魯迅の「故郷」一文です。
希望是本無所謂有、無所謂無的。這正如地上的路、其実地上本没有路、走的人多了、也便成了路。
この文にレ点や返り点など付けた「書き下し文」を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

魯迅の文章は「文言文」ではなく「白話文」、つまり話し言葉ですね。

そして現代中国語であって古典ではないのです。日本の書き下し文は古来の漢文を読む為に使われた方法なので、魯迅の文章は対応しきれないかと思われます。

それでも無理矢理書き下しにすると(すいませんレ点や返り点はちょっと勘弁してください(汗)

「本(もともと)希望是(これ)有りと謂ふ所無し、無しと謂ふ所も無し。這は正に地上の路の如し、本は其れ実は地上に路なし、走する人多ければ、路と成る也り。」
となります。かなり無理が出ていますが勘弁してください(汗
    • good
    • 0
この回答へのお礼

魯迅の文章は古典ではなく、現代中国語なのですね…。勉強不足なもので初めて知りました。
datemaki様には、二度にわたりご回答頂き感謝致します。本当にありがとうございました!!

お礼日時:2005/04/05 20:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q魯迅の故郷について

魯迅の故郷について

魯迅の故郷の中で、『厳しい寒さの中を、二千里の果てから,別れて二十年にもなる故郷で、私は帰った』とあるのですが、その故郷の場所というのはどこになりますか?

多分中国のどこかになるのは分かるのですが、魯迅の故郷の場所が載っているサイトありましたらおしえていただきたいです。

また、魯迅についてのサイトがありましたら、教えて頂きたいです

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

魯迅の故郷は「紹興酒」で有名な「紹興」という街です。
今なら、杭州から高速道路で1時間ほど東に行けば到着します。
魯迅の生家は今は「魯迅故里」として、紹興では一番の観光地になっています。
http://www.geocities.jp/torabane/btrip114.htm
http://www.geocities.jp/ktpjh362/shanhai/rojin.html
http://www.city.sendai.jp/kikaku/kokusai/city/shao_xing/shao_xing.html

Q魯迅の「故郷」について

希望是本無所謂有、無所謂無的。這正如地上的路、其実地上本没有路、走的人多了、也便成了路。この読み方を教えて下さい。

Aベストアンサー

外国語のカテの方がすぐ解答が来そうな質問だと思いますが…
とりあえず読み方ピンインですw

xi1 wang4 shi4 ben3 wu2 suo3 wei4 you3,wu2 suo3 wei4 wu2 de.
zhe4 zheng4 ru2 di4 shang4 de lu4,qi2 shi2 di4 shang4 ben3 mei2 you3 lu4,
zou3 de ren2 duo le,ye3 bian4 cheng2 le lu4.

Q魯迅に関する論文検索について

国内で発表された魯迅の古典研究に関する論文を探しています。
もともと、古典研究に関する論文は少ないらしいのですが、現時点で探し出せたのは、小川環樹先生の「魯迅の古典研究」と林田慎之助先生の「魯迅のなかの古典」の2つだけなのです。
このように魯迅関連の論文を国内で探す場合、どのような方法で探すのが一番良いのでしょうか?
京都大学の『東洋学文献類目』などをあたってみるのですが、(当然そうなりますけれど)国内外の論文が多く、なかなか思う所の論文を探し出せません。
魯迅関連の論文目録のようなものは、国内では刊行されていないのでしょうか?
もし、ご存知の方がおられましたらご回答願います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のようなデータベースを見つけました。
収録雑誌は次のようですので、なにか参考になるのでないでしょうか?

  『新文学史料』(2000年4期まで)
  『魯迅研究月刊』(2000年12期まで)
  『中国現代文学研究叢刊』(1983年1期から2000年4期まで)
  『中国現代文芸資料叢刊』(1-8期:1962-1984年)
  『文学評論』(1978年1期から2000年6期)
  『出版史料』(1982年12月から1992年4月)
  『魯迅研究資料』(1-24期)


中国近現代文学関係雑誌記事データベース
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~ozaki/

Q「怪人フーマンチュー」と魯迅の小説「離婚」に出てきた単語について教えてください。

「怪人フーマンチュー作サックスローマー、創元社発行」に出てきた単語の中に「七大人」単語がありました。出て来た箇所は64ページ一行目上段「長老エンスンヤットは七大人の一人ですよ!」と載っていました。そして、魯迅の「離婚」という小説の中にも「そこには七大人(しちたいじん)も招かれている。」とか「調停が七大人を交えて、尉老爺の屋敷で行なわれていることになっていた。」と書かれていました。「七大人」とはどのような意味なのか魯迅の「離婚」や「怪人フーマンチュー」を読まれた方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

どちらの作品も読んでいませんが、世界七不思議などと一緒で、大人(たいじん)の中でも特に優れた七人、といったニュアンスではないでしょうか?

goo辞書「たいじん 【大人】」
http://ext.dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/116736/m0u/%E5%A4%A7%E4%BA%BA/

Q添削お願いします(魯迅について)

魯迅についての中国の人の意見に興味があり訳しています。添削お願いします。

・曾借了<<魯迅全集>>準備全面了解先生的文章、誰知如先生看<<二十四孝>>只看到“食人”、我看他的作品、ye看到“罵人”。かつて「魯迅全集」を全体的に理解するつもりで借りた、先生が「二十四孝」を読んでただ「食人」をみつけたように、私は彼の作品を読み、「罵人」が目に入ったとは誰が知ろう。

・了解魯迅之偉大是因為他的年代没有像他到処罵人。
魯迅の偉大さを理解したのは彼の時代には彼のようにいたるところで人を罵る人はいないからだ。

・他曾経帯給中国人民的精神財富。彼はかつて中国人民に精神の財産を与えた。

・記憶頗深的是銭先生対先生的所謂“無物之陣”的深刻解釈、先生描写的是毎一個個体在無物之陣中的zhengzga。かなり深く覚えているのは、銭先生が先生に対してのいわゆる「無物之陣」の深い解釈だ、先生の描写は?。

・不知道這是否ye是一種伝承。?一種の伝承だ。

Aベストアンサー

原文の素材を壊さないように気をつけて改修してあります。
*は原文の私の添削です。**はこのように修正した方が良いなぁと思う参考文です。
標点符号に気をつけてください。

>・曾借了<<魯迅全集>>準備全面了解先生的文章、誰知如先生看<<二十四孝>>只看到“食人”、我看他的作品、ye看到“罵人”。

**曾借来的<<魯迅全集>>準備全面了解先生的文章,誰知如先生看<<二十四孝>>里只看到“食人”的文章,而我看他的作品,也看到“罵人”的文章。

>かつて「魯迅全集」を全体的に理解するつもりで借りた、先生が「二十四孝」を読んでただ「食人」をみつけたように、私は彼の作品を読み、「罵人」が目に入ったとは誰が知ろう。

**かつて総体的に魯迅先生の文章を理解するつもりで「魯迅全集」を借りてきたが、誰が知ろうか如先生は「二十四孝」の中でただ「食人」の文章だけを読んだが、私は彼の作品を読み「罵人」の文章を読んだ(読んでしまった)。

看:見る。読む。← この両方の意味が有ります。ここでは"読む"のほうがふさわしいのでは・・・?。"見る"がご希望なら"読んだ"をそのまま"見た"と置き換え可。
--------
>・了解魯迅之偉大是因為他的年代没有像他到処罵人。
**据了解魯迅之偉大是因為在他的年代里没有人敢像他那様到処罵人。
>魯迅の偉大さを理解したのは彼の時代には彼のようにいたるところで人を罵る人はいないからだ。
**(読んで)理解したところによると魯迅の偉大さは彼の時代には恐れずに彼のように至る処であのように人を罵るような者はいなかったことである。

敢:恐れずに。思い切って。
--------
>・他曾経帯給中国人民的精神財富。
*他曾経帯給中国人民精神財富。
**他曾経給中国人民帯来了精神財富。
>彼はかつて中国人民に精神の財産を与えた。
*彼はかつて中国人民に精神財産をもたらした。
**彼はかつて中国人民に精神の財産をもたらしたことであります。

給~帯来~:~へ~をもたらす。
--------
>・記憶頗深的是銭先生対先生的所謂“無物之陣”的深刻解釈、先生描写的是毎一個個体在無物之陣中的zhengzga。
**記憶頗深的是銭先生対先生的所謂“無物之陣”的深刻解釈。先生描写的是毎一個個体在無物之陣中的zhengzga。
>かなり深く覚えているのは、銭先生が先生に対してのいわゆる「無物之陣」の深い解釈だ、先生の描写は?。
**とても深く覚えているのは銭さんの先生のいわゆる「無物之陣」に対する奥深い解釈であります。先生の描写されているところは各個体は無物之陣の中のzhengzgaであります。

zhengzga:真假 zhen1jia3 ですかねぇ?
--------
>・不知道這是否ye是一種伝承。
**不知道這是否也是一種傳承。
>?一種の伝承だ。
**これもまた一種の伝承なのかどうか知らない(判らない)。

傳承:口傳、傳説のことですね。
--------
魯迅短編『孔乙己』もきっと感動を覚えますよ(^^♪。

原文の素材を壊さないように気をつけて改修してあります。
*は原文の私の添削です。**はこのように修正した方が良いなぁと思う参考文です。
標点符号に気をつけてください。

>・曾借了<<魯迅全集>>準備全面了解先生的文章、誰知如先生看<<二十四孝>>只看到“食人”、我看他的作品、ye看到“罵人”。

**曾借来的<<魯迅全集>>準備全面了解先生的文章,誰知如先生看<<二十四孝>>里只看到“食人”的文章,而我看他的作品,也看到“罵人”的文章。

>かつて「魯迅全集」を全体的に理解するつもりで借りた、先生が「...続きを読む

Q魯迅の決意

魯迅は、日本に医学生として留学中、
「医学より、中国人の精神改革が急務」
と、文筆活動を開始した。

と言う事になっておりますが、
そう決意したキッカケを知りたいのです。

諸説あるようですが、
なるべく、説得力のあるエピソードを
教えて下さい。

または、史実ありのまま、でも結構です。

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

魯迅の小説「藤野先生」は、魯迅と仙台留学時代の藤野先生との心の通い、仙台での暮らしを描いたものです。

これによれば、

藤野先生はある日、魯迅にノートの提出を求めます。2,3日後に返されたノートは「初めから終わりまで、すっかり朱筆で添削され、文法の誤りまでいちいち訂正してあった」。それが学年の講義が終わるまで続きます。
しかしこの行為が日本人学生の疑惑を招くことになります。
ある日、学生会幹事がノートをみたいと魯迅の下宿にやってきます。中国人がいい点をとったのは藤野先生が試験問題を漏洩したためではないかと疑ったのです。疑いは晴れましたが、魯迅の心は痛みます。
「中国は弱国である。それゆえ中国人は当然低能児である、点数が60点以上あるのはその人の人の能力ではない。彼らがそう疑ったのも無理はない」と彼は歯をくいしばるのです。
さらに「事件」が起きます。
階段教室で魯迅は日露戦争中に中国人のロシアのスパイが処刑される幻灯を見せられます。歓呼の声をあげる同級生、画面のなかでの処刑をみる中国人群衆の笑い顔が彼の胸をえぐります。
「もはや言うべき言葉がない」「およそ具弱な国民である限り体格がいくら立派でも、頑健でもせいぜい見せしめの材料と見物人になるだけだ。彼らの精神を改造することである。それに役立つには医学でなくて、文芸を挙げるべきだ」(駒田信二訳)と魯迅は決意するのです。

魯迅の小説「藤野先生」は、魯迅と仙台留学時代の藤野先生との心の通い、仙台での暮らしを描いたものです。

これによれば、

藤野先生はある日、魯迅にノートの提出を求めます。2,3日後に返されたノートは「初めから終わりまで、すっかり朱筆で添削され、文法の誤りまでいちいち訂正してあった」。それが学年の講義が終わるまで続きます。
しかしこの行為が日本人学生の疑惑を招くことになります。
ある日、学生会幹事がノートをみたいと魯迅の下宿にやってきます。中国人がいい点をとったのは藤野先生...続きを読む

Q魯迅の経歴

魯迅の「故郷」の中で、楊おばさんが、「わたし」のことを「知事様になって」と言う場面があります。
(1)魯迅は知事だったのでしょうか。
「故郷」の主人公「わたし」が魯迅と同一人物かどうかもわかりませんが、なんとなくそう読んできました。フィクションならフィクションでもよいのですが、もし、実際の体験をもとに創作したものなら、本当に知事だったのかどうか、教えて欲しいのです。
(2)もしそうだとしたら、日本の知事と同じような地位と考えてよいのでしょうか?
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

 参考URLをご覧ください。

参考URL:http://tb.sanseido.co.jp/kokugo/kokugo/j-kokugo/hotline/3rd/kokyo.html

Q魯迅の孔乙己や端午の節季は何を表しているのですか?

魯迅の小説を読んでいるのですが、孔乙己や端午の節季といった作品が何を言いたいのかが分かりません。
故郷や阿Q正伝のようなメジャーな作品は様々な所で解説がなされているのですが、それ以外の作品について解説がまとめてあるサイトなどありましたらご教示ください。

Aベストアンサー

魯迅の孔乙己や端午の節季の意図。
雑駁に言えば、旧体制の矛盾や旧知識階級の風刺を通して、旧車會の無力化と時代の趨勢を表現しているもの。体制が崩れる中での彼らの非力さと同時に、善良さは見逃していません。
この程度のことは言うまでもない事でしょうね。
文章としてはむしろ風刺の面白さも外せません。

その他の作品についても中国語サイトでしたら解説が沢山あります。権威の有りそうなものから、一般中国人の解説まで多種に及びます。
以下例示します、中国語可でしたら楽しめます。
■http://zhidao.baidu.com/question/312886351.html
鲁迅端午节表达的是什么意思?
1、社会背景:本篇最初发表于一九二二年九月上海《小说月报》第十三卷第九号。当时正处于"五四"落潮期,新文化运动和"五四"运动激发起民众的反封建的革命热潮,但这种狂热随着军阀政府与封建旧势力的镇压,暂时退了下去。新旧势力的交锋出现了此消彼涨的状况。在这种情况下不单一些封建的遗老遗少们开始大行其道,就是一些接受了新文化洗礼的人也回到了旧的轨迹上来了。还有一些貌似进步,实则落后的人物趁机转向。
2、中心思想:《端午节》就是鲁迅先生运用轻松幽默的方式对“方玄绰”这类表面上进步,骨子里落后的旧知识分子的辛辣讽刺。
3、人物形象:《端午节》塑造了一个表面上进步,骨子里落后的旧知识分子"方玄绰"的形象。方弦绰是“这些因循守旧,看不惯新的事物,总是喜欢在过去的世界里思考问题的人物代表。”
(1)从他的身份地位上看,他不仅厕身于高等学府,喜欢发发奇谈怪论,而且又混迹于官场,扭扭捏捏地做个政府的小官。这个知识分子加官僚的身份,使他说话做事充满矛盾,——“索薪”事件,更是使他不尴不尬,左支右绌,颜面尽失。
(2)从他的文化角色上看,他表面上是新式文人,天天捧着《尝试集》咿咿唔唔。但骨子里浅薄、市侩,在家里是坐吃等伺候的“家长”,在社会上是袖手旁观,静观待变的“看客”,是个披着新衣的旧式文人。
4、语言:鲁迅在这篇小说中采用的是轻松、幽默的讽刺笔调。通过描写方玄绰的行为、语言和心理,让主人公自己的小丑表演来使读者发笑,沉思。
■http://zhidao.baidu.com/question/107513079.html
你想对鲁迅说什么?你想对孔乙己说什么?
你想对孔乙己说什么?
有人说你是疯子,有人说你是社会的残渣。因为你连秀才也考不上,还不能自食其力,要靠偷窃维持生计。就这样,穿长衫的看不起你;短衣帮耻笑你;连和你同是读书人,代表着社会先进团体的丁举人也肆意殴打你。但我明白你,我知道你是无奈的,你的心地是善良的。因为我看到穷困潦倒的你把茴香豆分给孩子们吃,我看到举目无亲的你教孩子写字。是可恨的封建科举制度坑害了你!孔乙己,孔乙己,你的死去也许是无辜的,但一定是有价值的。希望世界上再也没有人重演你的悲剧。
■http://baike.baidu.com/view/125374.htm
孔乙己

*おまけです
■「孔乙巳」kǒng yǐ sì と
 「孔乙己」kǒng yǐ jǐ が存在しますが何れが正しいか。
 中国小学校での教育も かつては前者、
            現在は後者のようです。
 http://blog.sina.com.cn/s/blog_4b28d962010006cy.html
 魯迅の原文では「孔乙巳」だが"巳"の筆画がやや曖昧。
 曖昧なのも魯迅が風刺を込めた意図的なことではないか、
  などの見解も(この見方にもそれなりの理由があります)。
■孔乙己(古典舞男子独舞,表演:孙科)
 http://www.youtube.com/watch?v=PMF9r8Q51Uc
孔乙己 を主題にした舞踊です、ややパントマイム風な。

魯迅の孔乙己や端午の節季の意図。
雑駁に言えば、旧体制の矛盾や旧知識階級の風刺を通して、旧車會の無力化と時代の趨勢を表現しているもの。体制が崩れる中での彼らの非力さと同時に、善良さは見逃していません。
この程度のことは言うまでもない事でしょうね。
文章としてはむしろ風刺の面白さも外せません。

その他の作品についても中国語サイトでしたら解説が沢山あります。権威の有りそうなものから、一般中国人の解説まで多種に及びます。
以下例示します、中国語可でしたら楽しめます。
■http://zhidao.b...続きを読む

Q魯迅は故郷を再び訪れたか

魯迅に『故郷』という小説があります。
この作品の内容は、作者本人が経験した出来事が元になっていると聞いたことがあります。
とすると、魯迅の実体験として、自分の故郷で容易には変革できない中国の厳しい現実、もしくは人と人との心の壁を感じ取ったのだろうと類推されます。
文学テキストと現実を同列に語ることができないのは承知していますが、自分の生まれ故郷でそうした苦い体験をした魯迅が、その後再び故郷を訪れたことがあるのか、ないのかが気になります。
ご存知の方がいらしたら教えてください。
「ある」「ない」だけでもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の手元に、旺文社文庫の「阿Q正伝・狂人日記」という1970年に発行された文庫本がありますが、その最後のほうに魯迅の年譜があります。
日本に留学した1902年からほぼ、毎年の事が記載(量は少ないですが)されています。

それによると、やはり1919年12月(38歳)に故郷に帰っています。理由は、故郷の家を整理するのと、母親と末弟(建人)らを北京に呼び寄せるためで、12月末に北京に帰っています。以後は、亡くなるまで故郷へ帰ったという記載はありません。  1921年1月(40歳)に「故郷」を出版。

私見ですが、魯迅の行動記録を見ると、とても帰郷する時間は取れなかったと思いますし、彼自身も心情からすれば、帰る気にもならなかったと思います。
ですから、1919年12月が最後の帰郷だと思います。

Q魯迅の藤野先生について。

レポートなんですが、どう書いていいのか分からず、てんてこ舞いになってます!!
「魯迅の『藤野先生』を読んで、幻燈事件を中心に民族問題について論じる」というのがテーマなんです。
まず、幻燈事件の事がよく分かりません。。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のサイトの中段あたりまでスクロールすると登場する文が
参考になりますでしょうか?

参考URL:http://66.102.7.104/search?q=cache:zNSc3U-B8j4J:www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/study/ozakihotsuki.html+%22%E5%B9%BB%E7%8


人気Q&Aランキング

おすすめ情報