人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

発泡スチロールはクロロホルムなどにはとけるのにエタノールには溶けません。何故なのですか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

発泡スチロールはポリスチレンにブタンなどの有機ガスを


発砲させる事で作ります。
ポリスチレンはスチレンの重合体(ポリマー)の事です。
スチレンはほぼ極性が無いため、一般的に極性の高いアルコールでは
熔解しません。逆に極性の無いベンゼンには溶解すると思われます。
クロロホルムも極性が低いためこれにも発砲スチロールは溶解します。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハッポウスチロールが溶ける液体

以前テレビで見たことがあるのですが忘れてしまいました。
ハッポウスチロールが溶ける液体ってなんでしたっけ!?
ガソリン?石油?ベンジン????
どなたか知っていらっしゃる方教えて下さい。m(__)m

Aベストアンサー

mituyo さん、こんにちは~☆♪

> ハッポウスチロールが溶ける液体ってなんでしたっけ!?

発泡スチロール(EPS)は、ガソリンをかけると、
面白いほど容易に溶けてしまいます。

鉄骨の柱脚等で、基礎コンクリート打設後のA.B(アンカーボルト)の
周りのアンカーラッパ(発泡スチロール製)を撤去するのに
「ガソリン」をかけて溶解したことがあります。

ガソリン以外の溶剤については、見たことも
実験をしたこともないのでわかりませんが。。。

最近リサイクルに使われている「リモネン」も有名ですね。

「リモネン」

ある企業が、オレンジの皮に含まれる成分リモネンで、
発泡スチロールを溶かすリサイクルシステムを開発したそうです。

http://www.asahi-net.or.jp/~EP3N-KIZM/asobo/orange.htm

また、グレープフルーツの皮からも発泡スチロールを
溶かす「エコカトン」という薬剤があるそうです。

少しでもご参考になれば、幸いです。


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -

mituyo さん、こんにちは~☆♪

> ハッポウスチロールが溶ける液体ってなんでしたっけ!?

発泡スチロール(EPS)は、ガソリンをかけると、
面白いほど容易に溶けてしまいます。

鉄骨の柱脚等で、基礎コンクリート打設後のA.B(アンカーボルト)の
周りのアンカーラッパ(発泡スチロール製)を撤去するのに
「ガソリン」をかけて溶解したことがあります。

ガソリン以外の溶剤については、見たことも
実験をしたこともないのでわかりませんが。。。

最近リサイクルに使われている「リモネン」も...続きを読む

Q発泡スチロールにキッチンハイター

臭いの付いた発泡スチロールを除菌除臭しようと思うんですけど、発泡スチロールにキッチンハイターをつけても大丈夫でしょうか?
溶けたりしないか心配です;

Aベストアンサー

溶けないですよ。
発泡スチロールは有機溶剤(シンナーのようなもの)には弱いですが、塩素系は大丈夫です。

Q発砲スチロールについて

リモネンに溶けている発砲スチロールを、
エタノールによって取り出せるということ
知ったのですが、反応式や反応名、原理な
どはありますか。調べても分かりませんで
した。

Aベストアンサー

溶解度の差です。
リモネンは極性がかなり低いので、極性の低い高分子のポリスチレン(これを膨らますと発泡(砲ではない)スチロールになる)を良く溶かします。その際発泡させていた気体は抜けてしまいます。
この混合物にエタノールを加えると、リモネンとエタノールが混合して「極性」が上がるためにポリスチレンは居心地が悪くなり追い出されてしまいます。

Q発泡スチロールを溶かす溶剤を探しています

発泡スチロールで型を作ってまして、発泡スチロールを溶かす溶剤である「リモネン」を探しています。どういう店に行けばあるのでしょうか?私の住んでいるところ、町から遠く離れた農村なのでネット販売してる所があるとすごくうれしいのですが・・・。
教えてください!!よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

またきました。m(__)m
私がサッサと探せたのは訳がありまして、実は私は個人で顕微鏡を持っており、油浸レンズとプレパラート標本につけるイマージョンオイルを除去する溶剤として、キシレンを使うのですが、近頃この代わりにリモネンを使うようになって普及してきてるらしいとの情報を得て、家庭でもリモネンの方が安全なのでぜひ…と取り寄せを試みた事があるのです。

そしたら、大抵の業者で「個人向け販売はしておりません」と断られました。

つまり家庭で使われると、プラスチックに対する腐食性が強いので、排水などの配管に穴を開けられて賠償請求とか、中毒事例は聞きませんが、歴史が浅すぎるので慢性毒性などもイマイチ判らないので十分な換気設備の保障など、誰にでも売れないという事情があるようです。

なので使う以上はこういった事には十分注意してください。
使用廃液を流しに流すなんて事は厳禁です。

特にご質問のような用途では、例えば型を洗ったり等の大量使用では設備があれば廃液を蒸留して再使用できるのですけど。

先に見つけた業者はある意味、大変良心的なのかもしれませんので、そういう業者に不利益をこうむらせるような結果になると、私のようなユーザー?も大変迷惑しますので、気をつけてください。(笑)

それから市販の溶剤リモネンは殆どが95%程度のものです。
これは分離精製とコストの比較によりこうなっています。
試薬でもこれ以上のはありますが、とても高くなります。
なので、リモネンという化学名は使わずに「オレンジオイル」などの名前になってる事が多いです。

またきました。m(__)m
私がサッサと探せたのは訳がありまして、実は私は個人で顕微鏡を持っており、油浸レンズとプレパラート標本につけるイマージョンオイルを除去する溶剤として、キシレンを使うのですが、近頃この代わりにリモネンを使うようになって普及してきてるらしいとの情報を得て、家庭でもリモネンの方が安全なのでぜひ…と取り寄せを試みた事があるのです。

そしたら、大抵の業者で「個人向け販売はしておりません」と断られました。

つまり家庭で使われると、プラスチックに対する腐食性が強い...続きを読む

Q発砲スチロール同士の接着剤につきまして。

発砲スチロール同士の接着には専用の接着剤を使えばよいと聞いたのですが、値段が高くてあまり使えないのです。木工用のボンドでもいけると聞いたのですが木工用のボンドには発砲スチロールは使えないと書いてあります。果たして使えるのでしょうか? 安く済ませることを考えているのですが何か良い方法ありませんでしょうか?

Aベストアンサー

高価と指摘されているのはセメダイン社の発泡スチロール接着剤でしょうか?木工用ボンドの使用の経験はないのですが、プラモデル用のセメダインや、ゴム用のGボンド等と違い、発泡スチロールを溶かさないので、使用できますが、ちゃんと着かない気がします(少しだけ、ネットで調べたところ、木工用ボンドのほか、瞬間接着剤なども一応使えるとありました。ただ、専用の接着剤には及ばないのではないでしょうか)。

一般的な発泡スチロールで、大きさがそれほど大きくなく、強度の要るものでなければ、「スチのり」という専用の接着剤が300円程度から買えます。たぶんスチのりのほうが量を消費する場合には安上がりだと思うのですが…(なお、スチのりはハンズや画材店で売っています)

ただ張り合わせるだけで、その後に造型するようなことがなければ、貼り合わせる面同士に両面テープを貼り、つまようじか竹串(焼き鳥の串)を貼り合せるものに刺して補強するやり方もあります(パーツ同士を接着する時に串を芯にするということです。このやり方は接着剤のときにも有効です)。ただ、強度はありません。

畳ぐらいの大きさのものを接着したり、強度の要る場合にはコニシボンドのG2002というものがあります。

参考URL:http://www.koeido.org/kenchikumokei0/happo/sucinori.html

高価と指摘されているのはセメダイン社の発泡スチロール接着剤でしょうか?木工用ボンドの使用の経験はないのですが、プラモデル用のセメダインや、ゴム用のGボンド等と違い、発泡スチロールを溶かさないので、使用できますが、ちゃんと着かない気がします(少しだけ、ネットで調べたところ、木工用ボンドのほか、瞬間接着剤なども一応使えるとありました。ただ、専用の接着剤には及ばないのではないでしょうか)。

一般的な発泡スチロールで、大きさがそれほど大きくなく、強度の要るものでなければ、「スチの...続きを読む

Q電柱に張ってあるビラをはがすと有罪ですか?

よく電柱に風俗関係のチラシや、プロレスの試合のビラが貼られていることがあるのですが、勝手にはがしても罪に問われないでしょうか

Aベストアンサー

こんばんは
 さて、さっそく回答をしますが、電柱に無許可で貼られたビラ等を、貼ったものの許可を得ずに剥がしても処罰はされません。
 
 厳密に学問的な意味で犯罪になるかという問題はありますが、現実問題として警察に呼ばれることはないでしょう。

 第一、家の前の電柱に風俗のわいせつなチラシが貼られていたりしたら困りますからね。そんなものを貼る方が悪いのです。
 
 民法上も業者から損害賠償を請求されることはありません。そんな業者の代理人になる弁護士はいませんし、そんな業者の味方をする裁判官もいませんからね。

 

Qヘキサンとポリスチレン

ポリスチレンにヘキサンをたらすと溶けるでしょうか?
またそれはなぜですか?

Aベストアンサー

ポリスチレンはスチレンの重合体ですから鎖状の高分子です。
固体状のポリスチレンでは鎖と鎖が鎖の間に働く引力(ファンデルワールス力)によってくっついています。極性のない物質で働く分子間力はこの力です。各部分に働いている力は弱いですが鎖の長さが長いので全体としては力が大きくなって固体になっています(スチレンは沸点145℃の液体です)。加熱すると簡単に融けるのはそのためです。
ヘキサンも極性のない液体です。働く力の性質にあまり違いがないですからポリスチレンの鎖の間にヘキサンの分子が入っていくことが出来ます。こういうヘキサン分子の数が多くなると絡み合っていた鎖がほどけてきます。溶けるということが起こります。

ポリスチレンはベンゼンにもトルエンにも溶けます。
スチレン、トルエンはベンゼンと共通の構造を持っていますので互いに交じり合うことが予想できるでしょう。

Qプラスチック・発泡スチロールは酢で溶けますか?

プラスチック・発泡スチロールは酢で溶けますか?

豆腐や納豆の入っているトレイにそのまま酢をかけて食べる癖が有るのですが
ふと、プラスチックに熱湯をかけると体によろしくない物が溶け出る騒動を
思い出し不安になりました。

プラスチックや発泡スチロールは酢で何か溶け出る可能性
が有りますでしょうか?

Aベストアンサー

プラスチックは、一言で「プラスチックは」と片づけられるものではありません。
主なプラスチックの特性と用途 ( http://www.jpif.gr.jp/2hello/conts/youto_c.htm )

 ここではスチロール(ポリスチレン)についてのみ
 酸やアルカリには、とても強いのですが、有機溶剤には極めて弱い性質があります。その性質がよくわかるのは、柑橘類の皮のしぼり汁をかけると、見事に溶けます。
 酢をかけて食べるまでの短時間については問題ないでしょう。スチロール自体を食べても問題ないです。

Qエタノールとアルコールに溶けるもの

硝酸アンモニウムは、エタノールに溶けるそうですが、エタノールに溶けるイコールアルコールに溶ける、と拡大解釈してよろしいでしょうか? よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極一般には、アルコールと言えば、お酒のエタノール、燃料用のメタノールでしょう。
ときどきお目にかかるのは、プロパノール(イソプロパノール)、ガソリンタンクの水抜き、病院等での消毒用。
ブタノールは単体でお目にかかることはほとんどないのでは。
メタ、エタ、プロパ、ブタ、炭素原子の数が、1,2,3,4です。
以下炭素の数が増えればドロドロ?から固体に・・・、学術的にはすべてアルコールです。
アルコールをプロパノールまでに限定すれば、おおよそその通りでは・・・・。

Q脱イオン水、MilliQ、蒸留水 の違いを教えて下さい

こんにちは。お世話になります。

バイオ、生化学系の実験に従事しているものですが「水」について教えて下さい。

水道水、脱イオン水、MilliQ、蒸留水(二段蒸留水)、超純水の違いを教えて下さい。
お互いの関係などありましたら(○○を~すると△△になる等)教えていただけると
わかりやすいかもしれません。

また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は除けません。

蒸留法は水を蒸留することで不純物を除く方法です。イオン交換法と組み合わせて2回蒸留することが一般的です。一般的な2次蒸留水の比抵抗は数MΩ・cmでバイオ・生化学関係には十分な純度です。動物培養細胞にも使用可能です。エンドトキシンも完全にフリーとまではいかないけれどもある程度の除去はできています。蒸留法は多くの不純物を除去可能ですが100度付近の沸点を持つ物質は除けません。

逆浸透法は半透膜に圧力をかけて精製する方法です。

限外濾過法は限外濾過膜を通す方法です。孔径は半透膜が数十nmに対し、限外濾過膜は数nmです。それゆえ、数kDa以上の分子であれば、限外濾過法で除けますので、エンドトキシンやRNaseなども除去できます。本当にエンドトキシンフリーな水が必要でしたら限外濾過法を行った水が必須です。ただ、普通のCOSとかHEKとかの動物細胞培養でしたら2次蒸留水でも十分です。蛍光検出用のマイクロアレイなんかは限外濾過水が必須なようです。

超純水は十数MΩ・cmの水のことです。MilliQはミリポア社の超純水装置を用いて作った水で比抵抗は15MΩ・cm以上と高純度の水です。MilliQに関してはイオン交換樹脂を通し、逆浸透法、限外濾過法を用いて精製しているようです。

>また、実験内容によってはエンドトキシンを気にする実験もありますが、エンドトキシンフリーの水を使う場合はどれを選べばよいのでしょうか?
これに関しては上で書いたように限外濾過膜で精製した水です。MilliQが当てはまるでしょう。(超純水も一般的には限外濾過をしているのでこれも当てはまりますかね。)

>動物細胞培養用に使う場合はどの水を選べばよいのでしょうか?
これは、2次蒸留水以上の純度があれば十分です。2次蒸留水、MilliQ水、超純水が使用できます。

ただ、水関係の装置は日頃のメンテナンスが重要でイオン交換樹脂とか水を貯めるタンク、蛇口に汚染がないかは確認する必要があります。

実験書には必ずはじめのほうに書いてあることですので、pinokoBBさん自身でなにか実験書をご参照ください。

pinokoBBさん、こんにちは。

バイオ・生化学関係に用いられる水は水道水をプレフィルターを通し、イオン交換・蒸留・逆浸透法、限外濾過などを複数回組み合わせて生成します。

プレフィルターは鉄さびや大き目のゴミを取り除くに用います。

イオン交換法は酸性・強アルカリ性の樹脂を通し、イオン化合物を除く方法でこれを行った水がイオン交換水(脱イオン水)です。水の純度の評価には比抵抗を用いますが、およそ数百kΩ・cmの水が得られます。この段階で除けるのはイオン化合物だけで有機物・微生物は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング