プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

生化学の質問です
脂肪酸が代謝されてできるATPの計算式なのですが、12mの12はどこからくるのですか?

「生化学の質問です 脂肪酸が代謝されてでき」の質問画像

A 回答 (1件)

β酸化で生まれたアセチルCoAがTCAサイクルを1周すると12ATPが得られます。

パルミチン酸だと8周(m=8)します。教科書にTCAサイクルの図があるはずなので、NADH2+(=3ATP)、FADH2+(=2ATP)、GTP(=1ATP)がいくつあるか数えてください。3x3+2x1+1x1=12とわかると思います。

蛇足かもしれませんが、ATPはTCPサイクルでつくられるわけではありません。次の電子伝達系でATPになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく説明していただきありがとうございます!

お礼日時:2018/12/03 12:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング