既婚の会社員です。
仕事がら肩こりがつらいので、時々整体に行っています。そこで必ず、「お疲れですね~」と言われてしまいます。また、先日人間ドックに行ったのですが、そこでも(数値的には異常なしだったのですが)疲れ気味だと言われてしまいました。

確かに、フルタイムで働いて、帰宅して家事、週1回はスポーツクラブに行ったりして、自分自身いそがしいのは承知しています。また、わりとてきぱきと仕事も家事も早いので、短時間に量をこなせてしまうのです。(仕事は普通の事務職です)

でも、結局のところ、ふつうに働き、普通に家事をする、くらいのことで体調に支障をきたすほど疲れているとはおもいません。特に、自分で疲れているとは思っていません。でも、あちこちから疲れていると指摘されてしまって、自分がすごく不健康な気がしてきました。
普通に生活して、普通に疲れをためないためには、どうしたらいいのでしょうか?
それとも、そんなことを言われても気にしなければいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

整体に行った時は肩こりのことを話された整体を受けているときに


先生が肩がこっていることはわかると思います。
人間ドックで診察を受ける時肩こりのことを話されたのでしょうか?
もし、診察を受ける時に肩こりのことを話されたのであれば
私は「お疲れですね~」と言われたことに納得します。

私も肩がこるのですが、会社で用事があって席まで来た人がなにげに
肩をもんでくれます。その時かならず「疲れてるね」と言われます。
その言葉でちょっと自分のことを見とめてくれているような気がして
リラックスができ、いやな気持ちにはなりません。
私のような人が多いからというのと、自分が言われた時うれしいので
肩がこっている人には自然と「疲れてるね~」と言っているだけだと
思います。

みなさんが言われているように気にしなくても良いとおもいます。

病院の先生の場合は、何も無くてもちょっとお疲れですねのようなことは
口癖みたいになっていると思います。
どんなことをしていても、少しも疲れていない人はいませんから。
会話のきっかけみたいなものだとおもいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分でも健康には自信があるのですが、疲れているように周りから見えるのかと思って、気になっていました。
ほんとに、全く疲れていない人なんていませんよね。
あまり気にせず、自分が疲れたと思うときは休もうと思います。

お礼日時:2001/08/28 19:50

初めまして、年齢が分かりませんが、一応30代から40代くらいでしょうか?


また、子供さんがいるのかも分かりませんが、手がかからなくなったとしておきます。これを、見る限りでは肉体面では別に異常を感じられませんね(人間ドックでも証明されていますし)だれでも、仕事をして肩こりもあれば疲れるのはあたりまえの事で、むしろよくやるなと思います。ただ、精神面においてストレスが溜まってそれからくる疲労と思います。特にてきぱきと何でもこなす人に多く見受けられますよ。何か好きな事に没頭するか、旅行もいいでしょう、しかし、時間が無い場合は、気の合う人と食事したり疲れるぐらい話をするのもいいでしょう。また、生活に変化をつけるのもいいのでは、部屋の模様替え、ペットを飼うとか・・・いずれにしてもリズムを変えマンネリから脱出することが先決でしょう、そのような貴方自身の不満が知らず知らずのうちに相手にグチのようにぶっつけているのではないでしょうかね。誰でも疲れていますよ、私もくたくたで家に帰ると何もしたくないです、それからみたら、貴方はたいしたものですよ。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/mental-cybernetics/
    • good
    • 0

きっと、肩こりなどの訴えを聞いてそのように言われたのだと思います。

自分自身が疲れていると感じなければ気にする必要はないでしょう。週1回スポーツクラブに行くなんて健康な証拠です。

今の世の中、普通に生活していたら、疲れがたまり肩こりが辛くなったリするのは当たり前です。それを予防する1番の方法は、身体の使い方を改善していくことです。

肩こりは肩が悪いというよりは、全身で対応する動作を肩に負担がいくような効率の悪いやり方で行っているために起こる場合がほとんどです。(文字を書くときでもそうです。)
全身を上手に使えるようにすればリラックスした快活な動作になり、疲れていると人に言われることもなくなるでしょう。そのようなレッスン・トレーニングもあります。ボディワークで検索してみるといろいろ見つかると思います。
    • good
    • 0

donpikoさん、こんにちは。


本人はなんとも思っていないのに周りの人がそう言われるというのは、もしかしたら顔色や表情に表れているのではないでしょうか?(特に整体の先生が言う場合)

一度ためしに鍼灸に行ってみてください。人間ドッグのような数値に頼らない、いろいろな問診方法で診断してくれます。私の通っている鍼灸は主に脈とお腹で判断しますが、体に症状が現れる前にいろいろと判断してくれますし、donpikoさんの全体的な体の状態がよく分かると思いますよ。ただ、鍼灸の先生も開業したての先生ですとまだそれほどのアドバイスはもらえない可能性もありますので、出来ればある程度年齢のいった、評判のいいところへ行くことをお薦めします。
    • good
    • 0

donpikoさん、こんばんわ。



何だか不思議な質問ですね。
donpikoさんご自身は、別に「疲れた」と感じていないのですよね?
整体のひとが「お疲れですね~」というのは、
大阪の人が「儲かりまっか~」というのと同じで、
きっと誰にでもそう言っているのだと思います。
どこか悪いところがあるから整体に行く訳ですから。

人間ドックでは、どうして数値的に異常がなかったのに
「疲れ気味」と診断されたのでしょう?
問診の結果でしょうか?

どっちにしても、ご自分が「疲れた」と感じていないなら
気にすることは全然ないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬の効き目が強くなってきた=治ってきた?

現在、適応障害でデパスを処方されています。

デパスは就寝前に1mgを1錠飲むように指示されて、三ヶ月になります。
休職し仕事から離れていることもあり、この1錠で朝までぐっすり眠れる毎日です。

ただこの2週間ほど、今までにはなかった、昼間にまで強い眠気がおそってくるようになりました。

始めは、「昨日寝苦しくてよく寝れなかったのかな」「暑くて、ばてて眠いのかな」と考えていたけれど、2週間も続くのでどうしてなのか気になっています。

夜はちゃんと熟睡できていると思うので…これは精神的に病んでいたのが治ってきて、今までのこのデパスの量では多すぎるようになってきたということなのでしょうか?
可能性として、病気が治ってきたということなのでしょうか?

お医者さんの診察に行く日が近いので、お医者さんに伝えようと思いますが、気になってしまって。

こうしたお薬を半錠に割って飲んだら(…おそらく独断でそういうことはしてはならないとは思うのですが…)効果は単純に半分になるものですか?

Aベストアンサー

> ただこの2週間ほど、今までにはなかった、昼間にまで強い眠気がおそってくるようになりました。

それは、薬の副作用です。

エチゾラム:デパス - おくすり110番
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025.html

メンタルヘルス系の疾患で自己判断で薬の量を勝手に減らすと逆に病状が悪化することがありますので、早急に医師の診断を受けることをお勧めいたします。

Q過去に自分がした質問を見ていたのですが・・・私また、うつが出てきたのでしょうか?

過去に質問した時も、体調が悪いながらも、仕事をしていたのですが、結局、仕事のストレスが一番の原因なのではと退職しました。
ご回答の中に、体から先に悪くなることは、少ないという書き込みをしてくださった方もいて・・・

今の会社は、ストレスをあまり感じないのですが、体調がすぐれません。
全身がダルくて、何もする気がおこらなくて・・・
不眠症の薬はいただいているので、夜は良く眠れるのですが、朝の目覚めが悪いというより、日によっては起き上がれないという表現をしたほうが良いような。

思いあたるといえば、仕事がヒマすぎること、それと更年期がそろそろ顔をだしてきているのかもしれません。
会社に行けば、普通に仕事ができるのですが、なにせ、私の部署は一人。
さほど、規模のおおきな会社ではない、社内の経理なので一人で充分です。
今まで、仕事で忙しい思いはしたことはありますが、ヒマで気楽なのは初めての経験です。
それが、後ろめたい気持ちになる時もあります。

過去にうつのような症状が出た時も、退職はしましたが、ゆっくりと休養していません。
自分が甘えているように思い、すぐに転職しました。

こういうことが、影響しているのでしょうか?
今の会社でも、ズル休みでは無いのですが、朝起きることができなくて休んでしまって、自己嫌悪におちいったりするのです。

心療内科に通ってはいますが、とても込んでいて、なかなか先生と話ができず、いつも、薬だけをもらっています。

他の人にしたら、ただの甘えにしかみえないだろうなと、思います。

過去に質問した時も、体調が悪いながらも、仕事をしていたのですが、結局、仕事のストレスが一番の原因なのではと退職しました。
ご回答の中に、体から先に悪くなることは、少ないという書き込みをしてくださった方もいて・・・

今の会社は、ストレスをあまり感じないのですが、体調がすぐれません。
全身がダルくて、何もする気がおこらなくて・・・
不眠症の薬はいただいているので、夜は良く眠れるのですが、朝の目覚めが悪いというより、日によっては起き上がれないという表現をしたほうが良いような。
...続きを読む

Aベストアンサー

> 過去にうつのような症状が出た時も、退職はしましたが、ゆっくりと休養していません。
> 自分が甘えているように思い、すぐに転職しました。

一時的に症状が、引いただけで鬱は治っていなかったのではないでしょうか?

> 今まで、仕事で忙しい思いはしたことはありますが、ヒマで気楽なのは初めての経験です。

私も、仕事が暇すぎて鬱が再発したことがあります。
症状は、「朝起きられない」でした。

> 心療内科に通ってはいますが、とても込んでいて、なかなか先生と話ができず、いつも、薬だけをもらっています。

でも、これは話す必要がありますよ。紙に書いていって渡しても良いと思います。こういうときに対処していただけないのなら、転院すべきです。

> 他の人にしたら、ただの甘えにしかみえないだろうなと、思います。
確かに、気を使って仕事を暇にして貰ったのに、かえって鬱が再発してしまうなんて、私も随分申し訳なく思いました。

でも、わざとじゃなくって実際そうなってしまったのだから、仕方ないじゃないですか。
早急に対処して、できるだけ被害が広がらないよう努力すべきでしょう。
次の受診予定日より前にでも、主治医に病状を伝え、対処してもらいましょう。

> 過去にうつのような症状が出た時も、退職はしましたが、ゆっくりと休養していません。
> 自分が甘えているように思い、すぐに転職しました。

一時的に症状が、引いただけで鬱は治っていなかったのではないでしょうか?

> 今まで、仕事で忙しい思いはしたことはありますが、ヒマで気楽なのは初めての経験です。

私も、仕事が暇すぎて鬱が再発したことがあります。
症状は、「朝起きられない」でした。

> 心療内科に通ってはいますが、とても込んでいて、なかなか先生と話ができず、いつも、薬だけ...続きを読む

Q不安神経症、そこからくる潔癖症という強迫観念、不眠症などで通院しており

不安神経症、そこからくる潔癖症という強迫観念、不眠症などで通院しており、マイナートランキライザーを処方され、改善したり悪くなったりを繰り返しています。今困っているのは、何か対人関係をもったり、行事のあとの尋常じゃない精神的疲労と、緊張したときのこれまた尋常じゃないワキ汗です。
汗は何枚もの汗取りパッドつき下着や厚手の洋服をなんなく通してびっしょりになります。手や足、顔などはほとんどありません。
お薬だけではコントロールできないでしょうか?人前で話さなければいけない職業なのでほんとうに悩んでいます。何か対処法や解決法をお知りの方は、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

いわゆる不潔恐怖ですか。
私は別のタイプ、心悸亢進が発端の不安神経症でした。
そうなった契機は、過労による体調不良・精神疲労時、いきなり心悸亢進・呼吸困難に見舞われて突然死の恐怖に襲われた事でした。

それ以後はマイナートランキライザーと抗うつ薬、睡眠障害対策薬(入眠剤)で症状を抑えていましたが、本質的には何も変わらず、心臓不調の原因を探し続けていました。
当然、身体的病気のスクリーニングはこれでもかというくらいやりました。ドクターも何か所も変えて、とにかく原因を見つけて安心したかった。

でも、こうしているうちは治るどころか、かえって思い込みを強化するだけで、病気のワナにはまって空回りを繰り返しているだけでした。

これは今だからそう感じることで、当時不安発作は全く収まる気配すらなく、マイナートランキライザもだんだんと強くなっていきました。
不安が高まると、理性では全く意味がないと解っていても不安に圧倒されます。とても抑えきれない。
ドクターショッピングの日々は続きます。でも、この原因探求の気持ちが神経をすり減らす原因だったんです。

私が心のきりもみ状態を脱するきっかけは、あるドクターとの出会いでした。
内科の先生で、最初は西洋薬、漢方薬などを処方してくれましたがどれも効果がなく、私が「病気」に固執していると看破するや、あからさまに拒絶しました。
結果、私は医者に対する反発の気持ちを持ちました。まだ自尊心のかけらは残っていたようです。

「この病気で死ぬ者はいない。」ある精神科医が私にくれた言葉です。
この言葉と、内科の先生がくれた小さな反発心のおかげで、気持ちの姿勢を立て直すことができました。
それからは寛解に向かい、ほどなく薬からも解放されました。

***

izuuさん。
薬は症状を和らげてくれますが、治してはくれません。
不潔恐怖にとらわれ、不安な気持ち(そんなマイルドなものでないことは、体験をもって解るつもりです)に圧倒され、大量の脇汗に悩む。
その体験がまた精神を疲労に追い込む。人前でまた汗をかいたらどうしようと緊張する。さらに疲れる。

これを薬や、理性で立て直すのは難しい。理性より、こういう状況を「どうにでもなれ!」とうっちゃれる起爆的情動が必要です。
汗をかくことを「悩むな」というのは無理と感じるかもしれませんが、「人前で緊張してはいけない」とか、「緊張して汗をかくのはみっともない」という気持ちを蹴っ飛ばすことは出来ませんか?

どんな場所であれ、人前に出れば緊張します。当然脇汗もかきます。人によっては震えも来るし、あがってしまってしどろもどろになります。ごく当たり前のことです。
たったそれだけの事があなたを緊張させ、大量の脇汗をかくほどに精神的に疲労させていると考えます。
「そうあってはいけない」と思うことを何とかやめにしましょう。

しばらくは薬の力も借りながら。

いわゆる不潔恐怖ですか。
私は別のタイプ、心悸亢進が発端の不安神経症でした。
そうなった契機は、過労による体調不良・精神疲労時、いきなり心悸亢進・呼吸困難に見舞われて突然死の恐怖に襲われた事でした。

それ以後はマイナートランキライザーと抗うつ薬、睡眠障害対策薬(入眠剤)で症状を抑えていましたが、本質的には何も変わらず、心臓不調の原因を探し続けていました。
当然、身体的病気のスクリーニングはこれでもかというくらいやりました。ドクターも何か所も変えて、とにかく原因を見つけて安心し...続きを読む

Q鬱がつらくて、つらくて家事できない30代の主婦です。掃除。洗濯できないです。やらなければならないと思

鬱がつらくて、つらくて家事できない30代の主婦です。掃除。洗濯できないです。やらなければならないと思っても身体が重くてやる気がおきません。いまもふとんの中です。病院にも行ってて薬を飲んでますが、きいていない感じです。夫はあきれて協力ではありません。

Aベストアンサー

家事は やらなくてはいけないと思うと ますます体が拒絶反応おこしますよね。
優先順位をつけて 最低限やらなくてはいけないこと ひとつ やってみましょう。
そして、できた自分を褒める。自信がつきます。
薬は 医師に相談してみるといいですよ。同じ薬を量増やして飲むように指示されることもあれば、違う薬に変えてくれることもあります。医師に対して不信感があるのなら違う病院に行くことを勧めます。医師も人間。患者であるあなたと「合う」「合わない」はあります。

Q病気の療養と家事のバランス

統合失調症です。
結婚しまして子供は作らない予定です。
夫が一生懸命仕事をしているので
休んでいると悪いなぁと思います。
掃除や洗濯や買い物はできますが
料理が難しくてでやればできるのですが
限界のスイッチが壊れてしまっていて
やり過ぎになってしまい後日頭痛で寝込んでしまいます。
ところが読書ならできるのです。
理解できているかはテストがないので分かりませんが。
これはサボっているような気がして
あとはパソコンも程々にしたいですが
日中一人なので自分との戦いです。
デイケアなどは独身時代行っていましたが
今は家事で精一杯なので遠くて行っていません。
英語も勉強したいのですが
直接就職に結びつかなそうだし
料理が毎日作れるようでないとと思っています。
自分を律することと無理をしないでロスをなくすことの
バランスはどのように取ったら良いでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます
再度
料理の工夫まではデイケアでは教えてくれないかな
あなたは旦那さんが手料理したりするから
ちょっと引け目を感じちゃうんかな
それぐらいしか出来ないとか思われそうで
それが怖くて思うように料理が出来ないんじゃないかな
本当はあなたは料理が好きなんですよね
料理って楽しいもんね
そして出来上がったものをおいしいって言って食べてくれた時は最高に嬉しいもんね
私は料理が全然出来ない人でした
でも結婚してこれではまずいと思い
買い物行く度本屋によって料理の基本の本から買い始めて結局50冊くらい買っちゃったかな(照)
本を読むのもオススメ
後知っているかもしれないけど
料理の工夫ね
焼きそば作る時は麺をレンジで温めてから使うと簡単に炒められる
ちょっと固めの材料もレンジで温めてから使うと早く炒め終わりますよ
料理って楽しいですよね
楽しんで作るといいですよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報