以前から持っていた株を売って利益がでました。ただ、税金のことを考えておらず、所得税が一度には払えそうもありません。。
分割払いとかできるんでしょうか。
また、確定申告を3月にして税金の払いはいつまでにしなければいけないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

所得税については、分割払いと言うか、延納は、制度上は、#3の方が書かれている延納制度しかありません。


それ以外の場合は、個別に税務署の徴収担当と相談して、分割払いにしてもらう事になります。

延納制度について、詳しく説明しますと、確定申告による税額の2分の1以上を3月15日までに納めて、残りについては、5月31日までに納める事になります。

その期間で納められそうであれば、振替納税を利用されればなおさら良いと思います。
今年の例で言えば、現金納付であれば3月15日が納付期限ですが、振替納税の場合は、4月16日が引き落とし日です。
(この分については利子税等はかかりません。)

延納分については、現金納付と同じ5月31日に引き落とされます。

ただ、上記の期間で無理であれば、基本的に振替納税は、きちんと引き落とされるのが前提ですので、やはり個別に徴収担当に相談するしかないと思います。

上記の延納については、申告期限の翌日から5/31までの期間に対して、現在は年利4.1%(前年11月末日の公定歩合+年4%)が利子税として、税額に対してかかってきます。

延納制度ではなく、徴収担当に相談して分割払いにした場合は、申告期限の翌日から2ヶ月間については、上記と同じ年4.1%の延滞税がかかり、それ以降の期間については年14.6%の延滞税となります。

延滞税については、計算の結果、千円未満であれば課せられませんので、税額によっては、早めに納付すればかからないケースもあります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

専門家の回答で大変心強いです。
ありがとうございます。
いづにしても、半分は用意しなければいけないのですね。。

お礼日時:2004/11/25 18:55

所得税の延納制度があります。



確定申告書の提出期限までに延納届出が必要ですから、確定申告書の延納届出欄に記載して届け出ます。
ただし、第3期分の税額の2分の1以上を期限内に納付する必要があり、延納期間中は利子税がかかります。

住民税についても、納期限内に納付が困難な場合、分納や延納する事が可能です。
市の市民税課に相談しましょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どうも、役所に相談するのが気が引けるんですよね。。

お礼日時:2004/11/25 14:35

どんな税金も分割払いできます。


市町村によるとおもいますが、私は延滞利息を取られた事がありません。
確定申告を3月だからって、税金の払いを3月までに完納しなくてはいけないとかいう心配はないとおもいます。市役所の人とよく話し合ってみたらどうでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
延滞利息なしってこともあるんですね。
とても参考になりました。

お礼日時:2004/11/25 14:34

可能です。


交渉すれば分割に応じてくれます。
期限は、年度末(翌々年の3月末)に完納で良いと思われます。ただ、延滞利息(年14.5%程)もかかりますが...
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結構高い利息ですね。。

お礼日時:2004/11/25 14:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収税額は所得税の計算をした後の金額?

源泉徴収票に記載されている「源泉徴収税額」と言うのは、
年末調整で正しい所得税の計算をした後の金額なのでしょうか?
それとも所得控除などをする前の金額が源泉徴収票に記載されているのでしょうか?

源泉徴収票には、「源泉徴収税額」が¥46,600と記載されております。
12月振込のお給料の明細には所得税が-1,260になって、戻ってきています。

この場合、結局私所得税を、46,600-1,260の45,340円払ったのでしょうか?
それとも源泉徴収票に記載されているとおり、
正しい所得税は46,600なのでしょうか?

Aベストアンサー

給与や賞与で源泉徴収される所得税額は、
源泉徴収税額表により決められています。
平成25年になると変わりますが、平成24年分はこちら。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2011/01.htm

これは「このぐらいの給料なら1ヶ月あたりの所得税はだいたいこのぐらいだろう」と
仮払いするように定められた金額です。
年末調整では所得が給与のみで、いくつかの所得控除を考慮した場合の所得税額を計算しています。
これまで仮払いしてきた所得税額の合計が年末調整で計算された税額より多ければ
12月給与で還付され、少なければ12月給与から更に天引きされます。
源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額は、
「今年はこれだけの所得税を支払っていますよ」という証拠書類だと考えてください。
したがって年末調整での還付後の金額になります。

毎月の給与明細や源泉徴収票があるなら、
国税庁のHPを見ながら所得税の検算をしてみれば、
どういう仕組みなのかよくわかりますよ。
暇な時にでもどうぞ。


ちなみに12月分給与も税額表に基づいて源泉徴収されていますよ。
「12月分給与からは源泉徴収しなくてよい」という特例はありませんから。
給与明細の書式の都合で、
12月分源泉徴収額-所得税還付金=-1,260円
となっているようですけどね。

給与や賞与で源泉徴収される所得税額は、
源泉徴収税額表により決められています。
平成25年になると変わりますが、平成24年分はこちら。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2011/01.htm

これは「このぐらいの給料なら1ヶ月あたりの所得税はだいたいこのぐらいだろう」と
仮払いするように定められた金額です。
年末調整では所得が給与のみで、いくつかの所得控除を考慮した場合の所得税額を計算しています。
これまで仮払いしてきた所得税額の合計が年末調整で計算された税額よ...続きを読む

Q塾(予備校)の授業料の分割払いについて

塾を経営しております。
講座をパック(複数講座)で受講いただく場合、50万円などの高額の授業料になります。

クレジット払いなどの分割で支払っていただくことは可能なのでしょうか?

可能性がある方法と、具体的なサービス会社をご教示いただけませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クレジットはカードでも、ショッピングクレジット(ショッピングローンとか教育ローンと呼ぶ会社もあります)にしても、加盟店または提携関係になる必要があります。
クレジットカードと、ショッピングクレジットの場合は、クレジット会社と加盟店契約を結びます。この場合、取扱手数料を数%クレジット会社に支払います。
それでディスカウントショップなど、利益の薄い会社はカード払いができなかったりするのです。
その当たりを念頭に置き、クレジット会社にコンタクトを取るのがよいでしょう。例えば三井住友Visaだとこんな感じです。
http://www.smbc-card.com/kamei/start/index.jsp
JCBだとこちら。
http://www.jcb.co.jp/merchant/mikamei/
オリエントコーポレーション(オリコ)のクレジットだとこちら。といった感じです。
http://www.orico.co.jp/inquiry/index_biz.html
ショッピングクレジットというのは、カードと違って、利用の都度申込書(契約書)に記入して、審査してもらい、必要な額だけ利用して、支払い終わればそれで終了というものです。念のため。

また、以上は割賦販売ですが、単純にお金を借りるローンだと、提携ローンがあります。自動車のディーラーを想像するとわかりやすいですね。
こちらもクレジット各社(信販会社と呼ばれる会社が多いと思います)で扱っていると思いますので、加盟店の申込みの際に相談するのがよいでしょう。オリコだと上記でよいようです。

クレジットはカードでも、ショッピングクレジット(ショッピングローンとか教育ローンと呼ぶ会社もあります)にしても、加盟店または提携関係になる必要があります。
クレジットカードと、ショッピングクレジットの場合は、クレジット会社と加盟店契約を結びます。この場合、取扱手数料を数%クレジット会社に支払います。
それでディスカウントショップなど、利益の薄い会社はカード払いができなかったりするのです。
その当たりを念頭に置き、クレジット会社にコンタクトを取るのがよいでしょう。例えば三井住友V...続きを読む

Q所得税額と源泉徴収税額は同じですか?

所得税額と源泉徴収税額は同じですか?

Aベストアンサー

ほぼ同じですが、状況によって違ってきます。

源泉徴収税額はいわば所得税の分割払いのようなものですので
給与額帯ごとの概算金額です。

年末調整時に、個々人の状況により各種の控除を引いて所得税を正確に再計算します。

通常は、概算の金額のほうが多いため、年末調整後に戻ってくることが多いです。

Q分割払い

近視の手術をしようと思ってます。両目で30万です。出来るだけ月々少ない支払いにしたいと思ってます。そこで、30万円のロ-ンで最長何年ぐらいのロ-ンが出来るか教えてください。またどういう所で借りるのがいいのか教えてください。

Aベストアンサー

レーシック手術ですよね。
自費診療なので、通常医療機関が独自のローン提携をしていると思いますが、確認されましたか?

一般で借りる場合、医療費だから金利が安い…というのはあまりないため、ご自身で借りる場合は銀行のローンを使うことが多いですね。これについては銀行ごとで異なります。
通常の自費診療の病院ですと独自のローンがありまして、30万円くらいですと、1~2年程度で返済される方が多いですが、最長5年が可能で、それですと月々7000円くらいだと…経理のものが言っております。

Q源泉徴収税額と月々の給料から引かれる所得税

源泉徴収税額は月々の給料から引かれる所得税とは違うのでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の意図が少しわかりかねますが、毎月の給与明細から天引きされる所得税額の合計が、源泉徴収票に記載される源泉徴収税額と同額になるかというとならない確立が99%以上です。
これは「給与から天引きされた所得税の一年間の合計額」と「一年間の総給与額にかかる所得税額(年税額ともいう)」が違うからです。
毎月引かれてる所得税は「仮払いの所得税」で、源泉徴収票に記載されてる「源泉徴収税額」は一年間の給与収入にかかる年税額です。
例えて云えば、積立金をして年額36000円になって、旅行にいき、35000円かかったとします。
毎月の所得税額は「3,000円」です。
源泉徴収税額は「35,000円」です。
差額の1,000円は、年末調整で還付されるわけです。

旅行後に、幹事さんが「一人1,000円ずつお返しします」という清算をします。
税金の清算をするのが年末調整で企業がやってくれるのです。

Q分割払いの審査

カテゴリー違いの所に投稿してしまい、なかなか回答がいただけないので再度投稿させていただきます。

私の従兄弟の事ですが… 私じゃ力になれそうにも無いので皆様のご意見をお聞かせください。

従兄弟が某大手電気店で40万ぐらいの買い物を分割で買いたいらしいのですが、審査に通るかどうか不安がっています。

従兄弟は
・勤続年数11年
・年収500万弱
・車ローン(オリコ・後1年ちょいで完済)
・キャッシング(オリコ20万・返済中)
・消費者金融10万、返済中

というような具合です。特に返済が遅れたりはしていないようです。

ただ過去に
(1)10年位前にジャックスでローンを組んで、キャッシングも利用、出資枠を広げてもらおうとしたら断られた。(もちろん今は返済済み)

(2)一昨年の11月にバイクローン(20万・セントラルファイナンス・ジャックス)を組もうとして両社断れたらしいです。その時、なぜ断られてしまったのかわからず、落ち込んでいました。
最近になって過去のWOWWOWの料金の未納がわかり(債権会社からの請求でした)、即支払ったらしいのですが・・・。

一昨年のバイクローンにひっかかった理由がこのWOWWOWの未納のことだったのか、とも考えてしまいます。

この条件で家電ローンの審査は通るのは難しいでしょうか?

カテゴリー違いの所に投稿してしまい、なかなか回答がいただけないので再度投稿させていただきます。

私の従兄弟の事ですが… 私じゃ力になれそうにも無いので皆様のご意見をお聞かせください。

従兄弟が某大手電気店で40万ぐらいの買い物を分割で買いたいらしいのですが、審査に通るかどうか不安がっています。

従兄弟は
・勤続年数11年
・年収500万弱
・車ローン(オリコ・後1年ちょいで完済)
・キャッシング(オリコ20万・返済中)
・消費者金融10万、返済中

というような具合です。...続きを読む

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、個人融資を担当したこともあり、保証機関に出向して保証審査を担当したこともある者です(個人信用情報機関の1つである「CIC」の「個人情報取扱主任者」の認定も受けています)。

10年前、ジャックスに融資枠拡大を断られた理由は分かりませんし(おそらく年収に対する返済負担率が、その時点できっちり、それ以上の融資をするとオーバーするから…といったところが理由ではないかと思いますが)、今となっては、個人信用情報機関にもその頃の情報は残っていないでしょう。

(2)一昨年の11月にバイクローン(20万・セントラルファイナンス・ジャックス)を組もうとして両社断れたらしいです。その時、なぜ断られてしまったのかわからず、落ち込んでいました。
こちらも、当時の借り入れ状況が分からなければ何ともいえません。
既借り入れのローン・融資についても、債務残高だけを審査対象とする訳ではないので、当時の年収とお借り入れの「概況」が分からなければ判断できません。

今回の分割払いも、車ローン、オリコのキャッシング、消費者金融のお借り入れ概況が分からないと判断は付きかねます。
また、「分割払い」ということは信販会社かクレジット会社が関わってくるでしょう。
そこの審査がどのようなものかは、外部の人間にはまったく分からないので、結果的には「申し込んでみなければ分からない。」となります。
消費者金融の利用を嫌うところならば、消費者金融の利用履歴があるだけで通りませんし。

