太陽の自転について調べていたら、んんん?と思うことがあったので教えてください。太陽の自転について調べた結果、「太陽は惑星の公転する方向へ自転している」「太陽は東から西へ自転している」ということが分かりました。ということは、仮に太陽系を上から(地球でいう北極側)見ると、太陽の自転の方向と地球の自転の方向は同じということですよね。ところが地球は西から東へ自転していると考えていますから、「太陽は東から西へ自転している」というのと逆になっているような気がするのです。よくある太陽の黒点の移動の連続写真は左から右へ黒点が移動しています。そして左側が「東」となっているのですが、この左が「東」というのがどうしても理解できません。地球を宇宙から見たら左は「西」ですよね。それとも「東」というのは地球から見て太陽に向かって左側が地球の東方なので左が「東」なのでしょうか。
どうしても自分では整理できなくなってしまったので、みなさんの力をお借りしたいと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>宇宙人は「地球は東から西に自転している」と考えているということなのでしょうか。

ん~謎は深まるばかりですね。

宇宙人は「東」という定義を分からないのでそんなことは考えないでしょう。(ちゃかしているのではなく)

要するに見かけ上の東という意味です。
太陽を地球上から見たときにそこには必ず東と西が損沿いしますよね。
その上での「見かけ上」「東方向から」「西方向へ」黒点の流れがあるのでその方向に自転している。
と考えれるのですが。これでは納得できませんか?

左が東だという定義ではなく「見かけ上」と考えて納得できませんか?

余談ですがもし金星にいたとしたら自転方向が違いますからまた違ったくるのでしょうね。
(東と言ったら右になるのでしょう。こう考えたらわかりやすくないですか?)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「見かけ上の東」ということで納得できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/30 07:08

まず太陽系を北側から見た図を想像してみてください。



 ← :太陽の自転方向
 ○ : 太陽

a ○ b→ :地球及び地球の公転方向
 → :地球の自転方向

こんな感じかな?(理解不能?)
こうするとdebuzouさんが昼間、太陽を見ると東(a:左側)から西(b:右側)に太陽が自転していることが分ると思います。
なぜ「左側から右側へ」と表記しないかと言うと南半球では逆(右→左)ですよね。
夜の場合は「aからbへ」は「(地球上の観測者にとって)西から東へ」になりますけど、太陽が見えないし...
と、こう言う理由からではないでしょうか?
納得いきましたか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり「左→東」説が有力なのでしょうか。ん~なんだか納得したいのですがどこかで何かが引っかかっている気がします。
図を使った説明ありがとうございます。

お礼日時:2001/08/27 02:44

確かに「東から西に自転している」とか「東から西に国典が移動していることで自転していることが分かる」と言った記述がありますね。



地球上では太陽の出る方向が東ですので自転方向を東西と書くことがちょっとおかしいように思うんですが、東を表す太陽の一番東側というと左端になるのかもしれませんね。

参考URL:http://db.gakken.co.jp/jiten/ta/302220.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり地球から見て左は東という理屈なのでしょうか。
宇宙人は「地球は東から西に自転している」と考えているということなのでしょうか。ん~謎は深まるばかりですね。

お礼日時:2001/08/27 02:40

>>「太陽は惑星の公転する方向へ自転している」


これは、合ってます。

>>「太陽は東から西へ自転している」
これは違うのでは?
地球の自転/公転方向と同じですから、「西から東へ」とするのが正しいはずです。
原典の誤記では?

>>太陽の自転の方向と地球の自転の方向は同じということですよね。
そのとおりです。

>>そして左側が「東」となっているのですが
この図を書いた人がなにか勘違いをしてるような気がします…。

>>地球を宇宙から見たら左は「西」ですよね。
東西は相対的な概念なので定義がむずかしいですが、
「北極を上にしたとき、地球の自転方向が東、逆が西」
という定義で良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いろいろと調べましたが、誤記ではなく、ほとんどの文献で同じ表現をしています。でも、頭の中で考えていた動きが正しいことが分かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/27 02:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[季節]-北半球と南半球を説明して頂けないでしょうか。自転と公転→地球と太陽の位置関係から「季節」を説明・整理下さい

[季節]-北半球と南半球。小中学校「社会科」世界地理では、☆太陽の見かけ状の運動による、北回帰線ー赤道ー南回帰線と説明学習した記憶があります
 これだけで、北半球と南半球とが季節が異なる、オーストラリアのクリスマス(12/25)が
真夏(暑い)など理解できます。余談ですが、オーストラリアのクリスマス休暇は“2週間”とのこと。その心は、夏季休暇でも在るとのことです。
 中学・高校の「理科」天体(物理学)では、地球の自転と公転を前提に、学習されます。※前段と後段の、知識・教科内容を統一して整合性のある理解をしたいのですが。説明・整理して頂けませんでしょうか。天文(天体)についてなど、日頃考える必要性が無く、学びっ放しにしておいてしまったので、どうかご教授願えませんでしょうか。また、北半球を脅かす台風、ハリケーン、サイクロンなどについて、南半球での被害・報道を聞いた記憶がありません。これも、自転と公転との関係からご説明頂けませんでしょうか。同じく排水口の渦も、台風と同じく時計回りになる、と記憶しておりますが。南半球ではどうなるのでしょうか。これも、自転と公転との関係からご説明頂けませんでしょうか。こんな基本的知識を今頃になって、質問する自分に驚いております
 「無知であることに、無知(=気づきもしなかった)だった」からと結論付けて、それを自覚できるようにようやくなったのだ、と自省しております。
  小中高の教員の先生、または、ご専門・ご専攻の学生・院生の方、その他
ご説明して頂ける教養人の皆様、何とぞ宜しくお願い致します。

[季節]-北半球と南半球。小中学校「社会科」世界地理では、☆太陽の見かけ状の運動による、北回帰線ー赤道ー南回帰線と説明学習した記憶があります
 これだけで、北半球と南半球とが季節が異なる、オーストラリアのクリスマス(12/25)が
真夏(暑い)など理解できます。余談ですが、オーストラリアのクリスマス休暇は“2週間”とのこと。その心は、夏季休暇でも在るとのことです。
 中学・高校の「理科」天体(物理学)では、地球の自転と公転を前提に、学習されます。※前段と後段の、知識・教科内容を統一して整合...続きを読む

Aベストアンサー

地球に季節があるのは、地球が23.4度傾いて自転しているのが原因です。地球儀はこの角度で斜めにとりつけてありますね。もし真っ直ぐ立っていたり真横になって回っていたら季節はありません。
季節は4つありますので、公転を90度ずつ4つに分けましょう。公転は、○を太陽、/を地球地軸の傾きとして、次の3通りに分けることができます。
1.地軸が太陽側に倒れている  /  ○
2.地軸が太陽と反対側に倒れている  ○  / 
3.1.と2.の中間
1.が日本の夏、2.が冬でです。地球儀をこのような形に配置して自転させると、1.は昼が長く夜が短い、また、また太陽高度は高くなることがわかります。太陽が真上方向にあって昼が長ければ、日差しを多く受けるのでよく温まるわけですね。2.および南半球はこの反対なので当然冬です。3.が春もしくは秋ということですね。
1.3.2.3.1.3.という順番に公転していますので、春夏秋冬が常に一定の順で回ってきます。

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/earth/earth05.html
http://www.zoshindo.co.jp/Rjiten/kisetu.htm

↓のサイトご覧ください。オーストラリアにも台風のようなものがありますね。これはウィリー・ ウィリー (Willy-Willy)と呼ばれているようです。インド洋のサイクロンも南半球でも発生しています。要するに南・北に関わらず発生しています。

再度↓の写真。日本の台風は左巻き(左手でグーをゆるめに作った形)ですが、オーストラリアのは右手のグーを手の平を上にして作った形になります。これは地球自転に由来する「コリオリの力(転向力)」による現象です。
真ん中が高くなってる大きな回転円盤を考えます。今、その真ん中に立っているひとPが、円盤の側でじっと立っている人Qにボールるを転がすとしました。ボールは真っ直ぐQさんの方へ転がってきました。しかし、これをPさんの方から見るとどうだったでしょうか。ボールはPさんの後ろへ後ろへと曲がりながら落ちたように見えたはずです。超簡単にいうとこれが「コリオリの力」の説明です。

さて、排水溝の渦。いわゆる北半球と南では、渦が反対に巻くというのは100%都市伝説です。「コリオリの力」は台風くらい大きなものでないと作用しません。排水溝の渦は北でも南でも、右にも左にも渦を巻きます。偶然なのです。排水溝の形状、水のちょっとした揺れ具合などで決まります。
オーストラリアあたりで、観光客相手に反対渦巻きを実演している人がいますね。そこで、彼のやることの反対をやって見せれば左巻き渦となって、彼は面目を失うはずです。

参考URL:http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/news/2005/INGRID/GOE905031204.WILLY+INGRID.0.1024x768.jpg

地球に季節があるのは、地球が23.4度傾いて自転しているのが原因です。地球儀はこの角度で斜めにとりつけてありますね。もし真っ直ぐ立っていたり真横になって回っていたら季節はありません。
季節は4つありますので、公転を90度ずつ4つに分けましょう。公転は、○を太陽、/を地球地軸の傾きとして、次の3通りに分けることができます。
1.地軸が太陽側に倒れている  /  ○
2.地軸が太陽と反対側に倒れている  ○  / 
3.1.と2.の中間
1.が日本の夏、2.が冬でです。地球儀をこのよう...続きを読む

Q太陽の自転と黒点の移動

中学3年の理科です。

太陽は、自転していますよね。
その理由として、黒点が決まった方向に動くから、とあります。
でも、納得できません。
地球は公転しているので、
それによっても、黒点が移動しているように見えるのではないですか?


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

太陽の自転の速度は、約25日で1回転です。(太陽は固体でないので、場所によって違う)
もしも地球の公転だけで黒点位置が移動して見えるなら、黒点は1年かけて移動しているように見えることになります。しかし、観測結果は、前記の周期(さらに地球の公転を考慮した速さ)で動いて見えるので、太陽が自転していると分かります。

Q理科です。 太陽の自転って地球と一緒の反時計回りですよね? 黒点は北を上とすると西から東へ移動するは

理科です。
太陽の自転って地球と一緒の反時計回りですよね?
黒点は北を上とすると西から東へ移動するはずだとおもうのですが、
太陽投影板で黒点の移動の様子を記録すると上下左右反対なので東から西に動くことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

月を除く天体では、地球から観測した場合の地球上での方位(すなわち裏返し)を指すことになっています。
月も以前は同様でしたが、人類が月面に立つと具合が悪くなってしまった(太陽が西から昇ってくるなど)ため、月だけは逆となっているようです。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報