最新閲覧日:

友人の菜園で、キューリと同じウネに、後からニガウリをうえました。
ニガウリの花が咲くようになってから収穫したキューリは、すべて、苦いらしいのです。友人は、きっとニガウリの花粉が受粉したせいだ!といって、ニガウリをぬいてしまいました。
phageは、どちらもウリ科なので、受粉することはあっても、その実まで、にがくなるとは考えられないのです。遺伝的に、そのタネ(F1)を蒔いてできた株の実は、苦くなることはあるかもしれませんが...。

また、ニガウリの周辺の作物は、どうも成長が悪くなるようだとも言っています。
根から、なにか他の植物の成長を阻害するような物質を出しているのでしょうか?
だとしたら、何年くらいあけないと、他の植物は植えられないのでしょうか?

A 回答 (2件)

キュウリが苦い場合には.乾燥による生育不良が原因の場合があります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

台風がやってくる前までは、ほとんど雨がふっていなかったので、
友人の畑も、乾燥していたと思います。
さっそく、友人に教えてあげようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/25 21:10

>ウリ科なので、受粉することはあっても・・・


科が同じだからと言って、受粉するとは限りません。

キュウリとニガウリでは属が違うので、属間交雑になると思いますが、そもそも属間交雑する植物自体が少ないうえ、
キュウリとニガウリでは染色体の数が違う(キュウリは2n=14、ニガウリは2n=22)ので、受粉することはまずないと思います。
受粉したとしても、種子が出来るかどうかに関わるだけで、肉質に影響するとは考え難いです。
それに、キュウリは単為結果性が強いので、受粉しなくても果実が大きくなりますし。

キュウリが苦くなる原因については、窒素肥料の与えすぎが考えられます。
品種にも依りますが、植物体内の窒素代謝が活発な場合に、苦味成分が多く生成されるそうです。
また、栄養生長が盛んな時も、窒素代謝が活発になります。
窒素を与える→栄養生長が活発になる→窒素代謝が活発になる→果実が苦くなる・・・
こんな感じでしょうか。

ニガウリは、栽培が容易ですが、線虫が寄生しやすく、連作は避けた方がよいらしいです。
もしかしたら、線虫が増えているかもしれないので、線虫が着かないようなトウモロコシ、ピーマンなどを植えてみると良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかる回答をありがとうございました。
属間交雑って、そんなに起こるものではないのですね。
(カボチャと、ズッキーニも交雑するのかなぁなどと思ってました。(^^ゞ)
これは、ニガウリのせいではなかったのですね。
さっそく、友人にも教えてあげようと思います。

お礼日時:2001/08/25 21:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報