43歳女性です。
35歳くらいから老人性イボらしきものが首から胸にかけて出来ています。沢山あるのでとりたいです。
特に首に出来たものは人目につきやすく恥ずかしいです。洋服もなるべく首まわり隠れるデザインを選んでいます。これから暖かくなるとそうも行かず悩んでいます。こちらでも沢山の方老人性イボで悩んでいる投稿を見ました。皮膚科で診察して頂けるようですか、以前私が皮膚科へ行った時先生は診察の際これは皮膚癌では無いかですから心配ないです。とたった1分程度ど終了。若い男の先生だったので私もそのまま自分のがこのイボで悩んでいて実際は取りたいのだと言う事を伝えられず帰ってきました。ネット調べているうちに意外と簡単にとれるよなのですが・・
皮膚科に行く時なんと言っていけばいいのでしょうか?心配でなかなかいけだせません。
行っても取れませんとか、治療方法、料金等など心配です。
行ったその日に治療できるのでしょうか?
どうぞアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

老人性…と聞くとちょっとイヤンと思ってしまいますが、


私も20代後半から首や顔に出来た小さい複数のイボを皮膚科で取ってもらったことがあります。
私は女医さんのいる、
ニキビや肌荒れ治療なども手掛ける美容色の強い皮膚科で治療しました。

皮膚科に行く時は「イボをとりたいんですが」で問題ないと思います。

治療は液体窒素を用いた冷凍凝固療法というもので、患部を凍らせるような方法で、痛くはありませんでした。
治療は私は3箇所だったんですが、数分で済みました。
先端がちょっと赤くなって、その後かさぶた状になり、
それがとれたら完治、というかんじでした。
一週間か10日くらいだったと思います。
あまり小さすぎるイボは
周りの肌まで傷めてしまう可能性があるとのことで
とってもらえませんでしたが、
また大きくなってきたら根気よく治療しようと思っています。

費用は病院によるかもしれませんが4~5千円だったと思います。

私は他の疾患で通院していて、ついでに言ってみて取ってもらったので、
「では次回」というかんじで相談したその日に治療ということではありませんでした。
良さそうな皮膚科をを見つけて電話でいろいろ問い合わせてはいかがですか?
2年前のことなので、治療法が変わっているかもしれないし、
美容色の強い皮膚科は女性でいつも混んでいるので
予約が必要かもしれません。

イボってほんとにイヤですよね。
他人はそれほど気にしていないかも知れませんが
メイクの時鏡を見てはげんなりしていたものがなくなって
自分としてはとっても晴れやかな気分です。
案ずるより産むが易しと言いますから
質問者さんも早く治療されるといいと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

優しいお言葉を頂きホットしています。
勇気を出して病院に行っみようという気になりました。
案ずるより生むが易しですね。
本当に有難う!

お礼日時:2005/02/19 23:04

いぼにはハト麦茶がよく効きますよ。

私は皮膚科で液体窒素でもレーザーでも取れなかったイボがハト麦茶をたくさん飲んで数週間で全部なくなり驚きました。
(皮膚科の先生もハト麦茶を勧めていました。)現在も毎日飲んでいます。(^.^)絶対にお勧めです。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

ご回答頂きどうも有難う。
ハト麦茶、手軽でいいですね。
試してみます。

お礼日時:2005/02/19 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q曽野綾子先生、敬虔なカトリックです。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の清掃に、足腰の立つ生活保護受給者には働いてもらった方がいいだろう。

放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。何も若者を危険にさらすことはない

以上が曽野綾子先生の主張です
私と同じアパートの独居老人、寂しい、寂しいというので、わたしが毎週日曜日に行く、カトリック教会に行こうと、おすすめしたところ
「カトリック、ああー、あの曽野綾子さんのねー。いやだね。あんた、彼女の言動を調べなさい」と
また「キリスト信者が、広島、長崎に原爆落とした、あれはキリストの裁きだと、人種差別はするし、またイラクで劣化ウラン弾をばらまいて」
「東京のキリスト教会は、金持ちで社会的地位の高い人の行くところ、麻生さん、与謝野さん、山谷えり子さんなどあんたが行ったら白い目でみられるよ」
こんなことを。

曽野綾子先生の主張、違和感覚えませんか★
信者さんの方にコメントいただければです 東京の信者と地方とでは、考え方違うんですかね
私自身は、学生時代にカトリックの受洗を

「70、80にもなって、『年寄りが安心して暮らせる生活を』などというたわけた言っていて、それで通るのが、日本の弱くて強いお年寄りなのである。人生はどこでも、いつでも『安心して暮らせる』ことなど決してないことを、改めて肝に銘ずるべきだろう」

霞が関の中央分離帯は、たいていの場合、雑草だらけ。〈中略)こうした公共の場の...続きを読む

Aベストアンサー

まず一般論として、敬虔なカトリックだから「優しく美しい人道主義者」であるはずがないということを。

十字軍の遠征で異教徒を大量虐殺し悪行の限りを尽くしたのも、宗教裁判で「異端者」を火炙りにしたのも、魔女狩りで無実の人間を大量に殺したのも、すべてキリスト教徒です。
でもこれは、どんな宗教でも自分たちの教えを広めるために、多かれ少なかれやったことです。

さて曽野綾子さんのことですが、彼女が何と言ったか私は知りませんが、質問者さんが書いたようなことを言ったとしたのなら、それは曽野綾子さんが自分自身も老人の側の人間の一人として、逆説的に主張したのではないでしょうか。

老人だから何でも許されるとか、老人だから何もしなくて良いのではなく、老人にしか出来ないことを一生懸命やろうという、曽野さんも含めた老人に対する「応援歌」のようにも感じます。

あと余分なことですが、寂しさを紛らわすために教会に行くのが良いのなら、キリスト教でなくてもイスラム教でも、創価学会でも、幸福の科学でも何でも良いという理屈になります。

Q京都市内で日曜日に診察されている皮膚科はご存じでしょうか?

京都市内で日曜日に診察されている皮膚科はご存じでしょうか?

仕事の関係で日曜にしか行くことができません。知っていたら教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

阪急西院駅近くにある内科・呼吸器内科・小児科・眼科・皮膚科の診療所
「市田医院」
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/ichida/index.html

Q曽野綾子さんの本の題名が分かりません

曽野綾子さんが書かれた本で「~の窓」というのがあるらしいのですが、
~の部分が分かりません。ご存知の方がいらっしゃったら是非教えて下さい。

Aベストアンサー

ご質問の本の題名はわかりませんが、下記参考URLに曽野綾子さんの著作データベースがありますので、こちらをご覧になってはいかがでしょうか・・・

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/5153/db_cover.html

Q眼の下(涙袋)が腫れ、まばたきすると少し痛み。まだひどくはありませんが、眼科か皮膚科、どちらに行くべ

眼の下(涙袋)が腫れ、まばたきすると少し痛み。まだひどくはありませんが、眼科か皮膚科、どちらに行くべき?お願いします。

Aベストアンサー

絶対に「眼科」です。

私も同様な経験があり、最初は行きつけの皮膚科に行きましたが、眼科に行くように
言われました。

眼科では、専用の「目薬」と目に入っても大丈夫な「軟膏剤」を処方してくれます。

2~3日で治りますよ。

Q曽野綾子さんのコラムについて

産経新聞を取っていたのですが、最近辞めてしまいました。金曜日に曽野綾子さんのコラムが載っていたのを楽しみにしていたのですが、11/5はどういう内容でしたかしってる方いますか?今回のイラクの事件にふれていますか?

Aベストアンサー

下記ページのものでしょうか。
「透明な歳月の光 133」というコラム名で「対イラク まずアラブ社会に通暁を」というタイトルになっています。
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004598/20045981.html

参考URL:http://www.nippon-foundation.or.jp/org/moyo/2004598/20045981.html

Q産婦人科の診察について

本日、人生で2回目の産婦人科での診察を受けました。
私は現在27歳で、若い頃から生理不順、生理痛に悩まされており20歳のとき婦人科に行ったことがあります。
その時は先生とのお話の後、内診をしていただき「普通の人に比べて卵巣があまり発達していないから、生理不順になる」と言うようなことを言われました。
当時、別の産婦人科にかかっていた友人に相談すると、「いきなり内診するのはおかしい」と言われ、なんとなく産婦人科は怖くなり、今回まで放って置いた状態です。
今回、テレビなどで子宮筋腫などの特集を見てもう一度検査してもらおうと思い立ち、生理が遅れており妊娠の可能性もあったので、以前とは違う産婦人科に行ったのですが、上記のような(前に言われたことを話した)せいなのかやはりすぐ内診をされ、触診もされました。
産婦人科では普通のことなのでしょうか。
長くなり申し訳ありません。
婦人科に通ったことのある方、ご意見をお待ちしております。
また、全国各地の良い産婦人科を紹介してくれるHPをご存知の方からの
情報もお待ちしております。
宜しくお願い致します。

本日、人生で2回目の産婦人科での診察を受けました。
私は現在27歳で、若い頃から生理不順、生理痛に悩まされており20歳のとき婦人科に行ったことがあります。
その時は先生とのお話の後、内診をしていただき「普通の人に比べて卵巣があまり発達していないから、生理不順になる」と言うようなことを言われました。
当時、別の産婦人科にかかっていた友人に相談すると、「いきなり内診するのはおかしい」と言われ、なんとなく産婦人科は怖くなり、今回まで放って置いた状態です。
今回、テレビなどで子宮...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。もう十分回答されてると思いますが。
熟練のお医者さん程、内診を重要視します。それだけ得られる情報量が多いからです。
臓器をちょっと押してみたときの固さなんてのはエコーやCTだって判りません。
また、お腹の上に手の平をあててたと思いますが、実はあの手の平の方で、中から押し当てる事によって内臓の位置や大きさ、変なものが(腫溜等)がついてないかという情報が判るんです。
ですから、逆に内診を雑にやる先生程信頼がおけないともいえますね。

No1さんのおっしゃるように、態度がよろしくないとか、もう少し人を扱ってるように・・・とかいう事があるのでしたら、それは全く別の問題です。
それでしたら、また別に項目をたてられるといいでしょう。

Q曽野綾子さんの小説の題名を教えてください

昔読んだ、曽野綾子さんの小説だと思うのですが、あれこれ検索してもわかりませんので、教えてください。

主人公が年頃の若い女性。父親が亡くなり、母とふたり暮らし、お見合いの話が舞い込んでくるような内容だったと思います。かすかに覚えているのは、良い人だとばかり思っていた相手の男性が、意外に人の話を聞かない人だったり、どっさりと新鮮な卵をくれたけれど、量が多いので近くの施設にお分けしたことを言うと、少し気分を害したりする態度を見せたりした・・・という場面です。

結末がどうなったかも全然覚えていません。このエピソードの記憶も少し曖昧です。もう一度是非読みたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「幸福という名の不幸」というタイトルの小説に内容が似ている気がします。
質問にある言葉から検索しただけなので勘違いかもしれませんが…
参考にこちらをご覧ください。
http://www.geocities.jp/akatombo123/dokusyo-kansou.htm#c
http://www.amazon.co.jp/dp/4061313142/

Q首の腫瘍 手術はむずかしい?傷跡、後遺症も心配です。

首の腫瘍の手術についてお教え下さい。かなり前から、首の耳の下に腫瘍があり、大学病院で見て頂き、良性なので、様子を見ましょうという事で、放置しておりました。最近、人に首が晴れてる、曲がって見えると言われるようになり、手術をしようかと迷っております。大きさは、8cmx5cm位で、大きな傷がのこると言われました。大事な神経がたくさん、集まっているところなので、不安です。関東近辺で、専門の腫瘍外科、首の手術で信頼できる、病院をご存じの方、又、参考になる事をお教え下さい。お返事お待ちいたしております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご苦労されていることと存じます。

「首の腫瘍の手術」については本邦では「頭頚科(とうけいか)」という科目が専門科目です(外国では
head and neckといいます)。

関東地方であれば築地がんセンターの頭頚科がよろしいかと存じます。
良性腫瘍とのことです。

念のため
頭頚科について少しご説明します。
 
「頭頚科」は文字通り頭や頸にできる腫瘍を治療する科でございます。

頭頚科で治療する主な疾患としては、舌がん、喉頭がん、咽頭がん、上顎がん、甲状腺がん、唾液腺がんなどがあげられます(一般に眼のがんや脳腫瘍は除かれます)。

日本人には頭頚部腫瘍の発生が少ないため専門の治療施設も少ないのですが、よりましてこれらの専門施設に患者さんが集中する傾向にあるのです。
したがって国立ガンセンターでもごく早期の良性腫瘍から非常に進行したがん・再発例までありとあらゆる頭頚部腫瘍を治療しているわけなのですね。

どちらかというと頭頚科では、進行がんや再発例など治療上様々な工夫を要する患者が多いのですね。

現在国立がんセンター頭頚科は中央病院(24床)と
東病院(50床)にスタッフがおり、両病院あわせて年間350例を越える新患を扱われています。
年間750件以上の手術を行っているはずです。

お大事にされてください。

ご苦労されていることと存じます。

「首の腫瘍の手術」については本邦では「頭頚科(とうけいか)」という科目が専門科目です(外国では
head and neckといいます)。

関東地方であれば築地がんセンターの頭頚科がよろしいかと存じます。
良性腫瘍とのことです。

念のため
頭頚科について少しご説明します。
 
「頭頚科」は文字通り頭や頸にできる腫瘍を治療する科でございます。

頭頚科で治療する主な疾患としては、舌がん、喉頭がん、咽頭がん、上顎がん、甲状腺がん、唾液腺が...続きを読む

Q今日、読売新聞読んでいたら時代の証言?のコーナー今は作家の曽野綾子さん

今日、読売新聞読んでいたら時代の証言?のコーナー今は作家の曽野綾子さんなのですが
自分の歴史を語るのですが夫と結婚して子供が産まれてもし自分ひとりになったらどうやって生きようと考えて大型免許もっているが運動神経鈍いから当時、収入が良かったからバキュームカーの運転手になろうと思ったそうです。私は連載がはじまって毎日、読んでいましたが女優さんかと思うくらい美しい若かりし頃の写真、しかし今日の文章には非常に違和感を
覚えました。新婚そうそう可愛い子供が生まれてすぐ一人になったらと深刻に悩むだろうか?
心からバキュームカーの運転手になろうと思っていたのか?もし現実に生活に困ったら本当に
なったのだろうか?あの当時で聖心でたお嬢様に身内がそんなことさせるだろうか?
私はユーモア含めて軽く言っているようにしか感じません。だとしたら職業に貴賎をもち
こんなことが平気で言えてしまう著名な作家がこの程度かと非常にこの国のレベルにまでというと大げさですが落胆を覚えます。意見聞かせてください。

Aベストアンサー

別に「この国のレベルにまで落胆を覚える」必要はありません。この国にももっと誠実で有能な作家はいっぱいいます。
要するに「曾野綾子」ってのは、その程度の作家なのです。落胆するなら「曾野綾子」にだけ落胆して下さい。
私に言わせれば、もともとこの作家が「著名」というほどもてはやされるのが不思議です。書いていることはかなり支離滅裂。
この作家がもてはやされる(もたはやされた)のは、結局、思想が「ガチガチ保守(ていうか右翼)」で自民党などの権力者と波長が合ったというだけのことと思います。

Q眼科?皮膚科?

お世話になります。今、まぶたが赤く腫れ上がってます。見た目はまるで蜂に刺されたようになってます。鏡を見なくても自覚症状がわかり、目にまぶたがかぶさってて非常に視界が悪いです。目の玉自体は多少はかゆいかなって感じです。実際まぶたに蚊にさされたような跡があって、さわると非常に痛いです。それが丁度しこりのようで・・。
これは眼科か皮膚科かどちらに行けば良いか困っています。

Aベストアンサー

受診するのは間違いなく眼科です。
皮膚科によっては目の周りに使えない軟膏もあるので
結局眼科に回される事もあります。

ものもらいの初期でも同じ様な症状になる事がありますが瞼の腫れは外見的にも憂鬱になりますから
早く治るといいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報