プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

1. カントの文意は なかなか捉えがたく そこで次のくだりについて それをどう読むか? そのよい読み解きはどうなるか? おしえを乞いたいという質問です。

2. ▲(カント:時間は アプリオリな認識形式である) ~~~~~~~

3. それだから(☆ 省略)我々は 時間の経験的実在性――換言すればおよそ我々の感官に与えられ得る一切の対象に関する客観的妥当性――を主張する。

 ☆ 3-1. 《時が流れる》という素朴に実在的な感覚が われわれ人間
   にはある。と。

4. 我々の直観は幸いに感性的であるから 我々の経験には時間という条件に従わないような対象は決して与えられ得ない。

 ☆ 4-1. 《感性》は その《時の過ぎゆくこと》を感じ逃さないとい
   うことだろうか?

5. しかし我々は 時間が絶対的実在性を要求することをいっさい拒否する。

 ☆ 5-1. 《絶対的》なる表現は問題だが ただし その拒否の心はい
   かなる内容か?

6. かかる実在性は 我々の感性的直観の形式を無視して 物の条件或いは性質としてそのまま物に付属することになるからである。

 ☆ 6-1. それは 《絶対的》と むしろカントが先に一方的に条件づ
   けた表現をおこなったからではないのか? 
   
   6-2. だが 例の《物自体》を仮設するからには 《絶対性》は必
   要であって それによってどうしても《経験ないし現象》とは切り離す
   ということだろうか? ――次のくだりからは どうもそうらしい。

7. 物自体に帰せられるような性質は 感性によっては決して与えられ得ない。

 ☆ 7-1. 感性は――たとえば恥ぢ意識ないしヤマシサ反応として――
   天与の《良心》というハタラキの成せるわざであり得ると考えられ そ
   れは 《物自体》とかかわっていることではないのだろうか?

8. これが時間の先験的観念性(主観性)の主旨である。

 ☆ 8-1. 《絶対性》を想定するかぎりで 《先験的・アプリオリ》で
   あることは そのままそれとしてみとめられよう。定義の問題である。

   8-2. ただし その《先験的・アプリオリな〔言ってみれば〕超主
   観性》に《時間》というものが入っているのか? 

   8-3. 入っている・つまり《時間なる形式》が 良心と同じように
   われらが自然本性に確かにそなわっている・・・として そうだとした
   場合 けれども その《アプリオリなそなわり》は 感官がそこから刺
   激を受ける対象のほうにも――経験世界なる場として――同じくそなわ
   っているものではないのか?

   8-4. 《時間の先験的観念性(主観性)》は 《時間〔および空間〕
   が経験世界において――それは 四次元の座標として分かりやすく捉え
   られるようなその――場と 互いに呼応していると言わざるを得ないの
   ではないか?

   8-5. なんで人間の主観のほうにだけ認識の形式としての時間〔お
   よび空間〕が 対象たる世界〔との接触〕より先にすでにはたらいてい
   る・・・と言えるのか?

 (I.カント:『純粋理性批判』Ⅰ・第一部門・第二節 時間について 6 これらの概念から生じる結論 ( c ) 篠田英雄訳 1961 )
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9. 《コペルニクス的転回》は 時間・空間という形式が 生まれつき人間にそなわっているというだけではなく さらにそのハタラキが 実際の時空間なる経験世界とわれとの接触に先行する能力だと言えなければ 成り立たない。はずではないか?

9-1. その《先行性》は 時間的なあとさきのことであるよりも われわれが対象を認識するときに 〔時空間の感覚にかんして〕主導性を発揮するという意味であるらしいから。

9-2. 経験事物たる対象やその経験世界にわれわれがあい向かい合うことによって 時間や空間をわれわれが認識するということ(その意味での天動説)ではなく すでに初めに先にわれわれの身心たる存在の側に 時間空間なる認識の形式がそなわっていて その物指しのごとき・人間の側の形式によって世界を捉えるもの(その意味での地動説)であるからこそ 人間による認識というものが成る。・・・ということであるらしい。

9-3. どうしてそんなことが言えるのか? いわゆるヒラメキや良心の呵責といった心の動きは おそらく人間の側の――意志による――ハタラキだけなのではなく それ以上に何か経験事象を超えたチカラがかかわっているように思われることがある。あたかもそのような直観と同じように――時間なる形式について――推し測ることが出来るのだろうか? 知り得ようか?

9-4. そうだとしても――出来る・知り得るとしても―― それは 対象たる環境世界〔が時間や空間として成り立っていること〕と 同時一体なのではないか? (=[7-1]や[8-3][8-4])。

9-5. コペルニクス的転回は 半分までではないのか? 感覚主観と対象〔接触〕との同時一体ではないか?

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

先生。

お早うございます。
カントもキリスト教教徒です。人 対 オブジェという図式で、彼は宇宙を見てるでしょう。しかも聖書的思考で、彼のなかでは、オブジェよりも、人の存在のほうが優位であると見なしてますね。ですからその延長で、オブジェに対して、経験成立に先立つ、アプリオリの主観性を優位に置くのでしょうね。マックス-シェーラーの指摘する、宇宙のなかでの人間の地位は、カントにおいても、神に近い存在として「高位」にあるのでしょうね。現在だったら、ヒューマニズムの宇宙観というでしょうけれど?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お早うございます。ご回答をありがとうございます。


★ カントもキリスト教教徒です。
☆ それは そうでしょうね。

ただし その神論ないし神観は よく分かりません。

☆☆ 【Q:たんなる理性の限界内の思想としてのカント著:『たんなる理性の限界内の宗教』】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11148053.html


★ 人 対 オブジェという図式で、彼は宇宙を見てるでしょう。
☆ で 《人》のほうが重んじられますね。当然ですが。


★ しかも聖書的思考で、彼のなかでは、オブジェよりも、人の存在のほうが優位であると見なしてますね。
☆ ええ。人は モノのように所有されるべからざる存在ですね。


★ ですからその延長で、オブジェに対して、経験成立に先立つ、アプリオリの主観性を優位に置くのでしょうね。
☆ 人がオブジェのようには所有の対象にならない・つまりは道具としてあつかうべからずということ(ひとの存在ないし生命の尊厳)と 時空間についての感覚ないし認識がオブジェ〔との接触〕より先に人の中にそなわっている〔と説く〕こと(地動説)とは 別のことですね。

しかも コペルニクス的転回が成って地動説を採るなら 太陽や太陽系なる環境とそして地球とは 互いに同時一体での存在関係にあって〔地球の側における〕感覚および認識がもっぱら先行するといったことには成らないのでは? とは思います。



★ マックス-シェーラーの指摘する、宇宙のなかでの人間の地位は、カントにおいても、神に近い存在として「高位」にあるのでしょうね。現在だったら、ヒューマニズムの宇宙観というでしょうけれど?

▲ (ヰキぺ:マックス・シェーラー) ~~~
§ 1.2 大学時代
・・・1899年に教授資格論文『超越論的方法と心理学的方法』を提出・・・。

この論文も、オイケンの「精神論的方法」からの影響が強く、精神こそが人間の文化活動の様々な連関を可能ならしめるものであり、哲学は精神に関する学説でなければならないとするシェーラーの思想がよく表れている。
~~~~

☆ この《精神》の内に 時空間の形式が埋め込まれているとカントは 言ってるんでしょうかね。それによって 人の感覚および認識が 環境対象〔からの刺激〕よりは優先的に先行すると――どういう根拠で――言うんでしょう。

お礼日時:2022/01/20 09:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング