最新閲覧日:

リングプルを集めて車いすにかえ、福祉関連機関などに寄付しようと言う運動が随所で見られます。
しかし、なぜリングプルなのでしょうか?
アルミが欲しいのであれば、アルミ缶全体を集めればよいではないでしょうか?
そこまでリングプルにこだわる理由を教えてください。

A 回答 (4件)

このリングプルで車いすというのは、もう20年ぐらい前からある話で、普通は都市伝説として扱われています。

実際に回収して車いすにしてくれるところというのは聞いたことがありません。
都市伝説のページに詳しく載っていました。

参考URL:http://www05.u-page.so-net.ne.jp/gc4/roti-rot/u_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白いサイトの紹介、ありがとうございます。
新聞などで交換したという記事が載ることがあるので、都市伝説と言い切ることは出来ないでしょう。perryonoさんの紹介したサイトにも、実際に交換された方のコメントが載っているようですし。

お礼日時:2001/08/17 22:07

友達の知り合いがやはり集めているらしく、友達自身も協力しているので全く同じ質問をしたところ、缶には混ぜ物がされており、純アルミ(?)はプルタブの部分だけだから、と言われました。


ホントかどうかは今もって謎ですが、自分の飲んだビールのタブは取っておく事にしました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
缶本体は純粋なアルミではない……となると、リサイクルしにくいアルミということになるのでしょうか。それは、車いすどころではない大問題ですね。
純粋なアルミではないというよりも、プルタブ部以外は皮膜が着いているということが問題なのかも知れませんね。検証していませんけど。すくなくとも、缶の内部は直接金属がふれるのではなく、皮膜が着いていたように記憶しています。リングプルはその皮膜が必要ないでしょうから、着いていないのでしょうね。

お礼日時:2001/08/17 15:05

詳しくは検索エンジンでキーワード「リングプル」「車いす」で調べてもらえば真剣に運動に取り組まれている団体の活動の様子からデマまで色々ヒットしますのでそれを見ていただくとして・・・。



要するにこれは環境美化運動から始まった話のようです。かつての缶入り飲料はリングプルが主流でした。それを道端などにポイ捨てをされ、それを鳥や動物が触れたり口にしたりして、怪我をする、そんな危険から守るため、ということらしいです。

ただ、最近の缶入り飲料は名前は忘れましたが(この名称も検索エンジンで調べていただければどこかに紹介されていたはずですが)、リングプルが缶から外れないようになっています。
したがって、結局缶ごと回収してもかまわないそうです。

回収から車椅子までの流れは、回収した缶やリングプルを回収業者に買い上げてもらい、そのお金で車椅子を買う、ということで、回収した缶やリングプルがそのまま車椅子になるわけではないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現行の方式は、ステイオンタブですね。
単純にリサイクルでお金にするということであれば、なおのことリングプルにこだわる理由がわからないですよね。かさばらないからかなぁ……?

お礼日時:2001/08/17 15:00

学研だったか定かでないのですが、リングプルで車椅子を送った小学生向けの本が出ていました。

子供向けのボランティアを紹介する本です。
そこには、小学生がリングプルを集めて、売り、車椅子を寄付したという内容が書かれてました。影響があるかどうかわかりませんけど

この回答への補足

話によると、赤字覚悟でリングプルと車いすを交換してくれうるところもあるそうですね。そこまでしてリングプルじゃなくても……と思ったのですが、リングプルが集めやすいということなのかも知れませんね。

補足日時:2001/08/17 14:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
小学生でも出来るボランティアということなんですね。なるほど。

お礼日時:2001/08/17 14:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