【初月無料キャンペーン中】gooドクター

農業の6次産業化について教えてください。
今まで、生産者が加工も販売もすべて行うことを6次産業化だと思っていました。
生産者が生産だけを行って、他の企業や団体が加工・流通を行うことは6次産業とは呼べないという認識で正しいでしょうか?
その際、生産者が最後の販売まで関わっていれば、間に企業などが関与したり連携したりしても6次産業なのでしょうか?

gooドクター

A 回答 (1件)

今まで、生産者が加工も販売もすべて行うことを


6次産業化だと思っていました。
生産者が生産だけを行って、他の企業や団体が加工・流通を行うことは6次産業とは呼べないという認識で正しいでしょうか?
 ↑
そうです。



その際、生産者が最後の販売まで関わっていれば、
間に企業などが関与したり連携したりしても6次産業なのでしょうか?
  ↑
そうは言えないと思われます。




コピペ

農業、水産業は、産業分類では第一次産業に分類され、農畜産物、
水産物の生産を行うものとされている。

だが、6次産業は、農畜産物、水産物の生産だけでなく、
食品加工(第二次産業)、流通、販売(第三次産業)にも
農業者が主体的かつ総合的に関わることによって、
加工賃や流通マージンなどの今まで第二次・第三次産業の
事業者が得ていた付加価値を、

農業者自身が得ることによって
農業を活性化させようというものである。

6次産業という名称は、農業本来の第一次産業だけでなく、
他の第二次・第三次産業を取り込むことから、
第一次産業の1と第二次産業の2、第三次産業の3を足し算すると
「6」になることをもじった造語であったが、

現在は、第一次産業である農業が衰退しては成り立たないこと、
各産業の単なる寄せ集め(足し算)ではなく、
有機的・総合的結合を図るとして掛け算であると今村が再提唱している。

付加価値として、農業のブランド化、消費者への直接販売、
レストランの経営などが挙げられる。

第一次産業に付加価値をつけて高度化を目指すという観点では、
1.5次産業化に類似しているが、6次産業は加工、
流通を複合化させるという視点がより、明確である。

各次の産業の連携による農村の活性化や、
農業経営体の経営の多角化のキーワードとして提唱される。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング