「教えて!ピックアップ」リリース!

そんなことが、可能な銃弾が、で出来るのでしょうか。
最近の。狙撃銃、昔の日本軍で、言えば機関砲の口径で人に当たれば肉片になるの恐ろしさです。
人間の眼二は、限界が。有りますが。
レーザー照準器や、赤外線暗視装置を
付ければ命中させれる事が、出来ると思います。。

A 回答 (4件)

そんな銃弾は以前からあります。



1.エクスプローダー : 最も危険な弾丸の一つで、致命的な結果をもたらす。人道上の観点からハーグ陸戦条約により戦闘に使用することが禁止されている。メカニズムは単純で、障害物に衝突すると弾丸内に埋め込まれた爆薬が砲弾と似た仕組みで炸裂する。 爆発の威力は小さいが、弾丸の巨大な運動エネルギーと組み合わせることで骨や軟組織、内臓に深刻な損傷を与える。

2.拡張弾頭 : エクスプローダーに次ぐ2番目に強い殺傷力を持つ。先端部分にあるくぼみ、または十字型の切り込みによって、衝突した際に「小さなバラの花のように」広がって恐ろしいけがを負わせる。 ハーグ陸戦条約により、戦闘行動遂行時の拡張弾頭の使用は禁止されているが、世界中の狩猟や警察で広く使われている。その理由としては、大型獣を一発で仕留められることと、対象物内部で弾薬が止まる可能性が高いことが挙げられる。また、傷が貫通銃創となる可能性が低く、このことは目標を貫いた流れ弾が、偶然通行人に命中する可能性がある市街地での発砲の際に、非常に重要な特徴である。

3.破片侵襲弾「R.I.P.」 : 英語の「Rest In Peace(安らかに眠れ)」にちなむ通称で呼ばれるこの弾丸は拡張弾頭の一変種。拡張弾頭と同じように先端部分に切り込みがあるが、そのメカニズムは根本的に異なる。身体に命中すると、単に「小さなバラの花のように」広がるのではなく、いくつかの鋭い破片に分解するのだ。この破片は身体に侵入し、複雑な傷を同時に複数形成する。 現在、この過激な拡張弾頭は米「G2 Research」社によって製造されている。民間市場で自由に販売され、恒常的に需要がある。
    • good
    • 1

>最近ロシアでは、



昔からですけどね。FMJでも弾芯を一部中空にしたり、比重が違えば、人体に着弾して偏心移動し、明後日の方向から弾が出ます。西側のSS109も同じ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難う御座います。

お礼日時:2022/07/20 18:30

ずっと昔に開発されたダムダム弾というのがある。


残虐なので禁止されてるんだけどね。
    • good
    • 2

昔から、ホローポイントというものはあります。


ホローポイントの先にプラスチックをつけた弾(バリスティックチップのようなもの)でも開発したんですかね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難う御座います。

お礼日時:2022/07/19 17:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング