年収130万円まででパートをしています。
12月に年末調整で、多少税金が戻ってきますが
その戻り分も年収に考えなくてはなりませんか?
130万円ギリギリの金額になりそうなので心配です。
他にこんなものも年収になるよ~というものはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1)前の方が回答していたように、戻り分はすでに収入に算入されていますので年収には考えなくて結構です。


2)こんな物が年収になるか?について
○他の人から貰ったものが年収になるか?という問題があります。
これは、贈与税の対象となる区分になります。
110万円までは基礎控除がありますので、非課税です。
それを超えた場合は、贈与税の対象となり、今のパート収入と合算されると言うことはありません。
パート収入は給与所得といって所得税の対象となる区分ですので、税金の種類が違うことから合算されません。
○懸賞金は、年間50万円の基礎控除があります。したがって、50万円を超える懸賞について超える部分の半分がパート収入と合算されます。これも、こういった所得の特徴で、これは所得税の対象です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。 細かいところまでありがとうございました。

お礼日時:2001/08/05 21:58

それであれば、問題ないです。

ただ130万円は健康保険の扶養の限度額です。
所得税の非課税は103万円以下ですので、それを含め収入計算すると、良いでしょう。(1,03,001円になると税金を払う必要があるので、むしろ損になる場合があります。
    • good
    • 0

年収130万円と言うのは、手取りじゃないですよね?


税金とか引かれて結局貰ったのは、11?万円ですよね?
違います?

その場合ですと、戻って来るお金ってのは、昨年払った 130万-11?万=A円
このA円のうちの、B円を返しますよ。ってことなのです。

ですから、還付金ってのはすでに収入に参入されており、問題ありません。
つまりは、昨年預かってたものを返しますよ。ってことです。
預けてたのもが帰ってくるのは収入じゃないですよね?

ただ、万一手取りで130万円と考えていたのなら、それは一大事ですよ。
もしよろしければ、そのへんも、再度補足していただけたら、と思います。 

この回答への補足

とてもわかりやすい回答ありがとうございます。130万円は手取りではなくいわゆる税引き前の金額です。

補足日時:2001/08/02 20:30
    • good
    • 0

年末調整してるんだったら、単純に勤め先から受け取った源泉徴収票の「支払金額」=年収でOKなのでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。今から12月までいくら働けるのかが知りたかったので。。。

お礼日時:2001/08/02 20:34

確定申告をして戻った税金は、昨年の税金の払いすぎの分ですから、収入にはなりません。



収入になる物は、懸賞金・他人から1年間に110万円以上
貰った場合・などでしょうか。
後は、一定額以上の株の配当金などです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 なるほど、実際にはありませんが懸賞金などは忘れそうですね。

お礼日時:2001/08/02 20:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整と確定申告について

お恥ずかしいのですが年末調整と確定申告がよくわかっていません…。


今年、医療費が10万円を越えるので確定申告したかったのですが、時期的に年末調整って先にきますよね?
年末調整は今まで通り会社に行ってもらい、その後、医療費控除の確定申告申告は2月に別途行えばいいのでしょうか?
それとも年末調整はせずに確定申告でまとめて行えばいいのでしょうか?

給与所得も1か所なので、できれば年末調整は会社、確定申告は医療費だけにできると楽なのですが…。


また、根本的な質問で恐縮なのですが、なぜ年末調整は12月で確定申告は3月なのですか?

同じ税金の還付のような気がするのですが何が違って時期が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>年末調整は今まで通り会社に行ってもらい、その後、医療費控除の確定申告申告は2月に別途行えばいいのでしょうか?

OKです。(医療費控除などの)所得税還付のための確定申告は、2月を待たずに、正月明けから税務署で受付が始まりますよ。

>それとも年末調整はせずに確定申告でまとめて行えばいいのでしょうか?

それは出来ません。会社は社員全員の年末調整をしなければならないと所得税法に書いてありますので。

>給与所得も1か所なので、できれば年末調整は会社、確定申告は医療費だけにできると楽なのですが…。

と言うよりも、会社で年末調整をしてもらわなくてはなりません。そして、医療費控除を受けたいのであれば、税務署へ確定申告するほかありません。

>なぜ年末調整は12月で確定申告は3月なのですか?

世の中、あなたのような会社員ばかりではなく、事業主もいます。事業主の確定申告は、書類や帳簿の整理が大変なのです。3月でも早過ぎるくらいです。

Q年収と扶養、年収を130万円越えた場合の国民健康保険や年金について教え

年収と扶養、年収を130万円越えた場合の国民健康保険や年金について教えてください。
他の方々の似た質問や回答、他サイトも見ましたが混乱するばかりなので質問させて頂きました。
私は33歳、契約社員です。
以前はきちんと働いていましたが、病気で退職し、サラリーマンの父の扶養に入り生活をしていました。年金も全額免除してもらっている状態です。
現在は体調が良くなったため、週24時間程度で勤務を続けております。
(併せて、簡単なWワークをしており、そちらで月1万程度もらっています)
雇用保険のみ加入しています。あとお給料から引かれているのは所得税です。
今年の1月~9月までのお給料(Wワーク含)の総額(控除される前のもの/交通費含)は、100万円程度です。このまま働くと、130万円を少し越える程度になりそうです。
以下に質問をまとめさせて頂きます。

(1)今までの私の情報では
「年収100万↑で翌年に住民税がかかる」
「年収103万↑で父の扶養者控除がなくなり父のお給料が少し減る」(民主党の政策で廃止になった?)
「年収130万↑で翌年に国民健康保険料、年金全額支払となる」と把握しておりました。
中には国民健康保険料は「継続して一定の収入がある人であり年収は関係ない」という話もあり混乱しております。なにが正しいのでしょうか?

(2)国民年金は年収130万↓だと半額免除、130万↑だと全額支払という認識で間違いないでしょうか?

(3)来年以降、もっと体調が良くなったら、週32時間程度で働こうと考えています。
その時に会社で厚生年金に入るようになったら、年金額免除とか関係なくなるのでしょうか?

(4)年収を130万円~140万程度の国民健康保険の毎月の負担額はいくら位なのでしょうか?

(4)以前FPの知人に、こういった税金関係で年収を数える場合は、
総支給額(控除される前の額+交通費)で計算すると言われましたが間違いありませんか?


経済的にギリギリの生活をしておりますので、
このまま働いて、年収がほんの少し130万を越えてしまうことで、
来年度以降に負担が増えてしまうことが心配です。

きちんと伺いたいことがまとめられていないかもしれませんが、
知識のある方、ご助言頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

年収と扶養、年収を130万円越えた場合の国民健康保険や年金について教えてください。
他の方々の似た質問や回答、他サイトも見ましたが混乱するばかりなので質問させて頂きました。
私は33歳、契約社員です。
以前はきちんと働いていましたが、病気で退職し、サラリーマンの父の扶養に入り生活をしていました。年金も全額免除してもらっている状態です。
現在は体調が良くなったため、週24時間程度で勤務を続けております。
(併せて、簡単なWワークをしており、そちらで月1万程度もらっています)
雇用保険の...続きを読む

Aベストアンサー

>「年収100万↑で翌年に住民税がかかる」
そのとおりです。

>「年収103万↑で父の扶養者控除がなくなり父のお給料が少し減る」(民主党の政策で廃止になった?)
そのとおりです。
なお、子どもの扶養控除は廃止になりますが、今のところ成年者の扶養控除は廃止にはなりません。

>「年収130万↑で翌年に国民健康保険料、年金全額支払となる」と把握しておりました。
いいえ。
国保は年収に関係なくかかります(もちろん所得が多ければ保険料は増えますが)し、130万円という数字は関係ありません。
ただ、130万円以上だと、親の健康保険の扶養にはなれません。
それは、通常、1年間に換算して130万円を超える見込み(月収108334円以上)になったとき、扶養からはずれなくてはいけません。
なので、本来、貴方は親の健康保険の扶養からはずれていなくてはいけません。
親の会社もしくは健康保険の事務局に確認されることをおすすめします。

年金は貴方だけの収入ではなく親の所得も関係しますが、130万円という数字は関係ありません。
所得(「収入」から「給与所得控除(年収によって変わります)」を引いた額)により、全額免除だったり、一部免除(1/2、1/4、3/4)だったりします。
全額免除がダメになったとしても一部免除になる可能性は十分あります。
詳しくは役所の年金担当部署でご確認ください。

>中には国民健康保険料は「継続して一定の収入がある人であり年収は関係ない」という話もあり混乱しております。なにが正しいのでしょうか?
いいえ。
間違いです。

>来年以降、もっと体調が良くなったら、週32時間程度で働こうと考えています。
その時に会社で厚生年金に入るようになったら、年金額免除とか関係なくなるのでしょうか?
そのとおりです。
厚生年金を払うなら、それとは別に国民年金として払うことはなくなります。

>年収を130万円~140万程度の国民健康保険の毎月の負担額はいくら位なのでしょうか?
国保の保険料は市町村によって計算方法が異なるため何とも言えません。
役所の担当部署に聞かれることをおすすめします。

>こういった税金関係で年収を数える場合は、総支給額(控除される前の額+交通費)で計算すると言われましたが間違いありませんか?
いいえ。
原則、交通費は非課税です。
社会保険の扶養認定の場合は、その年収の条件130万円には総支給額でみます。

>経済的にギリギリの生活をしておりますので、このまま働いて、年収がほんの少し130万を越えてしまうことで、来年度以降に負担が増えてしまうことが心配です。
今より負担が増えるのは確かでしょう。

>「年収100万↑で翌年に住民税がかかる」
そのとおりです。

>「年収103万↑で父の扶養者控除がなくなり父のお給料が少し減る」(民主党の政策で廃止になった?)
そのとおりです。
なお、子どもの扶養控除は廃止になりますが、今のところ成年者の扶養控除は廃止にはなりません。

>「年収130万↑で翌年に国民健康保険料、年金全額支払となる」と把握しておりました。
いいえ。
国保は年収に関係なくかかります(もちろん所得が多ければ保険料は増えますが)し、130万円という数字は関係ありません。
ただ、1...続きを読む

Q年末調整をして確定申告?

年末調整をして確定申告?

年末調整の書類を書くように会社から言われています。
今年、いくらか寄付をおこなったため、寄付控除(?)を受けるために確定申告を考えています。
年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

年末調整しないように会社には言おうと思いますが、いまいち担当者が頼りなく、うっかり普通に年末調整されてしまったらと心配しています。
12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

>年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、

誤りです。年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をしなければならないのです。
【根拠法令等】所得税法第百九十条

>年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

可能です。

>年末調整しないように会社には言おうと思いますが、

言うことはできません。前述のように、年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をします。

>12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

12月に一部の税額の還付を受け、さらに来年の2,3月に残りの税額の還付を受けることになりますね。

Q年収130万円未満の計算

私たち夫婦は共働きで、昨年の私の年収は103万円未満でした。今年はもう少し働けることになり、年収130万円未満を目指しています。103万未満の時には交通費を計算に入れなくてよいとのことでしたが、130万円未満で働く場合の年収の計算には「交通費」は入るのでしょうか?計算に含まなければならないものを教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いわゆる非課税交通費というのは所得税・住民税の対象には含めません。
しかし、社会保険の扶養の基準である130万未満には含めます。
基本的には社会保険の方は「継続的にもらうもの」「労働の対価としてもらう物」は全部含めるとお考え下さい。
一方で保険の満期金とか株式などの譲渡益に対しては税金は課税されますが、社会保険の扶養の基準には含めません。つまりこれらはあくまで一時的なものに過ぎないからです。

Q配当と確定申告と年末調整について

最近株を始めたばかりです。
配当は少額の予定ですが、源泉徴収分を取り返す為に確定申告をしたいと考えています。
その場合、年末調整との関係はどうなるのでしょうか。
確定申告をする場合年末調整をしてはいけないのでしょうか、また年末調整と確定申告の両方をすると何か問題があるのでしょうか。
無知な質問かもしれませんが、今まで確定申告をしたことが無いので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

配当金の源泉税を取り戻すには、年末調整ではなく、翌年の1月上旬から3月15日までに、税務署に確定申告をする必要が有ります。
又、配当金控除という控除も受けられます。

>確定申告をする場合年末調整をしてはいけないのでしょうか、また年末調整と確定申告の両方をすると何か問題があるのでしょうか。

会社で年末調整をしてもらって大丈夫です。
その後で、確定申告をすることになります。
従って、年末調整と確定申告の両方をして問題はありません。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.mfi.or.jp/kumiya/stock216.html

Q年収130万円前後の人は、扶養に入るより、厚生年金を納めると年金は得しますか?

旦那さんがサラリーマン(社会保険)のパートのおばさんがいます。
年収は130万円前後なので、少し調整すれば、旦那さんの扶養に入れるのですが、本人は、「厚生年金をかけた方がたくさん年金をもらえる」と言い、社会保険に加入して厚生年金を納め続けています。

旦那さんの扶養に入れば、基礎年金部分は確保されるのですが、

では、実際に、年収130万円前後の人が一生厚生年金を納め続けた場合の年金受給額と、基礎年金だけの場合での年金受給額では、どれくらいの差があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>同年齢の方スミマセン
がーん。私より全然若い。。。。

老齢年金の計算は現実にはかなり複雑なのですが、単純には、厚生年金の報酬比例分で、

年間受取額=平均標準報酬月額×7.125/1000×加入月数

となります。これのほかに基礎年金年80万ほどがもらえます。こちらは1号や3号加入者(国民年金加入や扶養の人)と同じですから、上記の報酬比例分が余分にもらえる金額となります。

で、月に約10~11万円もらっているわけですから、報酬月額を10.4万として一ヶ月加入したとすると、

10.4万×7.125/1000×1ヶ月=741円 面倒だから四捨五入して700円と。

つまり一月加入するたびに年額700円位増えていくわけです。
10年もらうとすれば受け取り金額は7000円になりますので、大体10~11年で元が取れるでしょうと。

長生きするつもりであれば更に幾らでも得になりますよ。公的な年金は終身年金なので死ぬまでその金額をずっともらい続けられますから。

なんで厚生年金が得になるのかというと、半分会社が払ってくれているからです。まあ、加入しない場合にその分を給与に加算してくれればまた多少話は違ってきますけど。

>同年齢の方スミマセン
がーん。私より全然若い。。。。

老齢年金の計算は現実にはかなり複雑なのですが、単純には、厚生年金の報酬比例分で、

年間受取額=平均標準報酬月額×7.125/1000×加入月数

となります。これのほかに基礎年金年80万ほどがもらえます。こちらは1号や3号加入者(国民年金加入や扶養の人)と同じですから、上記の報酬比例分が余分にもらえる金額となります。

で、月に約10~11万円もらっているわけですから、報酬月額を10.4万として一ヶ月加入したとすると...続きを読む

Q確定申告と年末調整とは?

(確定申告について)
1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
2・確定申告を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
3・医療費の確定申告があるように他の確定申告も存在するのですか?
「年末調整について」
A・年末調整は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
B・年末調整を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?

質問が似ておりますがとても知りたいです。お願いします。

Aベストアンサー

>1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
確定申告には2種類あります。
自営業者など事業所得がある人や給与所得者でほかに所得がある人など納税が必要になる人の申告は、2月16日~3月15日です。(土・日がその日になる場合はずれます)
給与所得者で年末調整をされた人が、医療費控除などを受ける場合、年末調整のとき扶養控除、生命保険料控除などの申告をするのを忘れた場合など所得税が還付になる申告は、翌年1月になればいつでもできます。
期限はありません。

>2・確定申告を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
居住地を管轄する税務署です。
通常なら一番近くの税務署でしょう。
また、2月16日~3月15日なら市町村の役所で受付してくれることも多いですね。

>3・医療費の確定申告があるように他の確定申告も存在するのですか?
あります。
1で書いたとおりです。

>A・年末調整は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
>B・年末調整を行うのにどこの施設に行ったら良いですか?
11月~12月初めに必要な書類を会社に提出し、会社はそれをもとに所得税の計算をし直し、今まで給料から天引きした所得税の合計と比べ天引きした額が多かったなら12月(1月のこともある)の給料などで還付、少なければその分徴収します。

>1・確定申告は毎年いつ頃からいつ頃まで行うのですか?
確定申告には2種類あります。
自営業者など事業所得がある人や給与所得者でほかに所得がある人など納税が必要になる人の申告は、2月16日~3月15日です。(土・日がその日になる場合はずれます)
給与所得者で年末調整をされた人が、医療費控除などを受ける場合、年末調整のとき扶養控除、生命保険料控除などの申告をするのを忘れた場合など所得税が還付になる申告は、翌年1月になればいつでもできます。
期限はありません。

>2・確定申...続きを読む

Qパート 130万円未満 旦那の会社にばれてしまう?

主婦で パートに反対するの旦那に内緒で 

家計のために去年から内職をしています


自分で確定申告をしています。去年は100万以内に収まりましたが、
今年は9月でようやく90万円を超えました。

このまま年末まで100万円以下で押えるか
頑張って130万円未満まで働くか

悩んでいるところです

今のところ
旦那の会社や旦那にはばれていませんが
130万円未満まで働くと

なにかしらばれる問題が出てくるでしょうか??

見つかると大変なので
うまくばれないように収入を得たいのです。
お力をお貸しください。



ちなみに『家内労働者の確定申告~』で申告をしています。

Aベストアンサー

No.1で回答した者です。

お礼でご質問いただいている点につきまして、
言葉足らずで誤解をさせてしまっているようで申し訳ありません。

・収入100万円以下に収まり、所得38万円以下で確定申告
これは、質問者さまの収入について、税務署へ申告した内容ですね。

・旦那さまの税控除では、質問者さまは収入¥0で申告
これは、旦那さまの収入と控除について、配偶者控除を受けるために年末調整時に行う申告です。
質問者さまは旦那さまに「内職の収入がある」ことを話しておられないのですから、当然、旦那様は「配偶者は無収入である」として会社へ申告されるはずですね。
これに基づいて、会社は旦那さまは配偶者控除を受けているとして所得税の徴収と納付を行います。
これは旦那さまの申告に基づくもので、税務署側で質問者さまの申告と合わせて勝手に変更してはくれません。


前述の、2つのデータが税務署と住民税のための市町村役所で集約されます。
もし、質問者さまの所得が38万を超えていると、
質問者さま自身は課税対象者となっている(=配偶者控除を受けることはできない)のに、
旦那さまの方では配偶者控除を受けているので、
旦那さまの配偶者控除は誤りだろうと、旦那さまの会社側へ調査が入るのです。
結果として、質問者さまに収入があることがバレますよ、という意味でした。
昨年の分については、質問者さまが課税対象者にならないため、会社側へ連絡が入ることはないでしょう。


言葉を端折ってしまって、すみませんでした。

No.1で回答した者です。

お礼でご質問いただいている点につきまして、
言葉足らずで誤解をさせてしまっているようで申し訳ありません。

・収入100万円以下に収まり、所得38万円以下で確定申告
これは、質問者さまの収入について、税務署へ申告した内容ですね。

・旦那さまの税控除では、質問者さまは収入¥0で申告
これは、旦那さまの収入と控除について、配偶者控除を受けるために年末調整時に行う申告です。
質問者さまは旦那さまに「内職の収入がある」ことを話しておられないのですから、当然、旦那...続きを読む

Q年末調整と確定申告についてご教授下さい。

年末調整と確定申告についてご教授下さい。

サラリーマンで会社で年末調整をしました。
しかし、FXで100万円ほど儲けたのですが、それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした。

確定申告はどうすればいいのでしょうか?
基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした…

知られて良いとしても、年末調整の対象ではありません。

>確定申告はどうすればいいのでしょうか…

普通の FX なら雑所得として「総合課税」。
クリック35とか言われるものなら「申告分離課税」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

>基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか…

おおむねその解釈でけっこうです。
確定申告とは、年末調整をいったんご破算にし、合計所得から税金を計算し直し、前払いした税金を引き算した残りを新たに納めることです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Qパートが130万、103万円越えたらどうなるんですか?越えたらいけないんですか?

アルバイト、パートの年収が103万とか130万を越えたら、なんとかと、よく耳にしますが、越えたらどうなってしまうんですか?越えたらいけないんですか?越えたら税が発生するのですか?それは何税というのですか?全然わかりません(T_T)
税初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

103万円を超えた場合には所得税が発生します。
また、扶養の範囲内から外れるためご両親(ご主人)の税金も増えます(扶養控除がなくなる為)

130万円は、上記に加えて更に自身で保険等に加入しなくてはなりません。
国保と国民年金ですね。

超えたら超えたで上記の支払をすれば問題ありませんが、103万を微妙に超える、130万を微妙に超える等はもったいないですよといったニュアンスで捉えられたほうがいいかもしれませんね。

なお、通常はご両親(ご主人)の扶養に入っていると思いますので、103万円を超えそうであれば事前に伝えておかないと、職場で扶養を外す手続きができませんので相談してくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報