単純に一年の長さは365日6時間のようですが、4年に一度閏年がありますが、日は朝に上り、夕に沈む、6時間のズレを感じたことがありません。残りの6時間はどこに行ってるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

 分かり易く言うと、確かに1年は365日と5時間48分46秒なのですが、新年が始まる時刻が年によって異なってしまうと、(人間は1日を一区切りにして生活をしているため)分かり難くて面倒なのです。


 そこで、実際に天文学上の1年が始まるのは1月1日の午前5時48分46秒からなのですが、区切りの良い午前0時丁度という、早めの時刻から、新年が始まったものとして、生活で使用する暦上の1年を始めているのです。
 ですから別に、1年から365日を差し引いて余った時間を、1日毎に割り当てて、調整しているわけではありません。(時計が午後11時59分を表示している時間がやけに短かったり、午後11時59分の次に午後12時0分を1分間近くも表示する事はありません)
 但し、それでは年月の経つうちに、日付と季節がずれて来ます。
 星座の位地がずれても、あまり困る事はありませんが、季節がずれると、農業でいつ種まきや田植えをすれば良いのか判らなくなりますし、漁業で魚の群れが現れる時期を知る事も出来なくなります。
 又、梅雨や冬の寒さ、台風の多い時期、等に備える事も出来ません。
 そこで、4年毎に修正して、季節にずれがないようにしているのです。

 それから、人間の生活は太陽の動きを元にして決められています。
 ですから1日の長さは、地球が1回転だけ自転する時間ではなく、太陽が真南にくる周期を元にしています。
 ところで、地球は太陽の周りを回っている上に、その回る向きも自転の方向とほぼ同じです。(実際には約23.4°傾いている)
 これにより、1日が経つ間に地球は太陽の周りを、1回転の365.2422分の1だけ移動するため、太陽が真南に見えてから、次に真南に見えるまでにかかる時間は、地球が1自転するのにかかる時間ではなく、1回転と365.2422分の1だけ自転するのにかかる時間となります。
 地球の自転する周期は、86164.091秒(23時間56分4.091秒)ですから、1日は
 86164.091[秒]×(1+1÷365.2422)=86400[秒](=24時間)
となり、1分近くにもなるずれなどはありません。
    • good
    • 7

理屈でいえば, その約 6時間は「星の位置の違い」に現れます. #2 でいわれる通りです. つまり, 「日の出直前」の星空をきちんと記録していれば分かるかもしれません.


ちなみに太陰暦でも「1月」の長さは月によって違う (もちろん日本で採用していたのは「太陰太陽暦」で本当の「太陰暦」ではないのだが, それはどうでもいい話) し, ヨーロッパで「200年に 2か月も狂う暦」が使われていたという歴史もありません... て, そんなに狂う暦だったら教会も使わない. グレゴリオ暦を策定するにいたった理由は「春分の日時がずれて困る」というものだが, 春分の日付を決めた第1ニカイア公会議 (325年) から改暦作業を始めたトリエント公会議 (1545-1563年), あるいは実際に改暦を発布した 1582年までのずれは 10日程度. このずれは太陰暦ならわずか 1年でおきるずれでしかありません.
    • good
    • 2

地球の自転が1日で約24時間、


地球の公転が1年で約365.25日。

なので、毎日、太陽が正午に真南に来るのは間違いない事実。
でも、サマータイム制を採っている国は違うだろうけどね。

だから、4年で1日ズレても季節は1日のズレは感じない。

1年目365日経過して6時間経過した処で新年(2年目)を祝うならば、
6時間のズレが2年目に、
で、2年目265日経過してまた6時間過ぎた処で新年(3年目)を祝うなら、
昼に日付変更となる。
3年目365日経過して6時間の処で新年(4年目)を祝うと・・・。

で、1日が1年毎に6時間日付変更の時間が変更しちゃ~かなわんわ!?。
一体、何時に待ち合わせすれば良いか混乱する。
電車もバスも発射時刻や到着時刻が・・・、混乱する。

だから、夜の12時に日付変更する事で1年の長さを吸収していると思う。
なので、暦と太陽の位置の約6時間のズレを体験する事は無い。
もし6時間のズレが体感するなら暦の問題ですよ。

夜と昼の長さの関係が3種類あって、1年に4回特別な時間という事になる。
その4つの日は約6時間1年でズレる事でしょう。
暦の日付は太陽の動き(地球の自転)から来る訳だからね。

で、1年前の位置を感じる人間は天体観測者だけじゃないかな?。
それも、何年何月何日に東経○○○度/北緯○○度に○○星が位置してたと明記する人だよね。
しかも、地球は駒が回転する様に自転軸がフラツキを見せる訳で、
1度?1分?1秒と角度が正確に計測すればするほど、
自転軸のフラツキの影響を受けるハズ。
それに太陽系も何処かを中心に公転しているでしょうからね。

そうそう、地球の自転や公転がフラツキの無い正確さが在るなんて考えていませんよね?。
原子時計を基準として正確無比な時間を人間は手にしていますが、
自然の動きは正確ではないでしょうからね。
    • good
    • 0

 


 ユリウス暦の400年が146100日、現グレゴリオ暦は146097日なのです。
 それぞれの日数を400年で割れば、つぎの平均日数が得られます。
(実際の一年が365.25日または365.2425日というわけではありません)
 
(365 * 400) + 100 = 146100  Julius 146100  / 400 = 365.2500
(365 * 400) + 97 = 146097 Gregorio 146097  / 400 = 365.2425
────────────────────────────────
(365 * 400) +96.88= 146096.88 太陽年 146096.88 / 400 = 365.2422
 
 暦の周期 ~ 月は29.5日、日は365.25日ごとに ~
http://q.hatena.ne.jp/1247796600#a935966
 年初めの太陽を見るという発想は世界共通ですか?
 
    • good
    • 1

地球の公転速度は、確かに365.2422日、自転速度が23時間56分25秒なので、365日と6時間弱です。


で、1年間かけて6時間(正確には5.798時間)の変動があったとします。
1日分のズレに換算すると、
5.798時間÷365日×60=0,953分=57.18秒 です。

高々1分弱の時間のズレを感じられますか?
    • good
    • 0

混乱の原因は、


暦の上での「年」と、
地球が太陽の周りを1回公転する、天文学上の「年」を
区別していないからでしょう。

確かに1(天文)年=365日と約6時間です。
しかし、暦は1(暦)年=365日で作ってしまっているのです。
ですから、暦上では時間のずれを認識することはありません。
しかし、このままだと4年たつと、天文年と暦年でまるまる1日ずれていくことになりますので、
4年に1回だけ1(暦)年=366日として調節をするのです。
    • good
    • 1

このズレを正さずに200年くらい過ごすと、2か月くらい季節がずれます。

そうすると、知らず知らずに種まきをする時期が分からなくなったり、正月や春分がある月が変わったりします。
日本は農耕民族なので、種まきや刈り取り、台風の時期が分からないと致命的です。なので、こまめに修正をしましたが、日を増やすどころか「月」を増やすようにしました。その代わり、1か月の日数は必ず同じだったんですね。(月の日数を一定にする暦を太陰歴といいます)

英語で10月をオクトーバーといいますが、このオクトはオクトパスにも使うように、8という意味です。もともとここは8月だったんですね。
1・2年は気づかないコトなんですが、200年もたつとエライ間違いにつながるんで、こまめに修正をすることにしたんですね。
中世ヨーロッパを暗黒時代とよび、農業生産性が極端に落ちたんですが、この辺が原因何じゃないか、という人もいるみたいですよ。当時は教会がすべてを支配していて、農耕に興味があまりないんで、季節を修正しないまま、農民に暦(ごとのイベント)を押しつけた結果だというんですね。
    • good
    • 0

>日は朝に上り、夕に沈む、6時間のズレを感じたことがありません。



一言でいえば、1年の定義と、1日の定義とが別であるためです。

1年と1日とでは、それぞれを定義する基準が違うことが原因です。 大雑把にいえば、
1日は、地球が太陽に対して1回転 (自転) する時間です。
1年は、地球が太陽の周りを1回転 (公転) する時間です。 

「一年の長さは365日6時間」 ということは、太陽に対して (向かって) 365 回転 (絶対空間に対しては約 366 回転) した時にはまだ太陽の周りを1周していないということです。 
例えば、地球が前年の元日の午前0時の公転軌道上の同じ位置に来るのは今年の元旦の朝6時だということです。 来年は、元日の正午付近になります。

これを修正しないと、4年間で1日分、4 x 6 = 24 時間 => 1 日分ずれます。 言い換えると 約 730 年後には、太陽から見て地球は正反対の場所にいる、つまり夏と冬が入れ替わることになります。

これでは、日常生活に支障をきたします。 そこで公転軌道上のある点を通過する日時のずれを実用上不都合のない範囲で最小限に留める目的で、閏年制度を導入し、修正しているのです。
    • good
    • 1

>残りの6時間はどこに行ってるんでしょうか



4年に1度閏年であわせています。
ちなみに6時間のズレですが
それは公転によるものですので、自転(朝、昼、夜)には関係ありません。
尚、1年は公転周期です。

もっと正確にいうと、
1年は365日ですが、正確には365.242199日(365日と6時間)です。
なので、例えば元旦の0時00分から計って1年後はまた元旦の0時00分ですが、
その時の地球の位置は前の元旦の位置からして6時間おくれた場所にいます。
本来ならば0時00分+6時間の位置が1年前にいた所と同じ場所なのですが
そうしてしまうと1年後は、0時00分の6時間後、すなわち元旦の朝6時となってしまいます。
なので、そうならないようにその6時間はとりあえず計算せずに
4年に1回1日増やしているわけですね。
    • good
    • 0

