海外で日系企業で内定しているものです。 今ビザが下りるのを待っていますが,お給料のことで悩んでます。

面接時に給料の希望価格を最低相場価格(日本人新卒現地雇用、仮にUSD2000)を言いました。というのも、その会社にとってもらえなかったら帰国しなければいけなかったたからです。その後,内定を頂き,ビザが下りれば正式に雇用とあいなりました。
内定後,月給USD2000と明記されたビザ申請目的のみの契約書にサインをしましたが、その際に、その契約書はビザ用のみで、のちに正式な契約書を取り交わす際、話し合いの余地が有ることを口頭で確認しました。(だいぶ前のことなので、覚えてくれていると言いのですが) 

今になって、ホントはもう少し(日本円約三万円)欲しいと思っています。
というのも、私の言った給与額は,資格と経験を考慮した上での自分に見合った給与額よりも低いと言うことと,現地の住宅事情を考えるともう少しもらわないト生活が苦しいからです。 でも,堂々と言いかねるのは、採用された経理職はまったくの未経験だからです。

社長(日本人)は大変いい方で,いつでも分からないことがあったら質問してくださいとおしゃってくれてるので,話し合いを持ちかけてみようと思っています。

大変長くなりましたが,国内,海外を問わず、雇用主に交渉を持ちかけた経験のある方や、雇用する立場の方から、交渉時のアドバイスを頂きたいです。 

また、交渉術として実際に欲しい金額より多めに言うというのがありますが,これが実践で用いる事の是非も教えてください。

最後に、交渉の再開は、ビザが下りる前の現段階からメイルなどで始めるか、ビザ取得後、現地で面と向かって直接するのとどちらがいいでしょう?
※ビザが下りないという可能性も10%~20%あります。

A 回答 (1件)

海外勤務経験者です。



ご存知の通り海外では学卒、何才でいくらという給与の決め方はありません。
給与は仕事と習熟度、相場(同業他社より安いといい人が来ない)で決まります。予定の仕事が経理ということですから、その会社には既に基準(新人、ベテランなどの標準額)があると思われます。従って日本的に遠慮せず堂々と必要な額を要求すべきです。その額が会社の基準より高ければ、初年度はこれだけしか出せないが
仕事の習熟度に合わせて昇給を検討するなどと説明があるでしょう。

現地には仕事ごとの標準給与(相場)があるので(クラーク 2,000.マネージャ5,000とか)事前に調べておくべきです。採用されたら二年目以降は本人と会社の交渉によって決められますが、日本企業は母国の制度と現地の制度習慣を
ミックスして運用する会社が多く、仕事上で貢献しなければ(交渉に成功しなければ)昇給ゼロという極端なケースは少なく、会社から通知するところもあります。その日本企業がどれだけ現地化しているかによって差があります。

誤解しないように付け加えますが、採用の交渉ごとは、あなたがその職を必要とすると共に、企業があなたを必用とすることで成立するドライな関係です。社長がいい人でも帰化したオーナ社長でないかぎり、3-5年で後任者と交代です。後任社長は自分が採用した日本人でもないので、どいう態度に出るかは未知数となります。
日本人が日本企業に就職した場合、本社からの出向社員と現地社員の間でコウモリ的存在になることもあります。最後は職業人としてのノウハウ、経験で勝負ということになります。会社にとってなくてはならない人になることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか妙に納得しました。
今まで外資でしか働いたことがなかったので、日系での「交渉」でどれくらいおしちゃっていいのかわからなかったのです。が、ドライと聞いて(そりゃそうですよね)交渉するときの気兼ねが減りました。
設立されてまもないオフィスなので、どれくらい現地化するかは未知数です。

お礼日時:2001/08/02 00:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMade in,,,,,,,,て

商品に製造国表示がついてますが、もし海外で部品を製造し国内で組み立てた場合はどのようになるのでしょうか?この場合Made in Japanでもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「原産国」とは、衣料品の材料の産出国ではなく、その商品の内容について「実質的な変更をもたらす行為」が行われた国のことをいいます。

詳しくは下記サイトの解説をご参照されますように
http://www.kaken.or.jp/display/country/country_01.html

Qステンレスの穴あけ,,,

12ミリのステンレス鋼材に6mmの孔をあけるのですが、

数が多いので質問します。

通常ドリルであけますが,

きりや母材が焼けてあかなくなってしまいます。

経験者の方どんな方法をとられていますか?



たとえば下孔(6~8mm)をあけても

14mmぐらいの穴をあけるときに

母材が焼けてあけられなかった経験があるもので、、、、

ステンレス用のキリをつかってもそれほど、

時間がはやくなったりとか、

あけられなくなったりとか、差はありませんでした。

Aベストアンサー

SUS303か304でかなり被削性は変わりますけどね。
どういう機械で明けてますか?

SUS304の穴あけの場合は、給油が絶対に必要ですし、切削条件もきちんと守る必要があります。
例えば、OSGのゴールドドリルのSUS用で明ける場合は、回転数と送りがかなり狭い範囲で決められていますから、それを守れるかどうかです。
卓上ボール盤などで14mmは無理でしょう。(回転数が早くなりすぎる)
マシニングセンターやNC旋盤の場合は、周速を刃物メーカーの推奨条件にする必要がありますよ。

Q研修ビザで社にいた外国人を雇用するには?

いつもお世話になっています。
研修ビザで外国人を受け入れていたのですが、とても優秀な方なので、どうにかして当社で雇用したいと考えています。
昨年1月ごろに在留許可申請をしたのですが、不許可となりました。研修ビザの意味を考えると、当たり前かもしれませんが…
なお、現在は帰国されています。

何とか入管に在留許可を出してもらいたいのですが、何か良い方法はないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

第一次受入機関として企業に研修生を紹介している立場の者です。
結論から言うと、帰国した研修生を再来日させるのは事実上不可能に近いです。
ご存じの通り、この制度は(少なくともタテマエ上は)日本の進んだ技術、技能を修得させて
「帰国後に」母国の経済発展や振興に寄与させるのが目的の制度です。
研修(特定活動)という在留資格で3年間滞在した研修生(技能実習生)は、
所定の期間が経ったらさっさと自国に戻って自国の発展に寄与しなさい、というのが
入管の基本的なスタンスと見受けられます。

再来日したくてパスポートを偽造する人もいるようですが、むろん違法です。
どうしてもということであれば、超裏技ですが日本人と結婚して配偶者ビザを取るという方法はあります。

Q診療所で働くには,,,

元看護師です.出産を機に4年半働いていた大学病院をやめました(主人の転勤もあり,育休終了後確実に戻れる保障がなかったのでやめざるをえなかった)今,子供は5ヶ月半です.転勤が1年~2年ごとにあるので引越しやらなんやらで出費がかさむので,診療所で働くことを考えています,,,子供がいても,雇ってもらえるものなのでしょうか?子供は保育所へ預ける予定ではあります.ちなみに一般外科(消化器,乳腺外科)経験者です.子供を預けながらこのように働いている方,いらっしゃったらぜひ経験談きかせて頂きたいです.育児は主人と協力して頑張ってます.

Aベストアンサー

診療所や個人開業医の病院では、ほとんどが子供のいる看護師さんなんではないでしょうか。
小さなお子さんの場合急に病気になるということが多々あります。
そうなったときすぐに休めるか、と考えると大きな病院より個人の病院になるようです。ローテーションに無理が利く・・・といいますか、1人急に休んでも他のメンバーで補えるところがポイントです。病棟勤務ではそうはいかないですからね。
正看護師の資格の割に収入は低くなりますが正職員ではなくパートで働くほうが無難と思います。
私自身子供が6ヶ月のときに再就職したくちです。夫と2人で育児・家事をこなしていましたが総合病院の病棟勤務だったので子供が病気のときは本当に困りました。
あとから同僚に聞くと、子供の小さいうちは個人病院で間をつないでいた方が大半でした。
充分子供がいても就職は可能ですから、心配なさらずに。
あとは子供の病気のとき休むことに理解をしてもらえる病院を探せばいいと思います。必ずそういう病院はありますから頑張ってください。

Q外国人の、経営ビザから就労ビザへの変更は簡単にできるのか

現在外国人が経営しているレストランを、私が経営者になってひきつづき営業していきたいと考えています(来年一月~四月ころの開始予定)。
私は脱サラ予定で、レストランの経営や調理の経験は皆無です。これが最初の事業となるのです。
その外国人は、今は一年間の経営ビザ(通算二回更新済。来年一月で切れる)で滞在しているのですが、私がオーナーになって、彼を就労ビザで雇用したいと考えています。

ビザの種類変更は、簡単に、彼が日本に居続けたままでできるものでしょうか。うまくいかないとなると、いったん帰国させないといけなくなってしまうのですが・・・。

Aベストアンサー

申請自体は難しくありません。在留資格変更は、現に有する在留資格からの変更ですから、既に日本に滞在していることが前提です。
変更される資格に相当する技術・技能・経験を有しているかが一番の問題です。更される資格に相当する技術・技能・経験を有していなければ、一旦帰国しても該当する在留資格は認定されません。

レストランでの就労となりますと、一般的には調理、滞在資格としては技能になります。

まず、その国の人でないと調理できない/その国の人が調理してこその料理であること。
ついで、その国での調理師などの資格を持ち、十分な経験を有していること。(日本の)食品衛生責任者資格を現時点で保有していれば、なお良い。

この2点が審査対象となります。とりあえずは入管インフォメーションセンタに相談してみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報