ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

我が家は築17年になる一戸建てです。
以前の台風で屋根瓦が二枚ほど外れたのを機に、今までメンテナンスをしたこともなかった屋根を見てもらえるようお願いしました。

出てきた見積もりは

 1.棟瓦積み直し  8000円×17m 136000円
 2.メンド・シックイ   1500円×117m 175500円
 3.古土・古瓦処分   1式 10000円
 4.瓦一部取替え   1式 35000円

 消費税込み合計 374325円

となりました。
職人さんは3人ほど、一日で終わる工事だそうです。
工事の内容に異義はないのですが、とにかく値段の高さに驚いてしまいましたもので、この値段は相場のものかどうかをお伺いしたいのです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現場を見ていないので何とも言いようがないのですが


外れた瓦を新しい瓦と差し替えるだけで十分だと思います。
釉薬瓦が17年でダメになるとは思いませんが・・・
本当にこの工事が必要ならこの見積もりでもおかしくはないと思います。やや高いですが。
心配でしたら工務店より瓦屋さんに直接見積もりをお願いした方がいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね、瓦自体は大丈夫な気がしたのですが、工務店の方がそう言うのなら必要なのかなと流されてしまっていました。
瓦屋さんに直接見積もってもらうこともできるのですか!お恥ずかしながら、初めて知りました。
その辺を含めて、もうちょっと自分でも調べてみたいと思います。
ご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2004/12/20 12:52

うちの実家で、数年前に、瓦の吹き替えをしたそうですが。


その時は、数件で、見積もりしたそうです。
その結果、一概には、言えませんが、安い所と、高い所で、倍ほど差があったそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

多少は差があるだろうとは思っていましたが、まさか倍ほどもあるとは!ということは、もう相場なんてあってないようなものですね~。
それだけ仕上がりにも差があるものなのかと思うとちょっと怖いですね(^^;)
我が家も、ほかのところにも見積もりを頼んでみようと思います。
ご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2004/12/20 12:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q棟の修理費用の相場は?

瓦屋根です。1F,2Fの棟の漆喰が剥がれてきている箇所があります。

木造の2階建ての住宅です。
屋根勾配は、1Fは4寸勾配ほどで、2Fは5寸勾配のように思います。
棟の長さは1F,2F合わせて36~39メートルほどです。
(1F 、13メートル。2F, 25メートルほど)
屋根の形は寄棟屋根です。
棟の瓦は半円形の丸い形をしていて1段積みです。
棟の構造は銅線、粘土、脇に漆喰、その上に棟の瓦が乗っている構造です。

瓦店の業者さん2社に見積もりを依頼しましたが、足場を除き
1メートル当たりの単価は、18,000~19,000円ほどでした。
諸経費、消費税、足場込ですと総額90~100万円でした。

棟の積み直しでは少し高いと感じていまるので、
1階は自分でできそうなのでDIYで積み直す予定です。

聞きたいのは、棟の積み直しの費用はこれくらい位が相場でしょうか?
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

漆喰の塗り替えなら高すぎですが、積み直しなら妥当かと思います。どちらの施工にするかで工事内容がまるで違います。寄棟で一階を塗り替えで済ませる事が可能なら二階を積み直しする必要も無いのでは?瓦のずれや割れ、建物の歪みがなくて〔外壁の剥がれやひび、建具のきしみなどでわかります〕現在、雨漏りが無いなら漆喰の塗り替え、手直しで済ませる事が安くて無難かと思います。普通の日本家屋なら勾配によって価格は変わりません。腕のある屋根屋の漆喰塗り手直し位ならアップスライダー〔梯子〕などで十分仕事できるので足場を架けなくても良いのでは?積み直しならば足場が有った方が仕事が早く住みます。

Q瓦の葺き替え見積もりについて

2階建ての屋根瓦の葺き替えで見積もり額が65万でした。
内容は特上いぶし瓦 下地はコンパネ貼付 坪数は16坪
工期は5日の内容でしたが、妥当な金額でしょうか?
瓦の単価は100円から700円位の間で有るようですが、見積もりでは単価は不明です。
瓦にはメーカーや型番(品名)が分かるような記号等は入っているのでしょうか?
心配なのは、最低の瓦を使われないか心配です。
素人なのでその辺が分からないです。
見積もり書に必要な事項も教えて下さい。

Aベストアンサー

ウチも昨年、下地の葺き替えをしました。
参考までにホームセンター、親戚の大工、
電話帳で調べた老舗の屋根屋と、
3ヶ所から見積もりを取りました。
実は以前、別の親戚の大工に騙されて、
外壁の塗り替えで工事等で相場の2~3倍のリフォーム代がかかったからです。

家は建坪15坪の総檜の二階で築22年、床面積30坪。場所は東京都23区西部。
業者によって見積もりの平米数はまちまちでした。
けっこうアバウトです。

詳細は、
瓦は既存のモノを使う。
それまで雪止め瓦が無かったので、雪止めを付ける。(結果的に新品83枚を使用)
瓦は一枚350円でした。
下地はルーフィング(黒と緑色の下地剤)を葺き、
その上に更に日本一(ダンボール地の下にゴムがある下地剤で、チャンピオンという名もあります)を二重に葺く。
痛んでいる箇所が有れば、スギ板を補修する。
桟は新品を打つ。
棟は全て積み直し。
ゴミ代。

ホームセンター150万
親戚の大工(の、お抱え屋根屋)70万
老舗の屋根屋50万でした。

親戚の大工のお抱え屋根屋は、何でもその頃、ガングロ娘を1日弟子にして鍛えるTVに出たとか(笑)。
結果的に親戚の大工のお抱え屋根屋と老舗の屋根屋は双方とも50万でした。
親戚の大工がそこに20万(大工の現場監督が来るので)の利益を乗せたわけです。
後に値段交渉で大工が私に言いました。

ホームセンターは妖しくて、「ガルバニウム鉱板にしないか?(140万)」とか
「瓦を全てコーキングで埋めると安い(50万)」とか、
妖しいことを言ってました。
ガルバニウム鉱板は、瓦から換えると雨音が気になるそうです。
瓦を全てコーキングで埋めるのは、最悪です。
善良な屋根職人曰く「後で困るから絶対にやっちゃダメ」だそうです。

また、フリーで営業している業者、
「ピンポーン!見積もりを無料でやっています」って言うのは相手にしてはダメだそうです。

結局、老舗の屋根屋50万に頼み、私も4日間、一緒に屋根に乗りました(笑)。
職人は4人、4人、3人、2人だったと思います。
一軍の職人2~3人と、始めて3ヶ月の子2人と合わせて来て、まあ玉石混合でした。
でも、サービスで波形のスズメ返しをつけてくれて、まあ満足しています。
とにかく、驚くほどスズメの巣のゴミが多く、ビックリしました。
波形のスズメ返しは、都会でも田舎でも必ず必要です!
我が家を新築した親戚の大工は、スズメ返しも雪止めもつけてくれませんでした。

スズメ返しが無いと、全ての隙間に巣を作られるようです。
棟は積み直しでしたが、「熱気がこもる」らしく、棟に最新式の空気抜きをつければよかったかな~?と思います。
「空気抜き」は棟の横の外壁にも3箇所あるのですが、屋根の上でスギ板の穴から出るスゴイ熱気に参りました。

下地剤のルーフィングは3グレードくらいあり、
親戚の大工(の、お抱え屋根屋)が、最初は最上級のを一回葺けばよいと言いましたが、
私の知り合いの、一人親方でやっている屋根職人のお爺さんに聞いたところ、
ルーフィングのグレードを落とし、
その上に「チャンピオン(ゴム式のダンボールの下地剤)か同じ様なものを二重に葺け」
とアドバイスを貰いました。
本当はその一人親方で(奥さんと二人で)やっている屋根職人のお爺さんに
頼みたかったのですが、遠距離だったので近くの業者にしました。

それは正解で、職人はオバケのホチキスで乱暴に叩くので、
葺いたばかりのルーフィングにはキズが付き、そこから水が入ります。
だから二重にして正解でした。

一人親方でやっている屋根職人のお爺さんなら、瓦を全て新品にして同じ工事が
30万円でできるそうです。

そう言う人でないかぎり、やはり業者は高いと思います。
ちなみに大工の日当は2万から2.5万で、
屋根屋は1.8万から2万くらいだそうです。

私もコンパネはオススメしませんが、ウチで補修に使用したスギ板は古いモノより薄く、
なんか頼りない気がしました。

桟はリサイクルのモノ(産廃を固めた黒モノ)を使いましたが、
カラカラに乾いていたらしく、歩くと作業中に全てポキポキ折れて、
ダブルで木の桟を付けさせました。
おそらく私が見ていなかったら、そのままやっていたと思います。

ウチは置き場所があったので全て瓦を下ろしましたが、
場所がないと半分づつ作業するので、その分、作業効率は悪くなります。

主な材料費。
ルーフィングは1×20mのロールで5から8千円くらい、
最上グレードで1万数千円くらいでしょうか。
日本一やチャンピオンも1×20mのロールで7から8千円だったかな?

大きな本屋に行くと、「建築の赤本」というのが売っているらしく、
それに全ての部材の単価が乗っているそうです。

ちなみに私は建築に関してズブの素人です。
色々と騙されて、それでも職人さんに聞いて少しづつ学びました。

騙されないためには、やはり「あいみつ」です。
いくつかの業者から見積もりを取り、検討することです。
おかしいと思ったらすぐに聞く。

時には作業をストップさせてでも、不明な点は確認します。
職人は嫌な顔をしますが、あとでトラブルが起これば、その方が数十倍も嫌な思いをします。

今の9割の職人は、手抜き大好きお金大好き仕事嫌いです。
彼らの名誉のために言えば、1割は「腕の良い昔気質の職人さん」もいます。
まともな職人に当たる確率は、驚くほど低いのです。

彼らの世界もケガと弁当と車は自分持ちで、手間賃を叩かれて気の毒な気もしますが、
作業しながら施主を見て、値踏みしながら手抜きしているのが現状だと思います。
施主と職人の間に入って、ゼネコンのように丸投げする工務店は、わりと儲けているらしい?ですが・・。

泥棒にも三分の利、騙された私も世間知らずでした。
最近では、以前に関わった職人と仲良くなり、
別の工事等で「ちょっと相談したいんだけど~コレっていいの?」
と電話等で聞きます。
他の職業と同様、
彼らも同業の悪口を言うのを嫌いますが、
名前を伏せてあげれば、本当に正しいアドバイスをしてくれます。

職人の手抜きを見抜くのは、やはり職人です。
最近はネットの画面上でも、外壁工事などは建坪から平米数を割り出し、
リフォームの見積もりが出来ますね。
便利になりました。

最後に、
ある腕の良い板金職人の言葉です。
「何で施主が口うるさいか、自分で家を建てて、ようやく分かった」と言ってました。
彼は職人の気持ちと、施主の気持ちと、自らが家を建てて双方の気持ちが分かったのです。

職人が家を持てない時代、まだまだトラブルはあると思います。
これはあくまで、私個人の体験談です。
頑張って下さい。

ウチも昨年、下地の葺き替えをしました。
参考までにホームセンター、親戚の大工、
電話帳で調べた老舗の屋根屋と、
3ヶ所から見積もりを取りました。
実は以前、別の親戚の大工に騙されて、
外壁の塗り替えで工事等で相場の2~3倍のリフォーム代がかかったからです。

家は建坪15坪の総檜の二階で築22年、床面積30坪。場所は東京都23区西部。
業者によって見積もりの平米数はまちまちでした。
けっこうアバウトです。

詳細は、
瓦は既存のモノを使う。
それまで雪止め瓦が無かったので...続きを読む

Q住んでみての平屋建ての良し悪し。

実家が木造2階建て(4LDK)なのですが、やはり夫婦の2人暮らしでは2階は物置になり不必要だと
言っていて
自分もそう思うので、後々のことも考えて2階建てより
2LDK、3LDKの平屋がいいと思います。

実際に平屋に住んでみて良い点、悪い点があれば個人的な意見で構わないので
教えてください。



理想は
(自分)
50~60坪の土地に24坪くらい3LDKの平屋の建物
自分の書斎的な部屋の横に車が止めれるシャッター付ガレージ
洋式トイレが2個(1個は洗面所)

