痔になりやすい生活習慣とは?

平成25年4月10日のPM4:00に基礎の捨てコン打設(30mm)を行いました。
2時間後に小雨が降りだし、4時間後には結構な雨となり翌朝4時頃まで小雨が降り続き
AM:7:00に確認したところ、捨てコン部分に5mm厚位の水溜りが打設部の7割位にありました。
(当日の最低気温5度、日中の最高気温12度位です。)捨てコン外周部は人間の加重で一部
が破損する状態です。尚、本日も午後から小雨が降り出しました。

この状態で耐圧盤及び基礎立ち上がりの配筋を進めコンクリート打設を行った場合、基礎立ち上がり部及び耐圧盤と基礎立ち上がりの接合部等に不具合は生じないでしょうか?

捨てコンのやり直しが必要でしょうか?

工務店の見解は当方のミスではない。
このまま耐圧盤・基礎コンクリートの打設をしても支障有りませんとのことです。
工務店の言うまま進めて将来不具合が生じないか非常に心配です。
アドバイスを宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「捨てコン」は、「捨てるコンクリート」の意味です。


例えば、基礎を作る前に、基礎の底を平らにするためや、何かの下地や、鉄筋のスペーサー設置をしてゴミの付着や栗石の食い込み防止、かぶり厚確保、仮設置場等、施工上の準備作業のために使われるコンクリートです。

と、ここまでは他からの引用。
たとえ圧縮強度が小さいと言っても、そのすぐ下にある土よりははるかに強いでしょう。
表面が乱れて墨出しができないくらい荒れる集中豪雨であれば、コンクリ屋さんが嫌がるので作業は行わないでしょう。
でも少しくらいの雨なら恵みの雨です。
「ゲンスイ」という言葉があります。
現場水中養生のこと。
他の回答にあるように、強度を増すのに水は欠かせませんから理想は水中養生。
現場でドラム缶の中に水を張って、テストピースを入れておくことです。
生コンの出荷元でも、いざというときのためにテストピースを水中養生で管理しているはずです。

で、今回問題なのは、施工者がここで回答されているような丁寧な説明をしなかったこと。
一般の施主が雨で不安になっても仕方ないでしょう。
あなたはクレーマーなんかじゃないよ。
施工者側が不親切極まりない。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼遅れまして申し訳ございません。
捨てコンの丁寧な説明有り難うございました。
ご指摘の通り捨てコン本来の目的を理解し、やり直しする事無く以後の工程は順調に進行しています。

お礼日時:2013/05/12 22:21

問題ないと思いますよ。

捨てコンというのは、コンクリ-トの上に墨を出し、基礎鉄筋をくんで、型枠をとめコンクリ-トをうって基礎構造体をつくって、上部の建物を受けます。昔は135kg→150kg→180kg 18N/mm2程度 の強度だと思います。
それより捨てコン厚30mm とは薄くないですか?簡単にいえばコンクリ-ト骨材20mmの上に1cmコンクリ-トかかった状態ですよね。型枠にコンパネ等を使う場合は、捨てコンにコンクリ-ト釘をうちますが。捨てコン30mmにコンクリ-ト釘がききますかね?
強度についていえば、コンクリ-トは水とセメントの比率で通常はきまります。捨てコンに強度は要求していません。
コンクリ-ト打設後に雨がふっても、上部が水で洗われるだけです。コン打後12H程度でコンにのれば、人の重さでもこわれます。強度がでていないわけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ございません。
ご指摘の通り捨てコンは強度を要求したものでなく、次工程
の作業を容易にするための工程と理解し、やり直しする事無く順調に進行しています。
有り難うございました。

お礼日時:2013/05/12 22:14

誤解があると思いますが、コンクリートは乾燥して硬化するのではなく、水と化学反応して硬化するのです。



だからちゃんとした業者なら基礎施工後、硬化するまでの養生期間は水を打ち続けます。夏場なら乾燥しないように水打ち後にビニールシートをかけておきます。
工場で作る基礎などは巨大な水槽に沈めて硬化するのを待ちます。
乾かしちゃいけないんです。

捨コンはみなさんおっしゃるように気を使う必要はありませんが、次回、基礎に雨が溜まっているからと言って騒いではいけません。

コンクリートにとっては恵みの雨なのですから。

あと、昨日の夕方施工したコンクリートが、夜間5℃の気温で、今朝の段階で人が乗ったら凹んだというのは当たり前です。
工務店側からしたら、あなたは悪質なクレーマーですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答有り難うございます。
悪質なクレーマーではございません。

参考意見として承っておきます。

他にも根切寸法の間違いがあり。上記の件と合わせて工務店に相談した次第です。

お礼日時:2013/04/11 17:51

全く問題ありません



基礎捨てコンに限らず鉄筋コンクリートの建物で、建物本体のコンクリート打設時に雨が降ってもそのままコンクリート打設続けます。打設後雨が降り続いてもシートなどで養生しない時もあります。
打設前から大雨なら打設中止しますが、少しぐらいの雨なら中止しないで打設します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼おくれまして申し訳ございませんでした。
貴重なご意見として参考とさせて頂きました。

お礼日時:2013/05/12 22:29

捨てコンは その名の通り 強度的には意味のない部位です



何のために捨てコンを打つかと言うと 墨出しを行いやすくしたり、基礎型枠をきっちり密着させるためです

雨に叩かれても墨が乗りにくくなる程度ですので 施工上の不便はありますが品質にはまったく問題ありません。

昔は捨てコンなんてなかったんですよ

この回答への補足

早速の回答有り難うございます。
基本的に捨てコンの強度は要求されず、軟弱な捨てコンでも基礎立ち上がりと耐圧盤のコンクリートを打設をしても支障ないと受け取って良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

補足日時:2013/04/11 18:08
    • good
    • 0

捨コンに強度は必要ないでしょう。


捨コンはなくても良い。
コンクリートは水中養生が望ましい。
雨にたたかれた表面や淵等、水と混ざった部分以外はしっかりしていると思います。
このまま工事を進めて問題ないでしょう。
土や砕石のままでは作業性が悪いために打設するのです。

やり直しを要求した場合は結構な請求が来るのでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ございません。
ご指摘の通り捨てコンをやり直しする事なく、順調に工程が進行しています。
アドバイス有り難うございました。

お礼日時:2013/05/12 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家の基礎のコンクリートの養生期間

今私の家の隣で三階建て住宅の基礎のコンクリートの流し込みを
しています。

ミキサー車がとても喧しいです。そして
この後何日間くらい養生をして
おいておくのでしょうか?

また、喧しいと苦情を言う場合は
どのようにして伝えればベストなのでしょうか?

工事期間は、四月末までだそうです。

Aベストアンサー

平地で一般的な基礎工事(1Fの床面積が20坪程度)の手順と工事日数を、ごく簡単ですが、以下に書いておきます。

1 丁張:工事期間01日
建物の位置や基礎の高さを決める目印となる板や棒を立てる作業
2 床堀:工事期間02日
重機で地面を掘ります
3 砕石・転圧:工事期間0.5日
コンクリートの下の部分に砕石を敷いて転圧(砕石を押し固めること)します
4 捨てコンクリート打設:工事期間0.5日
砕石の上に厚さ50mm位のコンクリートを流し込みます。業者によってはこの工程を省略するところもあります。
5 養生:工事期間冬場なら01日
6 墨出し:工事期間0.5日
建物の形状や仕様に合わせてコンクリート部分の位置がわかるように捨てコンクリートの上に線を描きます。
7 鉄筋組・型枠組:工事期間06~08日
コンクリートを流すための型枠と、コンクリートの中に入る鉄筋を造ります。もし、ベタ基礎(床一面にコンクリートを流す工法)仕様なら、工事期間に+03日してミキサー車も1回来ます。
8 コンクリート打設:工事期間0.5日
型枠の中にコンクリートを流し込みます。大型のミキサー車が最低でも4台(折り返しで来るか、1度に4台来るかはわかりません。現場監督の判断です)位は来るでしょう。
9 コンクリート養生:工事期間03~06日
コンクリートの種類などでも違いますが、夏場だと2日で型枠を外す業者もいます。
10 型枠外し:工事期間01~02日
型枠を外します。外した型枠はトラックで持ち帰ります。
11 埋め戻し:工事期間01~02日
重機で掘った土を埋めます。あとは平らに慣らしておしまいです。

工程はこんな感じです。

>また、喧しいと苦情を言う場合は
>どのようにして伝えればベストなのでしょうか?

↑確かに、工事車両(トラックや重機、クレーンや職人さんの車など)が
出入りしたり、作業したりするととても煩いですね。小さなお子さん(乳幼児)がいる家庭では迷惑この上ない話です。
しかし、ご自分が家を建てる時(あるいは、過去に建てた時)を考えてみてください。あなたの家が建つ近所の人も同じ思いをする(した)かもしれません。お互い様だと思いますが、どうでしょうか?

しかし、ちょっとした現場の人たちの配慮で音は小さくなるものです。
例を挙げると…
車のアイドリング禁止、作業時のラジオ禁止、などです。大手ハウスメーカーは指導が厳しいので、現場で作業する人の(騒音など近隣からクレームを出さないようにする対策)教育を行っています。

どうしても音が煩くて我慢できない場合は、現場監督に伝えるといいでしょう。
「隣の○○さんとは仲が良いので、あまり話をおおごとにしたくないんですが…工事の音をもっと小さく出来ませんか?」
などと言ってみるのも手だと思います。現場監督は、お施主様を考えて工事現場に従事するわけですから、話に「施主」を引っ張り出されると割りと弱いものです。

平地で一般的な基礎工事(1Fの床面積が20坪程度)の手順と工事日数を、ごく簡単ですが、以下に書いておきます。

1 丁張:工事期間01日
建物の位置や基礎の高さを決める目印となる板や棒を立てる作業
2 床堀:工事期間02日
重機で地面を掘ります
3 砕石・転圧:工事期間0.5日
コンクリートの下の部分に砕石を敷いて転圧(砕石を押し固めること)します
4 捨てコンクリート打設:工事期間0.5日
砕石の上に厚さ50mm位のコンクリートを流し込みます。業者によってはこの工程を省略するところもあります...続きを読む

Q大雨のなかのコンクリート打設

きのう、どしゃぶりの大雨のなかでベタ基礎のコンクリート打設が行われてしまいました。
手配された生コン工場は現場まで1時間かかり、ミキサー車到着は規定の90分を超えていました。午前の予定がずれ込み、午後3時になって黒雲と雷鳴が。。。シートを買いに、作業員さんが走り出しましたが間に合いません。あっという間にバケツの水をひっくり返したような大雨となりました。空がまっ暗、激しい夕立です。(雨はこの後8時ごろまで強く降り続きました。)

打ち立ての基礎があっという間に水浸しになってぶくぶくとあぶくが立ち、まだ表面を均していない、でこぼこしたコンクリに大小の水溜りが出来ています。
防水シートに雨水がたまっていき、ポーチ柱の型枠の中は水のたまったドラム缶のようでした。

大雨のなかの打設は避ける、とどこにでも書いてあるので、こんな状況ではとても続行できないだろうと思いました。最初は職人さんたちもあきらめ顔でした。
でも、そこへ施工会社の社長さんが到着し、スコップを手に水をかき出し始め、それを合図に下請けのおじさんたちもずぶぬれになってコンクリをかきまぜ水を出し、タオルですいとり、でもその間にも大雨は降り注ぎます。「表面を取れば大丈夫」と言われます。新たに最後のミキサー車が到着し、ポーチ柱や防水シート部分にコンクリが流し込まれます。(中の水はそのまま!)そこは、道路から立ち上がる深基礎の大事な部分です。最後まで養生シートは使わぬままでした。

私たちはすぐにやり直しをお願いしたい。
サンプル(念のため1缶もらって玄関に置いてあります。)やシュミットハンマー試験で問題ない数値が出たとしても、あの状態で施工されたらコンクリの強度に問題がないわけはありません。
シートも準備せず生コンの手配も甘かった施工会社の責任では?基礎工事は家の要。夕べは泣けて眠れませんでした。どうかご助言をください。

きのう、どしゃぶりの大雨のなかでベタ基礎のコンクリート打設が行われてしまいました。
手配された生コン工場は現場まで1時間かかり、ミキサー車到着は規定の90分を超えていました。午前の予定がずれ込み、午後3時になって黒雲と雷鳴が。。。シートを買いに、作業員さんが走り出しましたが間に合いません。あっという間にバケツの水をひっくり返したような大雨となりました。空がまっ暗、激しい夕立です。(雨はこの後8時ごろまで強く降り続きました。)

打ち立ての基礎があっという間に水浸しになってぶく...続きを読む

Aベストアンサー

もう少し追記させていただきます。
下記URLは法に関わる事です。
http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-16/index.htm
工事請負契約書やがどのように記載されているかは
こちらでは判断しかねますが、
○トラブル対策
○契約解除
をよくお読みになって下さい。
損害の賠償の事や工事を解約できるかどうかが書いてあります。

「シュミットハンマーの検査結果が出るまで基礎のやり直しはできない」
この事ですが
「できないのではなく、したくない」と捕らえて良いでしょう。
そもそもコンクリートの水増し自体がやってはならない事なのですから。

「社長さんがやってきて、さらに上からコンクリを塗っていきました。」
これに関しては、表面的に綺麗に見せる為でしょう。
数年すればヒビが入る可能性もあります。

建築の法令集にある条文を載せておきます。
-------------------------------------------------
住宅に品質確保の促進等に関する法律
第87条(住宅の新築工事の請負人の瑕疵担保責任の特例)
住宅を新築する建設工事の請負契約においては、請負人は、注文者に引渡した時から10年間、住宅のうち構造体力上主要な部分又は雨水の浸入を防止する部分として条例で定めるものの瑕疵について民法上第634条第1項及び第2項段に規定する担保の責任を負う。
-------------------------------------------------
*構造体力上主要な部分には基礎が含まれます。
ようは10年間は何かあったら責任持てよ!ということです。

これ以上は、お持ちの書面を見なければアドバイスしにくいです。
是非、良い家作りを完成させていただきたく思います。

もう少し追記させていただきます。
下記URLは法に関わる事です。
http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-16/index.htm
工事請負契約書やがどのように記載されているかは
こちらでは判断しかねますが、
○トラブル対策
○契約解除
をよくお読みになって下さい。
損害の賠償の事や工事を解約できるかどうかが書いてあります。

「シュミットハンマーの検査結果が出るまで基礎のやり直しはできない」
この事ですが
「できないのではなく、したくない」と捕らえて良いでしょう。
そもそもコンクリートの...続きを読む

Q防湿シートの下は雨でびしょびしょ

お世話になります。
この度、家を建てることとなり、先日から基礎工事が始まりました。一昨日、根切りが終わり、砕石が撒き、固められました。そして昨日、一日中雨(基本的には小雨、時折大雨、天気予報は曇り)という天候でしたが、突き固められた砕石の上に防湿シート?(透明なビニールシート)が敷かれ根切り部分には捨てコンが打たれました。
そこで質問なのですが、防湿シートの下は雨でびしょびしょでも大丈夫なのでしょうか。おそらくはこの防湿シートの上にコンクリートが打たれるはずですが(基礎はベタ基礎です)問題はないのでしょうか。防湿シートの下がこの先ずっとびしょびしょなのかと思うと心配です(それとも水は地下に染み入って落ち着いていくのでしょうか)。また、今日になっても雨は止まず一日中降っていましたのでさらにビニールの継ぎ目から水が入っていっているものと思われます。継ぎ目は1m間隔くらいで簡単にガムテープで止めてあるだけです。同じ分譲地でほぼ同時進行の物件では継ぎ目がぴったりガムテープで塞がれているので私の家の方は作業中に大雨にでもなってぴったり貼れる状況ではなくなってしまったのかもしれません。
それではよろしくお願いいたします。

お世話になります。
この度、家を建てることとなり、先日から基礎工事が始まりました。一昨日、根切りが終わり、砕石が撒き、固められました。そして昨日、一日中雨(基本的には小雨、時折大雨、天気予報は曇り)という天候でしたが、突き固められた砕石の上に防湿シート?(透明なビニールシート)が敷かれ根切り部分には捨てコンが打たれました。
そこで質問なのですが、防湿シートの下は雨でびしょびしょでも大丈夫なのでしょうか。おそらくはこの防湿シートの上にコンクリートが打たれるはずですが(基礎は...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。前の回答は質問の本意を汲み取れず失礼しました.

基礎下の砂利地業は、通常50mm~150mm程度の厚さで大小さまざまな大きさの砂利や砂で締固めます。厚さに幅があるのは地業下の地盤の状況によります。(良好な地盤は薄く、軟弱な地盤は厚くです)で、実際に施工するにあたっては、設計図で謳ってある地業厚さに基礎の面積を掛けて幾分割りがけした数量の砂利及び砂を調達し(この数量が見積りの元になります)、現地に敷きつめます。
どういうことがいいたいかというと、当初図面上で見積もった数量分の砂利しか現地には入ってこないのに対して、現地の地表は、いくら表層をすきとって平らにしても若干のでこぼこがあり、また、現況地盤中に押し込まれる分も有るので、50mmの計画厚さでも実際には30mm程度で下の土が土が顔出すところがあっても全く不思議ではありません。(もとの地盤と砕石が交じり合ってる緩衝帯が20mm程度あるということです)
恐らくもっと厚めに敷き詰められたところも有るのではないでしょうか。
ただ、この辺はかなりドンブリ勘定的な部分もあるので、工事監理者を通じて、「砂利地業が薄い部分もあるので図面に示された厚さを最少値として施工する様に」と指摘して是正を求めてもいいと思います。
(実際には、地業の厚さが30mmでも50mmでもこの程度なら建物が建った後の性能はあまり変わらないので、もし地業の厚さを薄い部分のままとするのなら、上物でなにか値切る交渉のネタに使っても良いと思います。)

で、地業部分のぬかるみですが、地業工事を行なっている時期は上に被さっていた土を鋤取ってその重しが解放されて最も地表面としては緩んでいる状態で(だから砂利などを敷き詰めて仮設で締め固める工程があるわけですが)、今後、この上にコンクリートが打たれ、建物が建てばその荷重で地盤が押さえつけられてかなりしっかりしてきます。地業下の水についても、建物の重さで建物周辺に押し出されて、他所の部分に浸透して無くなるので、建物が建った後も今目にするような地業部分のぬかるみがそのままの状態という事はありません。さらに、建物が上に出来ると、その部分への水の供給も絶たれるので余ほど地下水の水路がなければ、工事中のぬかるみは気にしなくても良いと思います。
一般的にはそれほど問題視しなくても大丈夫です。

ただ、私も現状を見たわけではないのであくまで一般論を書くに留まってしまいますが、将来的に不同沈下を引き起こし、それこそ「地業のぬかるみ」などという生易しい表現ではすまない場合もあるかもしれないので、とりあえず工事監理者にたづねてみておいた方がいいですね。後から言ってもそれこそ後のまつりですから。

No.1です。前の回答は質問の本意を汲み取れず失礼しました.

基礎下の砂利地業は、通常50mm~150mm程度の厚さで大小さまざまな大きさの砂利や砂で締固めます。厚さに幅があるのは地業下の地盤の状況によります。(良好な地盤は薄く、軟弱な地盤は厚くです)で、実際に施工するにあたっては、設計図で謳ってある地業厚さに基礎の面積を掛けて幾分割りがけした数量の砂利及び砂を調達し(この数量が見積りの元になります)、現地に敷きつめます。
どういうことがいいたいかというと、当初図面上で見積もった数量分...続きを読む

Qべた基礎の養生期間 1日?

平屋を新築中です。
7日に着工し、現在捨てコンをしてあります。
21日に基礎の立ち上げ部分をするそうですが、24日に棟上をするとのこと。
強度は大丈夫なのでしょうか?
心配で工務店に強度は大丈夫かとききましたが大丈夫との返事・・・。
本当に大丈夫でしょうか?
21日にコンクリを入れて、22日には木枠をはずすといわれています。

本当は27日に棟上でしたが、27日が当方の都合で無理になり
11月を提案しましたが、大工さんの都合でだめになり(次の仕事があるから後期を延ばせない)、
結局、材木がそろえば24日にできるといわれました。

平屋なので養生が短くても大丈夫なのでしょうか?
工期も迫っています。回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

コンクリートの養生期間は、目標としている4週強度を発現させるための安全策です。
側型枠を外すまでの期間はコンクリートの早期乾燥を防ぐのが目的です。
型枠を外した後、ビニールシートなどでカバーしてやれば問題ありません。
21日に打設して24日に棟上げなら中2日で荷重をかけることになります。
コンクリートは圧縮に強い材料ですから、中2日でも作業荷重と主要構造材程度の荷重なら大丈夫と思います。
建設地がわかりませんが、太平洋側で最低気温が15度を下回らない地域なら
3日目のコンクリート強度は4週強度の15~20%程度です。
強い振動を与えるとか、横からの力が加われば問題が出てくるでしょうが、
丁寧に構造材を組み立てていけば大丈夫でしょう。

あなたの都合と大工さんの都合で、何を優先するかですね。

Qべた基礎の養生期間

今基礎工事(べた基礎)をしてもらってますが、コンクリート強度と養生期間について教えてください。

コンクリを流し終わった翌日に、他の質問にもあるように、水撒きの要否を確認したところ、コンクリート強度の高いコンクリートを使っているから水撒き不要といわれました。

また、コンクリを流してから、その部分の型枠外しまでの期間が1.5日程度で、その後すぐに立ち上げの部分の型枠をのせています。

上棟は前から決まっており、その日まであと6日かしかなく、十分な養生期間が取れないような気がします。

そこで質問ですが、コンクリ強度が高いと養生の期間も短く出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

他の方の回答同様で心配するほどでもないと思われます。

参考までに

・おそらく施工業者がいう養生とは、型枠撤去が可能になるまでのコンクリート初期強度発生期間のことのみのことを言っていると思います。

型枠の側板の撤去はCON強度が50kg/cm2以上発生していれば問題なしとされているので今の時期であれば24時間経過後であれば発生すると思います。

・品質管理面の養生

コンクリート打設後の品質管理としては、特に今の時期であれば散水養生(常に湿潤状態)したほうが、コンクリートにとって大変よく、その結果としてより高い強度のコンクリートになる、クラックが発生しにくくなる。ということが言えます。

基礎立ち上がりコンクリート打設後から上棟日までの養生期間(CON強度的)は最低でも5日~7日は必要だと思いますが。

 

Q基礎ができました。 なんて狭いんでしょう。

 最初更地に縄がはってあったとき びっくりしました。

狭い ........ 呆然
子供 「新しい家こんなに狭いの?」
旦那 「地鎮祭のためだからいいかげんな縄はりで、もっと広いよ。」

基礎工事終わりましたが、思っていたよりすごく狭くて、こんな狭い家しか建てれない、間取りもっと工夫すればよかった もう少し無理してでも、あと2帖けづらなければ 等 毎日 後悔の嵐で悲しいです。

設計の方は狭くないです。といいますが。
悲しい位 狭く見えます。
図面ではそう思いませんでした。
妹が基礎は狭く見えるらしいといいますが、見えるもなにも、そこにあるのでと...。

おうち建てられた方いかがでしたか?
図面のイメージどうりの家になりましたでしょうか?
妹のいうように錯覚でしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
解ります!狭く見えますよね・・・。
「え?ベット置けるの?」とか思いましたもん。

でも、大丈夫ですよ。妹さんの言うとおり、錯覚です。

Q基礎立上がり打設当日の雨について

皆様、お教え下さい。
現在新築中の我が家ですが、基礎の立上がりにコンクリートを打設した当日、雨が降りました。問題がないかどうか、教えてください。
当日の動きは以下の通りです。

【当日の気温等】
当日の天気:曇り一時雨
当日の気温:(最高気温)20.5℃、(最低気温)15.3℃
雨の降出し: 16時30分~17時45分
雨量:1mm弱

【当日の流れ】
朝~11時頃:コンクリートの打設
13時~14時:レベリング剤注入

このような状況で、ビニールシートによる養生等はされていませんでしたので、せっかく打設したコンクリートやレベリング剤が雨に打たれました。
翌日の画像は添付の通りですが、コンクリートやレベラーは大丈夫なのでしょうか?ぜひお教え下さい。

Aベストアンサー

雨によっての
躯体自体 特に問題される事はないと思われます。

ただレベラーの硬化前に雨に叩かれている様なので
凸凹が不安なのでしょう。

レベラー自体は、水平面を作り出すために使われる物ですから
モルタルの様なものです。
(圧縮にだけ強度があればよい)
叩かれた部分を水平面となる様にサンダーを掛けてもらえば
充分かと思われます。

参考まで

Q捨てコンを行う理由

捨てコンを行う理由を教えてください。
今まで、墨だしの為にするものだと思っていましたが、梁や柱の下だけでなく、基礎や耐圧版の下にもすると聞きました。墨だし以外の理由が、何かありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 突き固められた栗石の上に薄く水平に打設する
捨てコンの存在の意味は、墨だしの為というのが一番広く知られているようですが、その他に
 
 型枠をコンクリート釘などで定位置に固定する。

 鉄筋に泥などが付着するのを防ぐ。

 サイコロスペーサーを敷くことで鉄筋のコンクリートかぶり寸法を正確に確保できる等の理由から。

 このことは、捨てコンが無い場合つまり栗石の上で直接鉄筋や型枠を組み立てたらどうなるかを考えてみたら良く解ります。
 1)鉄筋に泥やほこりが付着する。
 2)型枠が不安定で固定するのが困難。
 3)栗石(目潰し砂利)部分に喰い込む生コンが不   経済。必要数量の読みに狂いが生じる。

 コンクリートは事前に図面上で計算して発注するので、現場の型枠寸法に正確さがもとめられる訳です。

 以上の理由から捨てコン打設がなされているのです。

Q冬の基礎工事について

新築を計画中です。
今月に入り、完成引渡しまでの予定表をもらいました。

その予定では・・・
基礎工事2月上旬
据付  3月上旬となっています。(ユニット工法)

そこで質問させていただきたいのですが、
真冬の基礎工事というのは、大丈夫なのでしょうか。
コンクリートにはあまりよくないと聞いたことがあるのですが…。
東海地方の2月もまだ寒いと思うのですが、いかがでしょうか?
どんな点を気をつけたらいいでしょうか?

私としては、問題があるのなら、基礎工事を一ヶ月遅らせて、完成も遅らせる方法もあるのでは?と思っています。
その点についても教えていただければ、助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 コンクリートは、ご承知のとおり水と反応することにより28日間ゆっくりと強度を増加させていくものです。この間注意を払うことは、今の時期で言えば凍結です。気温が氷点下にならなければ問題はないと考えますが、心配ならコンクリート打設後のシート養生や練炭も加えれば安心かと存じます。
 ちなみに、冬季のコンクリートは普通に行いますし、冬季においては温度補正という設計強度+αの配合で発注するのが一般的です。強度も十分確保されます。
 外気温と風に注意されれば問題ないかと思います。
 

Q基礎コンクリートの養生期間について

今一戸建て住宅を建築中で基礎工事が始まっています。

8日の夜現場を見たときは防湿シートの上に配筋を組んである状態でした。
そして今日10日の午前中に見に行ったところもう底面のコンクリートは打ち終わっていて枠組みははずされ、立ち上がり部分の枠組みを組み立てているところでした。

養生期間がすごく短い気がして不安になったのですが大丈夫なのでしょうか?
また、今日は雨が降っていてそれも基礎に影響しないか心配です。

立ち上がり部分を打ってからの枠組みをはずすまでの期間の目安、そのごの養生期間の目安も教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

特に問題無いと思います

養生期間が不足の場合,型枠を外すと崩れます,型枠が正常に外せているようですから問題無いでしょう

打継は,下側の強度があれば短いほど良いのです

コンクリートの表面が固まってからの雨は全く問題ありません(表面が固まる前だとアバタになることがあります)水中養生とか水をかけることは良く行われます

今の時期,一番気をつけなければいけないのは,打ち込んだ日の夜の寒気です,水が上がってくる頃に凍ると,大幅な強度不足を起こすことがあります(このため一晩はシート等で保温します,なお,コンクリートが固まる場合,発熱がありますから,よほどの寒波に見舞われなければシート保温で充分です)

なお,
コンクリートは,型枠を外してからも強度が増加します
コンクリートの種類にもよりますが
最終強度を100とした場合
3日 20~40
7日 50~80
1月 90~99
程度になります


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング