プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

絶対的に正しいことを演繹的に定義してみました。

私たちは「大切なものを守ることは正しい」と感じます。(うん、そりゃみんなそう思うね)
では「最も何よりも大切なものを守ることは最も何よりも正しいとなる(まあ、当然そうなるな)

では「群れにとって最も何よりも抜群に大切なものは群れの命でしょう」(まあ、そりゃ~、そうだろうな)
それでは「最も何よりも大切な群れの命を守ることは最も何よりも正しい」となります。(そうなるね)
逆から言えば「何よりも抜群に最高に正しいことは群れの命を守ることである」となる。(そりゃ~そうだろう)

つまりその群れにとって、「絶対的に、何よりも最高に正しいことは群れの保存、存続である」と言うことが導かれる。
結論、その群れにとって、何よりも、絶対的に、最高に正しいことは群れの存続、群れ社会の安寧秩序を守ることである、となった。

私は哲学は素人なもので、どこか間違っていないでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (35件中1~10件)

>詳しくは下記のリンクを覗いてください。

絶対善を定義していますから。読まれましたら、コメントください。

読みました。

例えばイギリス人が、物事の正しさを問う時は、「何が正しいかは、歴史に答えがある。」として、歴史の知見で正しさを考えます。(半分ステレオタイプです。)

例えばムスリムが、物事の正しさを問う時は、「何が正しいかは、コーランやハディースに答えがある。」として、コーランやハディースを出典にして正しさを考えます。(意外とステレオタイプではありません。)



私がミスリードしたのかもしれませんが、あなたの文章は、「僕の考えた絶対に正しい事」を主張しているだけにしか思えませんでした。また、「絶対」と言う言葉は、他人からは胡散臭く聞こえるので私はあまり使いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

majimemaruさん、読んでいただきましてありがとうございます。

>例えばイギリス人が、物事の正しさを問う時は、「何が正しいかは、歴史に答えがある。」として、歴史の知見で正しさを考えます。(半分ステレオタイプです。)<

私も歴史伝統にこそ正統性があり歴史を頼りに物事は考えなければならないと感じています。歴史文化のすごさを分かっています。近代の理性による思想など歴史の知恵に比べれば屁に様なものです。ですからあなたが前に言っていた自然法などという思想を否定したのです。


>あなたの文章は、「僕の考えた絶対に正しい事」を主張しているだけにしか思えませんでした。また、「絶対」と言う言葉は、他人からは胡散臭く聞こえるので私はあまり使いません。<

「僕の考えた絶対に正しい事を主張しているだけ」とは残念な意見です。私は「絶対的に正しい事(正義)は種族保存」というのは人間の歴史や動物たちの生態から考えたものです。でもこれは多くの人がそのように感じることですが、それを演繹的に定義したのが私の成果と思います。
また絶対善は内包的定義により考えたものであり、私の恣意的なものではありません。また絶対という言葉は神様にしか使えないかもしれませんが、絶対善は数十億年もの検証に耐え正しいとして現在まで残り、今後も未来永劫、生物たちが存在する限り続いていくものだから、これはもう「人は必ず死ぬ」と同じように絶対的ではなく絶対と言っても過言ではないと思って使っているわけです。

貴重なご意見ありがとうございました。またよろしくお願いします。

お礼日時:2018/12/10 20:07

群れにとって最も大切なものが土地であったりお金であったりしたらどうですか。


他のものを犠牲にしてでも手に入れようとするはずです。
命を一番にしても国益になるとは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>群れにとって最も大切なものが土地であったりお金であったりしたらどうですか。<

そんな種族は滅びて存在しません。

>命を一番にしても国益になるとは限りません。<

あなたにとって国益とは何ですか。一番大切なものとは何ですか?

お礼日時:2018/12/13 19:07

★ (№33お礼欄) ですから群れ社会の安寧秩序にとって最も正しい行為


は「私より公を優先すること、つまり愛や思いやり」だよと大自然は教えてい
るのです。
☆ と日記に書いておこう。とか?

あるいは 教科書には そう書いてあるかも知れません。――といった問題に
しか過ぎないことを 持ち出されても 返事に困ります。(実際の効果がない
にひとしい。と考えるという意味です)。


★ もっと分かり易く言えば「私欲を少し抑えて公の為とみんなで考えること」
これ以上に正しい行為はないと大自然は言っているのです。
☆ 上のコメントと同じになります。


★ これの意味はある社会的問題が出たら、みんな一人一人が私欲を抑えて公
のトップの立場に立ち責任感をもってみんなの為にはどうあればいいのかと考
えることなのです。これ以上に正しい行為はないのです。
☆ という発言を繰り返していけば 安寧秩序が保たれるというお立ち場なの
ですか?

★ これ以上のものはないからこれが何十億年間も続いてきたのです。
☆ 安寧秩序を《守らない》考えと行動も 同じく続いて来ています。

★ ですから自然界においては「私より公を優先する行為」こそが絶対的に正
しい行為であるとすでに決まっているのです。お分かり?
☆ 同じ内容の発言を繰り返すと 気持ちがすっきりするといった精神衛生の
テクニークなのでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もうあなたと議論することも亡くなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2018/12/12 21:20

★(№32お礼欄) それではこう答えましょう。

善とは群れを守る為に
作られたものであり、生物たちはそれが最も群れを守れるとして遺伝子に
書き込み本能としました。それが正しいとして変わらず、数十億年現在ま
で続いているのです。
☆ ですから きのうでは ストラスブールで銃の乱射事件がありました。
そのように これまでの歴史において 《群れを守らない》行動もありま
した。

《数十億年現在まで続いているの》かも分かりません。

そのような現実の世界にあって 何らかの命題(判断内容)を 《正しい
こと》だとか《絶対的な善》だと規定して 対処するのでしょうか? と
暗に問うています。

ご自分で主観内のこととして そのように考え思っていても何らかまいま
せんが だから どうするのか? という問いが つねにそこには伴なわ
れている――のではないでしょうか?


★ 群れ社会の安寧秩序を守ること
☆ をどうやって実践していくか。これが 問題なのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>群れ社会の安寧秩序を守ることを、どうやって実践していくか。これが 問題なのでは?<

ですから群れ社会の安寧秩序にとって最も正しい行為は「私より公を優先すること、つまり愛や思いやり」だよと大自然は教えているのです。もっと分かり易く言えば「私欲を少し抑えて公の為とみんなで考えること」これ以上に正しい行為はないと大自然は言っているのです。これの意味はある社会的問題が出たら、みんな一人一人が私欲を抑えて公のトップの立場に立ち責任感をもってみんなの為にはどうあればいいのかと考えることなのです。これ以上に正しい行為はないのです。
これ以上のものはないからこれが何十億年間も続いてきたのです。ですから自然界においては「私より公を優先する行為」こそが絶対的に正しい行為であるとすでに決まっているのです。お分かり?

お礼日時:2018/12/12 20:56

★(№29お礼欄) 例外があるも何もほとんどの赤ちゃんに善悪の感情


があるのです。
☆ 《ほとんど》の場合に当てはまる事例は 《絶対》とは言いません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

それではこう答えましょう。善とは群れを守る為に作られたものであり、生物たちはそれが最も群れを守れるとして遺伝子に書き込み本能としました。それが正しいとして変わらず、数十億年現在まで続いているのです。そして今後も生物が絶えるまで未来永劫続いていく事でしょう。
それゆえこれは「人はすべて死ぬ」と同じように絶対と言っても過言ではないと思うのです。そういう意味で絶対善と言っているわけです。お分かり。
別に絶対的善でもいいのです。最高善でもいいのです。善の定義には何の差しさわりは在りません。

お礼日時:2018/12/12 19:55

東北地震のアナウンスの件、それが何を意味するか私にはわかりません。





あなたは生物学的な切り口で、正義や善を語っている。
それは一理あるというやつで、絶対ではない。
生物的に考えれば、種の保存こそ至上のものだが、倫理、道徳、宗教、思想からみれば、そうではない。
キリストは何故あのような生き方をしたのか?
あなたの言う群れの理論で説明しますか?
しかし、キリストの行為は当時からすると群れの秩序に反する行いですよ。
群れの秩序とは何ですか?
何を指すのか時間の切り方で、定義は変わりますよ。

あなたが絶対善というところもあなたが定義しているだけです。
生物学的真実は時間ともに変化します。
何故なら生物は環境に応じて変化するからです。
種の保存がそれ程優先されるものなら、何故人間はその逆の道を歩んでいるのでしょう?
人はそのことを頭では理解していると思いますが、破滅の道へ突き動かされているのではないでしょうか?
突き動かしているものはなんでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>東北地震のアナウンスの件、それが何を意味するか私にはわかりません。<

分かりませんでしたか。個の命を顧みず他の人たちの命を守ったと言う例ですよ。


>キリストは何故あのような生き方をしたのか?あなたの言う群れの理論で説明できますか?しかしキリストの行為は当時からすると群れの秩序に反する行いですよ。群れの秩序とは何ですか?何を指すのか時間の切り方で、定義は変わりますよ。<

何を言われているのか、全く分かりません。他の人も見ているのです、その人たちにも分かるように書いてください。


>種の保存がそれ程優先されるものなら、何故人間はその逆の道を歩んでいるのでしょう?人はそのことを頭では理解していると思いますが、破滅の道へ突き動かされているのではないでしょうか?突き動かしているものはなんでしょうか?<

これも何を言いたいのか、さっぱりです。もう少しみんなにもわかるように書いてください。「何故人間はその逆の道を歩んでいるのでしょう?」逆の道を歩いているとは何ですか?

お礼日時:2018/12/12 19:16

> ソクラテスもキリストも正しかったが死刑となった。

あなたは私も死刑にするつもりですか?正しいとは何かを知らないあなた達が。

古今東西の新興宗教で使い古された、いたって平凡な表現ですよ。

あなた1人だけ、あなたが正しいと『信じて』いる。
その他の誰も、あなたが正しいと『考えて』いない。

まぁ、もしかしたら、あなたの単なる暇つぶしに、大の大人がかくも大勢、ふりまわされているだけかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あなた1人だけ、あなたが正しいと『信じて』いる。その他の誰も、あなたが正しいと『考えて』いない。まぁ、もしかしたら、あなたの単なる暇つぶしに、大の大人がかくも大勢、ふりまわされているだけかもしれませんね。<

もしかしたら、あなただけが「絶対的に正しいこと」を知るチャンスをふいにするかもしれませんね。

お礼日時:2018/12/12 19:15

★(№28お礼欄) まだ言葉も知らない、ゆえに理性もない赤ちゃんが


善悪は分かっていると科学的実験で実証されているのです。
☆ 《例外はない》と実証されましたか?


多くの場合にそうであるというのは 《絶対性》ではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>まだ言葉も知らない、ゆえに理性もない赤ちゃんが善悪は分かっていると科学的実験で実証されているのです。
《例外はない》と実証されましたか?<

例外があるも何もほとんどの赤ちゃんに善悪の感情があるのです。理性ではなく善は本能であると分かるのです。これは絶対的善です。何故このような感情があるのか、それこそ種族保存の為です。種族保存、群れの保存の為に善はあるのです。

群れを守ることは絶対的に正しいと演繹法で示したでしょう?その群れを守る為に絶対的に正しい行為が善なる行為「思いやり」なのです。

絶対的に正しい“事”が群れを守ることや社会の安寧秩序を守ること、つまり公(みんな)の為なのです。
そして絶対的に正しい“行為”が「私より公を優先すること、つまり愛や思いやり」になります。

お礼日時:2018/12/12 19:16

№26です。



★ 赤ちゃんでも善悪は分かっていると言う科学的な実験で実証されてい
るのです。生まれつきみんなが持っているものなのです。ですから相対的
ではなく絶対的なものなのです。

▼ (赤ちゃんにも善悪がわかる!?) たいていの大人は善悪の観念を
持っている。サイコパスでもないかぎり、残虐な行為には恐怖を覚え、親
切な行動を目のあたりにすると勇気づけられるものだ。窮地にある人に救
いの手を差し伸べ、犯罪者に罰を与えたいと思うのは、ごく普遍的な道徳
的衝動だ。

☆ つまり:
▼ サイコパスでもないかぎり
☆ という条件がついています。これは したがって 相対的なのです。
あるいは 経験的です。

さらにあるいは 人間の知性(そこに感性をもふくめて)によって認識す
ることが出来るという意味です。

ところが 《絶対性》なら 《無条件において》なのです。そして 非経
験ないし超経験です。

あるいはつまり 《サイコパスは善が分からないかも知れない》というよ
うな《例外》があれば 絶対性では ないのです。

残念ながら これが 哲学です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あなたも分からない人だな~。いいですか、まだ言葉も知らない、ゆえに理性もない赤ちゃんが善悪は分かっていると科学的実験で実証されているのです。示したHP 見ましたか?

赤ちゃんは坂を上る人を助ける人形を好み、坂を上るのを邪魔をする人形を嫌い、時に制裁まで加えるのです。これは何なのですか?
生まれつき本能的に善悪は持っているのです。だから絶対的なのです。

何故このような本能があるのかと考えてみればやはり、種族、群れ保存に行きつくのです。群れを守る行動に対して快いホルモンが出て「善いな~」思うのです。これが善の感情の正体なのです。
大自然は群れを保つためには「思いやりこそ一番大切なのだよ」と教えているのです。

種族、群れ保存が絶対的に正しいと多くの人も考えてはいるでしょうが、論理的に証明したのが私の性かなのですよ。

お礼日時:2018/12/11 22:19

> 勿論ソクラテスも絶対的に正しい事とは何か知りませんでしたが、絶対的なものがあると考えるだけで彼らを論破できるのです。

だって彼らは本当に正しいことなど何も知らないのですからね。

キリストの神を絶対に正しいと主張する者と、イスラムの神を絶対に正しいと主張するものと、君が論争したら、永遠に決着つかないと思うよ。

まぁ『自分が正しい』と信じるのは貴方の勝手ですがね。信者が1人もいない新興宗教みたいなもんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無知の知の本当の意味を分かってもらえたでしょうか?

宗教は正しいも何も、ただの信仰ですからどんなことでもただ言われるままに信じるだけです。正しいなんて関係ありません。
道徳的に絶対的に正しいことは「群れの保存、群れの社会の秩序を守ること」そして絶対善、これだけしかないのです。他は全て相対的です。

>まぁ『自分が正しい』と信じるのは貴方の勝手ですがね。信者が1人もいない新興宗教みたいなもんでしょうね。<

ソクラテスもキリストも正しかったが死刑となった。あなたは私も死刑にするつもりですか?正しいとは何かを知らないあなた達が。

お礼日時:2018/12/11 21:40
1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!