新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

1. ひとは 神の似像(にすがた)である。という仮説から入ります。

▲ (創世記1:27) ~~~~~~~~~~~~~
神はご自分にかたどって人を創造された。

すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2. 神は――三位一体説によれば―― 父なる神と子なる神と聖霊なる神との みっつの位格(ペルソナ)が一体であると言われる。光のタトへでは それぞれ光源とその発耀とそれらの明るさや暖かさとだとされる。

3. ひとが神の似像だというとき 人間の自然本性(それは 身と心とである)のうちの心つまり精神が 神なる父・子・聖霊の順にそれぞれ準(なぞら)えられる記憶と知解と意志なるみっつの行為能力をそなえていることに やはり譬えられる。


4. 《わたし》がそなえる記憶と知解と意志とは それぞれ順に社会形態つまり国家において司法と立法と行政とに なお譬えられる。




5. 図式にすれば 次のようである。

〇 神
光のタトヘ・・・・・・光(光源・・・・・・発耀・・・・明るさ・暖かさ)
三位一体なる神・・・・神(父なる神・・・・子なる神・・聖霊なる神 )

〇 人
人なるわたし・・・・・精神(記憶・・・・・知解・・・・意志 )

〇 社会
わたしたちの世界・・・社会形態(社会組織・・経済活動・・政治 )
 〃 ・・・・・・・(国 家 :司法・・・・立法・・・・行政 )



6. つまり 神は愛なりと言われるとき 特に第三の聖霊なる神が愛のことだとつけ添えられるのは 人間の意志が 好悪や愛憎なる正負の愛をおさめる〔生命性としての〕愛のハタラキであることにかかわっており さらには 政治ないし共同自治が 理念としてながら 愛であると見られることにかかわっている。

6-1. つまり 政治は 愛である。明るさや暖かさが 基本である。

7. 三つの位格が一体であるというあり方が 個人や社会それぞれの単位体において 相似形を成しているものと思われる。言わばフラクタル構造である。





8. さらにくわしい図式を みちびきたいと思います。

○ (ひとと社会の成り立ちについての図式) ~~~~~~~~~~~~~~

光のタトヘ・・・・・・・光(光源・・・・・・発耀・ ・・・明るさ・暖かさ)
三位一体なる神・・・・・神(父なる神・・・・子なる神・・・聖霊なる神)
            ↓   ↓       ↓      ↓
____________________________________

[神とわれとのカカハリ] :自然本性  + α :: 非思考の庭(=信仰なる動態)
____________________________________
身体・存在・・・・・・・精神・・(記憶・・・・・知解・・・・・意志)
・・・・・・・・・・・・↓・・・(↓・・・・・・↓・・・・・・↓ )

[スサノヲ市民 / 市民社会]
個体・・・・・・・・・・家  族(秩序・・・・・労働・・・・・愛 )
社会主体・・・・・・・・自治態勢(自治組織・・〔生産〕・・・共同自治)
経済主体・・・・・・・・生産態勢(組織・・・・・生産・・・・・経営 )
政治主体・・・・・・・・・↓ ・・・↓・・・・・・↓・・・・・・↓ 

[アマテラス公民 / 公民圏] ・↓・・・ ↓・・・・・・↓・・・・・・↓
社会科学主体・・・・・・社会形態(社会組織・・・経済活動・・・政治 )
 〃 ・・・・・・・・・(国 家 :司法・・・・・立法・・・・・行政 )

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


9. すなわち 神の愛は 神とわれとのカカハリとしての信仰へと人をみちびき その《非思考の庭》のうちにそれぞれの個人と社会とをぜんぶおさめるようなかたちにおいて 神の愛に似た人間の愛の発揮されることに希望を見出させる。
図式ぜんぶを飲み込んだかたちになる。か?


10. ひとが 社会ないし世界のすべてをひとしく愛することは むつかしい。それゆえ 希望である。


11. 神の愛は 時間を超えているから 司法と立法と行政とは もし神のもとにあるとすれば 文字通り一瞬のうちに一体である。

12. あるいは 記憶と知解と意志とは 神のもとにあって《われに立ち還る》ときその一瞬において 一体である。われがわれと和解している。

13. ただしすぐさま 互いのあいだに時間差を起こす。思いと発言と行動とは 一体であるはずだが それらはハタラキにおいて分かれていて 時間のズレをともなった過程をたどり かろうじて辻褄を合わせ 答えを得るかたちに成っている。


14. 神の愛は 人間にその信仰において 人間の愛もそれに倣うことが出来るという希望を得させている。

15. フラクタル構造のすべてにおいて その心のあたたかさを発揮できる人は 愛が 広く大きい。

16. もしそのような愛の水嵩が増してくるならば われわれは 一人ひとりが 社会についての共同自治の主権者であり(=これは すでに成っている) さらには最高経営者である。一人ひとりが 首相である。――なる命題が みちびけるか?


17. なお神論は 基本としてアウグスティヌスに拠っていますが 勝手に捻じ曲げたり付け加えたりしています。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

9


神があると仮定し、神⊃完全情報なら、どんな図式も神に含まれるといえます。

16 抽選代議制とかよいと思います。
万人平等の最高権力を神授説で根拠づけるのはニッチですし
個人⊃全情報 をめざしたら際限ない監視社会になり危険です。
一般意思を根拠に基本的人権があり、うち平等権と参政権を組み合わせて政治平等権にすれば足りるかもです。
くじ引き民主主義は世論をたしかに反映できて妥当です。選挙制よりも。
高官のみ知りえた情報を万人が共有し、私的情報は共有せず、そうして寡頭と衆愚と監視を回避し
必要な愛(全体への配慮)はその活動過程で培われればいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 9
神があると仮定し、神⊃完全情報なら、どんな図式も神に含まれるといえます。
☆ 図式としてはですね。ですよね。幾何学の精神としてなら 苦労がないのですが 人間は 繊細の精神をも持ち合わせているので その数式ないし方程式どおりにことをはこぶにも 一人ひとりと話し合って――要するに民主制として――時間をかけなければならないとは思います。

あぁ つまり:
★ 完全情報
☆ という前提が 人間にも当てはまるならということですね。



★ 16  抽選代議制とかよいと思います。
☆ つまりその方式にもとづく当番制でもよいかと思います。裁判員制のごとく。


★ 万人平等の最高権力を神授説で根拠づけるのはニッチですし
個人⊃全情報 をめざしたら際限ない監視社会になり危険です。
☆ なるほど。つまり ムラヲサ(市町村長)やムラ議会議員は それはそれは みんなと時間をかけて話しあうことに汗をかかなければならないかも。



★ 一般意思を根拠に基本的人権があり、うち平等権と参政権を組み合わせて政治平等権にすれば足りるかもです。
☆ はい。


★ くじ引き民主主義は世論をたしかに反映できて妥当です。選挙制よりも。
☆ これも はいです。


★ 高官のみ知りえた情報を万人が共有し、私的情報は共有せず、そうして寡頭と衆愚と監視を回避し
必要な愛(全体への配慮)はその活動過程で培われればいいです。
☆ そうですね。どこまでも話し合い。ムラをかけめぐる。

あと アマテラス公民は アマテラス普遍語(科学語および人格語)を データの一部だけを上手に公開するようなかたちで操作したりします。そのような訛ったアマテラス語方言について みんなで考えあってことの実態をあきらかにするとよいかも。

お礼日時:2022/04/04 22:41

16 選挙と抽選の二院制という案があるようです。


山口晃人『ロトクラシー : 籤に基づく代表制民主主義の検討』https://researchmap.jp/Yamaguchi_Akito/published
抽選院にも議論する機能があればいいと思います。

ファシリテーターはいいですがムラオサは不要です。
長以外の権力が制限されて不平等です。
全体としても大きな制限・不平等になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

リンク先は ページが見つからないと出ますので 次を参照しました。

▲ 山口 晃人:ロトクラシーの内在的価値―対等者としての処遇の観点から ~~~
http://rci.nanzan-u.ac.jp/ISE/ja/publication/se3 …

6.結論
 
本稿では、選挙代表政とロトクラシーは、「対等者としての処遇」という内在的価値に関して同等であるとする、「代表制の内在的価値同等性テーゼ」の擁護を試みた。
~~~
☆ 要するに 人は 互いの存在の平等および能力の同等を前提として互いに共同自治に参加するということかと思います。

そうですね。そのとおりに思います。そして ムラ議会の選挙制については わたしは当番制を言っていますが そのときになってみんなで考えればよいとも思っています。


先走って言うなら インタナショナルなインタムライズムを推奨しますから たとえば現在 名古屋市は 南京やLAやメキシコシティやトリノなどと姉妹都市ですがそのように 外国のムラムラと連携して そのムラ議会議員を互選するくらいにまでなって欲しいと思います。そこまで交流がすすんでいるということです。



★ ファシリテーターはいいですがムラオサは不要です。
長以外の権力が制限されて不平等です。
☆ じゅうぶん考えられるおそれですね。

ただわたしの思うことは 理念型と現実のかたちとは分けて考えることも出来ると思います。

見通しの立つ将来としては いまの優秀な官僚たちが アマクダリしてムラムラの市民政府でチカラを発揮して欲しいということです。

たぶん 移行期にムラヲサは必要になるかと思います。

みんなが なくてよいという見解でまとまったのでしたら それに越したことはありません。

お礼日時:2022/04/08 18:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング