最新閲覧日:

NHKのニュースでのことです。明石市の花火大会の事故の報道で、初めは、「将棋倒し」といっていたのに、何時の間にか「折り重なって倒れ・・・」という表現に変わっているではありませんか。
まさかとは思いましたが、日本将棋連盟から、この表現にクレームがついたとのです。これは、言葉狩りではありませんか。
確かに痛ましい事故で、そこに、「将棋~」と言われるのはよろしくない、というのも、解らないではないですが、BS放送の「囲碁将棋ジャーナル」を見る時にも、これからは見方が変わってしまいそうです。
どう思われますか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

では、「ドミノ倒し」と表現すると「天九牌」(中国との国際問題に発展するとか)や「ドミノ」の関係各所から圧力が掛かるとか・・・。


基本的に昔から表現されているものを説明的な表現にするより「将棋倒し」の方が分かりやすいと思いますが。
放送禁止用語にでもなったのでしょうか。
別に構わないと思いますが、関係者からすると、事故の表現の中に含まれるのは気持ちが良くないというのは分からなくもありません。
表現の自由がどんどん縛られて行く近年。差別用語は当然とは思いますが。それでもカットされずに放送されている場合もありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

第一号回答有難うございました。
私も「ドミノ」を連想してしまいましたが、こんな「措置」がまかり通っていくと、しまいにはどんなことになっていくんでしょうか。

お礼日時:2001/08/02 20:10

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