(嫁)
リビングと6畳の部屋が繋がっていて使わないときは戸で仕切れる
システムキッチン、
明るい浴室

今後転勤とかは一切無く、子供は事情で予定は無く夫婦(共に30代)での生活になります。

Aベストアンサー

こんにちは。

平屋,30坪弱,に一人ですんで居ます。納戸を(広く)作り,箪笥や普段使わない寝具などを部屋に置かないようにしました。天井裏が高い(人が立って歩ける高さ)ので,物置として使えます。裏口と履き出し窓があると不測の事態の時の逃げ口として良いですよ。屋根裏から屋根に上がれるようになっていると何かと便利です。

2階や多層階は掃除も面倒です。周りの一人暮らしや夫婦だけの人を見ると,2階は物置と化していてくもの巣だらけになっている家もあります。

> 自分の書斎的な部屋の横に車が止めれるシャッター付ガレージ

シャッター付きガレージは,良いですよ。車が兎に角汚れません。

> 洋式トイレが2個(1個は洗面所)

これは理想ですねぇ。一人に一つ。家族用と来客用。

> リビングと6畳の部屋が繋がっていて使わないときは戸で仕切れる

我家はそうなっています。壁で区切った部屋はありません。

QS瓦屋根の漆喰補修費用

現在、自宅の外壁塗装工事を行っています。

工事前に、下屋の熨斗瓦が1枚落ちた部分があり、そこも直しておいてと気軽に頼んでおいたのですが、漆喰を全体的に補修する工事の見積が届きました。

瓦屋根についてはまったく知識がありませんが、屋根診断士の資格を持っていると言う方から、現場を見ながら次のような説明をしてもらいました。

・以前の補修で漆喰が塗りすぎになっていて、瓦からハミ出している部分がある。
・ハミ出している部分があると、中に水を引き込む。
・黒く変色している部分は、水の引き込みが激しい箇所
・水の引き込みにより、棟土が流れ出している。
・流れ出した土がかなり雨樋に溜まっていた。(雨樋は撤去後だったため、実際には見ていません。)
・このままにしておくと、雨漏りしたり、ちょっとした地震で瓦が落ちてきたりする。
・瓦自体や下地は痛んでいないので、漆喰を直せばこのままで15年くらいは持つ。
・できれば、足場のある今のうちにやった方がよい。

実際に漆喰の様子を見てみると、説明されたとおりにハミ出していたり、黒く変色した部分も多く、
大部分の漆喰が手で簡単に外せそうな感じがします。下屋の漆喰の一部を手で外してみると、中から土がボロボロこぼれてきました。

業者のいうとおり、全面的に漆喰を補修する必要があるということ自体は納得したのですが、
見積もりの腑が府に落ちません。

見積金額は約50万なのですが、3人×3日の作業だと伺いました。
1人日あたり5万以上にもなるので、材料費や事務所等の間接費を考慮しても高すぎるのではないかと思います。

瓦工事に詳しい方のご意見を伺いたく。

よろしくお願い致します。

現在、自宅の外壁塗装工事を行っています。

工事前に、下屋の熨斗瓦が1枚落ちた部分があり、そこも直しておいてと気軽に頼んでおいたのですが、漆喰を全体的に補修する工事の見積が届きました。

瓦屋根についてはまったく知識がありませんが、屋根診断士の資格を持っていると言う方から、現場を見ながら次のような説明をしてもらいました。

・以前の補修で漆喰が塗りすぎになっていて、瓦からハミ出している部分がある。
・ハミ出している部分があると、中に水を引き込む。
・黒く変色している部分は、水の引...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

今回の工事を依頼するとしたら、棟(最上部の瓦)を外し、そこにある古い葺き土全部を撤去して新しい土で葺き直すのがセオリーです。
既設の棟をそのままにして横から漆喰を塗るだけでは、いずれ崩れてきます。
良心的な瓦屋であれば“屋根診断士”なるものを名乗らないし漆喰の塗り替えは勧めません。
足場の有無は気にせず、焦らずに検討されては如何でしょうか?
四寸勾配の屋根なら足場が無くても作業は充分に可能です。

