はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

小学校で習う、太陽の動きの所で、
太陽は正午に真南で高度が一番高くなる、とあります。
青森県で観察したところ、正午に高度は一番高くなりましたが
真南ではなく、南西よりでした。
なぜなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

できれば,


○測定方法。どんな装置なり道具なりを使って,どうやって測定したのか。
○測定の時間間隔。1分ごとに測定して「12時00分」となったのか,1時間ごとに測定したのか。
○南西よりとは,真南より何度ぐらい西よりだったか。
などもわかると,より具体的なコメントができると思います。
一昔前なら,時計の精度なども問題になったでしょうが,今のクォーツ時計なら,事前にきちんとあわせてあれば(この程度の観察に用いる際は)まず差し支えないでしょう。

で,いずれにせよ,授業で扱うとしたら「測定に伴う誤差」の話を,小学生用にかみ砕いてとりあげるのがいいと思います。
○青森では正午より早く南中(真南に来ることです。念のため)しているはずが,正午になったのはなぜか
○どこであっても高度が最も高いのは南中した時のはずが,南西よりになったのはなぜか
を分けて考える必要があるでしょう。

後者はたぶん,測定誤差とか,方角の決め方とか,装置自体の問題とか(観測時に台をきちんと固定していたか等)といったあたりで落ち着くでしょう。
また,朝夕に比べて正午前後は,(一般的にいうと天体が南中する頃は,)高度の変化がゆるやかなので,どこで一番高くなったかを正確に見極めるのは難しい,ということも考えさせていいかもしれません。(ちょっと小学生には難しいかな)
一方,前者はちょっとやっかいです。
これは,「明石と青森との経度差」に加えて,No.2の回答にあった「均時差」の両者がからんでくるからです。
ただ,小学校ですから,均時差まで取り上げるとなるとかなりやっかい(高校の地学の範囲。大学センター試験に出たこともある)になりますし,単元の内容からちょっと深入りしすぎと思われるので,青森と明石間の“時差”だけでもいいと思います。
わが家は東京ですが,九州にしばらく滞在してから東京に帰ってくると,夕方日が沈むのが早いなあと感じます。(40分ぐらい違う)
そのへんの話にとどめておくほうが無難でしょう。

ただ,聞かれた時のために均時差について知っておくことは無駄ではないでしょうから,少し説明しておきます。
一般に,東経135度(明石市を通る)の線上では正午に太陽が南中すると言われています。しかし,これは1年を平均した時の話です。
実際には,正午より早い時もあれば遅い時もあります。
明石市での太陽の南中時刻が,1年間でどう変化するか,簡単に書いてみると,

1月1日は12時03分→だんだん遅くなる→2月11日ごろ最も遅くて12:14
→だんだん早くなる→4月15日頃12:00→もう少し早くなる→5月14日頃最も早くなって11:57
→今度はまた遅くなる→6月13日頃12:00→もっと遅くなる→7月26日頃最も遅くて12:07
→今度はまた早くなる→9月1日頃12:00→もっと早くなる→11月3日頃最も早くて11:44
→また遅くなる→12月25日頃12:00→最初に戻る

こんな感じです(あまり簡単ではないですね)。
この「明石市の南中時刻の,正午からのずれ」を均時差といい,早い時はプラス,遅い時はマイナスとします。
詳しい値は,『理科年表』(という本が丸善から毎年発行されている)に載っています。

均時差の値は全国(全世界)で共通ですので,上の表(?)は全国で使えます。
たとえば,東経140度の線上の都市(千葉とか秋田あたり)なら,それぞれの時刻を20分(注)早めるだけです。日付は変わりません。
上の表では,最も遅いのが2月初めの12:14ですので,20分引くと11:54となります。つまり,1年中どの時期であっても,正午には太陽は真南を行きすぎて少し南西のほうにある,ということです。
青森県はほとんどのところで東経140度よりさらに東ですので,時刻はさらに早まります。

(注)「20分」の出し方……明石(東経135°)との経度差15°=時間差1時間,経度差1°=時間差4分,の割合で換算できます。

均時差の生じる理由はさらに複雑になりますので,詳しくは省きますが,要点だけ書くと
(1)地軸が23.4度傾いている
(2)地球が太陽の周りを回る軌道が,円ではなくて少し楕円になっている
ためです。

長々とすみませんでした。残りの実習期間も頑張って下さいね。
    • good
    • 0

測定には誤差がつき物です。


完全に水平なところで、台を動かすことなく観測しましたか?
また、南西よりというのは具体的に何度くらいだったのでしょう?
例えば、数度くらいなら十分誤差として考えられます。
子供に教えるなら、簡単な誤差論を教えてあげるのも良いのではないでしょうか?
実際の自然の観測において、教科書どおりにぴったり答えが出てくることはありえません。そういうことを教えるのも生の教育のような気がするのですが。
僭越ながら。
    • good
    • 0

 ふたたびすみません。



 地球儀に太陽の代わりの白熱電球の光を当てて、地球儀を回転(自転)させ、朝や正午や夕方や真夜中を理解させた後、経度による光の当たり方の差(すなわち時差)を説明したらどうですか。
 かなり離れた場所での時差が理解できたら、地球は丸いのだから、少しでも離れた場所では(少しかも知れないけれど)、時差が生じることはわかってもらえるのでは。

 で、どうだったんですか。やはり「一番」高くなったのは、真南ではなく西よりの方角だったんですか。

 ではまた。
    • good
    • 0

>こどもたちにどう授業しようか


>悩んでいるところです。

日本の標準時のことを含めて勉強にするというのではだめなのでしょうか?

テレビで各地の同時刻での空の明るさなどが(朝夕の)違うのが見れるのでそれを使えば以外と容易に説明できそうなのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなりました。
どうもありがとうございました!!

お礼日時:2001/10/03 18:17

 こんにちは。



 >青森県で観察したところ、正午に高度は一番高くなりましたが

 おそらく、正午には高度は一番高くはならないと思います。asucaさんが書いているように、日本は全国で1つの標準時を使っています。
 日本標準時の基準は東経135度(例の明石の天文台のところです)ですので、それより東にある青森では、普通正午少し前に太陽は南中し、正午の時にはすでに少し西に傾いています。

 ただ、実際の太陽の動きと標準時とは季節によって少しずれます。このずれを「均時差」と言っているのですが、調べたところ、8月末から9月初めにかけてはこの均時差はほとんど0でしたので、標準時の正午に明石で実際の太陽が南中する、すなわち青森では正午にはすでに太陽は少し西に傾いている、と考えて、ほぼ良いでしょう。

 その土地において、太陽だけでなく、一般の天体も、南中(真南に来たとき)の高度が一番高いです。だから南西よりで一番高くなることは普通は考えられません。

>真南ではなく、南西よりでした

 でも、実際の観測結果がそうだとすれば、とりあえずどんなことが考えられるか、ですが、

1.観測の誤差
 高度の測定は結構難しいですが、時刻は時報で簡単に確認できます。本当は正午には少し高度が下がっていたのに測定できなかった。時刻と方向は比較的しっかり測定できたので、一番高いときが正午で、やや南西よりであるとなった。

2.上に足すことの「偏角」
 方向を方位磁石で出した場合、その磁針の北は、日本付近の場合、少し西にずれています。すなわち磁石の南は真南ではなく、少し(5度くらい 場所によってわずかに変化します)東を向きます。磁石の南北を真の南北としてしまった場合、だから、正午の太陽が、いっそう南西よりに観測された。

 以上のことに気を付けて、もう一度観測してみて下さい。それでも同じ結果なら、これはひょっとすると一大発見かも!

 では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
南西に傾くのに高度は高い・・・
実は教育実習でこの観察をしたんです。
こどもたちにどう授業しようか
悩んでいるところです。

お礼日時:2001/09/09 21:20

日本は以外と広い(東西にも)ですが標準時が定められて共通の時間を使っています。

ですからその土地での南中が必ずしも正午に起こるとは限らないんです。

日本の標準時については参考URLを参照してください。

ニュースの映像で同じ時間なのに日本の違う場所で早く日暮れが起こっているとかありますよね。

参考URL:http://www.zdnet.co.jp/netlife/links/07/13.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
やはり標準時と関係あったのですね。
勉強になりました。

お礼日時:2001/09/09 21:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生の理科の問題を教えて下さい。

太陽の動きと地球の公転の項で次の問題が載っていました。
「冬至の日の太陽の南中高度が90°になる地点の緯度を答えなさい。(全文)」
小6の息子の先生は「問題のミスです。」とのこと。
冬至の南中高度=90ー緯度ー23.4に当てはめれば分かるそうです。
息子は「赤道から南回帰線の辺りは?」と言ってるのですが、私にはさっぱりわかりません。どなたか解りやすく教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

南中高度は、お昼頃太陽が南の空の一番高い位置に来る時の、地平線からの見掛け上の高さの角度だと思って下さい
冬は太陽があまり高い位置まで上がりませんよね
逆に夏はかなり高い位置まで上がってきます
なぜ夏と冬では太陽の高さの角度が違うのか
そこがポイントとなります
地球は自転しています
北極点と南極点を結んだ線を、地軸と言います
地球は公転しています
この公転面と地軸とが垂直に交わっていれば四季はないのですが、実際はこの地軸が公転面に対して23.4度傾いてます
冬は北半球が太陽と反対側を向いています
従って冬至の日の太陽の高さは質問の中の算式になります
ただ
このままだと北回帰線は北緯23度40分になるような気がするのですが、実際は23度27分です
当然南回帰線も南緯23度27分です
これは、地球がまん丸の球体ではなく、赤道が膨らんだ楕円になっているからです
赤道付近は自転による遠心力を強く受けますから、そこの直径の方が膨らむからです
ちなみに、赤道付近は遠心力が強く働きますので、日本で体重計に乗るよりも、体重が少なく表示されます
さて、問題がなぜ違っていたかと言うと、上の問題からして、冬至の日に太陽が真上に来るのは、南回帰線上の南緯23度27分です
が、問題の性格上南緯23度40分でも良いでしょう
いずれにしても南緯です
南回帰線より北の地域では、太陽は南に見えますが、それより南の地域では、太陽は北に見えてしまいます
従って「南中高度」にはなりませんね
「北中高度」です
日本は北回帰線より北にありますので、太陽は南中高度しかありませんが、オーストラリアのシドニーに住んでいれば、北中高度しかありません
最後に
息子さんが「南回帰線辺りは?」と言ったのは、ある意味正解です
恐ろしく長くなってすみません
自転軸とか回帰線とかを検索すれば、図解入りの詳しいページは幾らでも出てきます

南中高度は、お昼頃太陽が南の空の一番高い位置に来る時の、地平線からの見掛け上の高さの角度だと思って下さい
冬は太陽があまり高い位置まで上がりませんよね
逆に夏はかなり高い位置まで上がってきます
なぜ夏と冬では太陽の高さの角度が違うのか
そこがポイントとなります
地球は自転しています
北極点と南極点を結んだ線を、地軸と言います
地球は公転しています
この公転面と地軸とが垂直に交わっていれば四季はないのですが、実際はこの地軸が公転面に対して23.4度傾いてます
冬は北半球が太...続きを読む

Q太陽が真南にきたこと

恥ずかしい質問になりますが、宜しくお願い致します。
子供の宿題を手伝っていたんですが、問題に太陽が真南にきて一番高くなる事とありました。
これがどうしても答えが出てきません。
分かる方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

南中といいます.

Q太陽の頂点

太陽の頂点は、14時と習った記憶があるのですが…日の出と日の入りによって変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

「太陽の頂点」というのが「太陽が一番高いところ」という意味だとすれば、14時というのはありえません。もし14時だと言う人がいるとすれば、東南アジアあたりの人がなぜか日本時刻で話しているというような変な状況になります。

「太陽が一番高いところ」を通るのは太陽が真南に来たときです。それを「太陽が南中する」といいます。
しかしながら、言語の観点からいえば、話は逆で、太陽が一番高い所に来る方向を「南」だの"south"だのと呼んだのが最初ですので、太陽が一番高いところに来る場所が真南であるのは、当たり前ということになります。

さて、話を太陽の南中と時刻の関係に移します。
人情としては、どこの地域に住んでいる人も太陽の南中する時刻を12時にしたいと考えると思います。夜明けと日没の真ん中が12時(真昼)というのが一番人間の直感に即していますからね。「太陽が一番高いところに来たら、昼ごはんにしようか」なんて感じでしょう。

こんな感じであれば、日常で、困ることは一切ないような気がします。ところが、横浜の人が千葉の人に「今日、太陽が一番高く上る時刻に中華街に来てくれ」と言ったばあいには困ったことになります。それは、千葉と横浜では、南中時刻が同時ではないからです。
南中時刻は経度によって変わります。もちろん日の出、日の入り時刻も同様です。当然です、地球では東の方から順に夜が明けてくるからですね。

そこで、日本全体で話を合わせるため、標準時刻というのが定められています。それは兵庫県明石市(東経135°)で太陽が南中する時刻を12時(※)とする、とするものです。

南中東京と明石では約20分、東京と長崎では約40分遅く南中します。日の出・日の入の時刻は、緯度によっても季節によっても変わりますので、南中時刻のずれより誤差が大きくあります。
しかし、いずれにしても、根室でも那覇でも、夏でも冬でも、南中は日の出と日の入のちょうど真ん中の時刻になります。真南方向の線上のどこにコンパスの中心をおいて円を描かせても、円の一番高いところは真南になりますよね。


--実際は世界標準時刻との整合もありますので、12時から最大で15分くらいずれます。
--ただし、明石の同じ場所で観測しても、いつも同じ時刻になるとは限りません。厳密には地球の公転軌道が円ではなく楕円だからです。

結論
>太陽の頂点は、14時と習った記憶があるのですが…
おろらく、それは一番気温の高くなる時刻のことだと思われます。

>日の出と日の入りによって変わるのでしょうか?
変わりません。ただし、公転軌道により微妙に変化します。
また経度によって東から西の順に遅く南中していきます。

参考URL:http://www15.ocn.ne.jp/~kagaku/ocn/tsu_wkk/p_wkk/hoshizorasanpo/sanpo200607.htm

「太陽の頂点」というのが「太陽が一番高いところ」という意味だとすれば、14時というのはありえません。もし14時だと言う人がいるとすれば、東南アジアあたりの人がなぜか日本時刻で話しているというような変な状況になります。

「太陽が一番高いところ」を通るのは太陽が真南に来たときです。それを「太陽が南中する」といいます。
しかしながら、言語の観点からいえば、話は逆で、太陽が一番高い所に来る方向を「南」だの"south"だのと呼んだのが最初ですので、太陽が一番高いところに来る場所が真南である...続きを読む

Q日本時間の正午に太陽が真南にくるのは兵庫の明石ですか

そういうことでしょうか。
それとも別のところ?
それとも全国均等?

Aベストアンサー

基本的には答えは「YES」です。

日本の標準時間は、明石を通る東経135゜の子午線を基準にして決められています。
しかし厳密に言うと明石でも1年中毎日正午に太陽が真南に来るかというと、そうではないようです。

詳しくは↓URLに出ています。

http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso01-j.shtml

参考URL:http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso01-j.shtml

Q南中時刻のずれ

太陽の南中時刻が、地球の公転速度の変化と、地軸が公転軌道面と直交していないこと、によって、一年周期で変動し正午からずれているという文章を読んだのですが、図を描いたりしてみてもさっぱり分かりません。教えてください。それを簡単に説明したHPでもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このサイトで「均時差」を検索してみましょう。
私自身も何度か回答していますが、
分かりやすい説明があるかどうか...。


人気Q&Aランキング