が求まるのですか?
反応物の結合エネルギーの方が生成物の結合エネルギーより大きいから、これだと答えが常にマイナスになってしまわないですか?

Aベストアンサー

一般的に生成物の方が結合エネルギーの総和は大きいです。
なので、自発的に進む反応の多くは発熱反応です。

あなたが誤解しているだけです。
#1で引用されているサイトでは、「化学エネルギー」と書いてありますが、それは結合エネルギーとは違います。結合エネルギーが小さいほど「化学エネルギー」が高くなります。

Q物質の三態 液体が沸騰しているとき 容器には液体と気体が共存していますが 沸騰中だけではなく、沸騰前

物質の三態

液体が沸騰しているとき
容器には液体と気体が共存していますが
沸騰中だけではなく、沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?
なぜ沸騰中に共存していることを強調?

教えてください

Aベストアンサー

沸騰前の液体のときも蒸発しているので気体と共存してまいますよね?

当然です。そうでないと、沸騰してもない海水からの水蒸気で雲や台風の発生は説明できません。
これらは、ボルツマン博士の統計力学で説明されます。統計力学は難しいので学校の
先生も分かっていない方が沢山います。
貴方はもし大学で学ぶ機会があれば、サークル活動や恋人探しばかりに一生懸命にならず
勉強も一生懸命になって下さい。

Q天文学についての質問です。 赤道は地軸に垂直な地球の真ん中を通る線であり、 太陽の光を受けやすいので

天文学についての質問です。
赤道は地軸に垂直な地球の真ん中を通る線であり、
太陽の光を受けやすいので暑くなるのはわかりますがこの図のように夏至、冬至の場合太陽の光を一番受けるのは矢印の部分だと思うのですがそれであっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>夏至、冬至の場合太陽の光を一番受けるのは矢印の部分だと思うのですがそれであっているのでしょうか?

合っています。
夏至には「赤道よりも北半球側に寄った地点」の日照が多いので「北半球が夏、南半球が冬」になり、
冬至には「赤道よりも南半球側に寄った地点」の日照が多いので「南半球が夏、北半球が冬」になります。

ただし、「1年を通しての合計」では「赤道付近」の日照が最も多くなります。

Qベンゼンになった過マンガン酸カリウムの硫酸酸性水溶液を滴下すると、直ちに赤紫色が消える。 ○か×かと

ベンゼンになった過マンガン酸カリウムの硫酸酸性水溶液を滴下すると、直ちに赤紫色が消える。
○か×かという問題で
答えは×なんですがなぜですか?

酸性条件下の過マンガン酸を使用するとベンゼンのπ結合3つ全てが開裂し、二酸化炭素に変わるので色は消えるのでは?

Aベストアンサー

ベンゼンを構成するベンゼン環は非常に安定な構造体であり、ちょっとやさっとの化学変化は起きにくいです。
ベンゼン環では二重結合3つと単結合3つが入っていますが、実際にはそんなことは無くて、6つの結合は等価です。ですので、かなり安定な結合です。
これについては https://ja.wikipedia.org/wiki/ベンゼン のベンゼン環を参照してください。

参考書の開裂も、加熱+特定の触媒存在下で起きる反応で、ベンゼン環のπ結合は「ベンゼンに過マンガン酸カリウムの硫酸酸性水溶液を滴下すると」直ちに反応が起こるような、そんなやわな結合ではないです。

Q大学の実験で基礎代謝を調べる実験をしました。 レポートに基礎代謝の意義を書かなければいけないのですが

大学の実験で基礎代謝を調べる実験をしました。
レポートに基礎代謝の意義を書かなければいけないのですが、基礎代謝の意義とはなんでしょうか。

Aベストアンサー

生命活動をする上でのエネルギー量のことです。
年齢、性別によっても数値は異なるものです。
基礎代謝の意義とはなんぞや、と言われると哲学的で回答が難しいですが、
自分の基礎代謝の数値を知っておくと、体力がある方なのか、平均的な運動能力、活動能力なのかが分かるのでは
ないですか。
以下、wikiに年齢別、性別毎に、数値が出ています。
Wiki引用 (https://ja.wikipedia.org/wiki/基礎代謝)

Q食器用洗剤のママレモンがドラッグストアやホームセンターやスーパーやコンビニに売ってないのはなぜですか

食器用洗剤のママレモンがドラッグストアやホームセンターやスーパーやコンビニに売ってないのはなぜですか?

Amazonレビューを見ると環境に悪いと言う人と環境に良いという人が2分しており、さらに手に悪いという人と手に悪いという人が2分しています。

化学に詳しい人はママレモンは皮膚に悪い、環境に悪いので売ってないのですか?

Aベストアンサー

おいていないのはママレモンがやはり売れないからでしょうね。

Q全ての元素を融合・化合させることは可能ですか?

化学に関して素朴な疑問です。

元素記号に記載されてある全ての元素を融合させて未知の元素を誕生させることは可能ですか?

ちょっとSFっぽいですが、全ての元素を融合させたときに、これまで見たことが無かった最強の物質が生まれる

みたいな。

無理か……

化学に詳しい方、お願いします!!

Aベストアンサー

化合物を作らない元素があります。
希ガスの ヘリウムHe、ネオンNe が今現在、それらの元素を含む化合物が発見されていません。
18族の希ガス元素は、化合物を作らず、気体でも単原子分子となることから、昔は不活性ガスと言われていたのですが、
18族の周期表の下の方、RnやXe,Kr辺りはフッ素などと化合物を作ることが知られていました、2000年にアルゴンArのフッ素などとの化合物が見つかりました。
しかし、He、Neは未発見ですし、閉殻構造が強いため、難しいような気がします。

化学ではなく物理の世界になるのですが、
周期表でプルトニウムPuまでは自然界に存在している元素(昔はウランUまでと言われていた)です。
しかしその次のアメリシウム以降の元素は核爆発であったり、粒子加速器であったり、を使用して人工的に作り出された元素です。
そしてその元素は原子番号が大きくなるほど不安定になっていきます。

たとえば原子番号113のニホニウムNhは、粒子加速器を使い亜鉛ZnとビスマスBiを衝突させることにより作ることができましたが安定同位体が無いため、
確認されている286Nhは20秒の半減期しかありません。
287Nhは予想では約20分の半減期を持つとされていますが、未確認です。

このように粒子加速器を使い、原子番号の大きな元素を作り出す研究は主要国で行われていますが118のオガネソンOgまでが発見されたとされています、
それ以降のものも予想がされていたり、原子番号が大きくても、比較的安定元素かも?というものがあるのですが、まだ未確認です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AA%E7%99%BA%E8%A6%8B%E5%85%83%E7%B4%A0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

周期表に載る元素と異なるエキゾチック原子というものも存在しています。
反陽子と陽電子からなる 反水素、
陽電子と電子が、電気的に結びついているポジトロニウム
陽子と反陽子が安定的な位置あるプロトニウム 
等で、いくつかは粒子加速器を使い実際に合成されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%A8%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90

化合物を作らない元素があります。
希ガスの ヘリウムHe、ネオンNe が今現在、それらの元素を含む化合物が発見されていません。
18族の希ガス元素は、化合物を作らず、気体でも単原子分子となることから、昔は不活性ガスと言われていたのですが、
18族の周期表の下の方、RnやXe,Kr辺りはフッ素などと化合物を作ることが知られていました、2000年にアルゴンArのフッ素などとの化合物が見つかりました。
しかし、He、Neは未発見ですし、閉殻構造が強いため、難しいような気がします。

化学ではなく物理の世界にな...続きを読む

Qアルコールが水に比べて水素イオンを放出する力が弱いのはなぜですか。

アルコールが水に比べて水素イオンを放出する力が弱いのはなぜですか。

Aベストアンサー

特に弱くはありません。同程度です。

Q炭化ケイ素(カーボランダム)の電子式ってこれで合ってますか?

炭化ケイ素(カーボランダム)の電子式ってこれで合ってますか?

Aベストアンサー

もともと3次元の構造を平面に示すことに無理がありますが、無理やり書けばそうなります。
C:Si=1:1の共有結合性結晶ですが結晶系はいくつか存在するようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング