「構造改革なくして経済成長なし」っていいますが、どうしてそうなのか分りません。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はじめまして。


バブルが崩壊してからの90年代、日本の景気は当時から比べてずいぶん落ち込みました。当然当時の政府も景気をよくしようと頑張ってきました。一般的に景気をよくしようと思えば公共投資を増やしたり、公定歩合を引き下げたりすれば、民間需要が出てきて、経済は活性化するはずなのです。
ところが、ご存知のように90年代日本は「失われた10年」と呼ばれるように、何をやってもうまくいくことはありませんでした。短期的に見れば景気が上昇することはあっても、しばらくするとまた景気は冷え込んでしまうのです。
そこで、政府は考えました。『景気がうまく上昇していかないのは、どうも日本の経済のルール自体が間違っているからではないのだろうか?』と。
そうして、『構造改革』という言葉が登場してきました。「構造改革なくして経済成長なし」と言ったのは、何も現在の小泉首相が最初の人ではありません。(もっともここまではっきり言い切ったのは、初めてかもしれませんが。)
具体的にいえば、高度成長期やバブル期を支えてきた『護送船団方式』や『年功序列・終身雇用』といった、日本固有のやり方はもう時代に合わなくなってきているのではないのか?という疑問を政府が持ち出したのです。
構造改革の目玉と言われている、特殊法人や郵政三事業は高度成長期などはそれなりの役目を果たしてきたと言えるのでしょうが、今となってはそれほど重要だとは思えません。それよりも同じ税金を使うのならば今の経済に重要なところにお金をたくさん使えるようにルールを作り変えよう。というのが構造改革という言葉の意味です。
ただし、問題なのは『構造改革なくして経済成長なし』というのは、長期的に見ればそうかもしれませんが、短期的に見た場合一度ルールを作り変えるのですから、経済は混乱します。陳腐な例になってしまいますが、サッカーで「明日から手を使ってボールを扱ってもかまわない」というルールが出来たら、チームの戦術は大幅に変わらざるをえないでしょう。また過去に例がないことをやるので、混乱が生じたとき国民がそれについていけるのか僕も不安です。
それらを考えれば、これからもだましだましやっていくのがいいのかもしれませんが、もうそうやっていくのも限界にきていることもまた事実です。何事もそうなのですが、『何かを壊すことよりも、何かを継続していくことのほうがはるかに難しいのです。』そういう意味でこれからの小泉内閣を見守ってみてはどうでしょうか。
長くなって申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。「構造改革」という言葉、小泉首相が最初の人ではないのですか!!!!ほ~・・・(すごい!)雑学です!
とても参考になりました。

お礼日時:2001/09/10 14:27

 経済構造そのものを変えようというのが構造改革です。

例えば,国は不況になると公共工事をすることで景気回復を図ろうとしてきましたが,これは一部のゼネコンやその周りの企業の景気がよくなるだけで,あまり意味のあることではありません。景気対策といいつつ,公金を一部の企業に流してきた,こういう体質が,国の借金を増やし,つぶれているはずのゼネコンや銀行を延命治療してきたわけです。結果,国も企業も共倒れになる寸前になっています。こうした状態を一掃するのが構造改革です。

 まず,銀行が抱える不良債権は大問題で,国が借金(国債発行)しても銀行が買い取ってくれないし,公定歩合が下がっても銀行はお金を貸すどころか,ますますお金を貸さなくなる。こうして,国も国民も首が回らない。その根本的原因は銀行がやばいからです。そこでいち早く銀行の不良債権を処理して銀行を健全化しないことには,国も国民もお金が借りられないということです。お金が借りられないということは,つまりお金が回らないということでもあります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ・・(・~・)ありがとうございました!

お礼日時:2001/09/10 14:02

私もわかりません、と言うか単純な言葉だけで理解したくありません。


「構造改革」いかにも正論です。社会や経済を一つの機械に例えれば、運転方法や入力パーワーをアップさせても、これ以上の能力を発揮出来なくなれば機械の構造を改革(改良)しなければいけない事は誰でも解ります、しかしどうすれば改良できるか?です。
解ればしていた・・・それくらい打つ手が無くなったとも言えるわけで・・・どう改革するかが問題なわけです。

でも賢い企業はこれを機に、リストラ(人事面では45~60才代の労働力を若年代との入れ替え、アウトソーシングによる安い労働力導入。業としては不採算部門の切り捨て。スリム化<将来の安全性に不安有り>。等)により利益も上がりそれらのグループは経済成長を映し出すでしょう。
公団や規制といったものも、(本来保護や補助といった目的が有ったが)弊害が多くなりすぎた現在は、自由競争となることで元気な企業も出て来て経済発展するでしょう。
リストラされた人たちも本来の勤勉さ(働き蜂・蟻と言われた時代も有った)を取り戻し経済発展に貢献するでしょう。

それにしても○○首相の「構造改革なくして経済成長なし」って都合の良い言葉ですね。
忘れるにはそんなに古くない昔、「経済大国(成長)に成ったけれども・・・日本は??」と言われた事も有りましたが・・・。
まったくお答えになってなくて申し訳ございません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます!私は未熟者ではありますが同感です!

お礼日時:2001/09/10 14:12

やっぱりですね。

郵政三事業・・・郵政はもともと独立した採算を持ってるんですよ。税金の投入どころか国債の穴埋めや政府開発援助に利益(いわゆる国民の貯金や株の含み益)が使われているのですよ。(みなさん、あまりご存じないですけど・・・私も正確には最近知りました)
これを民営化したらどうなるか?民営化すれば、確かにいい点もあるのですが、悪い点は議題にもならないし、ニュースでも取り上げないんですよ。民営化は民間参入が目標です。ここはきっちり考えてほしいですね。
(ちなみに私は郵政職員ではありません)

まあ、とにかくですけど構造改革とは、財政の見直しですよね。現在ある国債の発行数を減らすのが目標らしいですけど・・・
国の借金は毎日数百万単位(いや数千万かも)で利子が付いています。
このまま、借金(国債)を増やせば日本の評価は下がり、経済的にも政治的にも苦しくなるんですよ。当然ですが、返済が苦しくなりますからね。
例えば、これまでは、公共事業をすることで日本を立て直そうとしてきました。でも、この公共事業のせいでたった数年間で2倍以上の国債(国の借金)が増えてしまったのです。
これ以上増えれば、世界からの信用も失墜しかねませんし、そうなると政治だけでなく経済、社会全体にも大打撃を与えます。
それを防ぐために、というかこれでも債権の返済計画ではないので先延ばしにすぎないのですが、まずは政治や日本の公共事業そのもののあり方を見直そうというのが、そもそもなんですよ。

まずは政府のいらない部分を切り捨てて利益のない部分を処分する。そして、政府をスリムにしてから何とかしようというものですが・・・まあ、したから経済が良くなるとは限りませんけどね。ハイリスクでハイリターンは約束はされていないが、望みがこのまま待つよりはあるってところでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます!何だか考えがすぅ~っと通ってきた(まとまってきた)感じがします!

お礼日時:2001/09/10 14:38

 こんにちは。



 「現在の不況は、一過性のものでなく、社会全体の構造的なものである。
従って、構造改革をせずに、公共投資などを行っても、
根本的な解決にはならない。」

という事だと私は思っているのですが。

もっと詳しい方、フォローをお願いします。
    • good
    • 0

 身近な例で考えてみれば、例えば自分の会社が以前は売り上げも順調に伸びていたが、ここ最近は横這いからマイナスになり赤字状態になってしまった場合、会社として赤字から脱却する方策を考えます。



 会社経営の見直しとして、生産ラインの見直し、経費節減、リストラなどに取り組み、従来までの会社の「構造改革」をすることによって、「会社(経済)成長」を目指すわけです。

 国という単位で考えたときにも、同様な「構造改革」により「経済成長」を目指すことになる・・・・という考え方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

国でいうと不良債権を解決することなどっていうことですよね?きっと・・・ありがとうございました!!考え方がわかりました!

お礼日時:2001/09/06 12:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数楽と数学会の読みは何ですか?

数楽と数学会の読みは何ですか?

最近、よく「数楽」という言葉を見かけますが、この言葉の読みは何でしょうか?。

普通に読めば「すうらく」だと思いますが、数楽舎という塾は、「すうらくしゃ」ではなく、「すうがくしゃ」と読むそうです。
どちらかが造語ですか?

また、数学会の読みは、「すうがっかい」ですか、「すうがくかい」ですか?

Aベストアンサー

私も、「すうがく」、「すうがっかい」でよいと思うが。

数楽というのは、数学者や数学愛好家が「数学とは楽しいものだ」ということを強調するために、わざと漢字を変えて使っているものである。
だから、数学と同じく、「すうがく」と読んで問題ない。

>どちらかが造語ですか?
「数楽」は造語、「数学会」は「数学」と「会」の合成語だろう。

余談だが、「楽」と言う字は、
・「楽園」「行楽」など、「たのしい」「のびのびする」という意味では「ラク」
・「音楽」「楽器」など、「うたう」「音をかなでる」という意味では「ガク」
と読むのが原則である。
「数楽」の場合は、上記のような理由で敢えて例外的に「ガク」と呼ぶのである。

Q小泉さんの構造改革

あのぉ・・・ものすごくオバカな質問かも知れないのですが・・・

今、小泉さんの人気が落ちてきていて、色んな評論家(?)のような人達も口にしている「口ばかりで構造改革を本当に実現できるの?」という問題がありますよね?

でも小泉さんは実現したくて頑張っているのに、それを妨害する対抗勢力と言われている人達がいるんですよね?だったら、構造改革を実現できない場合、責められるべき対象は小泉さんではなく、対抗勢力の人達ではないんでしょうか?ダンナにも聞いてみたのですが「対抗勢力の人達も上手いコトやってるんだよ」と結局納得できない話しかしてくれません(できません??)。対抗勢力と呼ばれるような人達がいなかったら、小泉さんも余計な問題を抱えずに、どんどん構造改革に向けて進めるんじゃないでしょうか?どうして対抗勢力と呼ばれる人達が、何の糾弾も受けずに小泉さんの邪魔が出来るんですか?私自身としては、総理として選ばれた人物(方針)を周りで支えて政策を実現するべきものだと思っていたのですが。。。そうやって邪魔をする人達の存在が必要だから糾弾もされない、という事なんでしょうか・・・?やっぱり良く分かりません。

どなたか分かりやすくお話して頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

※ちなみに小泉さんを支持してるとか、そういうワケではないです(笑)

あのぉ・・・ものすごくオバカな質問かも知れないのですが・・・

今、小泉さんの人気が落ちてきていて、色んな評論家(?)のような人達も口にしている「口ばかりで構造改革を本当に実現できるの?」という問題がありますよね?

でも小泉さんは実現したくて頑張っているのに、それを妨害する対抗勢力と言われている人達がいるんですよね?だったら、構造改革を実現できない場合、責められるべき対象は小泉さんではなく、対抗勢力の人達ではないんでしょうか?ダンナにも聞いてみたのですが「対抗勢力の人達...続きを読む

Aベストアンサー

再度の登場です。

ちょっと難しいことを言ってしまいます。
この国は民主主義であるということが重要なんです。
すなわち、なにかしらの主義主張を唱える自由と権利があります。
特定の宗教団体が支持母体だから政治に参加してはダメというのは
民主主義を否定することになってしまうことになります。

「政教分離の原則が間違っている」というスローガンで立候補しようが
問題はありません。極端な話し公明党が政権を取って憲法を改正し
日本人は日蓮宗以外認めないと決定してもいいんです。
なぜなら、そういうことが可能な時点で公明党の支持者が日本人の過半数以上を
占めているわけですからね。これが民主主義です。
実際にアメリカでは中国人が多く住んでいる地区を地盤にしている政治家は
「日本企業は昔、戦争に加担したから中国人に補償させるべきだ」と
訴えて当選している人もいます。

ということで政治家が特定の団体を代表し、その団体に有利になるように
活動することはむしろ当たり前のことです。民主党の管さんだって元々は
特定の団体の代表です。土建屋さんだって国民、サラリーマンだって国民です。
族議員というのはそういう特定の団体に少しでも有利になるように頑張っている
政治家です。しかし、民主主義ですから自分だけ訴えていても主張は反映されません。
となるとなるべく同じような主張を唱えている政治家と協力する必要があります。
これが政党であって派閥であって抵抗勢力になるわけです。

問題はそこに利権が絡んでくるからダメなんです。私は院生です。
今や大卒では専門職にはなかなかなれません。しかも、理系では修士卒なんぞ
肩書きにもなりません。となると学部で4年、大学院修士で2年、さらに
博士で3年間大学に通う必要があります。理系の国立大であれば学費は
学部で80万、院で50万で卒業までに600万です。私大に至っては
学部で120万、院で100万で卒業までに1000万もかかります。
これに生活費を月10万と考えると合計で2000万ですよ。

で、頼りは奨学金になるのですが日本育英会は民営化の方針です。
しかも国立大学も独立行政法人化で学費免除などの審査が私大並みになりそうです。
しかしながら育英会を完全に国営にしようが独立法人化を反対しようが
それが利権や票にはつながりません。なのでこの手の改革に反対する族議員は
いないんですよ。

もしも、私が「教育の拡大こそ国家の根幹だ」と唱えて国会議員になり
育英会民営化反対活動をしたら私は「抵抗勢力」となってしまいます。
抵抗勢力は官僚を助けているわけではありません。中には官僚が排除しようとしてるものを
政治力で変更させていたりしてます。pochitamaさんの生活がそれによって潤おうならば
pochitamaさんはその政治家を官僚にものがいえる議員と思うでしょ。

抵抗勢力といっても全てが悪ではありません。中にはもっともな意見もあります。
何せ、政治家ですから理論武装が完璧。それを糾弾すると小泉さんもイメージがもっと
悪くなります。今の田中さんを見れば分りますよね。本来なら小泉さんは
田中さんのそれまでの成果を(ほんとに田中さんは具体的な改革はしてません)
糾弾できるんですが、それをしてしまうとイメージが悪くなるので、
いくら田中さんに非難されようが黙っているしかないんですね。
ただし、抵抗勢力は田中さんほど人気がありませんから、ほどほどに反対して、
自分の政治活動をアピールしたら、しぶしぶ了承というパターンになってますよね。

再度の登場です。

ちょっと難しいことを言ってしまいます。
この国は民主主義であるということが重要なんです。
すなわち、なにかしらの主義主張を唱える自由と権利があります。
特定の宗教団体が支持母体だから政治に参加してはダメというのは
民主主義を否定することになってしまうことになります。

「政教分離の原則が間違っている」というスローガンで立候補しようが
問題はありません。極端な話し公明党が政権を取って憲法を改正し
日本人は日蓮宗以外認めないと決定してもいいんです。
なぜな...続きを読む

Q読みは何でしょう

読みは何でしょう

Aベストアンサー

「網目」です。

写真から箱書きのように見えますが
網目模様の焼き物か塗り物でも入っているのでしょうか?

Q構造改革特区(新潟県3町村)のメリット

先日新聞で、構造改革特区の例として、新潟県の3町村が挙げられている記事を読みました。
それによると、「企業の農業経営が事実上できなかった」とありました。そこで質問ですが、
Q1:事実上できなかったのはなぜでしょう?
Q2:特別区になるとできるようになるのはなぜでしょう?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A1 通常、農業経営を行うために農地を買ったり、借りたりすることができる法人は、農業者を主な構成メンバーとし、主な事業が農業であるなどの一定の要件を満たす法人(農業生産法人)に限られています。ですから、今まででも要件を満たせば可能であったが、要件を満たしている企業体が少なかったので、事実上できなかったなのです。

A2 構造改革特区になると、必要な規制の緩和・撤廃を特例として認められるので、上の要件に関わりなく、株式会社、NPOなど様々な形態の法人が、地方公共団体又は農地保有合理化法人から農地を借りて農業経営を行うことができるようになりました。

Q本を読み事で何が得られますか?

本を読み事で何が得られますか?

Aベストアンサー

楽しい時間。展開を想像すること。新たな知識、作者の思想。

Q外郭団体改革について(どのように改革を進めるべきなのか?)

 最近、自治体の外郭団体(土地開発公社・住宅供給公社・道路公社、財団・社団、第三セクターと呼ばれる株式会社、社会福祉法人等)の改革がおこなわれているそうです。ですが、どうも改革の方向性が見えてきません。ですので、以下の観点のどれでもいいですので、教えていただければ幸いです。

・外郭団体改革の事例・現状・改革の方向性は?(自治体に限らず、省庁の外郭団体改革、海外の外郭団体改革についてでも結構です。)

・個々の外郭団体組織の改革に対する取り組みは?

・なぜ外郭団体改革が要請されているのか?そもそも外郭団体改革は必要なのか?

・どのように外郭団体改革を進めるべきなのか?
(廃止、民間委託への転換、「天下り」の禁止、経営評価の確立など)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特殊法人や外郭団体は減らす方向ではありますが、遅々として進まないと言う感じです。

外郭団体が、自分の組織を改革するというケースは聞いたことがありません。その能力すらないでしょう。

外郭団体は必要ありません。公務員に税金を流し込むことと、議会に隠れて金をつかうためだけに存在しています。

公務員の天下りは、恩給のマイナーチェンジとも言えます。そもそも公務員は、国民から生涯楽に食べさせて貰うべき階層という認識を持っているのでしょう。
そこを変えない限り、外郭団体を全て潰しても、他の手法で税金を懐に入れます。
一部の省庁では、法律で特定の機器や装置の設置を義務づけ、そのメーカーに天下るという手法をどんどん拡充しています。国土交通省や消防庁。
こうしたことも、あわせて明らかにしないと、問題の本質が見えてきません。

社会主義(公務員制度)を維持するには、大量の奴隷が必要なのです。
日本は奴隷を食い尽くしたので、若い人たちに借金を負わせる形で新たな奴隷を消費しているのが現状です。

Q「故れ」の読み方と意味は何ですか

「故れ」の読み方と意味は何ですか。

本居宣長の「古事記伝」に出てきます。
一応、自分の解釈は
読み方は「これ」
意味は「これによって」
と思うのですが、国語学的な根拠がないので、
自信がありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば古事記傳七之卷神代五之卷の二段目「須佐之男命御啼伊佐知の段」の冒頭を見てください。「故各隨依賜之命所知看之中」に、「カレ オノモオノモ ヨサシタマヘル  ミコトノ マニマニ シロシメス ナカニ」と訓みが添えられています。

「かれ」は、「か・あれ」の縮まったもので、「か」は「あれ」「あそこ」と物を指し示す語、「あれ」は物が明瞭に見える意の「ある」の「已然形」で、「あるので」「あるのだが」というような意味。併せて、「そのようなことであるから」といったような意味に使われます。

「自分の解釈」と仰るのはとても良いことですね。国語学的な根拠など参考程度にすればよいでしょう。それこそ宣長の言う「おほらか」ということでしょう。

Q公務員制度の改革ってどうなんですか?

公務員の身分保障の見直し,人材の流動化,手当の削減,採用枠縮小など

昨今のニュースなど情勢を伺っていると公務員がより苦しい立場に追い立てられている印象を受けます。


とくに近年,行政赤字から,公務員の給料をカットしろという世論の声がどんどん大きくなってます

しかし,一般的な企業の常識からすれば,社員の給料カットなんぞ,クビの次に企業がやってはならない“最後の手段”のはずです。


そもそも公開されている給料水準を見る限り,さほど公務員の給料が高いとは思えないのですけど‥‥


また,能力に応じた昇給制度なんとか言ってますけど,

公務員がまっとうする仕事は本来住民サービスという,企業が自由競争ではやっていけない分野,資本主義が成り立たない領域であり,そもそもこういった考え方を導入すること自体矛盾しているのではないかとおもわれるのですが。


制度改革といえば聞こえはいいのですが,俯瞰してみれば有権者受けの良い,議員さんの一番手っ取り早い票集めの手段なのではないかと疑ってしまいます。


このようなやり方をしていては,優秀な人材が行政からいなくなって,将来的にさらに悪い方向へ向かわないか心配です。


みなさんはどう考えていますでしょうか?

公務員の身分保障の見直し,人材の流動化,手当の削減,採用枠縮小など

昨今のニュースなど情勢を伺っていると公務員がより苦しい立場に追い立てられている印象を受けます。


とくに近年,行政赤字から,公務員の給料をカットしろという世論の声がどんどん大きくなってます

しかし,一般的な企業の常識からすれば,社員の給料カットなんぞ,クビの次に企業がやってはならない“最後の手段”のはずです。


そもそも公開されている給料水準を見る限り,さほど公務員の給料が高いとは思えないのですけど‥‥


また,...続きを読む

Aベストアンサー

>公務員の身分保障の見直し,人材の流動化,手当の削減,採用枠縮小など
昨今のニュースなど情勢を伺っていると公務員がより苦しい立場に追い立てられている印象を受けます。

公務員でも種類によって異なるよね
世間は、公務の派遣職員を公務員だと勘違いしている事例も多いからねぇ
まぁ、相対的には、苦しい立場だけど、仕方ないんじゃないの?
給与問題とは別個に、公務員身分の保障があるべきだと思うけどね


>とくに近年,行政赤字から,公務員の給料をカットしろという世論の声がどんどん大きくなってます
しかし,一般的な企業の常識からすれば,社員の給料カットなんぞ,クビの次に企業がやってはならない“最後の手段”のはずです。

冷静に考えると財政悪化は、公務員の責任じゃないんだよね・・
給与減額とバーターで何がメリットが必要かもしれないけどね

>そもそも公開されている給料水準を見る限り,さほど公務員の給料が高いとは思えないのですけど‥‥

同感
まぁ、自分が世間の所得水準が違うこともあるだろうが、底辺の所得階層が嫉妬しているだけともw


>また,能力に応じた昇給制度なんとか言ってますけど,
公務員がまっとうする仕事は本来住民サービスという,企業が自由競争ではやっていけない分野,資本主義が成り立たない領域であり,そもそもこういった考え方を導入すること自体矛盾しているのではないかとおもわれるのですが。


当たり前だよね
なにせ、行政サービスは、計量できない部分が多いのであって、市場原理の枠外を主体的に補完するのが公務の本質だからね
公務員に市場原理が適応できるなら派遣業務に代替させれば済む事だが、その限界がある
その限界を知らない低能な愚民が吠えてるだけでしょ
第三セクターに委任して失敗したら、公務員の責任だったり、本末転倒な話も結構あるからね

>制度改革といえば聞こえはいいのですが,俯瞰してみれば有権者受けの良い,議員さんの一番手っ取り早い票集めの手段なのではないかと疑ってしまいます。

そのとおりじゃないの?批判するつもりはないね

正直、公務員の方が仕事は厳しいからね
今は民間で仕事しているけど、相応に責任がないし、給与も三倍だからねぇ
公務員時代がバカみたいだよ


>このようなやり方をしていては,優秀な人材が行政からいなくなって,将来的にさらに悪い方向へ向かわないか心配です。

もう相応に国外脱出しているよ
教え子に元官僚が数人いたけど、3人は海外のシンクタンク移動してるね
まぁ、悪い方向にシフトさせている国民の責任なんだから、放置でいいのでは?
公務員を冷遇して行政サービスの質の低下の結果責任を当事者が受けるんだしね

先日も臨時職員で専門的仕事の依頼があったけど、いくら高給でも不安定な臨時公務員ではね

公務員はもっと自由であった方が良いと思うね・・あまりに抑圧されすぎている。
優秀な公務員ほど制限が大きいからね


無能な民間乞食の嫉妬を気にしても仕方ない・・そんな結論で

>公務員の身分保障の見直し,人材の流動化,手当の削減,採用枠縮小など
昨今のニュースなど情勢を伺っていると公務員がより苦しい立場に追い立てられている印象を受けます。

公務員でも種類によって異なるよね
世間は、公務の派遣職員を公務員だと勘違いしている事例も多いからねぇ
まぁ、相対的には、苦しい立場だけど、仕方ないんじゃないの?
給与問題とは別個に、公務員身分の保障があるべきだと思うけどね


>とくに近年,行政赤字から,公務員の給料をカットしろという世論の声がどんどん大きくなってま...続きを読む

Q「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?

「馬前」←1字の漢字です。読みと意味は何ですか?
人名のようなのですが、[馬前]原という記述がありました。
第2水準にも無い漢字のようですが、何と読むのでしょうか?
また意味は何ですか?

Aベストアンサー

漢字辞典で調べたらありました。人名については分かりません。

読み:「セン」古い中国の読み方だと「ゼン」の場合も
意味:蹄の白い馬
「[馬前]原」の読み:「きばはら」

参考…大修館「漢語新辞典」

Q「めざしの土光さん」の行政改革は成功したのですか?

昔のニュースフィルムに、「めざしの土光さん」が行革をやっている映像が映ってきました。
懐かしかったのですが、
結局「行革の鬼」と呼ばれた土光さんの改革は成功したのでしょうか?
評価を聞いたことがないので、お聞きします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

土光さんの時代にやり残したことを,小泉竹中がやったということですね。
土光さんがいなければ,小泉竹中もありませんでした。
中曽根と小泉の間は,田中&竹下時代です。その期間,土光さんを無視し,改革が封印され,日本がより落ち込みましたので評価も聞かないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報