大きなイベントにはよく後援、協賛やスポンサーがついているのをよく見かけます。これは資金援助や物品援助をする代わりにその会社の広告をするとゆうシステムですよね?僕らはアマチュアで音楽イベントを企画していて約1000人から1200人の人に会社の広告をする事が出来ます。しかしなかなかスポンサーになってくれる企業は見つかりません。アマチュアでは広告代理店は門前払いと聞きました。何かスポンサーをつけるのにいい方法は無いでしょうか?またスポンサーについての詳しいシステムや企画書の書き方等を勉強できるサイトなどありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アマチュアがイベントのバックアップをお願いするのは


ごく普通に行われています。

たとえば学園祭。多くの学校ではあれのパンフレット代は
協賛広告でまかなわれていて、
私も実行委員だったのでお願いに歩きました。
他のイベント(音楽系)をやったときも同じです。

相手にお金を出してもらうのですから、
代理店....なんてものに代わりに動いてもらおうなんて
考えている時点で、
「学生気分の抜けない団体」
という事になってしまいます。
人件費を考えたらどんな代理店でも
確実に赤字になる話ですからね。
必ず自分の足で探して下さい。

次にどこに出してもらうか。

そのスポンサーにメリットがあるかどうかを
考えて下さい。
人数ではありません。
100人しか集まらなくても町工場の社長が100人集まる
集会だったらスポンサーは簡単に見つけられます。
大企業なら10人でもok。そんなイベントに
社長が来てくれるかどうかは別ですけどね。

この人たちを相手にしたら充分メリットがあると
考えなければスポンサーは付きません。

普通の企業名PR、店舗PRだと、
10円/人が限界です。1000人だと1万円。
それも単純に複数社だとダメでしょうね。
ちなみにこれは専門誌の比較的目立つページの
広告料の相場でもあります。
きちんと客層を押さえていてもこの程度なんです。

あとはイベント関係者の腕に掛かっています。
ここらへんは商品をセールスするのと
何ら変わるところはありません。

さて、最後に、システムの説明.....
残念ですが、そんなものはありません。
商品を確実に売る方法が無いのと同じです。
企画書の書き方......
ネット上やワープロソフトに付いてくる
企画書の雛形をみて下さい。
その時にイベントのパンフレット
(前回ので大丈夫)を必ず添えて下さい。
写真もあると良いです。

あとは言葉遣いと態度。
これはNO.1さんの言うとおりです。
こちらはアマチュアでも、あちらは毎日
商売をやっているのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく書いていただきありがとうございます。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2005/04/24 12:37

会社によるんじゃない?


一番いいのはイベントやらせて貰う箱やイベンターの偉い人に相談してみたら?

音楽イベントが出来るんなら、普通にライブ映像ビデオに納めて持って行って「プレゼン」すれば?
企画書には、詳しい内容もだけど、どんな経歴(実績)が有るのかのアピールも加えればいいでしょ。

あとはお金出して貰うんだから、こ綺麗な格好と礼儀正しさ、土下座する位の腰の低さに熱意が必要。
所詮は 人vs人だから、気に入られない事には話は進まない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/04/24 12:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q協賛金と広告料と寄付金の違い

あるイベントを予定しているのですが、協賛金という名目で企業が資金を提供してくれるお金と、企業がウチの会社の広告を出して宣伝をしてくれといって出してくれるお金と、寄付と言う名目で無償で出してくれるお金は経理的にどう扱わなければいけないのでしょうか?またそれぞれのお金はイベント主催側が自由に使うことができますか?

Aベストアンサー

主催者が1社のみ、共催者なしの前提で、おおむね次のようなところでしょう。

1.寄付金
  ・支払う側:法人税申告で損金算入に限度あり。消費税は課税仕入にならない。
  ・受け取る側:入金時の収入。消費税はかからない。イベント経費は全額経費。課税仕入れになるかどうかは内容による(人件費などは課税仕入れにならない)。

2.広告料
  ・支払う側:全額経費(具体的に広告が開始されるまでは前払金)。課税仕入になる。
  ・受け取る側:広告開始時の収入。課税売上げ。イベント経費は全額経費。課税仕入れになるかどうかは内容による(人件費などは課税仕入れにならない)。

3.協賛金
  いろいろなパターンがあると思いますが、一般的には、
  ・支払う側:支払い時は仮払金。イベント終了後の収支報告書に従って自社の負担割合分が経費・課税仕入れとなる。
  ・受け取る側:受け取り時は預かり金。イベント終了後、収支報告書を作成し、協賛者に報告。自社の経費・課税仕入れとなるのは自社負担分に相当する金額。
  共催者の場合と違って、協賛者の場合には、仮にそのイベントで赤字が出ても赤字負担はさせず(追加入金は求めない)、赤字の補填は主催者がするのが一般的でしょう。その一方で、イベントで黒字になるようなことがあれば、分配も考える必要があると思います。

主催者が1社のみ、共催者なしの前提で、おおむね次のようなところでしょう。

1.寄付金
  ・支払う側:法人税申告で損金算入に限度あり。消費税は課税仕入にならない。
  ・受け取る側:入金時の収入。消費税はかからない。イベント経費は全額経費。課税仕入れになるかどうかは内容による(人件費などは課税仕入れにならない)。

2.広告料
  ・支払う側:全額経費(具体的に広告が開始されるまでは前払金)。課税仕入になる。
  ・受け取る側:広告開始時の収入。課税売上げ。イベント経費...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Qオーガナイザーとは?

お伺いしたいのですが、イベント等のオーガナイザーとは
どのような仕事内容なのでしょうか?

店とアーティストの間に入って、中間手数料を取るイメージがあり、
社会で言うところの、企業と仕事募集者の間に入って、
適正な職場を案内する、人材派遣(斡旋)業種に似ているイメージがあります。

主な仕事内容、活動スタイル、メリット、デメリット、等、
オーガナイズド業について広くお教え下さい。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私自身は別に本業があるアマチュアで「業界人」では無いですが、長年の経験で触れたことだけで言いますと…

イベントオーガナイザーといっても、クラブやホール、ライブハウス等で専属で活動している人、いわゆるイベント(興行)会社のチーフスタッフのような肩書きの人、ずばりフリーで活躍している人等様々で、私が直接知っているのは「ハウス専属型」と「興行会社型」だけなんですが、質問者のお考えの
>人材派遣(斡旋)業種に似ているイメージ
という感じ方は無いですね。
何故かというと、オーガナイザーとしての仕事の中には、確かに「アーティストと主催者の間に立つ」という仕事もあるのですが、その仕事はもっと数多くの仕事の中のほんの一部であることと、(これは人によると思いますが)多くの場合はアーティストを抱えている事務所等に「頭を下げてアーティストを借りてくる」という立場であり、実際に斡旋業をしているのはアーティストの事務所であるからです。

よって、私に言わせれば、どちらかと言うと旅行代理店なんかの方が近いイメージがあります。

「こういう観光地を、こういう日程で回りたい」(こういうイベントをこういうコンセプトでやりたい)

という注文が入って、それに対して
「具体的な行程を立て、交通手段を考え、切符や宿の手配、案内人の手配等をする」
(コンセプトに合ったイベントを企画し、会場を押さえ、アーティストを捜して手配、さらに舞台設営、照明、PA等の業者を手配…等々)
といった対比のイメージになります。

よって、旅行代理店であれば、国内旅行だけ想定しても、大げさに言えば日本全国の宿やロケーション、交通手段等の膨大な情報が手元にないと、お客の希望や予算に応じた旅行企画が立てられませんから、そういう情報の蓄積とともに、最新情報を入手できる「人脈」や同業間の「横の情報交換」が確保できていないと、商売が成り立ちません。

オーガナイザーも、日本全国とは言いませんが、アーティストの身柄だけでなく、会場や舞台関係の数多くの業者、イベント形態によっては食事の手配(お客様用)や警備・誘導関係のスタッフの手配などもすぐにできるだけの、情報の蓄積と最新情報入手の手段が無いと、商売が成り立たない道理です。これに、さらに顧客の要望に添ったイベントを企画できるセンスも求められます。
まぁ、一般的にはイベントの基本コンセプトはプロデューサーが立案し、そのイベントを実際に形作るのがオーガナイザーの役割ということになるかと思いますが、それでも細部の詰めでは、業者に対して自分の判断でプロデューサーの意向に沿った決定を下す必要があり、そういう現場センスは必須でしょうね。

そういう広範囲にわたる仕事の中では、アーティストの手配は非常に重要ではありますが、仕事のキャパとしては小さな物です。要はアーティスト事務所と交渉して出演の了解と移動の手配をするだけ…と言えますので、何かの機材をレンタルするのと仕事的にはあまり変わらないです(極論ですけどね)。

まぁ、主な仕事内容と活動スタイルについては、基本のイメージはこんな感じです。
メリット、デメリットというのは、申し訳ないですが質問者の方の聞きたい意図がちょっとよくわからないので、回答は控えます。

他の方、特に経験者の方から良回答が来るかもしれませんが、私程度の説明で良ければ、メリットデメリットについては、質問の意図を補足ください。

私自身は別に本業があるアマチュアで「業界人」では無いですが、長年の経験で触れたことだけで言いますと…

イベントオーガナイザーといっても、クラブやホール、ライブハウス等で専属で活動している人、いわゆるイベント(興行)会社のチーフスタッフのような肩書きの人、ずばりフリーで活躍している人等様々で、私が直接知っているのは「ハウス専属型」と「興行会社型」だけなんですが、質問者のお考えの
>人材派遣(斡旋)業種に似ているイメージ
という感じ方は無いですね。
何故かというと、オーガナイ...続きを読む

Q自治体主催の企業協賛ってありますか?

最近は自治体もお金がありません。何かするにも、多少の資金は必要です。その場合、その趣旨に理解を示す企業から、協賛金等を頂いてイベントや事業を行っても良いのでしょうか?
別に、その企業に恩恵を与えるわけではありませんが、一言名前ぐらいは言おうかなとも思いますが。
具体的には花火大会や祭りですが。

Aベストアンサー

花火大会に限ってお答えします。

まず、多くの自治体で、「主催:○○市 協賛:××株式会社...」という形で夏祭りや花火大会を行っています。
この場合、どうしても○○市が主催ということで、関係団体(企業間や企業と自治体など)との調整が困難な場合があります。
これは、自治体の性質によるものですから、改善するのは難しいと思われます。
また、大きな自治体ほどこういった傾向が強くでます。
事務手続きも煩雑になります。
メリットとしては、自治体主催であることが強く出せるので、警察などの関係機関との連携がとりやすい。
それに、自治体としての発言権が強いので、協賛団体に飲み込まれることが少ないことです。

もう一つとしては、「○○花火実行委員会」として、実行委員会形式をとる方法です。
これは、実行委員会という団体を一つ作り、委員長を自治体の長、副委員長やそれ以外の委員等を協賛団体(もしくはその代表)にするものです。
実行委員会という形式上、自治体の発言権は減りますが、関係団体の協力を得やすい方法です。
また、小回りがききますので、すぐにきめ細やかな対応もできます。

どちらの方法も一長一短ですが、花火大会を実施する自治体の規模や、商工会議所・経済団体等との関係、それに準備期間などを考慮しながらよい方法をとってください。
花火大会の成功を願っています。

花火大会に限ってお答えします。

まず、多くの自治体で、「主催:○○市 協賛:××株式会社...」という形で夏祭りや花火大会を行っています。
この場合、どうしても○○市が主催ということで、関係団体(企業間や企業と自治体など)との調整が困難な場合があります。
これは、自治体の性質によるものですから、改善するのは難しいと思われます。
また、大きな自治体ほどこういった傾向が強くでます。
事務手続きも煩雑になります。
メリットとしては、自治体主催であることが強く出せるので、警察などの関係機...続きを読む

Qネット金額とグロス金額の違いは?

仕事でプロモーション関連を担当しているのですが、広告を出稿する際に見積をみると、よく「ネット金額」や「グロス金額」というものが出てきます。既に社内の人には聞ける立場ではないので困っています。ちなみに広告出稿には広告代理店を使っています。見積は代理店から頂く場合と広告出稿先から頂く場合があります。
代理店マージンが絡む場合と絡まない場合で異なるのでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ネットとは原価。グロスとは利益込の価格の事です。つまりグロスとは代理店マージンが含まれていますとの事です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報