Qセメント瓦屋根 修理と塗装or葺き替えで苦悩中

タイトル通りの質問です。よろしくお願い致します。

築25年の木造2階建て、外壁127.00m2はモルタル/屋根120m2はセメント瓦(1枚ずつ外れるタイプ)の寄棟です。

~現状~
・外壁:16年前に吹き付け塗装をしましたが、小さな亀裂数ヶ所程度。
・屋根:これといったメンテナンスはした事がありませんが、雨漏りは一度もありません。
    (1)瓦全体の表面塗料がはげて下地が見えていて、見た目も悪い。
    (2)漆喰の外れが目立つ
    (3)雀のお宿になっています
    (4)ずれと割れも何ヵ所かあります
      ⇓
    棟部分(冠瓦・のし瓦・鬼瓦)がずれというかゆがんでいるのが目視できます


 外壁塗装の見積もりを頼んだ際に屋根の塗装もと思い、まずは屋根の現状を知りたかったので、この業者さんに屋根屋さんを紹介して頂き、見て頂きました。
 
 結果、(4)の棟のずれは全て取り外して、積み直し×26間と漆喰の詰直し 又は円筒棟に取り換え   ×26間と漆喰の詰直しで40万と言われました。
 屋根の塗装代と修理代を合わせると100万程かかってしまうことが分かり、葺き替えの方がいいの  かと迷っています。

 塗装屋に相談するとこのぐらいの事なら気にしないで塗装しますと言われ、プロの屋根屋を連れて  来たのが失敗したとも・・・

 屋根修理の相場と100万程で葺き替えられる屋根素材があれば教えて下さい。

 よろしくお願い致します。

 

タイトル通りの質問です。よろしくお願い致します。

築25年の木造2階建て、外壁127.00m2はモルタル/屋根120m2はセメント瓦(1枚ずつ外れるタイプ)の寄棟です。

~現状~
・外壁:16年前に吹き付け塗装をしましたが、小さな亀裂数ヶ所程度。
・屋根:これといったメンテナンスはした事がありませんが、雨漏りは一度もありません。
    (1)瓦全体の表面塗料がはげて下地が見えていて、見た目も悪い。
    (2)漆喰の外れが目立つ
    (3)雀のお宿になっています
    (4)ずれと割れも何ヵ所かあり...続きを読む

Aベストアンサー

正しい塗装方法で塗り替えをすれば、屋根塗装も溶剤型で2液のタイプであれば10年は軽くもちます。
しかし築25年とのことですから、場合によっては乗っただけで割れる恐れがあるので、作業にも注意が要ります。
現在は25年前のセメント瓦とのこと。
既に製造中止になってる製品も多く、塗り替えは今回が最後と思います。
製品は材料屋さんの在庫のみで補修も不可能になります。

もう一つの葺き替えを行なう場合。
既設屋根材(瓦)と瓦桟の全部を撤去し、新規に瓦桟を取り付け瓦を葺きます。
その際は焼き物の陶器瓦にするべきで、新建材の瓦にするのはご法度。
上薬のかかった陶器瓦は実績も耐久性も他の追随を許しません。
ただ、ネックは価格。
既存撤去、紙敷き、瓦桟取り付け、新規瓦葺きまで計算すると100万は少しオーバーするかもしれません。
しかし、10年後に再び塗装を考えれば塗装2回分で瓦を替えられます。
もちろんこの価格は訪問販売ではなく、地元業者が一般的な価格で行なった場合です。

ちなみに今回の工事を行なう場合、総合建設業に依頼しない限り、分離で発注するのが相応しい方法です。
ただ、築年数からすると雨樋の劣化も考えられるので、全体の工事を監督する立場の方に見てもらって、雨樋交換も視野に入れる必要があるかもしれません。

正しい塗装方法で塗り替えをすれば、屋根塗装も溶剤型で2液のタイプであれば10年は軽くもちます。
しかし築25年とのことですから、場合によっては乗っただけで割れる恐れがあるので、作業にも注意が要ります。
現在は25年前のセメント瓦とのこと。
既に製造中止になってる製品も多く、塗り替えは今回が最後と思います。
製品は材料屋さんの在庫のみで補修も不可能になります。

もう一つの葺き替えを行なう場合。
既設屋根材(瓦)と瓦桟の全部を撤去し、新規に瓦桟を取り付け瓦を葺きます。
その際は焼き...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング