カテゴリー違いを指摘され、あらためてこちらで質問させていただきます。
ちょっと長くなりますが、どうかお付き合いください。

糖質は、ご飯100gで30g、パスタ100gで70g、食パン100gで50gだと調べました。

1日の糖質の摂取量を100gにするダイエットをしています。2ヶ月経ち、ご飯に飽きてきたため、パスタや食パンに変えたいのですが、栄養素で比較したところ、パスタや食パンはご飯に比べて糖質が多いので、その分量を減らさなくてはならないことになります。

ご飯100gと同じ分の糖質をパスタで取ろうとすると、50g弱になってしまい、ほとんど食べたことにはなりません。
パスタはご飯よりも少ない量にしないと、糖質を摂りすぎてしまうのでしょうか?

また、よく「パスタはダイエットに適した主食」と言われることがありますが、その理由は何なのでしょうか。

ご飯100gとパスタ100gでは、パスタの方が早くお腹が減る気がするのですが、この感覚は栄養素とは矛盾しているように思います。

http://homepage2.nifty.com/HINOCYCLE/sapuri/j-si …
↑こちらのサイトに書いてある「主食の中でも、ご飯は1食あたりの糖質量が多く…」という記述も意味が分かりませんでした。パスタや食パンの方がよっぽど多いのではないでしょうか?

お詳しい方いらっしゃいましたら、ご教授ください。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。


昔マラソンをしておりまして、その経験から微力ながら助言させていただきます。

まず、ご飯とパスタに含まれる糖質の量が本やサイトによって異なるという点から。
これは「糖質」の捉え方の違いから生じるものです。
一口に糖質といっても様々な種類があります。分子構造の大きい麦芽糖であったり、構造の最小単位であるブドウ糖であったり。
理科の授業で習われたかと存じますが、人間は口から大小様々な分子構造の糖質を取り込み、口腔,胃,腸の各消化器官を通じて、吸収可能な大きさであるブドウ糖まで分子構造を小さくして初めて栄養として体に取り込むのです。
ここで、糖質の捉え方に誤解が生じる原因が発生します。

分かりやすくするために、簡単な数字で考えてみましょう。
ご飯の成分:ブドウ糖30%、その他糖質60%、蛋白質等その他10%
パスタの成分:ブドウ糖50%、その他糖質20%、その他30%
とします。
現存するブドウ糖のみを吸収可能な糖質と捉えるならば、30対50でパスタの方が糖質が多いことになりますし、消化を経て最終的に吸収されるブドウ糖全体を糖質と捉えるならば、90対70でご飯の方が糖質が多いことになります。

どちらの捉え方が正しいかは一概には言えませんが、ダイエットという目的から考えれば後者を指標にオススメします。

残りの各質問にお答えします。

パスタの方がお腹が早く空く、その理由は消化の早さにあります。即、吸収出来るブドウ糖が多く、消化を要するその他糖質が少ないため、エネルギー源として即効性はあるのですが持続力に欠けるといった感じでしょうか。腹持ちがいいと言われるご飯はその逆ですね。エネルギーの燃え方のイメージとしては、藁と炭でしょうか。

パスタがダイエットに良い、その理由はエネルギーとして燃え尽きやすいからです。藁は一気に燃え上がり、そして跡形も無く燃え尽きます。それに比べて炭はゆっくりと燃え、燃えカスも残ります。エネルギーの燃え残りは体脂肪として蓄積されます。すなわちパスタは脂肪がつきにくいと言われる所以でしょう。

長くなりましたが、最後に私の経験から言いますと、
糖質を数十グラム摂った摂らないよりも、いかに体脂肪を蓄積させないかが重要ではないでしょうか。
体脂肪は、一日の活動が終わった就寝時間に主に生成されるものです。要は床に就く時点で余分なエネルギーを持っていなければよいのです。
私のオススメするカロリーの摂り方は、朝昼晩とカロリー量を減らしていき寝る時点で使い切っている、と言った感じでしょうか。注意点は夕方にエネルギー切れを起こさないために朝はしっかり食べること&就寝時にはらぺこ過ぎると熟睡の妨げになるので程々に。