> 近になって過去のWOWWOWの料金の未納がわかり(債権会社からの請求でした)、即支払ったらしいのですが・・・。
一昨年のバイクローンにひっかかった理由がこのWOWWOWの未納のことだったのか、とも考えてしまいます。
そうかもしれませんし、そうではないかもしれません。
WOWOWの料金は、「口座引き落とし」か「クレジットカード払い」ですよね?
口座引き落としもクレジット会社を通しての代行収納による支払い…だと思いますが、いかがでしょうか?
それが、「債権会社からの請求」ということは、元の会社から債権会社に債権が移行しているということで、即ち、債権会社が「代位弁済」を行った-ということになりますね。
「代位弁済」となりますと、CICの場合はその旨の情報が登録されます。
「即支払った」とのことですが、今もWOWOWとの契約はそのままですか?
終わっているから債権が譲渡されたのだと思うのですが。
契約が終了していれば、「即支払った」時から5年間、「債権会社による代位弁済があった」という情報が残ります。
請求が「債権会社からだった」というところがネックですね。
債権会社による代位弁済の記録が残っていれば、ローン、クレジットカード、その他融資は難しいでしょう。

ご懸念があるようでしたら、個人信用情報機関全て(現在は5機関)に、一度「本人情報の開示」をされるとよろしいですよ。
開示には手数料がかかりますが。
ご自身で出向かれると説明してくれる個人信用情報機関もありますが、お時間がない場合には、郵送でも手続きできます(インターネット等ではできません)。
「本人情報の開示」方法については、各個人信用情報機関のサイトをご覧ください。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
 http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/ (こちらから「本人開示の手続き」へ)
・CIC
 http://www.cic.co.jp/rkaiji/ki01_kaiji.html
・CCB
 http://www.ccbinc.co.jp/service/infodisclosure/index.html
・全国信用情報センター連合会加盟の個人信用情報機関(全情連)
 http://www.fcbj.jp/howto/index.html
・テラネット
 http://www.teranet-corp.co.jp/info/index.html

金融機関に勤務しており、以前、個人融資を担当したこともあり、保証機関に出向して保証審査を担当したこともある者です(個人信用情報機関の1つである「CIC」の「個人情報取扱主任者」の認定も受けています)。

10年前、ジャックスに融資枠拡大を断られた理由は分かりませんし(おそらく年収に対する返済負担率が、その時点できっちり、それ以上の融資をするとオーバーするから…といったところが理由ではないかと思いますが)、今となっては、個人信用情報機関にもその頃の情報は残っていないでしょう。

(...続きを読む

Q源泉徴収税額と天引き所得税額の差

給与所得者です。H16年度の源泉徴収票に記載されている源泉徴収税額と
H16年1~12月分給与(賞与を含む)から天引きされている所得税額が合致しません。
(天引きされている所得税のほうが合計で4万円ほど多くなっています)
これは何故でしょうか?
また、この差額は住宅ローン控除で還付される金額に影響するでしょうか?

Aベストアンサー

計算例をあげて説明します。
源泉徴収票の源泉徴収額   166,800 A
年調定率控除額         41,720 B
合計(A+B,100円未満切上)  208,600 C

1月から11月給料から天引税額  99,950
賞与から天引税額         86,754
合計                186,704 D

年調過不足計算額
 D-{C-B(100円未満切捨)}
 186,704-166,800(208,600-41,720)=-19,904
12月給料明細の所得税 -19,904 となっています。

上記の計算の通り年調定率控除額が全額還付金額とはなりません。

QイーバンクカードOMCでVISA分割払い

4月末にネットショッピングをしました。
そのときにはOMCが使えなかったためVISA15回払いを選びました。

イーバンクカードOMCに「VISA」の表記があったために使用しましたが、今月27日に支払いとのことですが、未だに引き落とされていません。

調べてもよく分からなかったのですが、イーバンクの普通預金に入れておくだけではだめなのでしょうか?
セブンイレブンなどのATMでは、クレジットカード側の方向でカードを入れるとOMC(セディナ)のご利用というのは出たのですが、VISAのご利用などは見当たりません。

クレジットカードは使用したことがないのですが、購入するときにはカードの番号や生年月日等を入力してスムーズに出来たので大丈夫かと思っていたのですが、どうすればよいのでしょうか?

もしかしてセディナの方に入金しているとVISAとして引き落とされるのでしょうか?

ものすごく不安で。。

Aベストアンサー

イーバンクOMCカード(VISA)は、OMC加盟店かVISA加盟店のいずれかで
クレジット決済が出来ます。 売上(請求)データはVISA経由でOMCに
流れて、結果的にイーバンク口座から引き落としになります。
http://www.ebank.co.jp/kojin/service/card/omc_card/index.html

・4月末にネットショッピング
・OMCは毎月末締で翌月27日引落(4/1~4/30・・・5/27引落)
・だけど5/27に引き落とされていない

とのことですが。
請求書もしくはWeb利用明細に今回の分は載っていますか?
ネットショッピングは、データが届くのが遅い場合が有ります。
1~2週間から、もっと遅い場合は1ヶ月遅れも有り得ます。

4月末締めに間に合わなかった場合は、5月末締めに繰り越します。
そうすると最初の引落は6/27(土曜なので実際は6/29)です。
明細の確認を。

Q医療費控除について 差引き所得税額>源泉徴収税額

医療費控除についてお知恵を貸してください!差引き所得税額が源泉徴収税額を上回ってしまいます。 こんなことが、あるの?(計算間違い?)

医療費控除:お知恵を貸してください!差引き所得税額が源泉徴収税額を上回るのですが・・

給与収入額:10,273,250円
給与所得金額:8,059,587円
所得控除の額の合計額:1,656,836円
源泉徴収税額:791,300円

医療費控除は計算上 71,742円
課税される所得金額:6,402,000円
差引所得税額:852,900円

ここまで計算して出しました。
それで、申告書(第1表)の33、34の申告納税額は
852,900円から源泉徴収額の791,300円を引くと、61,600円になります。
すると、プラスの金額になるので、33番の納める税金に記入するようになったのですが、これは正しいでしょうか?

税務署で頂いた医療費控除の申告例を見ると、源泉徴収額を引いてマイナスになり、34番の還付される税金欄に記載されてました。
ネットでやり方を調べてもマイナスになるのが普通っぽく書かれていたので・・・。

プラスになったってことは計算が間違えているのでしょうか?
それとも、お金が還付されるどころか、61,600円支払う必要があるのでしょうか?

どなたかお知恵を貸してください!宜しくお願いいたします。

医療費控除についてお知恵を貸してください!差引き所得税額が源泉徴収税額を上回ってしまいます。 こんなことが、あるの?(計算間違い?)

医療費控除:お知恵を貸してください!差引き所得税額が源泉徴収税額を上回るのですが・・

給与収入額:10,273,250円
給与所得金額:8,059,587円
所得控除の額の合計額:1,656,836円
源泉徴収税額:791,300円

医療費控除は計算上 71,742円
課税される所得金額:6,402,000円
差引所得税額:852,900円

ここまで計算して出しました。
それで、申告書(第1表)の33、...続きを読む

Aベストアンサー

源泉徴収票が正しく年末調整されているとすると、控除額が38万円程度少なく計算されている可能性があります。

源泉徴収票に記載がある扶養控除や社会保険料控除が確定申告書から抜けていないか確認してください。

Qクレジット一括払いを分割に変更

先日、専門学校の支払いをしたのですが、一括払いなら、クレジットOKという事でクレジット決済しました。

自分のクレジットカードは後でネットで支払いを変更できるのですが、後日、ネットで2回払いにするのはダメですか?

Aベストアンサー

詳しい補足を有難うございます。

>(学校にクレジット会社から2回にしたことが通知されたりするのか)

それはありませんから、ご安心を。

あくまでも、カード会社側の内部処理で分割を行いますので、あとから分割で加盟店やカード利用者が不利になる事はありません。

加盟店が支払い回数を限定するのは、店側の資金繰りなどに対する都合(それの余裕がある店では最初から分割に応じるケースが多いです)ですから、カード会社が一旦立て替えてる意味では変わりありませんので大丈夫です。

他社(シティカード)のカードで何度か後から分割をやってますが、何の不都合も起きてません。
(ただ、当方のカードでは、2回分割に応じてもらえない点が異なります。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング