新築中です。
基礎が出来上がりました。
将来、爆裂が不安です。というのも、

・立ち上り120mm、しかも表面には気泡が無数にあります。

・コンクリート打設時は見ていませんが、施工途中も鉄筋が枠の中心からずれていました。かぶり厚不足の可能性があります。

基礎の表面を塗装して、爆裂を防ぐ方法はあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

老婆心ながら


>爆裂が不安です。
爆裂はおきません。爆裂とは火災に遭ったコンクリートが熱膨張に耐え切れず、爆発するように破壊することで。
住宅基礎に使用するコンクリート強度の倍以上強度が高いコンクリートの場合のみです。

ご質問は鉄筋のさびによるコンクリートの剥落かと想像します。
鉄筋はコンクリートとタイアップし、住宅本体の重みに耐えます。
鉄筋はコンクリートの強いアルカリ環境でさびから守られていますが、10年に数ミリの速度でコンクリート表面から中性化(アルカリ度が弱くなって中性に近づく。)します。空気中の炭酸ガスと化学変化を起こすからです。

鉄筋のかぶり(コンクリートの表面から鉄筋までの距離)は少なくとも3cmは欲しいです。これだけかぶりがあれば鉄筋が多少中心からずれていても大きな問題は生じません。
かぶりが不足の場合は、
1、コンクリートに膜(塗料)を作って空気との接触を遮断する
2、モルタルをかけて、鉄筋までのアルカリの幅を増やして中性化対策をする。
3、取り壊してやり直す
などが考えられます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
よくわかりました。
2について、検討したいと思います。

補足日時:2005/04/04 21:51
    • good
    • 0

 新築の場合、施工業者にもよりますが、基礎に仕上げモルタル(コンクリートの砂利が入っていないもの)を塗る場合が一般的です。

それで、気泡に関しても保護できると思われます。
 基礎厚さ120の場合、基礎の中心には、基礎と土台を固定するアンカーボルトがくることが望ましく、そのため、鉄筋を少しずらして配筋します。これも不自然ではありません。
 鉄とコンクリートの熱膨張率に関しての記載がありましたが、詳しい数値は忘れましたが、自然に上下する気温の範囲では、その両者はほぼ同じ伸びをするといわれています。火災等外部からの熱がなければ、熱膨張によるわれの心配はありません。ご安心を。
 建築工事は、施主、施工、設計に関わるすべての人が信頼し合い、前向きに取り組まなければ良いものができると思えません。良いものができたとしても、不安が残っていては、だめです。疑問はとことん話し合い説明してもらったほうが良いと思います。
 
 
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>火災等外部からの熱がなければ、熱膨張によるわれの心配はありません。

主には、コンクリートの中性化による鉄筋の錆びが引き起こす剥落が心配だったのですが、勉強になりました。

お礼日時:2005/04/07 15:52

 


 
「爆裂」と聞いて驚いて見てみましたが、これは「鉄筋の錆による膨張圧でコンクリートに ひびわれが発生する」ことのようですね。調べるとこれを鉄筋爆裂と言っているページもあるようですが、学問的に正しいかどうかは私は知りません。(_ _)

いずれにしてもコンクリートの中性化による鉄筋の錆を気にされているものと思います。

気泡の件は、コンクリートには必ず空気が混入しており、これが型枠表面にあった場合は気泡として残ります。ですから表面に気泡が見えるのはある程度普通の事なのですが、他(よそのお宅など)と比べて明らかに気泡が大きく密度が高い場合は、監理者あるいは施工者に確認されたほうがよいでしょう。1~2ミリ程度のものがまばらに見られる程度なら問題ないと判断してよいと思います(あいまいな表現ですみません)。程度がよくない場合は見栄えのこともあり、モルタルで補修することがあります。

かぶり厚不足の件は、通常、基礎立ち上がりのかぶり厚は40ミリと規定されていますので、120ミリの基礎幅の場合だと中心から10数ミリのずれなら規定のかぶりは確保できることになります。(鉄筋の径によります)

塗装の心配をするより、まずはきちんと施工されているかを確認されるべきだと思います。


 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>程度がよくない場合は見栄えのこともあり、モルタルで補修することがあります。

これを検討してみます。

お礼日時:2005/04/07 15:48

気泡があろうがかぶり厚不足であろうが


住宅の基礎は「常識的に考えて」爆裂しません。
なので、ご質問の塗料は世の中には無いと思います。

また、仮に爆裂の可能性があるRC造の柱と考えると、
塗装程度で爆裂を押えるなんて常識的に考えて不可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/04 21:55

さきほど肝心なことを書き忘れてしまったのですが、爆裂の膨張がもつエネルギーは相当すごくて(鉄の体積が酸化で分子レベルでも肥大膨張しますので)、爆裂してしまった部分の一体性を伴った強度は回復がむずかしいのですが、最近はレジン樹脂と共に炭素繊維を複数の層にしてのり巻き状態にする工法が登場して東海地震への警戒を強化している静岡県を中心に採用されつつあります。



しかしこれは新築の家に採用すべき趣旨ではありませんので、新築の場合はきちんとしたやり直しをしてもらうのが筋と思います。

やり直しの費用についてはあきらかな「瑕疵」であれば建主さんが追加負担する性質のものではありませんので、どうぞご安心ください。
瑕疵と、妥協やむない部分、との線引きは非常にむずかしいところですが、そう言った点の金銭負担や解決方法は、取り交わした「契約書」にきちんと方法を明記してありますので、もういちど契約書の文面がどうなっているか確かめてみてください。

たいていは「甲乙双方誠実に協議・・・」などと書かれてあるはずです。
もしこういった規定が契約書に無くて、建て主さん側に不利な契約書になっていたら要注意ですので、今後完成引渡しまで目を光らせるのを怠らないようにご注意下さい。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>瑕疵と、妥協やむない部分、との線引きは非常にむずかしいところですが

確かにここが素人にとって難しいところです。

補足日時:2005/04/04 21:47
    • good
    • 0

そもそも,鉄筋コンクリートは,温度の変化や加えられた力によって生じる長さの変化具合(伸び率)などが全く異なった性質を持つ鉄筋とコンクリートを組み合わせた材料です。

よって,組み合わせる方法に詳細な決まりがあります。ご質問の場合として,

鉄筋とコンクリートの接着の程度(専門的には付着度)が該当すると思われます。元々鉄筋とコンクリートは,よく接着するのですが,空気層が鉄筋とコンクリートの間に多くできると接着度が小さくなります。そこでコンクリートに含まれる空気の量が規準上で制限されています。

また,材料の伸び率が異なると言うことは,鉄筋を取り巻くコンクリートの量を,両材料の伸びがほぼ等しくなるような量にすると最も効率的であると言えます。ただし,鉄筋は引張,圧縮共にほぼ同等の強さですが,コンクリートは,引張が極端に弱いので,規準上ではコンクリートに関する規定を設けています。その一つが,「かぶり厚」です。つまり,鉄筋の周囲のコンクリート厚みを平均的に確保する事を規定しているのが「かぶり厚」の規定です。

そこで,#1さんのかぶり厚不足の問題が生じてきます。しかし,もっと深刻なのは,「さび」が生じなくても,夏と冬の気温差などによってのひび割れが生じてくることです。何故ならば,温度の変化による鉄筋の伸びとコンクリートの伸び(熱膨張率)が異なるからです。

即ち,これらは施工不良でなく欠陥建物です。

結局,これらの問題は,やり直しをさせるにしても,引き取り拒否をするにしても,証拠集めや手続き上の問題があるので,専門の設計監理者(#1さんの言う建築士)を依頼する必要があると思います。因みに,これらの問題は構造的欠陥ですので,塗装などで補強する事は不可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>これらの問題は構造的欠陥ですので,塗装などで補強する事は不可能です。
中性化を遅らせることができるかと思ったのですが・・・

お礼日時:2005/04/04 21:46

もう竣工してしまった家だと仕方ないところですが、今基礎のうちあがったばかりでしたら、#1のかたのおっしゃるとおりに、工事中断してやりなおしてもらうのが、大金を支払って一生一度のお買い物をなさる建築主さんとしての本筋です。



かぶり厚不足に関しては、鉄筋探査機で、かぶりの厚さが測定できますので、監理建築士の方に頼んで測定してもらってください。

気泡が表面に米粒か粟粒ぐらいで見えているものは「施工不良」と直結するものではないよくあることですが、見えない内部にこぶし大以上の気泡が隠れている(こういうのをジャンカといいます)場合は、強度に直結しますのでクレームを言ってあげないといけません。
この見えないジャンカを探すのは大変で、抜き取り調査しかできませんが、かならずどこかに配管を通すため基礎に穴をあけるところがあると思いますので、そういう個所にあけた穴(こういう穴あけ作業をコア抜きといいます)から取ったコア(茶筒大のコンクリート抜き取り棒)をもらって、空気の穴が内部に無いことを確かめて、できれば記念品としてもらっておくと良いと思います。


その際には、かならずduke2005さんが立ち会って、納得のいかないところはとことん質問して回答してもらうことが大切と思います。

一品生産の建物は、工場で均質に生産できる品物とは違って、ひとつずつどうしようもない妥協が必要になってくるものです。
ですので、やむをえず妥協が求められる点と、きちんと保証されるべき点とをよく説明してもらって納得しておくと、あとで「話が違うじゃない!」というトラブルにならずに済みます。

内部に隠れたジャンカの件は、私も詳しく最新技術の調査方法を知らないので、監理建築士の人によく相談してみてください。

実は建築士の人でも、品質調査の詳しい先端技術のことは知らない人が多くて、現場監督さんに任せっきりのことも多いのが現状のようです。
設計するのが本領の建築士さんですから致し方ないと思いますが、そういう監理建築士さんでも良心的な方でしたら現場を本当によく知っている現場監督さんと協力して何でも疑問に答えてくれるはずですので、なあなあで諦めないで合格部、不合格部、妥協しないと致し方ない部分、とよく説明を受けるようにしてみてください。

どうぞいいお家になりますように!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。
鉄筋探査機、持ってなさそうな工務店です。

お礼日時:2005/04/04 21:41

・立ち上り120mm、しかも表面には気泡が無数にあります。



 コンクリートを流し込む時にちゃんと空気ぬいて内可能性がありますね

 
・コンクリート打設時は見ていませんが、施工途中も鉄筋が枠の中心からずれていました。かぶり厚不足の可能性があります
 

 かぶり厚不足は実際あると問題ですね
 浅いと鉄筋が腐食(さび)によりコンリートが割れることがあります

 実際に施工不良かどうかは、どっかの建築士に依頼いて異常が無いかを確認してもらって
 不良施工ならやり成してを要求する
 不良でやり無しをしない時は、引取りを拒否すれば良いです
 建築士に依頼すれば証拠が残りますので 
 多少のお金は掛かりますが 将来の不安や実際に崩壊と成るよりかは安価だと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>建築士に依頼すれば証拠が残りますので 

専門の建築士がいるのでしょうか。
知り合いの工務店の建築士でもいいのでしょうか。

お礼日時:2005/04/04 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国土交通省告示第566号の基礎の補強は必要??

木造2Fに増築を検討中です。建令137の2-1ロに該当するのですが、既存部の基礎は現在、・地盤30kN・布基礎立上りH300厚120・底盤厚150
・配筋ok なのですがそれでも基礎の補強は必要と読み取れるのですが補強は必要になりますか??
また既存部と増築部の繋ぎ目の規定はありますか??

Aベストアンサー

NO.3です
先日、検査機関で確認を取り増築を致しましたので参考になればと思います。
添付の図解の考え方ですが、
繋ぎ部分には少なからず、柱が存在して抱き合わせの施工をすると思います。柱の下には土台が必要で、土台の下に基礎の立ち上がりがあります。既存部分に平行もしくは直角に土台が突き当たる施工をしなくてはなりません。
鉛直荷重は地盤に直接伝わるように・・・といいながら、既存基礎とアンカーで繋ぐのは、平面的なズレを起こさないように補強するのだと・・・
図のような施工方法(平行)の方が、接する部分が多く水平に対する耐力は大きいと思いますが、立ち上がりの無い方向(直角)で接するとしたら、ベース部分にアンカーがあれば良い訳です。
と・・・教えていただきました。
一度、検査機関の担当者と打ち合わせをされてはいかがでしょうか?

Q基礎コンクリート打設までの鉄筋の錆について

現在新築中です。

基礎はべた基礎で、昨日、ベースコンの打設を終えました。
昨日撮った写真を見ていて気になったのでが、鉄筋の錆です。
配筋からベースコンおよび立ち上がりコンクリートの打設までの間
に鉄筋に錆びが出るのは、品質上、問題ありませんでしょうか?
基礎コンのコンクリートかぶり厚さが重要なのは、鉄筋の錆を
防止するためと理解しているのですが、そもそもコンクリートを
打つ前の鉄筋に錆びがあるのは問題があるような気もします。
錆びの程度ですが、鉄筋の交差部(針金で固縛している箇所)周辺
と、鉄筋表面の凸凹した部分の凸部の被覆がはげて赤くなっている
ような状況です。

住宅基礎の品質に詳しい方、上記のついてご教示頂きたく、宜しく
お願いいたします。

Aベストアンサー

錆が鉄筋内部に進行しているような状態でない限り問題ありません。
コンクリートは元々ph12~13の強アルカリ性で
RC中の鉄筋表面には不動態皮膜と呼ばれる緻密な酸化皮膜が作られ
酸化から保護されます。

コンクリートかぶり厚さが重要なのは
空気中の炭酸ガスの為にコンクリートが表面から内部に向かって
中性化する為で耐久性にかかわることです。
コンクリートが中性化が進み鉄筋周囲のph値がおよそ11.5を下回ると不動態皮膜が破壊され鉄筋が腐食し始めます。
鉄筋のかぶり厚さは多ければ多いほど良いというわけではなく
無筋の部分の厚さが大きくなるとひび割れの発生にも関与しますので
最大でも100mm以下とされています。

Q排煙の緩和 告示1436号について

31m以上の建築物の2階に店舗を計画する場合に、告示1436号4号ハは適用できますか? 
それとも告示1436号4号ニの緩和が適用ということになるのでしょうか?(31m未満の階も含め建物すべてに告示1436号4号ニを適用する)

Aベストアンサー

建築物の防火避難規定の解説
によれば
告示1436号4号ハは
見込みの通り31m超の建物の31m以下の部分も含む
と解釈してますね
告示1436号4号ニは
31mを超える部分のみ対象と解釈してます。

解説本によればですが。。

確かに条文だけだとややこしいですね
高さ三十一メートル以下の建築物の部分

Q鉄筋の爆裂補修に使用する資材について

鉄筋の爆裂補修に使用する資材についてお尋ねします。
築40年RC構造の掘り込み車庫の天井の、鉄筋爆裂の補修をしております。
近所の建設関係の方の助言で、天井をハンマーでたたいて
音が低い所は浮いているので、はつって補修したほうがいいということで
自分でピックを使ってやっってみた所、1500ミリ×400ミリで深さ30ミリくらいの欠損ができてしまいました。
専門家のようなことを話されるので、その方にそれから先の補修を依頼していたところ、普通のモルタルで作業を始めてしまっていて、うまくいかず
作業が停止しております。(後で聞くとあまり経験がなかったそうです。)
これからほかの左官さんを探して続きをやってもらうことになるのですが、
困ったことに、前の方が、補修箇所に下地調整に、ハイフレックス(エチレン酢酸ビニル系エマルジョン)を塗っているため、エポキシ系樹脂モルタルのプライマーと相性が悪いらしく
よく使用されるというKモルタルなどが使えないようです。このような場合補修材は何を使うのがよろしいでしょうか。素人考えで恐縮ですが、
日本化成社のドカモルとかは使えますか。
詳しい人がいないので大変困っております。
ご存知の方よろしくお願いします。

鉄筋の爆裂補修に使用する資材についてお尋ねします。
築40年RC構造の掘り込み車庫の天井の、鉄筋爆裂の補修をしております。
近所の建設関係の方の助言で、天井をハンマーでたたいて
音が低い所は浮いているので、はつって補修したほうがいいということで
自分でピックを使ってやっってみた所、1500ミリ×400ミリで深さ30ミリくらいの欠損ができてしまいました。
専門家のようなことを話されるので、その方にそれから先の補修を依頼していたところ、普通のモルタルで作業を始めてしまっていて、うまくいかず
作業...続きを読む

Aベストアンサー

カチオンタイトをつかってみて下さい。通常私どもは鉄骨等直張り用下地、タイル下地等に塗装したりする場合に使用しております。

Q緊急告示病院の定義

病院のHPなどを見ていると
「救急告示」や「緊急告示」を受けていたりする
病院があります。

自分なりに調べたところ
「救急告示」については、ようするに救急車で搬送される患者を受け入れられる
病院であるようだということがわかりました。
(「救急病院等を定める省令」って法律?をみました)

でも、「緊急告示」についてはわかりませんでした。
どなたか定義を教えてください。

また、これらの告示を受けていることで
その病院が信頼できる病院であると判断してもよいものなのでしょうか。
(たとえば、施設が充実している、医療スタッフが充実しているなど)

Aベストアンサー

 「緊急告示」は「救急告示」の誤用であろうと思われます。
(例)
http://www.kawasaki.kanagawa.med.or.jp/content4-1.html
「救急告示」は、まず、保険所に申請し、申請を受けた都道府県が次の4つの条件を満たしているか否かを審査し、承認するかどうかを決定します。
1.相当の知識及び経験のある医師が常時診療に従事していること。
2.手術室、麻酔器、エックス線装置、輸血及び輸液のための設備、その他事故の負傷者の医療を行うために必要な施設、設備があること。
3.救急車が入りやすいこと。
4 空きベッドがあること。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/4651/syoukai.htm

Qコンクリートの打設回数が2回の時、2回目の打設時期について

コンクリートの打設回数が2回の時、2回目の打設時期について
 逆T字型の構造物のコンクリート打設は水平部を打設し、その後垂直部を打設します。
水平部を打設した翌日に垂直部を打設して良いのでしょうか?
水平部の強度、養生等は考えなくて、良いのでしょうか?
 また、文献、文書等に、明記された物があるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

1.本来は浮き型枠として水平部打ち込み、時間を置いて上部を打ち込むのが良い。

  時間を置くのはコンクリ-トに含まれる気泡などが充分抜けるのを待って次工程のコンクリートを
  打設し、品質の確保を行う。
  上部の高さが高い場合は、コンクリートの流出などで困難、1m程度ならばOK
  ・良い点は、一体構造となる。打ち継ぎ目の弱点が出ない。工程の短縮化とコストダウン
  (連続で大工さんが型枠を組める、コンクリート打ちで労務機材が1日で完了する)
  ・短所は、浮き型枠に増加費がかかること。技量のある職長、大工、監理技術者がいるかどうか。
  ・但し、規定はない。

2.翌日、打設してもなんら問題ない。

  但し、打ち継ぎ目の充分なケレンが必要。場合によっては、樹脂系接着剤を塗布。
  強度は、15時に水平部打ち込み完了、翌日、13時打ち始め、22時間経過しているため、1平方セ
  ンチ当たり30kg~50kgの強度が発生、10cm*10cm=100センチ平米につき、30kgセン
  チ平方*100平方センチ=3000kg、安全を見て三分の一1000kgまでOk、従って翌日、のコン
  クリート打設、動荷重、作業荷重に対して問題はない。
  通常、実施している。

3、T型など、壁1mから上のスラブへは、通常連続(一体打ち込み)を推奨している。
  但し、壁上部で休憩など時間を置くこと(コンクリートの沈下など)が品質確保で必要である。

1.本来は浮き型枠として水平部打ち込み、時間を置いて上部を打ち込むのが良い。

  時間を置くのはコンクリ-トに含まれる気泡などが充分抜けるのを待って次工程のコンクリートを
  打設し、品質の確保を行う。
  上部の高さが高い場合は、コンクリートの流出などで困難、1m程度ならばOK
  ・良い点は、一体構造となる。打ち継ぎ目の弱点が出ない。工程の短縮化とコストダウン
  (連続で大工さんが型枠を組める、コンクリート打ちで労務機材が1日で完了する)
  ・短所は、浮き型枠に増加費がかかる...続きを読む

Q国土交通省告示

平成17年国土交通省告示第503号に記載されている告示文章を調べたいのですが・・・教えてください

Aベストアンサー

平成17年国土交通省告示第503号で検索したらでてきました。
http://www.kojintaxi-tokyo.or.jp/dat/tutatu/kh170221.pdf

Q基礎打設中の雨

非常に気持ちが凹んでます。
先週基礎の立ち上がりのコンクリート打設をしました。
天気予報では曇りだったので朝8時から打設を行ったのですが打ち始めて数分後に雨が降り始めました。はじめはパラパラの小雨、そして次第に本降りになりました。雨大丈夫ですかと現場監督ならびに基礎屋さんに確認したら「大丈夫です!!またこの段階で中止できない」と言われました。
打設手順としてはコンクリを流し込み、その脇でバイブレーターにて均して天部分をコテで均してすぐにブルーシートをかけて雨よけしながら打設。5人がかり(一人はポンプ流し込み・二人にてバイブレーター・一人コテ均し・監督はブルーシートかけ)で打設してました。1・2台目のミキサー車が終了し、3台目待ちのときに突然豪雨になり、その時は待ちの間は全部の立ち上がりにブルーシートをかけてました。3台目到着時は雨が上がりその後急速に天気回復しました。11時前には終了しました。午後から仕事のため現場を離れましたが夜監督から連絡があり、その後レベラーまで完了し、シートかけて養成してます。型枠はずしは6日後とのことです。
雨の日の打設になり施主として基礎強度など心配です。
基礎屋さんは雨の打設になりましたが今までの経験上まず大丈夫ですから安心してくださいと言われましたが気分は落ち込み、雨だけはヤダなと思ってましたので心配です。施工は大手HMです。信じて大丈夫でしょうか?みなさんのご意見を教えてください。また型枠はずした際のコンクリートのチェック方法など有りましたら教えてください。(第3機関は頼んでませんので自分で確認になります。)長文になりスミマセン。

非常に気持ちが凹んでます。
先週基礎の立ち上がりのコンクリート打設をしました。
天気予報では曇りだったので朝8時から打設を行ったのですが打ち始めて数分後に雨が降り始めました。はじめはパラパラの小雨、そして次第に本降りになりました。雨大丈夫ですかと現場監督ならびに基礎屋さんに確認したら「大丈夫です!!またこの段階で中止できない」と言われました。
打設手順としてはコンクリを流し込み、その脇でバイブレーターにて均して天部分をコテで均してすぐにブルーシートをかけて雨よけしながら打...続きを読む

Aベストアンサー

設計業です、簡潔に書きますご了承を。

天気予報で「雨」を知った上での打設なら許しがたい、知らなかった(予報外れ)なら仕方なし、小雨決行に問題無し、豪雨はちょっと気になります。

養生6日妥当。

中断は絶対に出来ない、判断に間違いなし。

勘では強度出ていそう、されど型枠外した後、コンクリが脱落したり、気泡がやたら目立ったり極端な場合第三者に依頼してシュミットハンマー試験(一番安いでしょう)依頼して下さい。

今年の冬、拙宅増築時も雨でした、中断されては困ると思い急いで家に飛んで帰りましたね。

憶測多く恐縮ですがご参考まで。

Q排煙に関わる告示

現在 既存不適格建築物の法規チェックをしております。
そこで、排煙に関する告示の改正について、疑問があります。
昭和47年告示33号3のイ~ニ が
平成12年告示1436号の四のハの(一)~(四) にあたる
ということがわかったのですが、イ~ニのそれぞれが(一)~(四)のどれにあたるのかがわかりません。
古い告示が閲覧できるWEBページも検索したのですが、検索のしかたが悪いのかヒットできません。ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのまま、
「昭和47年告示33号3のイ」が「平成12年告示1436号の四のハの(一)」に
「ロ」が「(二)」に
「ハ」が「(三)」に
「ニ」が「(四)」に当たります。
甲種防火戸・乙種防火戸が防火設備に変更などはありますが、同じ規定です。

Qベタ基礎 ベースコンクリート打設後の雪

木造二階建てのベタ基礎 ベースコンクリート打設した日の夜から雪にみまわれてしまいました。
朝確認した所、コンクリート表面に雪が解けた水が貯まっている状態でしたが、その後の降雪で3cmほど積雪があったと思われます。(仕事だった為確認できませんでした)
更に、養生等はされていません。
打設した日は、最高気温9℃、深夜と降雪中の最低気温0.5℃でした。

この状態だと、強度等に問題がでるでしょうか?
ベースコンクリート部なので支障の無い状態なのでしょうか?

Aベストアンサー

生コンの硬化と雨水の関係はあまり神経質になる必要はありません。

質問者さんの質問で使ってる用語が素人過ぎて意味が良く理解できないのですが、ベースコンクリートとはベタ基礎のベタ部分の事なのか、あくまでベース用の捨てコンの事なのかで心配度は全く違います。

話しがベースの捨てコンの事であれば全く心配する必要はありません。
仮にベタ部分だったとしても通常はコンクリートを打設する日の気温や天候の事前確認をし、コンクリート凍結の恐れがあるような状況であるのならば、当然その対策を施したコンクリート打設をするのがまともな業者です。
凍結対策されている生コンは硬化後の強度には全く問題ありません。
もし対策がされておらずに凍結してしてしまったコンクリートは見た目からパサパサしていて、ハンマー等で叩いてみるといかにも中身がしっかり固まっていない事が判るように鈍い音がします。
きちんと硬化していればキンキンとかカンカンとか、素人でもしっかりと固まっている事が判るような音がします。


人気Q&Aランキング