在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

リン酸二水素ナトリウム水溶液が酸性になるのはなぜでしょうか?

リン酸一水素ナトリウムの水溶液は加水分解により塩基性になるようです。
であるのになぜリン酸二水素ナトリウム水溶液は酸性なのでしょうか?

参考書には
H2PO4⁻ ⇒H⁺ + HPO4²⁻
となっていますが、H2PO4⁻は弱酸由来の陰イオンなため加水分解により
H2PO4⁻ + H2O ⇒H3PO4 + OH⁻
となってもいいのでは?

なぜこのようにならないのでしょうか。
お詳しい方回答宜しくお願いします

A 回答 (2件)

H2PO4⁻のpKaは7.21であるため、リン酸との混合物を生じるとpHは7より小さくなります。


http://evans.rc.fas.harvard.edu/pdf/evans_pKa_ta …
    • good
    • 1

javascript:void%200;H2PO4-がHPO4^2-よりも強酸だからです。


さらに、それから生じたHPO4^2-も酸ですしね。

>H2PO4⁻ + H2O ⇒H3PO4 + OH⁻
となってもいいのでは?
弱い酸ならそうなることもあるだろうが、酸が強ければそうはならない。
何でもかんでもそうなるのであれば、硫酸水素ナトリウムの水溶液も塩基性という話になり、それも事実とは異なる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分光光度計について

分光光度計の取り扱いで、0.1~0.8nmの値内でしか正確に計測できないのは何故なのでしょうか?
できればLambert-beerの法則に関係づけて回答をおねがいします。

Aベストアンサー

ランバートベールの式に関連づけてということですので。

Abs=e c l のほかに

Abs= -logT= -log(I/I0)という式がありますよね。

この式をみると、たとえばAbs=3とは、入射光の1/1000
の強度が検出されたということになります。

この強度を検出する際に当然、誤差があります。
仮に、一つの検出器で入射光と透過光を同時に検出するなら、
その検出器は1~1000のはんいで精密に検出が可能でないと
いけません。それよりはAbs~2程度になるように
溶液を調整した方が好ましいのだと思われます。

私が使っている分光器はAbs(MAX)が5まで設定できますが、
イプシロンが必要なときはAbs~2以下になるようにしています。

Qポリ酢酸ビニルの実験式がC2H3Oで表されるらしいのですがどういうことですか? 実験式とはなんですか

ポリ酢酸ビニルの実験式がC2H3Oで表されるらしいのですがどういうことですか?
実験式とはなんですか?

Aベストアンサー

化合物を構成する原子の種類と、その個数の最も簡単な整数比を表すのが実験式です。 実験式と分子量の測定値から、分子式を知ることができます。 因みに、ポリ酢酸ビニルの分子式は C4H6O2 で、原子の個数を最も簡単な整数比にした実験式はC2H3Oです。

Qどうやったら出せますか 化学です

どうやったら出せますか
化学です

Aベストアンサー

こんばんは

写真の内容は全てを説明していますが、補足です。

Δtは時間差ですが、この場合2分間隔で計測していますので、常に「2」です。

Δ[H2O2]は既に計算してくれてあります。

例えば、最初の0.043は-0.086を2で割ったいるだけです。

…符号の付け方は、見る立場次第(1.どれくらいH2O2が減ったか、2.どれくらいのH2O2が反応したか)で逆になります。

Q化学基礎の問題です 【塩素の同位体の存在比を35Cl(相対質量35.0):37Cl(相対質量37.0

化学基礎の問題です
【塩素の同位体の存在比を35Cl(相対質量35.0):37Cl(相対質量37.0)=3:1とする。このとき、相対質量72.0の塩素分子Cl2は、全ての塩素分子の何%を占めるか】

この問題の解き方を教えてください!

Aベストアンサー

>1にしないと都合が悪くなるから2通り考えているだけですよね?
違います。
非常にたくさんあるものの中から2個を取る場合に、1個目が35(確率3/4)で2個目が37(確率1/4)の場合と、1個目が37(確率1/4)で2個目が35(確率3/4)の時に分子量が72になるからです。まあ、組み合わせという言い方は誤解を招くかもしれませんし、それを組み合わせではなく、重複順列であると認識するのはあなたの自由ですが、その認識自体にさほどの意味はないと思いますよ。そういった言葉の定義に問題ではありませんから。たとえば、6x10^23といった非常に多くの数の原子の中から2個を抜き取る時の組み合わせを考えることがこの問題の解法であり、その個数が極めて多く、しかも特定されていないので、便宜上、誤差範囲内での判断基準となる確率、あるいは期待値で代用しているだけです。

>NiPdPtさんも言うように、数学の「組み合わせ」で考えてしまったら35-37と37-35の区別はつけないってことになりますよね?
もちろん、35-37と37-35は同一物ですが、ここでは同一かどうかを議論しているわけではありません。
たとえば、赤白2個づつの玉があり、それから2個を抜き取る取った時には、赤赤、赤白、白白の3種類がありますが、それぞれになる確率が1/3ではありません。赤白=白赤の確率が1/2です。ここで議論しているのは、結果として何種類のCl2分子が存在するかという話ではありません。あなたがいっているような「35-37と37-35の区別はつけないってことになりますよね?」のような発想は、「何種類のCl2分子が存在するかという話」の中で語ることであり、「相対質量72.0の塩素分子Cl2は、全ての塩素分子の何%を占めるか」という問題の趣旨とは別の話になります。

>1にしないと都合が悪くなるから2通り考えているだけですよね?
違います。
非常にたくさんあるものの中から2個を取る場合に、1個目が35(確率3/4)で2個目が37(確率1/4)の場合と、1個目が37(確率1/4)で2個目が35(確率3/4)の時に分子量が72になるからです。まあ、組み合わせという言い方は誤解を招くかもしれませんし、それを組み合わせではなく、重複順列であると認識するのはあなたの自由ですが、その認識自体にさほどの意味はないと思いますよ。そういった言葉の定義に問題ではありませんから。たと...続きを読む

Q硫酸銅と硫酸は溶けるなどの反応しますか? また、硫酸銅を水と混ぜたものは硫酸と反応して溶けるなどしま

硫酸銅と硫酸は溶けるなどの反応しますか?
また、硫酸銅を水と混ぜたものは硫酸と反応して溶けるなどしますか?

Aベストアンサー

おっと、硫酸は危険物ではありませんので、危険物取扱者の免許は不要です。
(ちなみに危険物に指定されてあっても、指定数量未満であれば免許不要です。でなければ自動車にガソリン積んで走れない)
硫酸は、10%以上の濃度のものは劇物に指定されていますので、法律に従って取り扱う必要があります。

ご質問なさっている「硫酸」が濃硫酸であるならば、他の硫酸塩同様に硫酸水素塩になります。
「硫酸銅」が一般的な硫酸銅である硫酸銅(II)のことを仰っているなら、
 CuSO4+H2SO4→Cu(HSO4)2
と言う反応です。

「硫酸」が希硫酸(水で薄めた硫酸)のことであれば、何も反応は起きませんが、
硫酸銅(II)は水にとけやすいので、硫酸と硫酸銅(II)の混合水溶液になります。
また、「硫酸銅と水を混ぜたもの」とは硫酸銅(II)水溶液のことかと思われますが、
これに硫酸(濃硫酸でも希硫酸でも)を加えてもおなじく反応は全く起きませんが、
硫酸と硫酸銅(II)の混合水溶液になります。

Qメタンの化学反応式について CH4+2O2→CO2+2H2O となりますが、 CH4+O2→CO2+

メタンの化学反応式について
CH4+2O2→CO2+2H2O
となりますが、
CH4+O2→CO2+2H2
とはならないのは何故ですか。

Aベストアンサー

化学反応式というのは何かが別のものに変化することを表すものなので、「メタンの化学反応式」というものは書くことが出来ません。
メタンは物です。変化ではありません。
あなたが仰りたいのは「メタンの完全燃焼の化学反応式」についてですよね。
細かいことを言うなと思われたかもしれませんが、そういうことに気を払えるようになることが出来るようになる第一歩です。

さて、メタンの完全燃焼の化学反応式が
>CH4+O2→CO2+2H2とはならないのは何故ですか
と言う質問ですが、答えは至って簡単です。
そんな変化は起きないから、です。
メタンが完全燃焼すると二酸化炭素と水ができます。水素なんて生じません。
現実に起こる変化を書き表すのが化学反応式であって、机の上のお遊びではないのです、

Qどうして問3は 理想気体の状態方程式から求めるんでしょうか? 4.98ℓが分かっているので 4.98

どうして問3は
理想気体の状態方程式から求めるんでしょうか?

4.98ℓが分かっているので
4.98/44.8 molではないんですか?

電子と合わせた気体の物質量の対応は1対1なのに
上のやり方じゃ間違えます。
どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

>どうして問3は
>理想気体の状態方程式から求めるんでしょうか?

だって、標準状態じゃないでしょう?

Q高校の化学についてです。 分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわか

高校の化学についてです。

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡だも習ったのですが、意味がわかりません。分散媒が液体とはどういうことなのですか?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

分散媒が液体で分散質が気体のものの具体例が泡なんて、センスがありませんね。
メレンゲやホイップクリームくらい言ってほしいですね。
大雨の後の濁った川の水はサスペンジョンといって、分散媒が水で分散質が固体の土です。
ミルクはエマルジョンといって、分散媒が水で分散質が液体のタンパク質や油です。
メレンゲはメレンゲで、分散媒が水を含む液体のタンパク質で分散質が気体の空気です。

Q化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

化学の問題なのですが、(1)の解き方がわかりません。わかりやすく解説お願いします。

Aベストアンサー

前半の文から炭素数3がわかって
後半の文から不飽和度2と分かります!

Q化学基礎で質問です。 画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

化学基礎で質問です。
画像の問なのですが、緑で囲んだ、50はどこからきたのですか?

Aベストアンサー

どちらかといえば、分母の100の方が気になりますけどね。
存在比がA:Bのとき、Aの存在割合(存在比※)は
{A/(A+B)}×100%
となります。
例えば、「存在比20:30」のだった場合、20の方の存在割合は
{20/(20+30)}×100%=40%
ということです。
※ここでは「純粋な比○:×」と割合%を示す用語が同じ「存在比」と表現しているのでややこしいことになります。用語として間違いではないのですが、混同を避けるため割合(%)の方は存在割合とした方がよさそうです。
さて、本題
と言っても詳細は他の回答でくわしく説明されているので、省略します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング