【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ボーナス前の月に残業を多くすると、税金でボーナスが減る?という噂を聞きました。本当でしょうか?

もし本当でしたら、具体的にいくら稼いだら、どのくらい減るか?その分岐点を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

賞与の前の月の給与から社会保険料等を控除した金額を、下記の表に当てはめて、賞与から仮徴収する金額の率(%)を求め、賞与×率(%)が仮徴収の源泉金額になります


http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

賞与、毎月の源泉もそうですが、あくまで仮徴収なので、年末調整時に調整されますから、仮徴収額が多ければ、最終的には年末調整時の還付金額が増えるだけです
    • good
    • 5

他の方も書かれていますが、「ボーナス支給の前月の給与支給額」で、ボーナスの源泉徴収額(天引きされる税金の額)が決まります。

だから正確に言うと、「ボーナス前の月に残業を多くする」というより、「ボーナス前の月に支給される給与に、残業代が反映される月」に残業代を多くすると、税金が高くなることがある……手取りが減ります。

ただ、これも他の方も書かれていますが、天引きされる税金は、仮払いのようなもの。最終的には、1月から12月まで所得額や控除額で計算しますので、税金を多く引かれすぎていれば、その分は戻ってきます。
逆に少なすぎると、さらに払うことになります。
    • good
    • 1

確かに源泉徴収税額表による賞与の源泉徴収税額の計算では、ボーナス月の前の月の支給額が基準となりボーナスでの源泉徴収税額が決まります。



その意味では確かにボーナスの手取りは減ります。

ただそもそも所得税は1/1から12/31の年間の支給された総所得額て決まり、過不足があればそれは年末調整で精算されますので、結果としては特に前月に残業が多いから年間の納税額が増えたということにはなりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーナスの税金は前月の給与によって変わるとのことですが、毎月の給料日は

ボーナスの税金は前月の給与によって変わるとのことですが、毎月の給料日は10日、ボーナス支給が6月末日の場合、前月というのは、5月10日に支給される給与のことでしょうか、それとも6月10日に支給される給与のことでしょうか。

Aベストアンサー

ボーナスの税金というよりも、ボーナスから源泉徴収される所得税額ですね。
ボーナスの支払い月の前月の課税金額からボーナスに適用する税率が決まります。
この場合は5月10日に支給される給与ということですね。
でも最終的には年末調整や確定申告で精算されますから、あまり気にしても仕方がないです。

Q4~6月の給料で税金が決まるそうですが教えて下さい

4月~6月の給料で1年の税率が決まるから、
残業代が翌月に反映される場合、3月~5月は残業しない方がいいとよく聞きます。

将来の年金額が払った分増えるから、気にしなくていいという意見も聞きます。


実際のところどうなんでしょうか?

私自身は、トータルでイーブンならいいかという考えなのですが、
将来、年金がちゃんともらえるかわからないこの時代、
やっぱり今税金を多く払うのは損でしょうか?

みなさまの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

税金(所得税・住民税等)と社会保険料(厚生年金・健康保険料等)を混同してませんか?

4月から6月の給料平均月額を参考にするのは、社会保険の等級を決める「標準報酬月額」です。

この、標準報酬月額は春の賃上げが行われる4月の給料から以後3ヶ月間の6月までの平均額で暫定的に算出するのが一般的ですが、年度の途中でも残業手当の増減などで給与支給額の変動があった場合は等級は随時見直されるので決定額ではありません。

従って、4月から6月まで3ヶ月間の残業をせずに標準報酬月額を控えめにしても、その後に残業手当が増えて標準報酬月額が等級の範囲内上限額を超えれば社会保険の等級は同じ年度の途中からでも容赦なく引き上げられます。
(※逆に標準報酬月額が、その後に等級の下限額を下回れば等級は下がる)

また、給与所得税については「年末調整」で過不足などがあった場合は12月の給与で調整されるので、4月から6月の所得税平均額が年間所得税額に影響することもありません。

Qボーナスの税率についてわかりやすく教えてください

ボーナスの税率について

詳細のご説明は多分理解できないので
シンプルでわかりやすいお答えをお願い致します。


夏の賞与で税率が10%、冬の賞与で税率が6%でした。

結局は、年末調整で「給与所得」として調整されるとのことですが
このような説明ですと理解できないので、本当に簡単な回答をもらえますと助かります。

逆に難しい質問かとは思うのですが、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

簡単にいいます。
ボーナスの所得税の税率は、前の月の給料の額に応じて決まります。
その額が多いほど税率は上がります。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2011/data/04.pdf

Q所得税が急に増えたのですが。。。

本日、賞与支給で喜んでいたのですが、帰ってきて昨年の明細と比較して見ると、昨年の所得税による控除額と今年の所得税による控除額が2倍近く多くなっていることがわかり、驚いてしまいました。
妻も同じ会社の社員で明細を見せてもらうと支給額はほぼ同じであり、
妻のほうは昨年の所得税による控除額と今年の所得税による控除額はほとんど変わっていません。
妻と違うところがあるとすれば、残業時間が多く年間所得に差があるのですが、去年も今年も残業時間としては大きな差はなく、所得税がそれほど増えるような原因が思い当たりません。所得税がこのように突然増えるようなことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

一応計算してみました。
*扶養家族0人の場合の計算です

     【昨年】         【本年】
5月給与       227,300        284,600
時間外        119,215        180,280 
 計           346,515        464,880

社会保険等       38,131         47,145

差引給与       308,384        417,735

源泉徴収税額票より   8%          14%

賞与額         631,000        658,300
社会保険等        69,813         70,216
差引給与        561,187        588,084
源泉所得税        44,894         82,331

確かに倍近くになってますね・・・

Q夏の賞与で所得税が恐ろしく高いのですが・・

夏の賞与が支給されたのですが
所得税の控除額が
昨年の夏と比較して恐ろしいほど控除されています。

昨年 14,941円
今年 72,720円

本年より役職が上がったので、
総支給額が昨年より264,000円ほど増えたのですが、
それにしてもこんなに所得税って上がるものなのでしょうか?

ちなみに所得税控除欄の横に記載されている課税対象額も
昨年より232,000円ほど上がっています。。

税金に関しては無知なので、国税局のHP見ましたが良く理解できません。
ご存知の方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

下記URLのサイトで去年と今年の金額で計算してみてください。
賞与の税率は賞与の金額ではなく、賞与をもらう前の月の給与(社会保険料控除後)の金額で決定します。

役職が上がったことにより給与の金額も上がっているかと思いますが扶養家族が2人いるとした場合で極端な例をあげると
H19年5月の給与(社会保険料控除後)が26万円→賞与の額の2%
H20年5月の給与(者紀保険料控除後)が32万円→賞与の額の6%

月額が6万円あがることによって賞与から引かれる所得税は実に3倍となることになります。
ですので264千円増加したことも考慮するとあながちあり得ない数値ではありません。

参考URL:http://nzeiri.sppd.ne.jp/gensen/syoyo.htm

Qボーナスの手取りが少ない!

似たような質問が多数ありますが、自分は少し引かれ過ぎのような気がします。
ボーナス52万で手取り36万。16万引かれています。
16万の内訳は
所得税10万、健康保険1.3万、年金3.8万、雇用保険0.5万といった所です。
年収は400万ぐらいの普通のサラリーマンです。。
3割も引かれるって合っているのでしょうか?

3年前ぐらいまではボーナスから引かれる税金は3%程度だったと思うのですが、、

Aベストアンサー

所得税は年収全体にかかります。

平月は、ボーナスがそんなに高くないだろうと予想して源泉徴収しています。毎月の給与や夏のボーナスが低いと年収を低めに予想して徴収していますが、冬のボーナスが高いと年収が予想以上になり、徴収し損なっていた税金を一気に引きますので、ボーナスの所得税が高くなります。

夏のボーナスが低すぎたか、年の後半で昇給があったか残業が非常に多かったなんてことはありませんか。

Qボーナスの税率と年末調整

夏と冬の賞与を頂いているサラリーマンです。
ボーナスの税率がボーナス支給月の前の月の給料の額で決まるということは知りました。

しかしながら、ボーナス支給月の前の月の給料がたまたま多かったりたまたま少なかったりでボーナスの税率が変わっても、それを年末調整において過不足なく調整されている様子を感じとることが例年できていません。
つまりボーナスの税率が低い方が得をした気分になり、税率が高い方が損をした気分で終わってしまっております。

そこでこの度の質問としましては、
年末調整の仕組み(ボーナスで払い過ぎた税金が還ってくるあるいはボーナスで支払いが不足した税金を追納する等)、ここの部分のわかり易い説明を頂けますと幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>つまりボーナスの税率が低い方が得をした気分になり、税率が高い方が損をした気分で終わってしまっております。
確かにそうなりますね。
毎月引かれる所得税(ボーナス時も含め)は、国税庁が作成する「源泉徴収税額表」をもとに引かれ、生命保険料控除なども考慮されておらず多めに引かれるため、通常、年末調整で還付となります。
ただ、給料月額に対してボーナスが多い場合は、年末調整で追徴となるケースが出てきますね。

>年末調整の仕組み(ボーナスで払い過ぎた税金が還ってくるあるいはボーナスで支払いが不足した税金を追納する等)、ここの部分のわかり易い説明…
1年間の給料の総支給額(ボーナス含む。交通費は除く)から、給与所得控除(年収によって決まります)を引きます。
それが「給与所得」です。
そこから、社会保険料控除、扶養控除、生命保険料控除、基礎控除などを引き、残った額が「課税所得」です。
それに、税率をかけたものが所得税です。
その計算から出された所得税と毎月引かれた所得税の合計と比べ、少なければ還付、多ければ追徴となります。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/04.pdf

>つまりボーナスの税率が低い方が得をした気分になり、税率が高い方が損をした気分で終わってしまっております。
確かにそうなりますね。
毎月引かれる所得税(ボーナス時も含め)は、国税庁が作成する「源泉徴収税額表」をもとに引かれ、生命保険料控除なども考慮されておらず多めに引かれるため、通常、年末調整で還付となります。
ただ、給料月額に対してボーナスが多い場合は、年末調整で追徴となるケースが出てきますね。

>年末調整の仕組み(ボーナスで払い過ぎた税金が還ってくるあるいはボーナスで支払...続きを読む

Q所得税が上がった理由を教えて下さい。

今年6月のボーナスの所得税が昨年12月のボーナスの所得税に比べると、10万円以上高くなっていました。
金額(支給額)は、昨年に比べると8万円程多かったので、所得税も少しは多く取られると思っていましたが、まさか8万円多く貰うだけで、所得税が10万も上がるとは思いませんでした。
社会保険料(雇用保険、健康保険、厚生年金など)は、1万円程、多かったぐらいでしたので、納得はいくのですが、どうしても所得税については納得がいきません。

一つ思い当たる事としては、昨年までは、母親を扶養家族に入れていたのですが、別居で仕送りが5万、2年前からパートを始め年間30万程の所得があったので、会社から扶養家族としては認められないと判断され排除されました。
後は、家族構成などは変わっていません。子供もまだまだ小さく6才未満です。

原因は、何でしょうか?教えて下さい。どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>原因は、何でしょうか?

残念ながら、以下の情報が無いためはっきりしたことが言えません。

・ボーナス(賞与)の金額
・賞与の金額から控除される社会保険料等の金額
・前月の社会保険料等控除後の給与等の金額
・扶養親族等の数

ちなみに、「賞与に対する源泉徴収税額」は、以下の税額表を元に税額が算定されます。

『[PDF]賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2013/data/03.pdf
※左右に長いので分割されています。

---
いずれにしましても「源泉徴収税額」は【仮の税額】ですから、「年末調整」後に交付される『平成26年分 給与所得の源泉徴収票』で「税額の算定に間違いがないかどうか?」を確認することになります。

※分かりにくい点があればお知らせ下さい。

*****
(参考)

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※収入が【税法上の給与のみ】の場合の「目安」です
※『給与所得の源泉徴収票』の「支払金額(給料や賞与などの合計額)」を「給与収入」欄に入力します。
---
『給与所得となるもの|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2508.htm
>>給与所得とは、使用人や役員に支払う俸給や給料、賃金、歳費、賞与のほか、これらの性質を有するものをいいます。
---
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
---
『年末調整のしかた|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2662.htm
>>…その年1年間に給与から源泉徴収をした所得税…は、必ずしもその人が1年間に納めるべき税額とはなりません。
>>このため、1年間に源泉徴収をした所得税…と1年間に納めるべき所得税…を一致させる必要があります。この手続を年末調整といいます。

>原因は、何でしょうか?

残念ながら、以下の情報が無いためはっきりしたことが言えません。

・ボーナス(賞与)の金額
・賞与の金額から控除される社会保険料等の金額
・前月の社会保険料等控除後の給与等の金額
・扶養親族等の数

ちなみに、「賞与に対する源泉徴収税額」は、以下の税額表を元に税額が算定されます。

『[PDF]賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2013/data/03.pdf
※左右に長いので分割されています。

---
...続きを読む

Q住民税は4~6月の給与を元に算出するのですか?

住民税か健康保険料だったか裏覚えなのですが、
以前、4~6月分の給与の平均×12ヶ月分を平均月額給与として算出する
と聞きましたが、現在もそうなのでしょうか?
そしてこれは、「4~6月分」の給与でしょうか?
それとも、「4~6月に支払分」なのでしょうか?(給与が翌月支払いの場合)
ご存知の方がいらしたら、どうぞ教えて下さい!

Aベストアンサー

#2の者です。

>>>では、健康保険・年金保険は、4~6月に「支払われた」給与という事で、
給与が当月締め翌月払いの場合、実際は3~5月分の給与という事になるのですね?

一般のサラリーマンの場合で分かりやすい例を挙げますと、
4月入社の新入社員も、ちゃんと4月の給料日に給料をもらえるはず。
「給与が当月締め翌月払い」というケースは、私は聞いたことが無いですが、
残業手当など、当月分を当月の給料として支給するのが、事務手続き上無理な場合、翌月払いになるでしょう。
いずれにせよ、4~6月に実際支給された給料・諸手当の額が、標準報酬月額の算定根拠になります。


>>>
その給与とは、会社から交通費が出ている場合、それも含めての合計額になるのでしょうか?

通勤費は含む、
出張時などの交通費実費は含まない、
です。
http://hccweb1.bai.ne.jp/~apadi703/txt20.htm

Q所得税が急に増えた?

働き始めて1年で、無知な質問だったら申し訳ありません。
昨日、今月の給与明細を受け取りました。
扶養家族があり、先月までは手取りで25万円程度だったものが今月は21万円ほどになっていました。
明細を見ると、基本給がなぜか1万円下がっており、所得税が6千数百円から3万数千円に上がっていました。
基本給の方は心当たりがないでもないのですが、所得税の方はよく分かりません。
普通、こういうことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1「去年の所得に対しての住民税が引かれた」説

いかに去年の所得が高くても、給与から引かれるのは6月からなので、これではない。

2「去年の年末調整で不足額が出たのでそれを徴収された」説
還付額が大きいために1月2月にまで還付されて、貰う金額が増えることがある。しかし、不足額は昨年末の給与から徴収されるので、翌年の1月2月から徴収されるということはありえないので、これではない。

3「扶養控除申告書をその年初めて給与支払を受ける日までに提出していない」説

仮に給与額が25万円だとした時

扶養控除申告書を出してるときの源泉徴収税額   4,820円
扶養控除申告書を出してないときの源泉徴収税額  35,700円

多分これでしょう。

会社から扶養控除申告書というA4の大きさの書類提出を依頼されてませんか。
もし、提出してたとしたら、会社経理の間違いです。
提出してないなら、これからでも提出しましょう。

毎月の源泉徴収税額がまるっきり違います。


人気Q&Aランキング