はじめまして。現在就職活動中の大学4年生です。実は就活中にどうしてもものたりないなぁーと思うことがよくあって、それは大学生活で自分自身の力で作り上げた飛び切りスカッとした思い出がないからだという結論になりました。

そこで最後の夏に何かってやろうと思い『海の家』をやろうとおもいました。
今現在茨城県つくば市に住んでおり車も最近もちはじめました。場所は千葉か茨城県の太平洋側がいいかなと思っているのですが少し遠くてもかまわないと思ってます。まだ具体化されていないのですが沿岸近くのアパートを借りて付近に小屋を建てるか、廃屋になっているものをリニューアルしようという計画です。

早いうちに沿岸付近の不動産屋を回ってみようかなと思っているのですが、なにぶんはじめてだらけの事なのでほかに何をすればいいのか、たとえば事務的な手続き(保険所や役所、不動産屋など)がよくわかりません。もしその手の事に詳しい方やよい海岸、リニューアルできそうな沿岸付近の廃屋などご存知の方がいればぜひお知恵を拝借願いたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

~これから海の家を目指す人へ~



海の家を営業するためには、まず砂浜の組合から権利を買わなくてはなりません。その金額に海の家の建築費を合わせた開業資金はおよそ400万円。さらに、夏が終わると店を壊さなくてはいけないため、その費用50万円を確保しておかないといけないのです。
少ない予算で始められる海の家ですが、A様になるためには居心地の良さを提供し、常連客を作ったり、夜にバーを開くなど、新しい海の楽しみ方を提案したり、客の流れを呼んだり、と様々な努力が必要です。どこにでもある普通の海の家では、お客さんは入って来ません。短い期間の勝負だけに、その営業努力を惜しんではならないのです。

参考URL:http://www.ntv.co.jp/a-sama/20030805/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

450万もかかるのですね!既存の家のリニューアルや小屋の自作などで経費を抑える事はできないのでしょうかね。しかし海の家ってほんと大きな可能性があるんすね。ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/06 18:30

友人が、鎌倉で海の家をしています。


外の気温で売上が変わるそうですが、期間料金が600万円くらい必要だと聞きました。
数年前の夏の寒さで謝金があるとも聞きました。
タイミングよく、稼げる時に土地の売買をしてくれればラッキーみたいですが、売上の悪い年に限って話は来るようです。
毎年、シーズンが終わるまでに翌年の場所の話が出るそうなので、空きが来るまではなかなか入れないそうですが、鎌倉近辺の海岸は、価格が高いので撤退してる所もあると聞きました。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答が遅くなってしまいました。ごめんなさい。
いろいろもんもんと考えたのですがとりあえず動いてみる事にしました!現在茨城県沿岸を目標に交渉しているのですが、地域によって対応が違いますね。

まだまだ困難は山積みですが必ず成功させて見せます。アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2005/06/03 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海の家。

まだシーズン前ですが、
この時期から開いている「海の家」って
あるんでしょうか?

本格的な「海の家」でなくても構いません。

この時期から、
夏気分を先取りできる「海の家」をご存知の方、
教えてください。

Aベストアンサー

九十九里には一年中営業している海の家があるそうです。
http://blog.livedoor.jp/chibab/archives/50140369.html

Qメールマガジンを使ったビジネスをやろうかと

メールマガジンを使ったビジネスをやろうかと思っていますが、僕自身。何十個もメルマガをとってますが、実際読んでいる者はほとんどありません。もうメルマガを使ったビジネスをするのは古いのですか?誰もがメルマガを購読することに飽きているのですか?
そういった書籍が沢山でているので、飽和してきたと感じています。つまり儲かっている人がノウハウを教えだした(儲かっていればノウハウは教えない。)で、儲けるノウハウが無い人達が、その使い古しのノウハウが欲しがっているという感じがします

Aベストアンサー

メルマガ自身で儲けることはもう無理だと思いますが(「まぐまぐ」などの大手メルマガベンダーがありますので・・・)、ネットビジネスにおける顧客の誘導方法としては依然有効な手段だと思いますよ。
ただ、対象はPCではなくケータイです。PCだとメール自動振り分けなどで読まれないことが多いからです。読まないメルマガを取るのは、単純にインセンティブ(ポイントサイトのポイントなど)をもらうためだけ、という場合が多いです。
あと、やっぱり数が違います。いくらブロードバンドが普及したといっても、ケータイユーザーとPCユーザーでは1桁近く差があるでしょう(ケータイ8000万台、ブロードバンド1000万世帯くらいでしたっけ?)。

シャープが「メルモ」というメルマガサービスを後発で始めているのですが、当初「まぐまぐ」などはPCユーザーを対象としていたのに対し、「メルモ」はケータイユーザーにスポットを当てたサービスとしていたそうです。このため、かなり後発であったにもかかわらず現状業界シェア2位まで上り詰めているそうです。
私自身、PCのメルマガは数え切れないほど取っていますがほとんど読んでいません。逆に、ケータイのメルマガはよほど必要なものでない限り取りません。つまり、ケータイのメルマガは登録してもらえさえすれば購読される率はかなり高いということだと思います。

メルマガ自身で儲けることはもう無理だと思いますが(「まぐまぐ」などの大手メルマガベンダーがありますので・・・)、ネットビジネスにおける顧客の誘導方法としては依然有効な手段だと思いますよ。
ただ、対象はPCではなくケータイです。PCだとメール自動振り分けなどで読まれないことが多いからです。読まないメルマガを取るのは、単純にインセンティブ(ポイントサイトのポイントなど)をもらうためだけ、という場合が多いです。
あと、やっぱり数が違います。いくらブロードバンドが普及したといって...続きを読む

Q花火大会で海の家が。。。

江ノ島の花火大会で海の家が砂浜を陣とっていました。
去年もそうでしたが去年よりも今年はさらにたくさんの海の家が
場所を陣とっていて、一般の人がシートを使って座れる範囲が
とても狭くなっていました。
そのくせ海の家の人たちは自分たちの陣取った広い場所にシートを
敷きたいのなら一人2000円とか、中には一人5000円(!!)という
ところもありました。
あれって海の家は許可をとってやっていることなのでしょうか?

Aベストアンサー

土地を「占有」するとなると、地権者に「占有の許可」を貰わないとなりません。

しかし、海の家が「場所取りの代行をしていて、代行料を貰っているだけ」と主張した場合、それは「一般人が普通に場所取りするのと同等の行為」になってしまいます。

また「地権者にお金を払ってスペースを借り、一般からお金を取って又貸しするとの契約をしている」など正当な手続きをしている場合、文句は言えません。

さらに、花火大会などの場合は、実行委員会などの大会運営組織が会場を仕切っていて、場所を海の家に割り当ててる場合もあります。その場合、海の家が「協賛金を多く出してる」とか「背後にコワい人達が居る」とかだと、運営組織は余り文句を言えなかったりします。

大きなお金が動くイベントには「大人の事情」が付き物です。

Q知人と二人で飲食店をやろうと思っていますが・・・

今、とある居酒屋で働いています。
そこの店長と、来年あたりに二人で出資額を一緒に
お店を出そうと思います。

お店をやっていくにあたり必ず起こる問題など
ってどのようなことが考えられますか?
やはりお金のことでしょうか?

最低限学んでおいた方が良い経営についての
知識などありますか?

教えてください
お願いします

Aベストアンサー

良いときは上手くいきますが、売り上げが伸びないときや、行き詰まった時には必ず意見が分かれたり、責任のなすりあいになりのが人情です。
良いときの事より、最悪の場合にはどのように意志決定していくのか、責任の割合、片方だけが辞める場合の経費負担(不採算時には更に重くなる)など、悪い時のルールを徹底的に話し合い、事前に明文化する事がトラブル回避には不可欠です。

雇われた時には必要なかった負担も案外多いです。
地代・家賃、人件費、労災保険、雇用保険、営業許可関係、損害保険、事業税、税務手続き、広告宣伝費、などなど。。。
予定売り上げ金額の設定なども楽観的になりがちです。

備えあれば憂い無しです。
頑張って下さい。

参考URL:http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/qa/index.html

Q理想的で合法的な「海の家」ってなんでしょう?

先日、九十九里浜の海の家の強制撤去が始まったというニュースを見て、いろいろと考えさせられました。

海の家が8月いっぱいで終わるのは、9月以降は採算が合わないからだと思い込んでいたのですが、国有地など公共の土地である浜辺で私営の海の家が夏季限定で営業の許可を受けている例も少なくないのですね。

ただ、一方で、消費者としては、9月以降の暖かい日にも、荷物を預けたり水着で飲食のできる場所が浜辺にあるとありがたいものです。監視員がいなくなる9月は、どのみち危険という意見もありましょうが、静かな波打ち際で遊んだあと、さて昼食でもと思ったら、遠くまで歩いていって着替えるしかなく、愕然とした記憶があります。

では、税金を使って、閑散期にも利用できる公営の海の家があったらいいかというと、それも納税者としては悩みます。

前置きが長くなりましたが、合法的で、みんなが喜ぶ海の家ってどんなのでしょう? そういうものは存在するのでしょうか? 存在するなら、なぜ普及しないのでしょう? 存在しないのなら、それは実現不可能なのでしょうか? オフシーズンに差し掛かった今、「海の家」について、真面目なご意見をいろいろな角度から聞いてみたくなりました。

先日、九十九里浜の海の家の強制撤去が始まったというニュースを見て、いろいろと考えさせられました。

海の家が8月いっぱいで終わるのは、9月以降は採算が合わないからだと思い込んでいたのですが、国有地など公共の土地である浜辺で私営の海の家が夏季限定で営業の許可を受けている例も少なくないのですね。

ただ、一方で、消費者としては、9月以降の暖かい日にも、荷物を預けたり水着で飲食のできる場所が浜辺にあるとありがたいものです。監視員がいなくなる9月は、どのみち危険という意見もありま...続きを読む

Aベストアンサー

結局簡易的な施設を設けるのであれば、営業的な面もあるので、公的機関以外作らないのでは?

そして、公的機関が運営する場合、問題点があります
施設の維持費を誰が払うのか、という点です
儲かる時期はともかく、儲からない時期は確実に赤字になるので、公費負担、つまり税金投入がさけられないと思いますが、そもそも、その税金は住民が出すのに、恩恵にあずかる観光客は住民以外になりますので

Q友人とバーをやろうと思っていますが、、、

23歳で貯金なし、バイトをしているフリーターです。現在は東京に在住していますが、来年の8月に地元の人口30万人の田舎で予算200万で友人とバーをやろうとしています。その際に僕は2ヶ月だけ地元に戻ってバーを手伝う予定です、その後は東京に戻り自分のバイトや趣味をやろうと思っていますが、(バーの状態は電話で知らせてもらう予定)「楽してんじゃねー」って言われそうですが、7対3の割合でお金を貰う予定です。いきなりこんな生意気な経営はやっぱり上手くいかないでしょうか?バー自体は上手く行く自信はあります。代表は自分か友人がやります。友人は地元に住み僕は東京で好きな事をやる。友人は「いいよ」と言ってくれています。アドバイスを聞きたいです。お願いします。

Aベストアンサー

予算200万はどこから出た数字なのでしょうか?
例えば店舗を借りないで自宅の一角を利用しての立ち上げならそれでも何とか間に合うかもしれませんが、普通に考えて内装、厨房機器、グラスやお酒の仕入れなど考えてもちょっと不可能な数字です。

ここの過去の質問にもいくつかバー開店に関する質問と回答がありますから参考にされるといいと思いますが、バーのカウンターというのは店の命です。
そのカウンターには基本的に中古って存在しません。
カウンターとイスだけでもけっこういい値段します。

もともとバーだった店を買い取って始めるならある程度の備品は揃っているかもしれませんが、じゃあなぜその店は撤退したのかよく考えて始めなければやっぱりあなたも撤退する運命を辿るでしょう。

バーといっても本格的な店から、お酒ジャー炭酸ジャーはい出来上がりってな居酒屋チックな店までありますから、友達の溜り場程度の店を考えているならその予算と構想で出来なくはないかと思いますが、そうなると売上もたかが知れていますから、その中から30%貰うという事がいかに大変な事かというのをお互いがわかりあって納得しているならそれもいいとは思います。

のちのちお互いの友情にヒビが入ったりしないように逆に今しっかり話し合いしておいた方がいいと思います。変な話、離れていれば売上を誤魔化す事だって出来る訳ですし、最悪うまくいかなかった時の資金調達や出資金はどうするのかとか・・・。

でも12maruoさんが本気で商売を考えているなら、心配で2ヶ月たっても東京に戻ってくる事は出来ないと思いますけどね。
店の経営ってみんな最初はうまくいく自信があるから始めるのですが、現実はそううまくいく事はなかなかありません。

予算200万はどこから出た数字なのでしょうか?
例えば店舗を借りないで自宅の一角を利用しての立ち上げならそれでも何とか間に合うかもしれませんが、普通に考えて内装、厨房機器、グラスやお酒の仕入れなど考えてもちょっと不可能な数字です。

ここの過去の質問にもいくつかバー開店に関する質問と回答がありますから参考にされるといいと思いますが、バーのカウンターというのは店の命です。
そのカウンターには基本的に中古って存在しません。
カウンターとイスだけでもけっこういい値段します。

もと...続きを読む

Q海の家がコンセプトの喫茶店を開きます

高校の文化祭で喫茶店を開きます
コンセプトは海の家!
そこでですが、海の家といったら「コレ」っというものを挙げてください
また、内装や店員のユニフォームはどんなものが相応しいかアドバイスいただけると嬉しいです

Aベストアンサー

ござ
よしず
ビーチサンダル
そして
ビキニのおねーちゃん
砂も必要

Q移動式で花屋+カフェをやろうと思っています。

移動式で花屋+カフェをやろうと思っています。

現在移動式の花屋を1人で経営しています←そのため家賃や人件費はかかっていないため金銭的にも時間的にもわりと自由がききます

花屋は現状のままやりつつ昼間はコーヒー、夜はビール等を出して客単価をあげたいと思っています←自分1人しかいないためメニューは凝ったものを入れず少なめで

実際花束を待っているお客様にサービスで出したコーヒーが好評でした。でも移動販売は車を改造したり保健所に届け出を出さないと正式には飲食の販売ができないみたいなのです。

そこで質問です。いづれか一つでもお答えいただけたら嬉しいです。

(1)カフェの経験はないのですがどのような勉強をすればよいでしょうか?

(2)車「サンバークラシックを使用してます」を飲食の許可がおりるように改造するのはいくらくらいかかりますか?

(3)そもそも移動販売で花屋+カフェは営業してもよいのでしょうか?←他にやっている仲間を見たことがないので…

(4)その他なにか気をつけることはありますか?

最後に、ビジネスなので客単価はもちろんあげたいのですが 一番やりたいなと思った理由は 人が集まってコーヒーでも飲みながら花を見ている図が頭に浮かんで離れないからです。夢を実現したいので厳しい意見でもぜひお願い致します。

移動式で花屋+カフェをやろうと思っています。

現在移動式の花屋を1人で経営しています←そのため家賃や人件費はかかっていないため金銭的にも時間的にもわりと自由がききます

花屋は現状のままやりつつ昼間はコーヒー、夜はビール等を出して客単価をあげたいと思っています←自分1人しかいないためメニューは凝ったものを入れず少なめで

実際花束を待っているお客様にサービスで出したコーヒーが好評でした。でも移動販売は車を改造したり保健所に届け出を出さないと正式には飲食の販売ができないみたい...続きを読む

Aベストアンサー

 part2です。かつてカネボウが滅んだのは、多角化の失敗と言われました。ですから、いまほとんどの経営理論では核となるビジネスを大きくし、そのなれた部分の延長にプラスしないと、失敗しやすいと考えられています。
 ですから質問者の方向を考えるに、まずは花のサービスをもっと高めていく方向に注力される方が、結果が出やすいのではないかと考える次第です。経営戦略におけるヴィジョンは「人が集まって…花を見ている図」という非常に明快なものを持っておられます。その人達が手にしている飲み物の方ではなく、たくさんの人達が集うところにある花のことを、念入り考えてみてはいかがでしょう。
 つまり、人が集まるところへ、その人達が愛でる花を適切な場所へ、適切な時間・タイミングに供給するということです。
 ここからマーケティングがはじまります。どんな人達が、どんな花を手にしたいと思っているか。ここで、これまでの経験が役に立ちます。これまでのお客様を思い起こして、「なぜあの人は、当店の花を欲しがったのか?」を深く考えてみます。売れたときの相手の年代は、ビジネスマンなのか、専業主婦のような人か。という風に、いろんな切り口でお客様像を作って、その一点に合わせて品揃えや、店舗立地の条件を考えてみられると、これからどうするかという将来が理解できるようになると思います。
 そして販売に集中するために、許認可などを調べて、憂いのないビジネスを進められるとよろしいかと思います。
 尚、許認可に関しては、保健所(食品を扱う場合)と近くの警察所(道路を使っていいかどうか。場所によっては私有地ということで所有者へ連絡。)などへといあわせておくと、心配が減ります。

 part2です。かつてカネボウが滅んだのは、多角化の失敗と言われました。ですから、いまほとんどの経営理論では核となるビジネスを大きくし、そのなれた部分の延長にプラスしないと、失敗しやすいと考えられています。
 ですから質問者の方向を考えるに、まずは花のサービスをもっと高めていく方向に注力される方が、結果が出やすいのではないかと考える次第です。経営戦略におけるヴィジョンは「人が集まって…花を見ている図」という非常に明快なものを持っておられます。その人達が手にしている飲み物の方では...続きを読む

Q「海の家」を「浜茶屋」と呼ぶ地方

今年新潟に行ったのですが海の家を例外なく
ここでは浜茶屋と呼んでいました。
関東では海の家だと思うのですがわりと広範囲で
使われる言葉なのでしょうか?
新潟、甲信越独特の言葉なのでしょうか?
ご教示ください

Aベストアンサー

こんにちは。

下記サイトによると『浜茶屋』と呼ぶのは、新潟、富山、石川、福井、京都、兵庫、三重の7府県らしいです。

私は関東人ですが、『海の家』より『浜茶屋』の方が風情を感じます。

参考URL:http://www.jjp.co.jp/special/swim.html

Qお知恵を拝借願います。

先日個人事業で起業したのですが、従業者2名に役職で「顧問」と「ゼネラルマネージャー」という役職を付けようと思うのですが社会的に見て適切でしょうか?ご回答宜しくお願い申します。

Aベストアンサー

まず、『顧問』って会社の創業者が事業をある程度大きくし、その後に経営の一線を退いたときに付く役職です。

つまり、ただの『従業員』につける役職名ではありません。


人気Q&Aランキング