ではがんばってください。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

丁寧にご回答いただき誠にありがとうございました。こんな一文でお礼を言うだけなのも申し訳ないくらいです。お言葉を心に留め、がんばりたいと思います。

お礼日時:2005/04/05 14:44

確かに、炭水化物(この場合ほぼ糖質に等しい)はご飯、パスタ、食パンで質問者のおっしゃったぐらいの値(ただし、ご飯の糖質は白米で37%)ですが、パスタの糖質が70%というのは乾麺ですね。


パスタの乾麺100gはかなり食べ応えがあります。
#食品成分データベース(http://food.tokyo.jst.go.jp/)等でお確かめください。
    • good
    • 5

ご飯よりパスタのほうが、というのはちょっと前に話題になった「低インシュリンダイエット」というのから来ているかと思います。


糖質の質がちがうのか、ご飯はGI値が高く、血糖値の上がり方が大きいので、脂肪になりやすいのだとか。玄米とか、パスタにするとGI値が低いので脂肪になりにくい=ダイエットに良い、ということだと思います。
こちらのサイトが参考になるかと。
http://www.glico.co.jp/netshop/p/gi_diet2.htm
http://www7.plala.or.jp/pon31/gi.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。たいへん参考になりました。

お礼日時:2005/04/05 14:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高カロリー低糖質の食品の糖尿病やダイエットへの影響について

ダイエットに低糖質の食品が効果があると見かけるのですが
イオンのトップバリューのピーナッツの成分表を見ると
カロリーがすごく高いのですが糖質が低いのを見かけました。

テレビで糖質制限を勧める医師が糖質を取らなければ太らない
糖尿病患者は血液データが改善する。でも肉や脂肪分はいくらとっても構わない
糖質制限を自ら行っている医師らが脂肪分や肉を制限せずに食べているが血液データに問題はなく
むしろ普通の人より健康だというのを見かけます。

https://www.youtube.com/watch?v=0vfepNOPKHo

実際ピーナッツやチーズなど低糖質高カロリーのものと
低糖質低カロリーのものではダイエットや糖尿病の人にとってどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

まず糖尿病も含めて、ダイエットというのは過不足なく摂取していくのが基本です。カロリーが低いもののほうが高いものよりも常にヘルシーだなどという話は古今東西ありません。食べ過ぎてもいけないし、減らしすぎてもいけません。

カロリーのある栄養素は、糖質、脂質、タンパク質の3つだけです。糖質制限をする場合、それで不足したカロリーをタンパク質や脂質を増やすことで補わなければなりません。

メニューから糖質を取り除いたのに、さらに他の食材もカロリーが低ければ、1日の摂取カロリーが著しく低くなってしまいます。例えば1800Kcal摂るべき人が1400Kcalしか摂らなくなったり、1000Kcalしか摂らなくなったりしていきます。

そうするとどうなるか?

摂取カロリーを著しく下げると、甲状腺ホルモンの働きが弱まり、低T3症候群という症状が出始めます。甲状腺ホルモンは基礎代謝を上げ肌を生き生きとさせ、活力や代謝の源となるホルモンです。
これが、エネルギーを無駄遣いしないように活性しなくなることで、めまい、頭痛、眠気、だるさ、体調不良、免疫力の低下、肌荒れ、代謝の低下などを引き起こします。ダイエットでの、いわゆる飢餓状態だとか停滞期というのもこのことを言います。

糖質制限したら体調が悪くて止めたとかとかいうアホな人が一定数いますが、彼らは糖質を制限したせいではなく、代わりに脂質やタンパク質を増やさなかったせいで健康を害したんです。
それはただの食べないダイエットであって、糖質制限ではありません。糖質制限というのは、糖質の摂取量を制限して、代わりにタンパク質、脂質をしっかりと増やすことで成立します。

ですから、低糖質低カロリーというのはNGです。

ピーナッツには、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果のある不飽和脂肪酸であるオレイン酸・リノール酸が豊富に含まれています。
あたりまえのようにゴハンを食べていると、このようなピーナッツなどカロリーの高いものは敬遠しがちになりますね。おかげで体に良い油もカロリーが気になって思うように摂取できませんが、糖質を制限していれば脂っこい魚も含め、いろんなものを食べる余裕が出てきます。

糖質を制限した上に、他の食べ物も低カロリーにしなきゃけないのなら、糖質を制限する意味がないでしょ。


ちなみに、肉や脂肪は炭水化物よりも消化に時間がかかるという話が出ていますが、これは間違いです。お肉などは一番最初に消化されて跡形もなく消えてしまいます。消化に悪いのは糖質と食物繊維が豊富な野菜類、つまり炭水化物です。

これは「炭水化物が人類を滅ぼす」という本の中で語られていることですが、医者の中では常識だそうです。検死などで胃の内容物を調べたりすると、米や麺類がそのまま残っていることはあっても、肉などは先に消化されて消えてしまっているんです。

逆流性食道炎など、胸やけが悪化したような病気もありますが、これも昔は脂っこいものが原因だとされていました。しかし、糖質制限を始めた人の大多数が逆流性食道炎がよくなっているそうで、原因は炭水化物だったようです。私も糖質を制限し始めてから、まったく症状が出なくなりました。


お肉や脂質よりも、糖質のほうが腹持ちがわるいのは、インスリンの働きによるものです。糖質を食べて血糖値が上がると、インスリンが分泌されて血中の糖分を中性脂肪に取り込んで、血糖値をどんどん下げてしまうんです。そうすると、食べたのに逆に血糖値が急降下して、空腹感に襲われます。

タンパク質や脂質の場合は、このようにインスリンが分泌されませんから、血糖値も安定しているので、強い空腹感に襲われることがなくなるんです。だから腹持ちがいい。
糖質を食べなくなるとほとんど腹が減らなくなり、おやつが欲しくなったりもしなくなります。ゴハンの時にお代わりをしようとも思わなくなります。だから、それほどカロリー制限をしなくても自然に痩せていく人が多いのです。

まず糖尿病も含めて、ダイエットというのは過不足なく摂取していくのが基本です。カロリーが低いもののほうが高いものよりも常にヘルシーだなどという話は古今東西ありません。食べ過ぎてもいけないし、減らしすぎてもいけません。

カロリーのある栄養素は、糖質、脂質、タンパク質の3つだけです。糖質制限をする場合、それで不足したカロリーをタンパク質や脂質を増やすことで補わなければなりません。

メニューから糖質を取り除いたのに、さらに他の食材もカロリーが低ければ、1日の摂取カロリーが著しく低く...続きを読む

Q明治ブルガリアヨーグルト ブルーベリー180gの糖質量はどれくらい?

タイトルのままですが、明治ブルガリアヨーグルト ブルーベリー180gの糖質量はどれくらいでしょう?

明治のページを見ても載っていないので、わかる方がいましたら教えて下さい。

ちなみに計算方法などありましたら、それも教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

直接問い合わせちゃう方がいいかも
http://www.meiji.co.jp/support/inquiry/

Q糖質制限について 毎年血液検査の結果、糖質制限をとかかりつけの内科で言われます。 お米に糖質が多いか

糖質制限について

毎年血液検査の結果、糖質制限をとかかりつけの内科で言われます。
お米に糖質が多いから、控えるようにと言われるのですが、お米大好きなので分かっていても食べ過ぎてしまいます。
お米を上手く減らす方法、上手な糖質制限の仕方を教えて下さい。

Aベストアンサー

お米というのは白米ですか?
白いご飯じゃなく雑穀米や玄米に変えてみるのはどうですか。
と言っても、毎日それだと私もきついんで、いろいろ試してみたんです。
もち麦を混ぜたご飯だと抵抗なく食べられます。
食物繊維が豊富で糖質の吸収を抑えられるようです。
もち麦ご飯を食べるようになって一年半ほど経ちますが、緩やかに体重が落ちています。
もっと効果が高いのはマンナン米です。
こんにゃくをお米のように加工したもの。
混ぜたぶんだけカロリーカット、糖質カットできます。

糖質制限食の良いところはご飯を減らしてそのぶんおかずを多く食べて空腹を感じないでダイエットできるところ。
基本的に油は制限しなくて良いので空腹を感じづらいのです。
肉や魚や野菜を多く食べましょう。
ただし糖質の多い野菜があるので注意が必要です。
イモ類、根菜類がそうですね。とうもろこしや玉ねぎトマトも食べ過ぎ注意。
また盲点なのが調味料。砂糖や酒、ソース類、穀物酢など。
糖質カットした調味料が市販されてるので利用すると良いでしょう。
低糖質のパンやお菓子などもありますので上手に利用すると良いと思います。

お米というのは白米ですか?
白いご飯じゃなく雑穀米や玄米に変えてみるのはどうですか。
と言っても、毎日それだと私もきついんで、いろいろ試してみたんです。
もち麦を混ぜたご飯だと抵抗なく食べられます。
食物繊維が豊富で糖質の吸収を抑えられるようです。
もち麦ご飯を食べるようになって一年半ほど経ちますが、緩やかに体重が落ちています。
もっと効果が高いのはマンナン米です。
こんにゃくをお米のように加工したもの。
混ぜたぶんだけカロリーカット、糖質カットできます。

糖質制限食の良いところ...続きを読む

Q糖質の少ない主食

ここ5年ほど 毎月通院して検査をし、糖尿病の薬をのんでいます。
今年なってから数値が上がってそのままの状態です。10月はグリコヘモグロビン9.5。
このまま数値が下がらないとインスリンを打つようになると医者から忠告されています。
11月より一大決心して、大好きな麺類を止め米、パンもほとんど食べないようにしています。
米の代わりに麦をおかゆ状態にして食べているのですが
どうも食べずらく最近、困っております。
主食として何か代わりになるものがありましたらぜひご指導宜しくお願い申し上げます。

*ちなみに体重も170Cmで85Kgとかなりメタボです。野菜、海草類主体の食べ物(根菜はできるだけ避けています)で肉は赤肉を食べ、大好きな日本酒は止めています。

Aベストアンサー

5年間通院してやっと一大決心というのも遅すぎの感がありますね(笑)
HbA1c が9.5は普通はそのまま入院になってもおかしくない。既にインスリンのお世話になっていて当然の状態です。

主食は御飯でも宜しいかと思いますよ。麦と混ぜたらどうですか?
そのかわり、茶碗1膳だけにする。

私の実母も糖尿病で、1日のカロリー制限が1200kcal ですが、主食は御飯でも軽く盛った1膳は許容範囲内です。

なお、血糖値検査はしてないようですが、毎食前(後)に血糖値検査をすると、「あぁ、あの食べ物が良くなかったんだ」「あのおやつがやっぱり原因だ」など、毎日細かく反省できます。
私の実母は、キッドも保険適用でしたよ。
血糖値の過度な上昇は、免疫力を低下させるので毎日のチェックは大事なはずですが、、。

「食品交換表」(日本糖尿病学会編)(文光堂)(900円+税)
総合病院の売店や書店で売っています。
私の実母の食事について病院の管理栄養士さんと面談した際に、この本を元に指導され、勧められた本です。
とても分かりやすいですよ。

糖尿病だからといって、タンパク質をとらなければ良い、というものでもないとのことです。人間である以上、バランスの良い食事は必要不可欠なそうです。
食べたい物を食べれないストレスも良くないみたいです。
要は加減です。

ちなみに、私の実母は、HbA1cが7.6でインスリン注射(単位は最低の2ですが)を1日1回打ってます。
一度6.6になりインスリン注射を中止してみましたが、また打ち始めました。

お大事に。

5年間通院してやっと一大決心というのも遅すぎの感がありますね(笑)
HbA1c が9.5は普通はそのまま入院になってもおかしくない。既にインスリンのお世話になっていて当然の状態です。

主食は御飯でも宜しいかと思いますよ。麦と混ぜたらどうですか?
そのかわり、茶碗1膳だけにする。

私の実母も糖尿病で、1日のカロリー制限が1200kcal ですが、主食は御飯でも軽く盛った1膳は許容範囲内です。

なお、血糖値検査はしてないようですが、毎食前(後)に血糖値検査をすると、「あぁ、あの食べ物が良くなかったんだ」...続きを読む

Q炭水化物と糖質の違い

今日、ノンシュガーの飴を購入しました。
糖質ゼロと書いてあるのに、炭水化物は71.7と書いてあります。
今まで、炭水化物と糖質は同じものだと思っていました。

糖質ゼロだからと食べ過ぎてしまいます。
やはり太りますよね?

炭水化物と糖質の違いを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炭水化物とは「食物繊維と糖質」の総称です。ほとんどの食品において炭水化物と言った場合は、食物繊維ではなく糖質を指していると思います。

ノンシュガーで炭水化物があるということは、糖類以外の糖質が含まれているということです。
飴の炭水化物の全ての食物繊維という話はまずあり得ません。

糖類とは「単糖類または二糖類で糖アルコール以外の物、具体的には砂糖(ショ糖)、ブドウ糖、果糖、乳糖」などをいいます。

糖類以外の糖質にはデンプン、キシリトール(糖アルコール)などがあります。デンプンも糖質なので、甘い物=糖質とも言えません。

エリスリトールという甘味料は糖質ですが、体外に排出されるのでカロリー0表示ができます。多分、その飴はその手の糖質を利用しているはずです。

エネルギーが0kcalのワケは?
http://www.lakanto.jp/qa/
炭水化物・糖質
http://www.asahiinryo.co.jp/customer/dictionary/ing_carbohydrates.html

Q2人の息子の主食、うどんとパスタ、問題無いでしょうか?

一人暮らしをしている2人の息子、久しぶりに実家に帰ってきたので色々と話していたのですが、そんな中『俺は御飯は全く食べない。主食はパスタ。安上がりだから』『俺も御飯は食べず、主食はうどん。200gが三つで100円で売っている』と言いはじめました。

節約を心がけるのは大いに結構なのですが、健康に影響がないかふあんです。私の頭の中では、主食=米なのですが…息子達には『考えが古いし第一、米が主食なんて日本だけ。それにパスもうどんも同じ麦だから大して変わらない』とまで言っています。

本当に大丈夫なのでしょうか?

率直なご意見、御願いいたします。

Aベストアンサー

主食=米の考えが古いと言うのもどうかと思いますが
炭水化物の摂取源(主要なエネルギー源)になっているのですから
麺が主食であること自体は問題ないと思います。
ちなみに日本以外にも米を主食としているところはありますし
欧米の場合はむしろ主食という概念がないそうです。

健康面を心配するのであれば
おかずの方がちゃんとバランスが
取れているのかの方を
気にするべきではないでしょうか?

主食はあくまでエネルギー源です。
体の調子を整える役目は
その他の栄養素で行われるものです。

率直な意見としましては
「心配するポイントがずれている」
ですね。
麺類がダメと考えるのではなく
麺類ばかりでおかずを取っていないのではないか
ワタシとしてはこっちの方が気になります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E9%A3%9F

Q糖質制限の一日の献立を探してます。

糖質制限の一日の献立を探してます。
1食単位の献立例は種々は紹介されてますが1日あるいは1週間日々の献立紹介が見つかりません。
MSN相談で第一三共(株)の「体にe食事くじ」を紹介いただき大変参考になりましたが、ヘルシーレシビとなってまして糖質制限ではありませんでした。
担当医師に糖質制限を勧められています。
糖質制限献立紹介サイトをご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

>>担当医師に糖質制限を勧められています。

であれば、その担当医師に栄養指導やレシピもお願いすべきです。

日本では糖質制限はダイエットや健康法の一つの方法のような感じで、素人が断片的な知識で行います。でも米国では糖質制限は食餌療法、つまり医師の指導のもとで行います。

誤った知識のもとで行う糖質制限は危険ですよ。もしその担当医師に栄養指導やレシピの紹介をする知識がないのなら、その担当医師自身がそもそも誤った知識の持ち主ということになりますから、糖質制限を勧めたこと自体を疑うべきです。

その場合は、別の医者に相談した方がいいです。

Q体内で作れる栄養素、作れない栄養素

炭水化物
脂質
たんぱく質
亜鉛
ビタミン
ミネラル

例えば2日間何も食事をしないとします。
その上で

(1)体内で勝手に作ってくれる栄養素
(2)体内で絶対に作れない栄養素

それぞれ何ですか?

Aベストアンサー

 栄養素とは、体に必要な物質のうち食事など体外から摂るものを言いますので、質問自体が自己矛盾しています。

炭水化物とは、糖(糖類)のことですが、高等動物はグルコースまで分解して取り込みます。グルコースが糖の基本形のひとつで、生物の多くはエネルギー源として利用します。植物はグルコースをデンプンとして蓄えたり、セルロースで細胞壁を作ります。動物はグリコーゲンと言う形で貯蔵します。糖質が栄養として取り込めないときは、蓄えられているグリコーゲンを分解し、それでも足りないときは脂肪やタンパク質からグルコースは合成できます。

脂質、高級脂肪酸のグリセリドですが、脂肪酸は他の脂肪酸や糖から合成できる物もありますが、必須脂肪酸は体内での合成量が少ないかも出来ないものです。いわゆるω-6脂肪酸とω-3脂肪酸がそれに当たりますから、ω-6脂肪酸とω-3脂肪酸は食事として摂取しなければなりません。

タンパク質:アミノ酸のポリマーですが、アミノ酸まで分解して消化吸収されます。体を構成するアミノ酸の多くは体内で再合成できますが、体内で再合成できない物、その量が少ない物は食事から摂取しなければならない必須アミノ酸です。--トリプトファン、リシン(リジン)、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンです。

亜鉛:いわゆる無機塩類(ミネラル)のひとつですが、亜鉛だけでなく、ナトリウム、マグネシウム、リン、硫黄、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素が、それに当たります。
 これらは元素ですから、体内で作り出すことは出来ませんが、短期間なら体内の物を再利用できます。

ビタミン:上記以外の有機化合物

(1)体内で勝手に作ってくれる栄養素
 体内で作るものは栄養素とは言いませんから回答できません。
(2)体内で絶対に作れない栄養素
 栄養素自体、体内で作られないものを言います。

>例えば2日間何も食事をしないとします。
 もっとも重要なものは「水」でしょうね。それ以外は栄養素(食事)として摂らなくても大丈夫です。酸素は除きます。

 栄養素と言って「ひとくくり」に議論は出来ません。栄養素は総称であって、ひとつひとつの物質について考えないとなりません。
⇒炭水化物( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9 )
  炭水化物代謝( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9%E4%BB%A3%E8%AC%9D )
⇒脂肪酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
  必須脂肪酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
⇒タンパク質( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%B1%E3%81%8F%E8%B3%AA )
  アミノ酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B8 )
  必須アミノ酸( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E9%85%B8 )
⇒ミネラル( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB )
⇒ビタミン( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3 )

 栄養素とは、体に必要な物質のうち食事など体外から摂るものを言いますので、質問自体が自己矛盾しています。

炭水化物とは、糖(糖類)のことですが、高等動物はグルコースまで分解して取り込みます。グルコースが糖の基本形のひとつで、生物の多くはエネルギー源として利用します。植物はグルコースをデンプンとして蓄えたり、セルロースで細胞壁を作ります。動物はグリコーゲンと言う形で貯蔵します。糖質が栄養として取り込めないときは、蓄えられているグリコーゲンを分解し、それでも足りないときは脂肪や...続きを読む

Q糖質の塊の白米の良い所を教えて下さい、糖質だらけでも他の栄養素が体に良いなど!

白米の茶碗一杯(白米150g)がコカ・コーラ(ゼロやダイエットでない普通のタイプ)の500mlペットボトル1本よりも糖質量が多いのはわかってますよね。
ようするに白米を1日3回食べると(茶碗一杯の150gづつ)
コカ・コーラの1,5リットル(大きいやつ)ペットよりも多い量の糖質をとっているわけですが。

白米150g=約57gの糖質量
コカ・コーラ500mlペット=約51gの糖質量

Aベストアンサー

白米は咀嚼が必要なので、満腹感を得やすいとか、白米の方が血糖値の上昇が緩やかとか下降も緩やかとか、そんな感じですか。

あとは、白米の方がいろんな料理に使えるとか。味がしない、淡白なので応用が利くとか。
コーラは甘い味だけで飽きる。料理にも鶏肉煮込むぐらいにしか使えなそう。

Q主食がカップラーメンになっています。 カップラーメンを主食にし続ける事で脳が低下したりするものでしょ

主食がカップラーメンになっています。
カップラーメンを主食にし続ける事で脳が低下したりするものでしょうか?

Aベストアンサー

徐々に からだを蝕んでいくもの と考えると良いと思います

なにから言えばいいかわからないほど、様々な支障がからだに生まれます。
 内臓疾患、免疫力低下、血管(動脈硬化)、血栓脳血栓)、筋力低下、慢性疲労、腸内細菌の減少、栄養吸収の低下、大腸癌、・・etc

私達の体は 感情さえも脳内ホルモンで決められています
 おちついた気持ちや幸せと感じる元となるセロトニンも、生成されるのに必要な栄養素があります
  それが生成されづらくなると、気分の落ち込みや、行動力の低下につながります。

 すぐに死ぬというものではありませんが、 ジワジワ体を蝕んでいき 一定のラインで生活に支障がでる 状態がうまれます
合併症が進行すると、人工透析が必要となったり、壊死を起こした下肢などを切断しなければならなくなることもあります(糖尿病など)
 栄養ぶそくで 全身の毛細血管が減少すること体温調整などの低下もおこります。体温の交感神経・自律神経との関係性は大きいです


 脳の機能はもちろん低下します。


大腸がんになると思いますから(脅しではなく、嫌味ではなく) 100万円ほど貯めておいて
 いざ癌になってしまったら、 海外の安楽死制度を利用するといいですよ(ディグニタスなどで検索)

 長生きするつもりなど無いのでしたら、ちょうどいい食生活だとおもいます。




ちなみに、カップラーメンでも袋麺でも、適当に 野菜やきのこ(できれば煮干しも)を熱湯で数分にこんだ汁をつかうと
                                            劇的においしくなるのでオススメです。

徐々に からだを蝕んでいくもの と考えると良いと思います

なにから言えばいいかわからないほど、様々な支障がからだに生まれます。
 内臓疾患、免疫力低下、血管(動脈硬化)、血栓脳血栓)、筋力低下、慢性疲労、腸内細菌の減少、栄養吸収の低下、大腸癌、・・etc

私達の体は 感情さえも脳内ホルモンで決められています
 おちついた気持ちや幸せと感じる元となるセロトニンも、生成されるのに必要な栄養素があります
  それが生成されづらくなると、気分の落ち込みや、行動力の低下につながります。

...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング