最新閲覧日:

上記の詳細(化学名、構造式、分子量、その他物性、規格等)をお教え下さい。

A 回答 (2件)

ビニルエステル樹脂(別名:エポキシアクリレート樹脂)のことでしょうか・・これは熱硬化性の樹脂でその名のようにエポキシとメタアクリル酸等の不飽和一塩基酸とを開環付加反応して得られるオリゴマーをスチレンモノマー等の反応性希釈剤に溶解したものです。

そしてこれを促進剤や硬化剤と混合し得られた硬化物が一般的に目にする形態です。
ビニルエステルといっても原料の種類でビスフェノール系やノボラック系などがあり様々です。
分子量は硬化物であれば2~3万?程度でしょうか・・・重合の度合いによります。
物性は機械的特性はエポキシ樹脂と同等で耐水性、耐薬品性にすぐれています。用途としてはお風呂の浴槽や浄化槽のタンクなどに用いられます。
代表的な化学構造は分かりますが書くのが大変なので割愛します。スミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。概要がよくわかりました。

お礼日時:2001/07/27 09:04

どこで見つけた物質でしょうか?一般的には


「ビニル」=「CH2=CH-」(=:二重結合)で表される基の名称。
「エステル」はカルボン酸「-COOH」とアルコール「-OH」の縮合重合で得られる「-COO-」結合を持つ物質の総称。
「レジン」はそのまま「樹脂」と思いますので、ある特定の物質ではない様に思われます。
強いて言えば、「-COOCH=CH2」基?を持つ樹脂と言うことになると思いますが、いかがなもんでしょう?
もし、頭に「ポリ」でもつけば、ポリビニルアルコールをエステル化した樹脂もこの様に呼びそうですが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。医療用で使用されている成分です。

お礼日時:2001/07/26 09:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報