「教えて!ピックアップ」リリース!

今、レポートでカフェインの溶解性について調べているのですがさっぱりわかりません。どなたかよい情報がありましたら御願いします!
時間がなくてとてもピンチです!!

A 回答 (2件)

溶解度を明解に説明するのは必ずしも容易ではありません。


カフェインには酸素や窒素などの極性の原因となるような原子、あるいは原子団が存在しますので、有機化合物とは言いながら比較的極性が大きいです。そのためにある程度水(特に温水)に溶けますし、ある程度の極性を持つ有機溶媒にはよく溶ける一方で、非極性溶媒には溶けにくいです。

全体の傾向としては上記のようになります。クロロホルムはある程度極性をもつ溶媒なのでカフェインを良く溶かすのでしょう。エタノールには溶けにくいとのことですが、加熱すればかなり溶けるようです。この辺りになると、なかなかすっきりとは説明しにくいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
ありがとうございました!
教えていただいたことを参考にレポートにまとめてみます。
ピンチだったので助かりました!
ありがとうございました!

お礼日時:2009/10/27 23:54

カフェイン 溶解性 で検索すればかなりの情報が出てきますけどね。


それ以上のことが知りたいのであればもっと具体的に質問してはいかがですか。いささか他人に頼りすぎているように思います。

この回答への補足

すみませんでした
いま、調べてみました
クロロホルムに溶けやすく、エタノールに溶けにくいことなどがわかりましたが、どうしてそうなるのかはどうしてもわかりませんでした

補足日時:2009/10/27 22:41
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング