先程、テレビを見ていたら、「プリンセス天功はミグ戦闘機で宇宙へ行って、15分間の無重力体験をしてきた」というのがあったのですが、実際、戦闘機で宇宙へ行けるものなのでしょうか? そもそも、「宇宙」の正確な定義が分からないのですが(おそらく高度○○メートル、とかあるのでしょうが・・・)、大気圏を越えるようなら摩擦熱にまず戦闘機が耐えられないでしょうし、大気圏を超えないにしても、戦闘機のエンジンはジェットエンジンのはず、それほどの高度であれば空気が薄く使い物にならないはずではないでしょうか? また、無重力というのも疑問です。遠心力と重力が釣り合うのは高度36000キロの静止軌道上ですよね? それ以下で無重力を出すためには機体を自由落下させるか、重力を超える遠心力を出す速度で飛行しなければならないですよね? 前者ならともかく、後者ならとても最高速マッハ3の戦闘機に出せる速度ではないような気がするのですが・・・。

 誰か説明お願いします。

A 回答 (12件中1~10件)

こんばんは


厳密に【宇宙】は、地上100km 以上の空間を指すようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99% …

「引田天功」の宇宙旅行については、以下のページが参考になるかと思います。
青い地球が写っているので、一応宇宙旅行ということで。。。80kmほど足りませんが。。。

参考URL:http://www.tenko.ne.jp/topic/utyuu.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。厳密な定義としては高度100キロ以上ですか。ってことは厳密には「宇宙」には行っていなかった、ということになりますね。まぁ・・・バラエティ番組だし、そうそう目くじらを立てて怒ることでもないんですが、とりあえず「ジェット機で宇宙まで行けるハズがないじゃないか!!!」という冷静なツッコミの正しさが証明できて良かったです。けど菊川怜も東大卒とか言うんだったらその辺り、もうちょっと浜ちゃんにネチネチ迫って欲しかったな~。

お礼日時:2004/12/31 03:29

ジェット戦闘機では宇宙空間に出ることは不可能(引力圏を脱出するほどの速度が出ませんし、そのような高度ではジェットエンジンは気圧が低すぎて動作しません)ですが、無重力状態を擬似的に短時間作り出すことは、宇宙に出なくても可能です。



できるだけ高度を上げて、自由落下と同じ加速度で急降下すれば、急降下を持続している間、機内は擬似的に無重力状態になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。よいお年を!!

お礼日時:2004/12/31 14:54

一点、解釈が違っているようですので、指摘させて頂きます。



>遠心力と重力が釣り合うのは高度36000キロの静止軌道上ですよね?

遠心力と重力は、その軌道半径である速度を出していれば、
どの高度でもつりあいます。静止軌道には限りません。
静止軌道は、軌道を1周する時間が地球の自転周期と一致すると言う意味で、
静止と呼ばれます。

遠心力:F=mv^2/r
重力:F=GmM/r^2
これらが等しいとして、v=√(GM/r)、が、軌道半径rのときの
軌道速度です。

ちなみに15分の無重量体験と聞いて思い出したのが、
アメリカの最初の有人宇宙飛行(実際は弾道軌道)、アラン・シェパードが
搭乗したマーキュリー1号です。このくらいのことをしないと、
1回で15分の無重量体験は出来ません。

実は私、来年に航空機を使った無重量飛行に搭乗予定なのですが、
急上昇中にエンジンをほぼ停止し、空気抵抗を補償する程度の噴射をしながら、
0.01G程度が20秒くらい持続する、と聞いています。
もっとすごい飛行機を使ったところで、1分くらいが限界ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。確かに静止軌道はそういう意味でしたね。言葉足らずでした。ごめんなさい。

 しかし来年航空機を使った無重力飛行を体験されるとは凄いですね。専門家ということはまさかNASDAorNASA関係の方でしょうか??!

 それでは良いお年を。 

お礼日時:2004/12/31 14:02

No.9です。



申し訳ございません。
訂正させて頂きます。

スペースシャトルは40万ftで再突入開始を宣言する。

が正しく、121.92kmに相当します。

改めて訂正させて頂きお詫び申上げます。



 
    • good
    • 0

おはようございます。



 1961年11月9日、X-15はマッハ6.0
 1962年7月17日、高度95936m到達。
この2つの記録を作ったのはロバート・ホワイトは、アメリカ空軍では高度50マイル(約80キロ)以上を宇宙空間としていたので、彼はマーキュリー計画やジェミニ計画の外に居たにも関わらず宇宙飛行士となった。

とあります。

しかし、これは実験機ですから戦闘機ではありません。

戦闘機と呼ばれる機体はYF-12(SR-71とほぼ同じ)で実用高度は24000mですので宇宙には程遠いですが、これでも宇宙服のようなスーツを着るのに30分かかり、燃料をまともに積むと離陸が出来ないので離陸後、空中給油が必要で、しかも着陸前にも給油が必要ですのでとても戦闘機としては使えない機体です。

スペースシャトルでは大気圏再突入を40kmで宣言するらしいので少なくともこれくらいでないと宇宙とはいえないのかも知れません。

コンコルドが無くなった今、一般人が音速を超えて高高度へ向かう方法はロシアの戦闘機に載せてもらうしかないようです。

170万円ほどで載せてもらうツアーがあるそうです。

高度はどこまでかは分かりません。

それでは良いお年を!!

 

参考URL:http://www.mercadotour.jp/europe/rossia/rossiami …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。アメリカ空軍では「宇宙」の基準が違うのですね。しかしそれでも80キロですか・・・。やはり宇宙は遠いですね。

 それでは良いお年をお迎え下さい。

お礼日時:2004/12/31 13:54

#1です。


宇宙に行ったなんて嘘です。
てんこうらしく、煙に巻いたのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 再度の回答ありがとうございます。感覚的にはウソと思っても、何しろ「宇宙」の定義が分からないもので・・・(確かどこかにデータが載っていたと思うのだが・・・まだ探せてません・・・。) まさか高度25キロで「宇宙」とは呼ばないとは思いますけど、もし「宇宙」の定義が高度20キロ以上だったら、一応、「宇宙に行った」というのは間違いではないワケで・・・。微妙なところです。

お礼日時:2004/12/31 02:32

 一度飛んでみますか?200万円ちょっとで地球が丸いってのが判るそーです(^_^)v



 まあ、飛行時間が何分で、そのうち何分が無重力体験なのか詳細な時間を伝えてるわけじゃないので(科学の番組じゃないし)あんなもんでいいんでしょー

 宇宙から脱出が次のテーマかも?(^^;
http://iss.sfo.jaxa.jp/iss_faq/faq_pys_06.html

参考URL:http://www.ctn-japan.com/Tracon/Sky/mig25.htm,http://iss.sfo.jaxa.jp/iss_faq/faq_pys_06.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。こんなHPがあったんですね。TVでは2000万円と言ってましたが、だいぶお安くなったんですね(とは言っても220万とは・・・)。たぶん、このプランでしょう。高度25キロなら十分納得できる話です。

 しかし・・・やっぱり毛利さんや秋山さんとこれを同列に扱うのは・・・。やっぱり感覚的には「大気圏を越えてから」初めて「宇宙を飛んだ」と言えると思うのですが・・・。

お礼日時:2004/12/31 02:24

ジェット機が成層圏(高度50km程度まで)を超えて中間圏や熱圏に到達するのは酸素が薄すぎて無理だと思います。



ちなみに大気圏を越えると摩擦熱が発生するわけではありません。シャトルなどの大気圏突入速度はマッハ30以上なので、その為に摩擦熱が生じます。
無重力であるには自由落下するしかありません。衛星も自由落下しつづけています。

15分の無重力体験といっても、無重力を含む15分間のフライトという意味なんでしょうね。一般人を危険な目にあわせるわけにはいかないでしょうし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。常識的に考えれば総フライト時間がそれくらい、ということでしょうね。無重力の時間はこれほど長くないのでしょう。

お礼日時:2004/12/31 02:21

No.3です。

補足します。
ジェット機などでの無重量ですが、実は上昇中も無重量にできるのです。エンジンを絞り、横から見て放物線になるような軌道に操縦します。
それでも、ジェット機が普通に飛べる高度では30秒程度なのですよね・・・。
    • good
    • 0

宇宙空間の定義、いろいろあって一定ではないのですが、100Kmが一つの目安だと思います。


通常の旅客機の高度は12Km程度までです。軍用機なら、20Kmあるいはそれ以上でもジェット機で飛べると思いますが、さすがに100Kmまでは行けません。ロケット推進が必要です。ミグに補助のロケットをつけた? それでも宇宙へは難しいことと思います。

ところで、普通の飛行機でも無重量状態はつくれますが、30秒程度です。15分間といえば、アメリカの最初の有人宇宙船の飛行時間に匹敵します。これだけの時間、無重量状態を継続するには、相当の高度がないと難しいでしょうね。今年は民間宇宙船が話題になっていましたが、これも無重量状態は3分程度だそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。自由落下で無重力の件は説明がつきそうでしたが、確かに言われてみれば15分間というのは長いですね。15分の自由落下を得るためには空気抵抗を無視すると単純計算で約4000キロ(!!)もの高度が必要になりますが・・・。実際は空気抵抗などでそれほど必要でないにしても、100キロやそこらでは全然足りないですね・・・。ともすれば、もっと高く、おそらく戦闘機にもロケット燃料を搭載していったのでしょうが、一体どこまで行ったのでしょうねぇ・・・。大気圏を越えてはいないということは確かなのですが。(さすがに戦闘機の耐火装備ごときで大気圏突破は無理でしょう・・・。)

お礼日時:2004/12/31 01:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星・宇宙の画像が見たいです

夜中は星や宇宙に関する画像が見たくなります☆
みなさんのオススメの宇宙などの画像が見れるサイトを教えてほしいです!
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

↓国内のサイトですが、NASAの写真を紹介しています。
http://v4epon.ld.infoseek.co.jp/nasaToday.html


↓日替わりで美しい写真が楽しめます。バックナンバーも見られます。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/astropix.html


↓ここも楽しいです。
http://www.spaceweather.com/


↓彗星専門のページ
http://cometography.com/index.html


↓太陽の様子をリアルタイムで見るならココ。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime-images.html


↓月のクレーターなら
http://www.lpi.usra.edu/resources/cla/


↓国内のアマチュアが撮った写真がメインです。
http://www.astroarts.co.jp/gallery/index-j.shtml

Q大気って遠心力で宇宙に飛んでいかないの?

高度による気圧の計算式を見たことないのですが、きっと高度38万kmでも気圧0にはならないと思ってます。
微量ながら空気は宇宙へ飛び立っていくのでは・・

Aベストアンサー

806_meikoさんがお考えになったように高度38万kmくらいまで、
つまり月くらいまで地球の大気が広がっているという考え方も
間違えではありません。

太陽系にはガス分子や塵が存在しますが、これは太陽から離れるに
従って希薄になります。地球の公転軌道付近での星間物質の濃度
(1cm^3あたりおよそ数百個)程度です。

ところで、大気は上空に行くほど大気分子の濃度は減少します。
そこで、大気の分子濃度が星間物質の濃度と等しくなる高度を
大気の上限とすると考えることができます。
(これは考え方の一つです。)
大気分子濃度と星間物質濃度が一致する高度がおよそ38万km、
つまり月の距離程度となることが知られています。
これが38kmが大気の上限の根拠です。

>微量ながら空気は宇宙へ飛び立っていくのでは・
遠心力は分子の速度に依存しますので、速度の分子(熱い分子)
は飛んでいきます。

単純な静水圧平衡の式を全ての高度に渡って用いるのは無理が
ありそうです。

Q宇宙の画像が欲しい!!

富士通のFMV LOOXのノートパソコンで見た
スクリーンセーバーだか壁紙の
宇宙の画像がどうしても欲しいんですけど、
入手方法はありますか?

その画像じゃなくても、
宇宙の画像ならいいんですが。。。
地球らしき物体の向こう側から、
光が見えてきて、
宝石の指輪みたいな画像がほしいんです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宇宙の画像が欲しいならば、グーグルのイメージ検索をしてみましょう。

http://images.google.com/images?num=100&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&c2coff=1&q=%E5%AE%87%E5%AE%99&sa=N&tab=wi&lr=

Qもし戦闘機が宇宙を飛べば

M2,4ほどの戦闘機が宇宙空間で飛ぶとしたらどれぐらいの速度がでるでしょう?変な質問ですみません

Aベストアンサー

酸素がない宇宙空間ではジェットエンジンが点火しないとか気密性が宇宙船より低いのでパイロットがどうとか細かい話は置いておいて、純粋に何らかのエネルギーで牽引されるか推進するかして進むと仮定した場合、今の物理論では限りなく光の速さに近づいていきます。
この場合、宇宙空間では抵抗になるものがないので行きたい方向に向かって推進できれば戦闘機だろうが宇宙戦艦ヤマトだろうが形は何でもいいんです。もちろん大きいほど推進に必要なエネルギーは大きくなりますけどね。

Qスペースシャトルから見た地球や宇宙の画像を見れるサイトを教えて下さい。

スペースシャトル若しくは衛星から見た地球や宇宙の画像を見れるサイトをご存じでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

最初に紹介した
JAXAの中で
このように、いろいろと地球画像あるんですけどね
http://www.eoc.jaxa.jp/experience/library/
http://www.eoc.jaxa.jp/topics/tp0503/index.html
http://www.eoc.jaxa.jp/experience/gallery/region/index.html
http://www.eoc.jaxa.jp/experience/calendar/eoc_calendar_2005_j.html
同じくNASAにも沢山ありましたけど
多くありすぎて載せませんが
他には
http://v4epon.ld.infoseek.co.jp/
http://the-cosmos.org/epod/2005/01/2005-01-04.html
http://n-kishou.com/ee/weather/u_kisyoudai.html

Q宇宙 戦闘機

宇宙では戦闘機を作るとすれば何で進みますか

Aベストアンサー

単純にロケットエンジン・・・だから燃料の燃焼ガス。

ラダー、フラップなどで方向を変えることはできないので、小さなエンジンをいろいろな方向に取り付けます。これは現在のロケットも同じで、大小何十というエンジンが付いているそうです。

それから、50年以上前からロケットエンジンを積んだ戦闘機は作られていて成層圏まで飛べます。つまりスペースシャトルとほとんど変わらない性能を持っています。パイロットは無重力も(これは普通の旅客機のパイロットも体験済みですが)真空での視界もとっくに体験済みで、宇宙に出ても何もとまどうことは無いでしょう。

Q宇宙をかける少女のブレインコロニー(レオパルドとか)の画像をできるだけ

宇宙をかける少女のブレインコロニー(レオパルドとか)の画像をできるだけたくさんください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ください、とはどういう意味でしょうか。
個人的に受け渡しをして欲しいということでしょうか?

画像が欲しいだけならGoogleの画像検索で「ブレインコロニー レオパルド」と入力してみては。
いっぱい画像ありましたよ?

Q宇宙 戦闘機 遠近感

宇宙で戦闘機による戦闘ができると仮定して
遠近感はわかりますか?

また遠近感がわからないなら
どのような戦闘になると思いますか

Aベストアンサー

あくまでもSF映画、アニメ、小説、ゲームの設定の話だけど、
1.戦闘機による戦闘ができる程度の距離なら、敵機までの距離の測定が可能。
(自機のカメラとコンピュータがそのくらいやってくれるでしょ?)
2.距離が判れば見かけの大きさから敵機の実際の大きさもわかる。
(これも同じ)
3.敵機の実際の大きさがディスプレーに表示されれば、
パイロットはいちいちディスプレーで距離を確認しなくとも、
敵機の大きさから遠近感をイメージできるよう訓練されている。
(というか訓練しなくてもできるよね普通、、、)

むしろ問題は、最後の部分を人間が操縦しなければならないかの理由づけが難しいのでは^^;
スターウォーズの戦闘シーンは、なんであんなに的をはずせるんだ?
現在の兵器、たとえばイージス艦の機関砲でも撃ち落せそうだよ。
まあ、アメリカ人は西部劇の文化があるから、当たるべきでないシーンで
悪党の撃つ弾が100万発撃っても当たらない事に文句を言うのは、
日本の古典芸能を見て黒子を指差す位、野暮な事なんだろうね。

QNASAが発表した初期宇宙の画像は楕円形だけど・・・

2003年2月11日にNASAが発表したWMAPの観測データによって、宇宙の年齢が137億年であることなどいろいろわかりましたが、そのときの初期宇宙の画像は楕円形をしています。NASAのサイトを見ると、「ちょうど地球の地図でもあるように、全天候を投射するために楕円形をしている」と訳せるようなコメントが小さくありますが、これは結局、誕生時の宇宙は球で、ラグビーボールのような楕円ではないということなのでしょうか?どなたかご存知の方、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

おはようございます。

あのデータは宇宙の形とは全く関係ないものです。
衛星が全天球をくまなく観測するとデータ自体は本来球形になります。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso02-j.shtml

その3次元であるデータを2次元である紙や画面に現すにはちょうど地図のようになんらかの図法でデータを変換しないといけません。
そして今回は以下のような図法で表記したのだと思います。
http://homepage1.nifty.com/ptolemy/projection/prj17.htm

宇宙の形ですが宇宙自体は3次元ですので厳密には球ではなく超球だと思います。

Q遠心力をつかった重力の生成について

SF映画で遠心力を利用して擬似的に重力を得ている宇宙ステーションなどが登場します。
例えば映画「2001年宇宙の旅」に登場する宇宙ステーション(添付画像参照)も確か回転によって重力を得ていたと思いますが、実際のところ、地球上と同程度の重力を得るには、どのくらいのスピードで回る必要があるのでしょうか? この宇宙ステーションの正確な大きさは知りませんが、仮に直径400メートルくらいとした場合、どうでしょうか?
また、もし必要なスピードがあまりに速い場合、中の人は目が回ったりしないでしょうか?

※もし画像に著作権上の問題があるようでしたら削除してください。
 

Aベストアンサー

最適なサイトがありました。

http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi

半径200m 地上で60キログラム重の人間、回転速度2rpmとするとこの人は約54キログラムの力を体重として外側に感じるでしょう。

一般に遠心力は
F=mRω2 で計算されます。   
F=遠心力
m=質量
R=半径
ω=単位時間に移動した角度

先ほどの計算にはωを使っても良いです。
また目が回るかどうかですが外の景色が見えなければ人間には本物の重力か遠心力かを区別出来ませんので地球上と同じ感じの重力を感じるだけだと思います。
ただ物体を上に持ち上げると半径が小さくなる分重力も小さくなり少し軽く感じるかも知れませんね。


人気Q&Aランキング