ポップス曲のレビューなどを読んでいると、
「Aメロは~で、Bメロで転調して~」などと書いてありますが、転調しているという判断が自分ではできません。なんとなく転調してる?と感じても、はっきりはわかりません。どうしたら、分かるようになるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

細かいことはさておき、ごく大雑把に述べます。



大前提は、「メロディーをドレミで聴くことができること」です。ドレミの感覚でメロディーをとらえながら聴いていくと、曲によっては、途中で、そのドレミの流れではとらえられないところが出てきます。
本当に大雑把な言い方ですが、その部分が、転調した部分だという場合が多いです。

では、どうやって、「メロディーをドレミで聴くことができる」ようになるか。これは、訓練しかありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは、要するに、耳コピが出来ないといけないわけですね。
う~ん、むずかしいですね・・・。

お礼日時:2001/09/06 21:28

聞いて転調がわからなくても気にしたことはありません(^^;




転調していると分かっている曲を聞いて,その時の特有の曲の感じの変わり方を覚えると、あ、あれと同じだと
転調したことを感じられるようになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

調性が違うと、曲の雰囲気が違うんですね。
いろいろ聴いて、感覚を養おうと思います。

お礼日時:2001/09/07 13:01

転調とは曲の途中でキーが変わることです。


kazu-kunさんが曲の途中で「今のキーが何なのか」の判断ができれば分かると思います。

分からないことがあったら補足お願いします。
    • good
    • 0

楽譜を買ってきて、読んでいくと調性記号(小節の頭についているシャープやフラット)が変わっている個所があります。

そこが転調している個所ですから、楽譜を読みながら曲を聴けば、「ああ、これが転調している個所か」と分かると思うのですが。

この回答への補足

楽譜を見ないで分かる方法はないでしょうか?

補足日時:2001/09/06 20:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q転調音楽について(ヴィンツェンツォ・ガリレイ)

 アマチュアでヴァイオリンをやっているのですが、来る日も来る日もボーイング練習ばかりをやっていると、だんだんイライラしてきて、そもそもなんでバッハの《シャコンヌ》のような変奏曲が生まれたのかという疑問を持つようになりました。
 確か、それよりも少し前の時代にガリレオの父が十二平均律を算出したのを思い出し、転調よりも彼がどうやって平均律を算出したのか知りたいと思いました。そこで質問ですが、彼は数論を使って導いたのでしょうか、それとも幾何を用いて導いたのでしょうか。
 あるいは別な方法だったのでしょうか。

Aベストアンサー

 リュートを弾いていた経験からだと言われています、
ですから正確には平均律に近似した音律です、
(よく言われるアリストクセノスの音階も平均律に近似した音律です)
数学的に算出したのは、中国の朱氏が最初だとされています、
(朱氏の書いた律呂精義がヨーロッパの音楽家に大きな影響を
与えたと習いました)。

Q独唱、合唱などで、ことばがはっきりするには速度が関係する。といわれまし

独唱、合唱などで、ことばがはっきりするには速度が関係する。といわれました。だから数節あるものは節ごとに速度が異なるといわれましたが、このような速度感覚はどのように養うものでしょうか?

Aベストアンサー

歌詞を朗読すると良いのではないでしょうか?

日本語にしろ外国語にしろ文章にはアクセントや区切り、どの言葉を強調するかとかあります。

Q転調

他の人の質問を見ていて思ったんですが、「これはヘ長調」とか「ここまではト長調で、転調してここからはホ短調」なんて、なんで分かるんですか?
何で判断してるんですか?
ドレミファソラシド
ラシドレミファソラ
曲の中で「♪レファラミ」ってあったとして前者の「♪レファラミ」か後者の「♪レファラミ」か、なんて区別が付かないと思うんですけど、、、
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

1)「曲を聴いていて分かるものですか?」
・・・これは分かりますね。例えば童謡のように、メロディーなしで歌うことがある曲を思い浮かべれば分かると思います。同様のような非常にシンプルな曲は、伴奏がなくても大体のメロディーラインからどんな「調性」か分かりますし、伴奏をつけるとしてもどんな音を使えばいいか予想できますね?

2)「伴奏がヘ長調のものとイ短調のものでメロは同じってことはありえますか」
・・・詳しいことや正確なことは説明できる自信がありませんが、ハモリや伴奏の付け具合で、同じメロディーでも、ヘ長調の伴奏やイ短調の伴奏のどちらでも付けることは可能だと思います。但しこれにしても、「曲全体が何長調なのか何短調」なのかが影響するのではないでしょうか。

3)「同じ曲でも読む人によってドレミが違っちゃうってことですかね」
・・・「読む人によって変わる」のではなくて、「音階の理論上のとらえ方の違い」です。
「移動ド」と「固定ド」と言うのは、「絶対音」と「相対音」と考えてもいいかもしれません。例えば♭がひとつ付く長調を「ヘ長調」と言いますが、これは楽譜で見ると「ファソラ、(フラットのつく)シ、ドレミファ」ですね。これを楽譜通りに「ファソラシ~」と読むことを「固定ド」と呼び、たとえ「ファ」やそれ以外の音から始まっても、「ドレミファソラシド」の音の並びと全く同じと考えて、常に「ドレミファソラシド」と読み替えるのが「移動ド」の考え方です。

つまり、「実際の音に関係なく」常に「ド」から読み始めるのが「移動ド」であり、「音の元々の名前と常に同じ名前」で読むのが「固定ド」と言うわけです(専門家の方、これで正しいですよね?逆になってませんよね?)。

4)「和音」に重きを置く理由は何ですか?
・・・これは音楽に和音がなかったら、「曲に深みが出ないから」ではないでしょうか。専門的に言うともっと違う答えようがあるかもしれませんが、私には自信がありません。

日常生活に例えるとしたら、自分ひとりで勝手に行動(音楽でいえば、「メロディーだけ唄う」)したって周りから浮いて、いわゆる「KY」状態になるでしょう?周りの環境と折り合いをつけて強調する(「和音を作る」)ことによって社会がうまくいく訳でしょう?それと同じことだと思います。例えがこじつけの様な気もしますけど・・・。正確な理由を説明できなくてすみません。


5)《小節内の音をまとめて和音にした場合》・・・何のために「まとめる」んですか?
・・・質問者様が分かりやすいようにと思って、「伴奏の音を、例えばまとめて和音にしたら・・・」と言う話をしたまでで、必ず和音でなければならないと言ったわけではありません。

6)「和音」を使わないで「伴奏」はできませんか?
・・・できないことはありません。その証拠に、バッハの曲や有名な「パッヘルベルのカノン」では、メロディーの伴奏をするのに元のメロディーを重ねますでしょ?童謡の「蛙の歌が聞こえてくるよ~」だって、メロディーの伴奏をメロディーでするでしょ?そういう意味では和音を使わずに伴奏することは理論上はできます。しかし、それだけでは音楽が進歩しません。先ほども申しましたように、和音があるから音楽に厚みや深みが生じるのです。

和音がいらないんだったら、極論すれば、オーケストラだって必要無くなるでしょ?だから「和音」は絶対に「音楽にも日常生活にも」大事なんです。

以上です。専門的なことを言って分かりづらかったと思いますが、どうやら今迄のQ&Aを拝見していると、質問者様はもう少し楽典の勉強をなさった方がいいですね。

1)「曲を聴いていて分かるものですか?」
・・・これは分かりますね。例えば童謡のように、メロディーなしで歌うことがある曲を思い浮かべれば分かると思います。同様のような非常にシンプルな曲は、伴奏がなくても大体のメロディーラインからどんな「調性」か分かりますし、伴奏をつけるとしてもどんな音を使えばいいか予想できますね?

2)「伴奏がヘ長調のものとイ短調のものでメロは同じってことはありえますか」
・・・詳しいことや正確なことは説明できる自信がありませんが、ハモリや伴奏の付け具...続きを読む

Qホ長調からロ長調へ転調するには?

作曲しているものです。ホ長調の属調転調はロ長調と知ったのですが、ホ長調のVからロ長調のIに転調しても、違和感があるのですが、はたしてこの転調はあっているのでしょうか?

AM7→B→C#m→D#m

ていうふうに転調しているのですが、あっていますでしょうか?

また、間違っていたら正しい転調コード教えてください^^

Aベストアンサー

こんにちは。

そのコード進行は、‘あり’です。
問題ありません。

違和感の原因は、おそらく3つ目の C#m だと思います。
嫌だということであれば、
C#m ではなく C# にします。


ご参考になりましたら幸いです。

Qどこまでがクラシック音楽?~オペラ座の怪人など~

オペラで使われている曲の中には、器楽的に見ても素晴らしいものも多いですよね?

でも、オペラで使われている音楽はどこまでがクラシック音楽と呼べるのでしょうか?

例えば、“オペラ座の怪人”はまず原作が1909年に発表されたものですし、あくまで“オペラ”ではなく原作を映画化したものとして扱われているとうに思います。
そうすると、“オペラ座の怪人”や“Music of the Night”“Think of me”などは映画のサントラであってクラシック音楽ではないのでしょうか?

また、ウェストサイドストーリーなどもクラシックではないのですか?

Aベストアンサー

何だってクラシック音楽だと演奏者が言い張って演奏すればクラシック音楽ですよ。
オペラ座の怪人でもウェストサイドストーリーでも何でもいいのです。

別に明確な定義があるわけではありません。チックコリアのスペインだって元はジャズ・フュージョン音楽ですが、オーケストラでクラシックとして取り上げれば「クラシック」です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報