新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

ウクライナ侵攻で日本にいるロシア人がネットで炎上しているそうですがそういう人間って2003年にアメリカがイラクに侵攻したときちゃんとアメリカ人叩いてたんですかね?

イラク戦争→アメリカがイラクのフセイン政権が「気に入らない」から戦争を起こした。
ウクライナ侵攻→ロシアがウクライナのゼレンスキー政権が「気に入らない」から侵攻した。

両方とも本質は何も変わらないのになぜか日本はイラク戦争を支持していました。イラク戦争を支持していた日本人がどの面でロシア人叩けるんだって思います。イラク戦争時のアメリカ人を叩いていたんならロシア人叩きも許されると思いますが、アメリカを支持しておきながらロシア叩いている奴とか普通に気持ち悪いです。

ロシアがならず者国家?ベトナム戦争やイラク戦争を調べてみてください。アメリカもロシアと同じくらいのならず者国家ですよ。

なんでロシア人は叩く癖にアメリカ人は叩かなかったんですかね。誰か事情を知っている人がいれば教えてください。

教えて!goo グレード

A 回答 (11件中1~10件)

それだけ、アメリカが大国であるということ、世界の人心まで、国際世論までアメリカ側につけているということでしょう。


イラク戦争のときは、ドイツとかカナダとか、アメリカ同盟国のなかにも批判していた国もあったのですけど、日本政府は憲法の制約があるなかで、何か戦争に協力できることがないか、それを探すのに必死でした。
イラク戦争を起こしたアメリカのブッシュ大統領のお父さんが、大統領だったときに起きた湾岸戦争、そのときに日本は1兆円を超える軍資金をクウェートに助成したのですけど、もとより金持ちの国であるクウェートにも、アメリカにも全く評価されなかったこともあって、焦りがあったのです。
アメリカには「旗をみせろ!」と批判されました。
それで小泉内閣は給油艦を派兵しました。日本共産党などの野党からはこれも参戦ではないのかとの批判が当然に起こりましたけど、国民世論の多くは小泉総理の決定に賛成しておりました。
日本人は、今、ウクライナで起こっていることでいうと、ロシア側についているようなものでした。
当時、イラク戦争と呼んではいませんでした。「イラクの自由作戦」だったのです。
今のロシアがやっているのは、日本では「ウクライナ侵攻」と呼んでいますが、同じ侵略戦争でも呼び方からこれほど違います。

プーチンが核兵器使用をちらつかせていることに対して、それを批判するどころか、核共有なる理論を持ち出して、日本の国是、非核三原則すら廃止しようとする有力政治家、伸長している有力野党がある状態です。
結局、このロシアがやったウクライナ侵攻を、平和を壊したことに対する怒りではなく、戦争に対する嫌悪でもなく、単なるロシア批判に挿げ替えているのです。
ウクライナ戦争に乗じて、反アメリカ側に立つ勢力を批判することをしているだけです。

私は、ロシアに、過去の日本、太平洋戦争に突入していった日本を見ています。
あの頃の日本は、ナチスドイツなどのわずかな国を除けば、世界を敵に回しました。今のロシアのようにです。
だからこそ、当時の日本を肯定する者たち、上記の核共有を持ち出す者たちと重なりますが、そういった者たちがロシアを批判するのは非常に奇妙です。
追い詰められて戦争を選択する指導者の心情を理解しているはずだからです。戦争を否定していないからです。

戦争を否定していない者がロシアを批判する。この喜劇みたいな展開。
アメリカに乗せられて、アメリカの操り人形、マリオネットになっていることに気づけるだけの者が、質問者さまのような方が、日本人には非常に少ないのは残念です。
    • good
    • 1

御指摘の通りなのですが、


国際社会には道理も善も義も
ありません。

勝った方、強い方が正しいのです。

そんなこと、日本はあの戦争で十二分に
知っているはずです。

イラク戦争は確かに非道い戦争で
ロシアのウクライナ侵略より悪どい
です。

しかし、日本の国益を考えたら
米国に着くのは当然でしょう。

だから、政府もマスコミも、そういう
方向で国民を誘導し、
アホな国民がそれに誘導された訳です。
    • good
    • 1

うーん、でもあの時のイラクって大量破壊兵器(化学兵器)使ってクルド人を虐殺してたし、国連決議で大量破壊兵器の廃棄を約束させられたのに査察妨害してたし。

要はある程度「こりゃロクな国(指導者)じゃないな」って国際的なコンセンサスは一定にあった。そりゃあ戦後に大量破壊兵器は見つからなかったけど、それは後知恵というものでは。
 対するウクライナは内戦で化学兵器使ったわけでもないし、国連から制裁受けてたわけでもない。要は今回ロシアがウクライナに攻め入る論理的な理由がないのよ。いくらアメリカが嫌いでも今回と一緒にするのはさすがに無理筋じゃないかな。
    • good
    • 2

BSプライムNWで、アメリカがイラクに侵攻した際に批判しましたか!その時も今回のように番組に大使を呼び議論しましたかと……駐日露大使が、それも一理あり。



安倍の桜を見る会は批判も、↓ コイツの花見にはダンマリ。中身が違うだろうって? 招待花見に変わりはないだろう!

アメリカは善、ロシアは悪。自民は悪、野党は善の図式といっしょ。 違う!、違う!、安倍は悪人だろって? 腐った鳩山よりはまだましでは……

露の行動を肯定するつもりは無い、世論はこうだと云っただけ!
「ウクライナ侵攻でロシア人叩いている奴らっ」の回答画像9
    • good
    • 0

アメリカは共産党国家ではないですからね。


いま起こっているのは、世界的な共産党/共産主義者に対する非難ですよ。世界的な風潮です。武漢肺炎の中国共産党、ウクライナ侵略のロシア連邦共産党と、結局のところ共産党/共産主義者が諸悪の根源だったところに、世界が気が付いて、もう我慢ができなくなったのです。世界的に赤狩りが始まったのです。国内でも、ロシア系の人たちに対する嫌がらせが発生していますが、在日ロシア大使館が煽っているので、もっとエスカレートすると思いますし、それにより日本の共産党/共産主義者に対する非難も発生してくると思います。
    • good
    • 0

軽薄なお調子者は、ろくに調べもしないで便乗して騒ぎたいものなのです。

実名顔出しの有名人でも、そういう人が多いです。なんだかねえ、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損といったノリとしか思えません。ご都合主義のアメリカに無批判に追随して日本の国益になるのかと常に考えています。結局は日本人は永遠のお花畑民族なのかなとも思ってます。自分の頭のレベルに合わせて複雑な現実を単純に理解したいのかとも考えます。そうでない情報発信も、もちろんありますけど。

【馬渕睦夫】2014年ウクライナ危機について元駐ウクライナ兼モルドバ大使が解説【切り抜き_ロシア_プーチン_ヤヌコヴィッチ_ヤツェニュク_ティモシェンコ_クリミア】 - YouTube
    • good
    • 0

確かに・・・。


戦争には必ず利権が絡みます。
かつて、日本は資源を求めてアジアをせめて、真珠湾を奇襲しました。
気に入らないという理由ではなく、「こちらの言うことを聞け」ということでしょうね。
アメリカは領土拡張と軍事力強化をセットで行い、世界ビジネスをともに拡張してきました。
世界の警察なんて言われるくらいまでになって・・。
数先発の核が抑止力提供と文言を変えているのも疑問ですね。
戦争って買ったものが歴史を作りますので・・。
    • good
    • 1

昔はテレビで扇動してたからね。



まぁ今回のも扇動もあるけど。

2003年ってまだ学生だっただからよくわかってなかったですね。

昔は今ほどネットも発達してないですし難しいんじゃないでしょうか。

だいぶ良い年の人じゃないとちゃんと比較出来ないね。20年くらい前だよ
    • good
    • 0

そうです



クリミア併合(2014年)の直後に安倍元総理は
プーチンを選挙区の山口県に招待(2016年)し
プーチンを「ウラジミール」と呼び
自分は「シンゾー」と呼ばせ
関係が良好なことをアピールしていた

北方領土の返還と当時のオバマ大統領に対する当て付けだと思うが
トランプが大統領が当選(2016年11月)すると
シッポを振ってトランプに駆け寄った

国の代表として節操がない
    • good
    • 1

>ウクライナ侵攻→ロシアがウクライナのゼレンスキー政権が「気に入らない」から侵攻した。


小さいがロシアにも大義がある
独立の時ウクライナはNATOに属さない 主権国家が約束を反故にしただけのこと。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング