【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

今年社会人になった(23歳女)です。

入社した会社の同期は女子2人で残り男子という男性多めの会社で同期の女の子と気が合う子だといいなぁと心配してました。

ですが多分今までの友達の中でも?最速で仲良くなり趣味もめっちゃ合うし休日も遊ぶほどとにかくものすごく気の合う同期でした。

女子が2人なので一緒にいる機会が多いのもありますが、たった2人採用されてもしかしたら全然タイプ違ったかもしれなかったのに、こんなにも気が合うなんてなんだかご縁を感じています。

友人恋人色んな出会いがあると思いますが皆さんの経験でご縁、繋がりを感じたエピソードなどあれば教えていただきたいです。

A 回答 (3件)

あるとき仕事探しに困り、ハロワに相談に行きました。



相談窓口の人が私と少し話しただけで急に「あなたにぴったりの職場がある!Aさんという雇用主なのだけど、今あなたと喋っていて、Aさんと気が合いそうだってピンときました。良ければ今からAさんと会ってみませんか?」と熱心に言いました。

私はちょっと急な展開に驚いたのですが承諾して、そのまますぐにA氏の会社に、とりあえず見学という名目で行きました。ちょうどAさんが時間を取れるというので暫く話したところ、ひょんなことからお互い共通の知り合いがいることが判明して、驚きました。他の条件も私に良さげだったので、正式に雇用の希望をしたいとその場で言いましたらAさんも、雇うと約束しましょう、と快諾してくださり、トントン拍子に話が進みました。

然し残念ながら、私の持病がその後悪化して、一旦その話は取り消しになりました。病状が回復する頃には、私の方で、いったん働くと約束したのにドタキャンしてしまった申し訳なさが先立ってしまい、もう一度改めて面接を、とはさすがに言い出せないし…と諦めて、別の職場に行きました。

それが不思議なことに、新しい職場で事務員として勤めているとそこにAさんが利用者として現れ、そこも辞めてまた別の職場で配達の仕事をしていると、その通り道でAさんにばったり会い、またそこも辞めて別の職場で店員の仕事していると、Aさんが実は常連客、という風に、必ずAさんに一瞬出会ってしまうのです。

そのたびに私達は驚いて、まあ、また奇遇にもお会いしましたね、その後お元気ですか?という程度の挨拶を交わしたのですが、出会ったときはいつでも私は別の職場の雇われの身になっていたので、それ以上の会話もなく、すれ違いが数年続きました。

今年になり、私はまた病状が悪くなり、今の仕事場は辞めるしかない、今日の仕事終わりに、社長にその話をしなくてはいけない。というタイミングになり、憂鬱な気持ちで店番をしていましたら、Aさんがまたひょっこり現れて、やあ、最近はどう?もうだいぶ元気ですか?というので、苦笑して、実はまた病状が少し悪くて、ここも辞めなければいけないんです…と言いましたら、Aさんは、よければうちに来ませんか?あの後うちも空きがなかったのだけど、今ちょうど、また求人を出そうと思っていたのですよ、ある意味ナイスタイミングです。と笑って誘ってくださいました。

今はAさんの会社で、ゆるゆるペースで働いています。最初にハロワの人がAさんとの面会を促したときから、4年越しぐらいで雇われたわけですが、その4年の間に転々とした職業で得られたスキルはAさんの会社に持ち越して活用するための「予習」だったみたいな、不思議な感じもあります。

一緒に仕事するスタッフの方からも「何かあなたは、もうずっと前からここにいた人みたいな、不思議な感じがあるのよね」と言われたりしています。

最初のハロワの人の提案もかなり唐突でしたし、その後お互い意図して相手に再会しようとしていたわけでは全然ないけど、なぜか転職する先々でAさんと出会ってしまう、そして結局Aさんところに雇われてしまう、というのが可笑しくて、「ご縁」って本当にあるのかもな、と思ったりしています。
    • good
    • 20

縁と言うのは本当に不思議なものですからね。



全く意識もしてなくて、存在はわかってる程度でも、ある日に・・・・・なんて。

自分の経験ですが、現役で働きその人の顔は知ってる程度で。

一度、見合いの話があったのですが、自分はまだ交際中の彼女が居て若干二十歳。そのまま話は流れ五年経過して偶然に仕事で再会。でもなんの意識もなくて。それが1ヶ月後に婚約してしまい、もう30年以上経過してますよ。(笑) まさかあの女性が運命の人だったとは?(笑)

交際期間なんて2ヶ月あったかなあ??たまたま2人で暇だからと遊びに行き帰りに付き合う?結婚?プロポーズ?みたいなあやふやな感じで。(笑)

今は孫が居て爺ちゃん婆ちゃんに。(笑) 不思議ですね。(笑)
    • good
    • 6
この回答へのお礼

なるほど、本当に不思議なものですよね、、、。
貴重なエピソードありがとうございます!

お礼日時:2022/06/25 23:45

主人は占いで10月に現れると言われていた人で本当に10月会社の増築の監督として現れました。

あったと同時にこの人だと思ったそうです。
何度か会社の仲間と遊んだ後私の車で家まで送っていったら同じ町内の端にできた会社の寮長でした。近いから食事に誘ったら祖母の若い時教鞭をとっていた高校の出身でした。結婚式に社長を招待したら社長同士が友達で旦那の社長は社宅として家を一軒くれました。父親と社長が知り合いだったので旦那は異例の昇給もしました。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!