地球の公転の周期は(地球が太陽の周りを一周するのにかかる時間は)


地球の公転周期は365.25636日です。

うるう年は、公転のずれを直すために作られています。
一年が365日しかなかったら、4年に1日程度春分の日などがずれていくということです。

一方、地球の自転の周期は(地球が一回自転するのにかかる時間は)約23時間56分4.06秒で一日に4分弱短く感じるわけですけど、こちらのほうがずれを感じそうな気がしますけれが、
地球のある地点が1度太陽を向いてからもう1度向くまでの時間はほぼ24時間です。地球は自転しているだけでなく同じ方向に公転もしているため、1回自転している間に太陽に対する地球自身の場所も移動してしまうため、1回の自転<1日となります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小1年の娘、算数でまだ指を使って計算する・・・

いつもお世話になっています。

小1の娘についてですが、
いまだに算数の計算で8-1=というものも
いちいち指で計算しないと出来ません。
ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
さっきやったものと同じと気づかず、また同じように
指を使って計算します。

前のページで10+4 や 10+7 などの10に一桁の数を
たす計算式をして、次のページで
7+3+2 という式があって、私が「7+3は?」と聞くと
指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと
指で数えようとします。でも数えられなくて考え込んでとまって
しまいます。
そこで、さっきやったばかりの10+4とかと同じだ とは
気づいてくれません。
遊びで数字のカードを見せて
「13は10といくつ?」「15は10といくつ?」とどんどん
聞くと答えます。
でも違う状態で問題が出ると出来ません。
4月から散々プリントなどで10までの足し算などをしてきているし
家でもドリルなどもしているのですが、いつまでたっても
指での計算で、さっきやったばかりの問題なども同じ問題なのに
出来なかったり・・・
25マス計算で、1段目から3段目までは出来ているのに、4段目で
左の数字と上の数字を使わず、左の数字とすぐ3段目の数字を使って
計算していて4段目は全部間違ったり。

こんなに算数に弱い娘ですが、得意までではなくても
苦手ではなくすのに、良い方法はありますか?
こんな最初の時期から娘は明日は算数があるからいやだなと
言っています。
1年でそんな事を言っていたらこの先どうなるのだろうと
かなり不安です。

素人考えですが、量と数字が一致してないように思うのですが・・・

散々一桁の計算などをさせられるとけっこう覚えてしまって
計算せずとも答えが出てきそうに思うのですが、娘にはそれが
ないようです。

いつもお世話になっています。

小1の娘についてですが、
いまだに算数の計算で8-1=というものも
いちいち指で計算しないと出来ません。
ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
さっきやったものと同じと気づかず、また同じように
指を使って計算します。

前のページで10+4 や 10+7 などの10に一桁の数を
たす計算式をして、次のページで
7+3+2 という式があって、私が「7+3は?」と聞くと
指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
教員をしています。


結論から言えば、合成・分解のトレーニング不足です。

それができていない状態で、さらに上の課題をやらせているので、本人にとっては「わけの分からない」ことを、無理やりやらせられている状態になってしまっているのです。
以下の記述からも、それは明らかですね。

>いまだに算数の計算で8-1=というものも
>いちいち指で計算しないと出来ません。
>ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
>さっきやったものと同じと気づかず、また同じように
>指を使って計算します。

>7+3+2 という式があって、私が「7+3は?」と聞くと
>指で数えて10と答えます。その次に「10+2は?」と聞くと
>指で数えようとします。でも数えられなくて考え込んでとまって
>しまいます。
>そこで、さっきやったばかりの10+4とかと同じだ とは
>気づいてくれません。


こういうのを、レディネスが不足した状態、といいます。
ピラミッドを作るときに、土台をきちんと作ってから、組み上げて行きますよね。
それと同じように、一つ上の課題を1問やらせるときには、その下位項目を100倍くらいは勉強しておかなくてはならないのです。

今の状態は、下位項目が不足している状態で、その上の課題をガンガン与えているので、要するに「分からない」状態を作り出している、というわけです。



合成・分解のトレーニングが、有効だと思います。
「5は1といくつ?」とか、そういう内容ですね。

さくらんぼ計算って、ご存知ですか?

  5
 /\
1 □

四角の中に数字を入れる、というものです。
今やっているプリントの代わりに、これを毎日毎日、ノートに10問程度作って、トレーニングしてあげましょう。

これも、段階があります。はじめは5の合成分解からスタートするのですが、
・5の合成分解
・6~9の数と 5の合成分解
・6~9の数と 1~4の数の合成分解
・6~9の数の合成分解
・10と 1~5の数の合成分解
・10と 6~9の数の合成分解
・5、6~9、10と 0の合成分解
などのステップに分かれています。

はじめは上の3段階で問題を作り、一番上の問題を6、2番目を3、3番目を1、といった配分で出題します。繰り返すことでパターン化させるが目的なので、問題の順番を変えてやろうとか、そういうことはしない方が早く覚えます。

指を使わなくてもできるようになる→時間が短くなる→瞬時に答えを書くようになる
と、本人の中で、変化が起こってきます。
瞬時に書けるようになってきたら「分かる!!」と思えるようになるので、勉強が楽しくなります。たくさんほめてあげましょう。
(もっとやりたい、と言われたら、まったく同じレベルの問題を、もう一度出してあげます。早く正確に解けるようになるまで、繰り返すことが大事です)


一番上が瞬時にできるようになったら、次はレベルをスライドさせて、2番目を6、3番目を3、4番目を1、という配分で問題を出します。一番下まできたら、そこでようやく、問題の順番をランダムにして出題します。


毎日やっていれば、ここまでに、2ヶ月程度かかるのかなぁという感じです。
だいたいマスターしたら、
「すごいっ! これをマスターするのは、3~4ヶ月かかるって言われてたんだよ。それが2ヶ月でできるようになっちゃった!!」
といって、ほめてあげましょう。

ほめられるような流れを作ってあげることが、とても大事かと思います。
「分かる」ことで「認められる」ようになれば、本人が自主的に頑張るようになりますから。
まして、「できない」→「できる」→「認められる」という成功パターンを本人の中に育ててあげられたら、これからの人生に、大いに役立つのではないかとおもいます。



宿題とか、そういうものは、指を使って構わないと思います。
下位項目が整っていない状態でも、授業はどんどん進んでしまうのですから。
それは本人のせいではありません。


「5の合成・分解が瞬時にできる」とか、「10までの数の合成・分解が3秒以内にできる」とか、そういうレベルまでトレーニングをしていけば、足し算も引き算も、驚くほど簡単に解けるようになるかと思います。


少しでも参考になれば幸いです。
それでは。

はじめまして。
教員をしています。


結論から言えば、合成・分解のトレーニング不足です。

それができていない状態で、さらに上の課題をやらせているので、本人にとっては「わけの分からない」ことを、無理やりやらせられている状態になってしまっているのです。
以下の記述からも、それは明らかですね。

>いまだに算数の計算で8-1=というものも
>いちいち指で計算しないと出来ません。
>ドリルなどでも、一段上の式で同じ式の問題があっても
>さっきやったものと同じと気づかず、また同じよ...続きを読む

Q小学生に教える様に単純に教えて下さい!ほんと単純に・・。

質問です。
秋分・春分は何故、昼夜の長さが同じなのか?
夏は何故、昼が長く暑いのか?

誰か簡単に教えて下さい・・。

Aベストアンサー

スッゴク単純に考えてください。
イメージを膨らましてください。

先ず、大きな円を描きます。
その中心に、太陽を置きます。
円の線上に地球を置きます。
さて、このパターンでは、地球上どの地点をとっても、
昼夜の長さは12時間ですね。

次に、地球を上を北極として、北極を少し太陽方向に傾けます。
そうすると、北極は常に日に当たる状態になり、南極は日陰に入ります。
地球を線上の反対側に移動します。
すると、北極は日陰に入り、南極は常に日に当たっています。
つまり、此れが、夏と冬になります。

そこで、4分の1地球を線上で動かします。
そうすると、昼夜同じくらいに日の当たる状態になります。
又、その位置から反対側に移動します。
同じように昼夜は同じです。
これが、春分・秋分の日に当たります。

まあ、後は地球の軌道面が楕円で、太陽の位置は中心から少しずれているのですが、それは割愛します。
大きな違いはありませんし、ご質問の趣旨を乗り越えてしまいます。

ご免なさい、文章での説明は難しいです。
出来れば、ご自分で絵を書いて検証してください。

スッゴク単純に考えてください。
イメージを膨らましてください。

先ず、大きな円を描きます。
その中心に、太陽を置きます。
円の線上に地球を置きます。
さて、このパターンでは、地球上どの地点をとっても、
昼夜の長さは12時間ですね。

次に、地球を上を北極として、北極を少し太陽方向に傾けます。
そうすると、北極は常に日に当たる状態になり、南極は日陰に入ります。
地球を線上の反対側に移動します。
すると、北極は日陰に入り、南極は常に日に当たっています。
つまり、此れが、夏と...続きを読む

Q同国プレースメント、1年算数試験

同志社国際中学校の1年生です。
プレースメントテストで悩んでいます。
何的な質問が出るんだろう...
私、A選考で受かったからプレースメントテストの時間が長いんです。
アドバイスください><
あと、2008年の同志社国際中学校1年生の入試試験の算数で、
問題があります。
答え...解き方を教わりたいんです。
私がかなり算数に弱くてOTL
ちなみに教えてもらいたいのは全部です><///
え...全部は無理だよ!回答やらないでおこう!
と言う方、全部でなくても結構です><
何で同志社国際中学校の赤本見ないの??
今海外で日本に赤本おいてきちゃって・・・
私はやっぱりドジですねOrz
でも...助けてください><

Aベストアンサー

こんにちは。
在校生(一般受験)の保護者です。
今春の新2年生からの編入生徒さんと思ったけど、新1年生ですね?

同志社国際の授業は、体育と音楽以外は、Lクラス(一般)とMクラス(ミニクラス)に分かれています。
プレースメントテストは、今のあなたの学力で、どちらに入ったほうがいいか?をみるテストです。
この学校は3分の2が帰国者なので、生徒の学力に差があります。
数学はLだけど国語と社会はMとか、
Mばっかり+国語の代わりに日本語とか、
学校側が個人の理解力を判断してクラスを組み合わせてくれます。
そのためのテストなので、あまり心配をする必要はありません。
出るとしたら、今の学年の子供たちが教科書で習っていることだと思います。
教科書を復習して、図形などの公式をおさらいするのが一番いいと思います。


何度か参観に行ってますので様子をお知らせしますね。
新1年生の最初の数学はMクラスのほうが人数が多いです。
基本的な説明からはじまってはいましたが、習っている範囲は同じです。
英語は、Sa、Sb、G2クラスの4クラスに分けているので、長期滞在の帰国の人にはSaでも物足りないようです。
SaSbの英語は、たぶん、外国での授業に似ていると思います。
「国語」の授業を英語でやっているという感じです。(私の英語力がないので話している内容が全部は聞き取れないのですが)
レポートが多いので四苦八苦している子や、「海外に比べてレポートの授業が物足りなくて、英語力が落ちる!」と嘆いている!帰国の保護者の方もいます。
もちろんG(一般)の英語は、日本の中学1年生の授業と同じところから入ってきます。
プラスの2時間で、同志社国際らしい授業がある、という感じでしょうか。
プラスの2時間をフランス語、中国語、ドイツ語、日本語に充てている生徒もいます。(先生1人に生徒1~5人)
社会で「熱帯雨林ねったいうりん」とひらがなもかいてくれる中学校って同国ならでは。
先生も汗かきながら説明してました。(ぜんぶひらがなじゃないぞ!)



この学校は、「先生に聞いたもの勝ち」です。
わからないところは授業中?や授業が終わった後、どんどん聞いてくださいね。
(同級生が聞いている質問や答えを聞くのもとても役にたつと思います)

定期試験や学期によってだんだんとMクラスからLクラスにあがってきて、中学からの子はみんな高校ではLクラスになります。(いつまでも帰国扱いはしません!)
いろいろ心配なこともあると思いますが、たくさん同じような境遇の友達もいますから、大丈夫ですよ。
体育系のクラブも充実していますから、入ってくださいね。
(カウチポテトと受験勉強で運動不足の生徒が1年たつと、スリムになってます!)
4月のご入学をお待ちしてます。

こんにちは。
在校生(一般受験)の保護者です。
今春の新2年生からの編入生徒さんと思ったけど、新1年生ですね?

同志社国際の授業は、体育と音楽以外は、Lクラス(一般)とMクラス(ミニクラス)に分かれています。
プレースメントテストは、今のあなたの学力で、どちらに入ったほうがいいか?をみるテストです。
この学校は3分の2が帰国者なので、生徒の学力に差があります。
数学はLだけど国語と社会はMとか、
Mばっかり+国語の代わりに日本語とか、
学校側が個人の理解力を判断してクラス...続きを読む

Q1年=365(6)日

1年=365日

って事は、まぁいいとして・・・


なぜ!

2月だけ!!

28日までなのか?な?

30-28=2

31日までの「月」を2つ減らして、30日の「月」を2つ増やせば・・・ねぇ?



・軌道?とか、自転?とかの話なのでしょうか?・



追加/

月日の数え方って世界共通?ですよね?基本的には。


・現代の月日の数え方は、いつの時代から用いられ出したものなのでしょうか?・




お時間のある物知りな方、回答を頂けたら・・・

シッポ振って喜びます。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

単なる思い付きですね。
世界統一はどうやってやるのですか。

Q子ども(小学1年))が持ち帰った学校の算数の問題です。

子ども(小学1年))が持ち帰った学校の算数の問題です。
私は英語で問題を解けないので日本語にしなければなりません。
そこで英文の下のように翻訳しました。


1. Maria has a set of 10 dolls. She gives 10 dolls to the friends. Does she have an empty set of dolls now?
マリアは10個の人形で成る人形セットを1個持っています。彼女は数人の友だちに10体の人形をやります。彼女は人形の空き(箱?)を1個持っていますか?

2. Mother baked 20 cookies. Her children ate all the 20 cookies. What happened to Mother’s set of cookies?
母は20個のクッキーを焼きました。彼女の子どもが20個のクッキーをすべて食べました。母のクッキーセットはどうなりましたか?

3. Josie has 10 bananas. How many will Josie share so she will have an empty set of bananas?
ジョシーは10個のバナナを持っています。ジョシーがバナナの空のセットを持つにはいくつ分けられますか?

4. Which set has more elements, an empty set of tops or an empty set of yoyos? Explain your answer.
おもちゃの空のセットとヨーヨーの空のセットではどちらがたくさんの要素をもっているでしょうか?あなたの答えを説明しなさい。-----(注1)"top"が"toy"の誤記ではないかと考えて置き換えました。(注2)この前後になにか説明があるのではないかと思いましたが、ありません。この文章だけです。------

質問は次の通りです。
(1)この翻訳で間違いがないでしょうか?
(2)質問にやたらに出てくるsetとemptyは、日本語に訳すのが難しく感じられます。日常会話としてこういう場合に本当に使われているのでしょうか?上の場合どう訳せばいいのでしょうか?

なお、ここはフィリピンです。

子ども(小学1年))が持ち帰った学校の算数の問題です。
私は英語で問題を解けないので日本語にしなければなりません。
そこで英文の下のように翻訳しました。


1. Maria has a set of 10 dolls. She gives 10 dolls to the friends. Does she have an empty set of dolls now?
マリアは10個の人形で成る人形セットを1個持っています。彼女は数人の友だちに10体の人形をやります。彼女は人形の空き(箱?)を1個持っていますか?

2. Mother baked 20 cookies. Her children ate all the 20 cookies. What hap...続きを読む

Aベストアンサー

topはコマ(独楽)を意味します。

数学では、setは「集合」、'empty set' は「空集合(くうしゅうごう)」と訳されます。でも、小学生の問題ですから、そんなに難しい概念を習うこともないでしょうし...。英語で日常的に使う場合は、setは「組」、「ひとそろい」といった意味です。ただ、数学用語としてではなく、日常用語で 'empty set' と言うのは聞いたことがありません。

Q地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!! 6月23日

地球滅亡か!太陽と月と地球が一直線に並ぶキングタイドが地球を襲う!その日はなんと今年!!

6月23日と7月21日にハワイが太陽と月と一直線に並ぶキングタイドというスーパー満潮現象、超満潮現象が起こってハワイの下水道管のマンホールが映画のようにポンポン飛んで行くこの世の世紀末みたいな事が起こると言われています。

日本が太陽と月と一直線に並ぶキングタイドはいつですか?

Aベストアンサー

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし、6月23日と7月21日頃は月の視半径が大きい(月が地球に近い)ので大潮がより大きくなる可能性があるようですが、
天文学的な月の引力の影響では潮位は10cm程度くらいしか上昇しないと言われています。

それよりも気候変動やその時の気候の影響の方がより大きく、キングタイドという現象を引き起こすようですね。
起こりやすい時期は、地域によって気候や地形が違うので変わるようです。
それとキングタイドは正式な学術用語ではないです。
台風シーズンに大潮と重なり高潮の被害発生することが、キングタイドと言えるでしょう。

なので、日本で起こるかと言われても、大潮の日時は気象庁等の官庁から出しているので判りますが、
天候の影響を推定するのはできませんのでいつ起こるのかは判らないです。

>太陽と月と地球が一直線に並ぶ
この現象が起こると日食や月食が該当地域で観ることができます。

天文年鑑2017年版を確認してみましたが、6月24日と7月23日は共に新月(時差の関係でハワイと日本時間とでは違いますが)ですが、
新月に起こる現象で、太陽-月-地球が一直線に並ぶ日食は、天文年鑑では確認できませんでした。
ハワイが直線上に並ぶなら、ハワイで皆既日食や金環食が観られるはずです。
8月22日に米国本土で皆既日食が観られますが、大陸中央付近が大潮の時間帯は大陸中央付近のようですね。

ただし...続きを読む

Q【至急】提出物について。 中学1年です。金曜日に職業講話がありました。その感想のプリントを、お礼の手

【至急】提出物について。 中学1年です。金曜日に職業講話がありました。その感想のプリントを、お礼の手紙に時間を掛けすぎて時間内に終わりませんでした。

ほぼ全員が終わっており、私と、私と仲が良い子ともう1人の子が終わってません。その子達は、担当の先生が担任なのですぐ出せますが、私からするとその先生は他のクラスなんです。
それを提出するだけの事なのに、私は緊張してしまいます。

私が考える方法は、その仲がいい子に「ごめん、これ出しといて。」と言って渡すか、直接出すかです。

勿論、直接出した方がいいと思いますが、声を掛ける勇気がありません。
先生は「終わらなかったら宿題になっちゃうからね」と最初に言ってました。優しい先生なので、怒りはしないと思います。ただ、どう思われるか気になってしまうので…。
その先生の授業後に「これ、お願いします」と渡すか。でも、その授業は月曜日にはなくて…。

友達に出してもらうのも、同様に友達を呼ぶ勇気がありません。「〇〇〜」と名前を呼べばいいのに。
教室はそんなに離れていないけど、仲が良い子の席は後ろの方らしい。声もそれなりに出さないと、周りの声でかき消されると思います。あんまりうるさい方じゃないなので。
給食を待つ時間の時に頼むのもいいですが、月曜日に当番の可能性も否定できません。

どうしたらいいでしょうか。元々、人付き合いが苦手なので…。

【至急】提出物について。 中学1年です。金曜日に職業講話がありました。その感想のプリントを、お礼の手紙に時間を掛けすぎて時間内に終わりませんでした。

ほぼ全員が終わっており、私と、私と仲が良い子ともう1人の子が終わってません。その子達は、担当の先生が担任なのですぐ出せますが、私からするとその先生は他のクラスなんです。
それを提出するだけの事なのに、私は緊張してしまいます。

私が考える方法は、その仲がいい子に「ごめん、これ出しといて。」と言って渡すか、直接出すかです。

勿論、直...続きを読む

Aベストアンサー

先生に直接、です。

これがもし何かの手違いでどこかで紛失したら
先生にもお友達にも迷惑がかかります。
誰がどこで渡さなかったのか、受け取ってなくしたのか
意外と人間の記憶もあいまいですし
そういう小さなトラブルでの思い違いによる責任の押し付け合い
または自分のせいだと申し訳なく思うなど
そういったことがあると関係まで悪くなります

遅れて出しても先生はなんとも思いません。
お、これで全部そろったな、とかあと○枚だな、ぐらいで
あなたがどうだとか、そこまで考えません。

もしお友達にことづけたら
気にしない先生もいるけど、無責任だなと思う先生はいるかもしれません。

クラスで呼び出すのが苦手なら朝早めに言って職員室で渡す方法もありますし
自分の担任の先生に預けるなら問題ないと思います。
担任の先生はお仕事なので、お友達と預けるよりはいいです。

ただこれも行方がわからなくなったら、トラブルのもとではあります。

Q「閏年」って必ず4年ごと?

カテ違いでしょうか。
今年は「閏年(うるうどし)」ですが、未来(何百年先~)
も4年に1回で狂ってくることはないのでしょうか。
例えば、千年後の一瞬だけ3年ごとになるような。

Aベストアンサー

閏年の規則は、
・4年に一回は閏年
・但し100年に一回は閏年ではない平年
・但し400年に一回は閏年
と言う事になっています。

今年から前後100年の200年間では、

1896年=閏年(第1の条件)
1900年=平年(第2の条件)
1904年=閏年(第1の条件)
1908年=閏年(第1の条件)
   |
1992年=閏年(第1の条件)
1996年=閏年(第1の条件)
2000年=閏年(第3の条件)
2004年=閏年(第1の条件)
2008年=閏年(第1の条件)
   |
2092年=閏年(第1の条件)
2096年=閏年(第1の条件)
2100年=平年(第2の条件)
2104年=閏年(第1の条件)

となります。

今のところ1年の日数は約365.2422日ですが、上記の条件で1年は365.2425日になります。
365+(1/4)-(1/100)+(1/400)=365.2425
従って、1年に0.0003日ずれるので、約3333年で1日ずれます。3333年後に1日分の調整が入るかもしれませんね。

とは言え、地球の自転周期(1日の長さ)が段々と長くなっているので、1年の日数もそれに比例して減って行くので、いつまでもこの計算が使えるとは限りませんが。

因みに、古いコンピューターのカレンダーICでは、1901年~2099年の約200年間が常に4年に1回の閏年である事を利用し、単純に「4年に一回は閏年」と手抜きの計算している(年を下2桁しか保持していないなど)物もあり、2100年に狂いが出ます。2100年になる前に使われなくなると見越しての事なのでしょう。

閏年の規則は、
・4年に一回は閏年
・但し100年に一回は閏年ではない平年
・但し400年に一回は閏年
と言う事になっています。

今年から前後100年の200年間では、

1896年=閏年(第1の条件)
1900年=平年(第2の条件)
1904年=閏年(第1の条件)
1908年=閏年(第1の条件)
   |
1992年=閏年(第1の条件)
1996年=閏年(第1の条件)
2000年=閏年(第3の条件)
2004年=閏年(第1の条件)
2008年=閏年(第1の条件)
  ...続きを読む

Q海外の小学校1年の算数ー確率

英語圏の小学校1年生の算数の問題で質問があります。

箱の中に大きな黄色いボール2つと小さな赤いボールが5つ入っています。
そして、文中で男の子が、赤いボールを取る確率が高いといっています。

問題は男の子が間違っている理由を説明しなさいというものです。
(Give a reason to tell why he is wrong)

ボールをひとつ取るという前提であれば、赤いボールの確率が高いという男の子の意見は間違っていないと思います。

私がひねり出した理由は黄色いボールは大きいので、箱に手を入れたときに手に触れる確率が高いので黄色を取る確率が高くなる。。。というものです。
子供は、赤いボールは小さいから手をすり抜けてしまって、結果黄色の確率が高くなるというものですが、私も子供も心から納得はできていません。

いったいこの問題の趣旨は何なのでしょうか??
これから提出する宿題ですが、先生は見た後スタンプやステッカーを貼るだけでコメントや添削をしてくれたことは一度もありません。
皆さんのご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

これって確率論のかなりの核心をついた問題です。

確率とは「あくまでも同じ条件であること」が前提です。

推定として正解は、
「ボールの大きさという大きな条件が違うので、ボールの個数だけでどちらを取る確率が高いとは決められない。」
だと思います。
決して、「大きな黄色いボールを取る確率が高い」わけではないと思います。

問題も英文だとは思うのですが、仮に「箱の中に・・・・」という問題だとすると、ひょっとしたら箱は透明かもしれないし上から覗けるかもしれません。
そうすれば色や大きさの違いはわかるので、その時に欲しいほうのボールを取るでしょう。

ただし、小学校1年生にそんな「条件が違うから、個数で確率は決まらない」なんていう答は望んでいないでしょう。
「触れば大きさの違いはわかるから、その時に欲しい方の球を取るはず。サッカーがしたいなら大きい球dし、野球がしたければ小さな球になるはず。でも男の子がどっちをしたいかはわからないからどっちの球を取るかはわからない。」
程度の答えでいいのではと思います。

Q太陰暦・太陽暦や閏年、閏日、閏秒等は何となく分るんですが

何故?月の日数が違って決められたのでしょうか。

            ↓
太陰暦・太陽暦や閏年、閏日、閏秒等は設定根拠や必要性が何となく分るんですが・・・
何故、2月は28日(閏年を除き)、4月・6月・9月・11月は30日、他の月は31日のように日数が違うのでしょうか?

分ってる、常識なようで良く分らず、理解していない、学び聞く機会もなかったのですが・・・
特に支障や不便はありませんが、疑問に思い*推理を廻らしていますが不明です。
どなたか、教えて頂けませんでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。


*月の満ち欠け
*太陽からの引力
*当初の設定&発明者が何らかの理由で決めた
*その他のユニークな推説

Aベストアンサー

A.*当初の設定&発明者が何らかの理由で決めた
グレゴリオ暦を導入したときは、ユリウス歴の慣習(1ヶ月おきに短い月と長い月を交互)を引き継ぎ、ユリウス歴はそれ以前の原始暦を参考にしています。ユリウス歴以前は1年10ヶ月が多かったようです。

農耕サイクルの基準時計なので、以前の暦と大きく違うと種まきとか刈り入れの時期が混乱してしまう為、春分の日と秋分の日を大きくずらせないのです。
2月が短いのは畑作業がないからで、3月10月は農作業が長くできた方が税収いい。
そもそもグレゴリオ暦は1月1日からはじまっていません。1582年のユリウス歴の10月4日の翌日をグレゴリオ暦10月15日としてはじめました。年貢を正確に収納するためと収穫祭と暦開始日を合わせたのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E6%9A%A6
ユリウス歴以前の1年10ヶ月というのは、農耕期間しかカレンダーがないものが多く、畑はじめが1月1日で納税の日が10月最終日で1年が終わっていて、冬のカレンダーがなく、治世者がずれた春分の日を再計算して翌年の1月1日を発表していたようです。

あと月の名前をローマ皇帝が取り合ったので派閥争いなどもあります。

A.*当初の設定&発明者が何らかの理由で決めた
グレゴリオ暦を導入したときは、ユリウス歴の慣習(1ヶ月おきに短い月と長い月を交互)を引き継ぎ、ユリウス歴はそれ以前の原始暦を参考にしています。ユリウス歴以前は1年10ヶ月が多かったようです。

農耕サイクルの基準時計なので、以前の暦と大きく違うと種まきとか刈り入れの時期が混乱してしまう為、春分の日と秋分の日を大きくずらせないのです。
2月が短いのは畑作業がないからで、3月10月は農作業が長くできた方が税収いい。
そもそもグレゴリオ暦は1...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング