ちょっと変わったマニアな作品が集結

それぞれの利点、欠点教えてください。

おにぎり弁当に持っていく場合、どちらに包む方がよりベストですか?

A 回答 (5件)

ラップで握って、アルミホイルで包む。



ラップで握ると菌の繁殖を抑えるそうです。
手には色々な菌(悪い菌ではなく)ついていますからね。
アルミホイルで包むと適度に湿気を逃し蒸れません。
おにぎり用のホイルも売ってます。
    • good
    • 0

おにぎり弁当なら ラップ


作るとにラップしてにぎりそのまま入れる 衛生的だしね。
それがラップの利点だよ。
    • good
    • 1

サランラップの利点は


・電磁波を通すので電子レンジで温められる
・酸素・水分を通しにくく、密着性があるので、酸化防止・保湿・保水に優れている
・透明で中身が見える

欠点は
・高熱に弱いのでオーブン等で温められない
・溶けたり欠片を呑み込んでも毒性は無いが、火が出て燃えると有害なダイオキシンが発生する
・水分を通しにくいので、べちゃっとさせたくない物には不向き

・学校や職場の電子レンジで温めたい時
・水分が出やすいおかず類を包む時
・中身がすぐ分かるようにしたい時
・おにぎりをしっとりさせたい時(お好みで)
に使うと良いですよ


アルミホイルの利点は
・高温に強いので、オーブンやトースターで温められる
・毒性がなく、腐食しない
・遮光性に優れているので、サランラップに比べると直射日光に強い
・強度があり、形が崩れにくいので、揺れや衝撃が加わっても形を保てる
・アルミホイル自体は酸素・蒸気を通さない
・隙間ができやすいので、湿気が逃げやすく、おにぎりなどをじめっとさせたくない人に向いている

欠点は
・電磁波を跳ね返すので電子レンジで温められない
・熱伝導率が良いので、気温や室温の影響を受けやすい
・隙間ができやすいので、水分が出やすいものや酸化させたくないものには若干不向き
・不透明なので開けるまで中身が見えない

・学校や職場のオーブンやトースターで温めたい時
・直射日光が当たりやすい場所に置く時
・子供が雑な持ち方をする時
・おにぎりなどをじめっとさせたくない時(お好みで)
に使うと良いですよ。
    • good
    • 0

自分は、ラップに包んだ後アルミホイルです。



ラップを切らせてアルミホイルに直接包んだ事がありますが、形が崩れた時に握り直せないのと、持ちやすいのはラップのほうです。

市販のおにぎりは、硬いも柔らかいも何らかプラスチック素材で包まれていると思われます。

アルミホイルのおにぎりは見た事ないです。

ラップの上から新聞紙で包むと、戦後のおにぎり風になって、保管条件がよければぬるいおにぎりを保てる事が出来ますよ~
    • good
    • 0

おにぎりを包むのはラップです。


汁気のあるおかずをお弁当に入れるのであればアルミホイルのほうがいいかな。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング