社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

大学4年生です。就活をしていたのですが数日前にとある公益社団法人から内々定を得る事が出来ました。今は法人から書類待ちです。やりたい仕事ができ、福利厚生が厚いのですぐにお礼メールを送りました。

しかしここで就活を辞めても大丈夫なのかと考えてしまいます。本来なら就活をすぐにやめるべきなのですが、「内々定取り消しのリスクも考え就活は続けた方がいい」という人がいました。

別に私は素行不良、犯罪、健康リスクといった問題は起こしてませんし、卒業研究を無事に完了できれば留年せずに卒業できます。Twitterやfacebookもやってません。内定をもらった法人も今後急に業績不振になるとも思えません。ただ内々定取り消しは内定と違って企業側のリスクが少ないらしく、ある日急に取り消しメールが一方的に送られる事があるらしいです。

また、別の企業との面談でその法人から内定が出ている事を言ってしまったため、その企業から法人に情報が流れてしまう事も不安です。「この学生あなたの内定持ってるって言ってましたけど本当ですか?」←みたいなやり取りがされている?(これは自業自得ですが)

すいません、話が逸れてしまいましたが、取り消しのリスクを考え就活は続けた方がいいのでしょうか?それとも今すぐ就活をやめても大丈夫なのでしょうか?似たような経験がある人がいたら教えてください。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

法的な話をすると、内定は雇用契約の延長線上のことなので、正式採用でないとはいえ、企業が勝手に取り消しはできません(学生側が辞退することは自由ですが)。


しかし「内々定」は内定ですらないので、取り消すことは違法ではありません。

とはいえ、一度内々定を出したのに理由もなく取り消すことは、社会的な規範からいえば大変恥ずかしいことだし、企業もそのことは理解しているから滅多なことでは取り消しなどしないのが普通です。

ただし入社までにあなたが刑事事件を起こしたり、企業の就業規則に大きく違反するようなことがあれば、内定が取り消しされることはあります。
    • good
    • 1

●【「内々定取り消しのリスクも考え就活は続けた方がいい」という人がいました。



⇒その方は、社会人の方ですか。
極めて妥当で、まっとうな考えだと思います。
すなわち、本件は【リスク管理の考え方とリスクへの対処の仕方】だと思われます。
こうした中、この「内々定」が絶対に取消しにはならないという自信と裏付けがあるのなら、就職活動は完全におしまいにして、もう何もすることはありません。

あなたの文章を読んでいて、「まだ若いなあ」と思ったのは、内々定の取り消しと言うのは、あなたの側の事情ではなく、企業側、採用する側の事情によるものが多いということなんですよ。
すなわち、具体的には企業側の業績悪化とか、採用予定計画者数の変更・削減等、その他なんらかの事情により「内々定の取り消し」は起こりうるということなのです。

したがって、わたくしならば、【リスクヘッジ】の意味からも、絶対に「第2」、「第3」の内定又は内々定を得るべく、いましばらくは就職活動を続けますね。
    • good
    • 4

あなたが社会に出て何をしたいのか、で決めるしかありません。



内々定であれば、あやふやなので、内定無きものとして、
或いは、そこが単なるすべり止めであれば、
就活は進めるべきです。

何をしたいのかと言う目標が無いと、
内定/内々定が重なった場合、今度は、どこが良いか、
で悩むことになってしまいます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング