プレートテクトニクスの証拠となる事実が何なのかおしえてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんばんは。



 プレートテクトニクスは、現在の地球表面で起きる様々な地学現象を合理的に説明しようとする、いわば一つの仮説で、大学の研究者の中にも、少数ですが、疑問視する人もいるようです。
 わたしは、プレートテクトニクスは基本的に正しいと思っているのですが、何せ何億年もの長い時間の運動の話なので、当然誰も見た者はいないわけで、プレートテクトニクスの証拠とされることも、極論を言えばですが、状況証拠みたいなものとも言えます。

 ウェーゲナーが1912年に大陸移動説を発表したときに、証拠としてあげたものは、taka113さんの回答No.1の最初の2点などでした。が、大陸を移動させる原動力がうまく説明できず、当時の学会の支持は得られなかったのです。

 その後、古地磁気学の発展により、海洋底の地磁気の縞模様が海嶺を軸にほぼ対称的に分布することや、離れた大陸の岩石が示す昔の磁極の位置が一致していないこと、そしてそれが古くなればなるほど差が大きくなることなど、が発見され、海洋底拡大説が提唱されました。

 これがさらにプレートテクトニクスに発展していく過程で、実際に海洋底の岩石の年代が海嶺から離れるほど古くなっていることが発見されたり、最近では遠い星からの電磁波を用いて、実際に日本とハワイとが年に10cmくらいの速さで接近していることなどが観測されたりしています。

 今まであげたさまざまなことがらが、プレートテクトニクスの証拠として挙げられると思います。他にも細かいことがらは多くあると思います。
 ただ、冒頭にも書きましたが、それらの観測事実はプレートテクトニクスが事実とすれば説明しやすい、と言った種類のもので、中には違う解釈をしている人もいるようです。
 また、プレートテクトニクスを基本的には支持している人も、この理論の不備な点をもとにして、より確からしい説(たとえばプリュームテクトニクスなど)を考えているようです。

 それでは。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても詳しくておどろきました。かなり参考になりました!

お礼日時:2001/09/05 22:34

・元々つながっていたと思われ、現在は遠く離れてしまった大陸の向かい合う沿岸部付近に、その2つの大陸以外では発見されていない生物の化石が、同年代の地層から発掘されたこと。



・向かい合う2つの大陸の沿岸部の地層、地形が似ていること。

・火山活動や地殻変動などにより、プレートの移動が実際に起こっているということ。

・現在でも大陸の分化が起こっており、過去にも同じようなことが起こっていたと推定できること。


などなど・・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレートテクトニクスによる火山の分類について

プレートテクトニクスの考えからみると、
火山の種類は三種類に分かれるらしいのですが、その三種類とは、
いったいどういうものなんでしょうか?
ご存じの方、よろしければ解答お願いします。

Aベストアンサー

innraiさん,こんにちは。

さて,プレートテクトニクスでは,プレートどうしが接している境界を,その接し方によって3通りに分けていることはご存じでしょうか。
平たく言えば「(プレート同士が)広がる境界」「近づく境界」「ずれる境界」です。
それぞれ,地形としては主に「海嶺(海底山脈…一部は海面上)」「海溝」「トランスフォーム断層」となっています。

そこでご質問に対する答えですが,第1のグループは海嶺に伴うもの。大西洋のまん中のアイスランド島がその典型です。
第2のグループは,海溝からもぐりこんでいった海洋プレートが,一定の深さ(100km程度)に達すると部分的に融解し始め,上昇してマグマ溜まりを作るパターン。
太平洋をぐるりと取り囲んでいる環太平洋火山帯がこれの代表例です。火山がたくさん弓なりに並ぶので,弧状列島ともいいます。千島列島,日本列島,南西諸島,フィリピン諸島などの弧状列島がさらにつらなって,環太平洋火山帯を作っています。
第3のグループは,トランスフォーム断層に伴う火山……ではありません。
プレートよりもさらに深いところから,高温の物質(要するにマグマですね)がわき出している場所があって,これをホットスポットといいます。
ホットスポットの上を海洋プレートが少しずつ移動していくと,プレート上に次々と火山が作られていきます。
ハワイ諸島がこの典型例です。

…ということでいいのかな。もし質問の意味を取りちがえていたらごめんなさい。

innraiさん,こんにちは。

さて,プレートテクトニクスでは,プレートどうしが接している境界を,その接し方によって3通りに分けていることはご存じでしょうか。
平たく言えば「(プレート同士が)広がる境界」「近づく境界」「ずれる境界」です。
それぞれ,地形としては主に「海嶺(海底山脈…一部は海面上)」「海溝」「トランスフォーム断層」となっています。

そこでご質問に対する答えですが,第1のグループは海嶺に伴うもの。大西洋のまん中のアイスランド島がその典型です。
第2のグループは,海...続きを読む

Q日本のプレートについて簡単?な質問です。

学校でこんな問題が出ました。わかんないんでお願いします。
この中で、西日本に関係のあるプレートと
東日本に関係のあるプレートを2つ選びなさい。
◎←の中から2つ

プレートテクトニクス
海洋プレート
◎フィリピン海プレート
◎太平洋プレート
大陸プレート
◎ユーラシアプレート
◎北アメリカプレート

Aベストアンサー

これでわかるかな?

http://www5d.biglobe.ne.jp/~miraikai/nihonnopureito.htm

Q静岡ー糸魚川構造線はプレートの境界なんですか

最近の日本付近のプレートの図を見ると、東日本は北米プレート、西日本はユーラシアプレートに載っているようになっています。
確か15年ほど前までは日本列島は全部ユーラシアプレートに載っているとされていたように思うのですが(ここで勘違いしてますか?)、いつから静岡ー糸魚川構造線がプレート境界とされるようになったのでしょうか。またなんらかの観測結果があってそうなったのでしょうが、それは何なのでしょうか。
日本海中部地震の後からのような気がするのですが・・・
以前から気になっていて図書館で調べてみたのですが、よくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地元に住んでいる人間なのでちょっと気になり調べて見ました。

1996年に北海道大と富山大の調査でユーラシアプレートと北米プレートの
境界が糸魚川-静岡構造線につながっていると発表されたようです。
※調査の内容については、素人なものでよく分かりませんが

しかし、今年2月に国土地理院がGPSを使用し収集したデータを集計した結果
境界は新潟と神戸を結ぶ幅数十~200kmの帯にあるとする研究成果を地震予知
連絡会に報告したとあり、現在のところ、こちらの説が有力なようです。

Q(2)ばんで最後の波線ひいてるところがなんでそうなるのかがわかりません! だれかおしえてください(

(2)ばんで最後の波線ひいてるところがなんでそうなるのかがわかりません!
だれかおしえてください( ゚д゚)

Aベストアンサー

2^(1/3)=Aとすると
 2^(1/3)-3・2^(1/3)=A-3A=-2A

よって
 2^(1/3)-3・2^(1/3)=-2^(1/3)

1/3乗がついていると式がごちゃごちゃしてわかりにくいですが、がんばってー!

Q三重県の他に何地区かよくわらかない県はありますか?

三重県は近畿地方か中部地方か?という論争は見かけることはあります。
自分では三重県は中部地方だと思っていたのですが、兵庫県に行ったら天気予報に三重県も含まれていることを知りました。
三重県では兵庫県や香川県の天気なんてうつしません。

そんなこうもりみたいな県は三重県だけだと思ってたのですが、何かで他にもそんな論争がおこる県があることを見ました。
ですがすぐ忘れてしまいました。

三重県の他に何地区かよくわらかない県はありますか?
もし知っている人がいたならば教えてください。

Aベストアンサー

ものによって「甲信越」があったりなかったりするとか, 「北陸」があったりなかったりするということはあるので, ここに含まれるものをリストアップすると山梨・長野・新潟・富山・石川・福井.
その他, 関東と東海の中間の静岡, 東海と関西の中間の三重・滋賀.
おまけとしては関西だけど畿内じゃない和歌山.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報