昔、勤めていた会社の業績が急に悪化して、すごく気になっています。

この間、昔の同僚と飲んだときに、自分たちはどうなるのか心配していました。その会社は、結構、大きく(名前を言えば知っているかもしれません)、まさかとは思いますが、社内では、ヤバイという雰囲気になっているようです。

そこで私も聞かれたのですが、倒産したら、社員はクビになるのですか?なんか、TVで見ていると、倒産した某デパートや、日本○○・・銀行(いまは名前が変わっています)の社員なんかは、そのまま勤めているみたいですけれども、どうなんでしょうか?

詳しい方教えてください。

A 回答 (4件)

倒産といってもいろいろあります。


会社更生法を適用した場合は、このあとも業務は引き続き続けられるので、人員削減などはあるでしょうけど、みんなやめなければならないわけではありません。
たとえば有名なところでは有名な牛丼チェーン店が更正法で見事立ち直ったケースなどもありますね。
会社が倒産して「解散」(たとえば某有名証券会社)になればもはや解雇となります。
あとは、事業そのものが従業員ごと売却という事もあります。この場合は一度倒産した会社は解雇となり、新たに引受先の会社と雇用契約が結ばれるでしょう。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっとわかりました。「倒産」の種類によって、違うんですね。
そう言えば、京○という持ち帰り寿司店が倒産しても、お店はやっていました。従業員を解雇したら、お店そのものが成り立ちませんよね。業務の継続や事業の存続を前提とした場合、人員整理はあったとしても、必ずしも、全員解雇ではないんですね。

でも、友人の会社はどうなるかわからないし、やっぱり、現時点でどうなるかを想定するのは、ちょっと無理なようですね。

お礼日時:2001/09/09 09:02

皆さんの言われていることに、蛇足かも知れませんが加えますと・・・



基本的に引受け先のないような人が困ることになります。何処でも欲しがるような人の場合、解散以外であれば人員削減も含めて会社に残ることが可能ですが、残る人は少ないようです。

よく言われますがつぶしの聞かない職種・・・色々ありますよね。一般事務の管理職なんかだと、もう厳しいと思いますよ。自分の何を売りにしているかで、大分違うんじゃないでしょうか。

営業であってももちろんその大きな会社のバックボーンあってのものなんですけど、どれだけ顧客に顔が売れているか、どれだけ顧客に食い込んでいるかで、その後の人生まったく違うと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手に職を持った人が強いというか、力のある人は、どんな状況になっても必要とされるんですよね。

会社に頼ってはダメだと、つくづく感じました

お礼日時:2001/09/11 10:35

倒産しても、続けられてる人は、「運が良い人」でしょ。



某銀行は、全員ではないが、確かに国有化されてるんで?勤めてる人も居ます。
某デパートも一部社員が残り、多くの社員は解雇。

海外から撤退した某お店もやはり多くの社員が解雇。

合併の場合も、多くの人間は切られますよ!!

ですから、倒産しても続けられるのはマレでしょう!

無職です。大抵は・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

某デパートは多くの人が解雇されたんでしたか。やっぱりそうなんですよね。
それに対して、「国有化」は少し違うんですかね.
まあ、銀行ではないんで、「国有化」はありえないんですが。

お礼日時:2001/09/09 08:57

一般的に倒産すれば、解雇でしょう。


倒産しても、山○証券の社員なんかは、外資系に引き取られたみたいですが...

某銀行は、国有化されたんじゃなかったでしたっけ?

倒産しても、どこかの会社に引き取られれば、仕事は出来るでしょうが、一般的には、残念ながら、無職になると思いますよ。

構造改革が、本格的に始まれば、倒産する会社はあるんじゃないでしょうか?
例えば、建設関係など...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。ふつうの感覚では、解雇ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/09 08:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業績悪化によるアルバイトの解雇

 私は、今現在約3年間アルバイトを勤めていましたが売上の伸び悩みから二ヵ月後に店を閉めると本日社員の方から伝えられました。
 このような状況の場合、正当な解雇として見なされるのでしょうか?また、失業保険への加入は特にされていなかったようなのですが失業保険は貰えないのでしょうか?
 去年、一昨年が大体週5日で収入的には100万近く、今年度は大体週3日で月7,8万円の収入を得ています。勤務状況は社員からあまり注意されることもなく自分ではまじめであったと思います。
 来年の3月に引越しを控えているため期間の問題から新たにアルバイトを探すのも正直難しく、業績の悪化とはいえ後半年無給は正直辛いです。
 ご回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、解雇の合法性は2つの観点があります。
1 手続き(30日前に予告するか30日分の平均賃金
2 正当な理由があるかどうか

まず、1については2ヶ月前ですから満たしてます。そこで2についてですが、これは人により見解が別れるところだと思いますが、店舗が閉店になることに合理性があり、また、代替勤務地もない、ということであれば、アルバイトの場合は解雇は合法性が高いということになると思います(正社員の場合はそうはいきませんが)

解雇が確定であれば、年次有給休暇(労働基準法第39条=比例付与の可能性があり、日数はわかりませんが)を取って再就職先を探す・・・というのが賢い方法でしょう。アルバイトに有給休暇はない、という誤解がありますが、労働基準法上は全く関係ありません。

Q勤めていた会社が倒産!!!

友人の事なので、まだ詳細は不明なのですがおしえてください!
今日、友達の勤めていた会社が倒産したらしく、何ヶ月分もの給料も未払いのままで、「とりあえず、会社にはパートで引き続き雇ってもらえるらしい・・・。」というのです。
倒産してて、給料も未払いで、退職金ももらえるのかどうかも、わからない状態で、
なぜ引き続きパートででも雇ってもらえるのかも、私にはわかりませんが・・・、
なにより!
今、何をしておくべきなのかわかりません!!
気がついたのは雇用保険や健康保険などを、
何とか(どうすればイイの?)しなくては!と思ってますが・・・。
どうか、教えてください!!

Aベストアンサー

何ヶ月も給料が未払いということは、それだけ債務超過ということではないでしょうか。パートで雇用が継続しても、それまでの未払い賃金とその後のパートの賃金支払いは期待できないのではと懸念します。取り急ぎ、私の知識の範囲で。

No.1の方が言われる未払賃金立替払制度は参考URLをご覧ください。要件があります。窓口は最寄りの労働基準監督署です。

雇用保険の手続きには離職票が必要ですが、会社に請求しても交付されない場合は住所を管轄するハローワークに相談してみてください。手続きしてくれる事務員がいないなど請求できる状態でないときは、とりあえず窓口を尋ねてみてください。

あと、このURLの目次の7に、会社が倒産したときの給料等の確保、社会保険や税金等の手続きなどの説明があります。参考にしてください。

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa_mokuji.html

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/tatekae/index.htm

何ヶ月も給料が未払いということは、それだけ債務超過ということではないでしょうか。パートで雇用が継続しても、それまでの未払い賃金とその後のパートの賃金支払いは期待できないのではと懸念します。取り急ぎ、私の知識の範囲で。

No.1の方が言われる未払賃金立替払制度は参考URLをご覧ください。要件があります。窓口は最寄りの労働基準監督署です。

雇用保険の手続きには離職票が必要ですが、会社に請求しても交付されない場合は住所を管轄するハローワークに相談してみてください。手続きしてくれ...続きを読む

Qネットで昔の社員が昔の在籍中の会社を批判しています

これにはなんらかの法的や社会的対処はとれるのでしょうか?
ちなみに批判の内容はあながち間違いとは言えないものです。

ご教示のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

社員なら身元特定可能でしょう。

名誉毀損で損害賠償請求ですね。
プラス書き込み削除命令。

Q正社員をクビにできない法律

正社員はかんたんにはクビにできないらしいのですが、最大のネックになっている法律はどんな法律でしょうか?法律に詳しくない自分にもわかるように教えてください。

また、アメリカ化していく日本ですが、使えない正社員はスパッとクビをきるような法律改正はされていくのでしょうか?

Aベストアンサー

もともと、解雇を規制する法律はありませんでした
(予告については民法、そして労基法が定めていました)
しかし、それはひどいということで、
判例法理が解雇権濫用の法理というものを作り上げ、
(日本食塩事件が有名です。最判50.4.25)
労働基準法16条の2に明記されました。

それが、労働契約法の成立により労働契約法16条に引っ越してきました。
条文は「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効とする」
となっています。
これは、整理解雇、懲戒解雇どちらにも適用されます。

なお、後段については、法律改正はないでしょう。
もともと、試用期間というものが、その判断期間だったのですが、
試用期間にも解雇権濫用の法理が類推適用(少し弱いけど適用される)されるという判例がでました。
そこで、現在オーソドックスとなっているのは、
派遣や契約社員から、使える人を正社員に登用する方法です。
これらが、堂々とまかり通っている以上、質問者様の希望するような法律改正は不要です。
(契約社員についても判例は解雇権濫用法理を類推適用していく方向ですので、派遣が一番簡単に切れますね。)

もともと、解雇を規制する法律はありませんでした
(予告については民法、そして労基法が定めていました)
しかし、それはひどいということで、
判例法理が解雇権濫用の法理というものを作り上げ、
(日本食塩事件が有名です。最判50.4.25)
労働基準法16条の2に明記されました。

それが、労働契約法の成立により労働契約法16条に引っ越してきました。
条文は「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効とする」
...続きを読む

Q非正規社員が突然クビにされた

点線から下は前回 ご相談した内容でございます。
オイから相談を受けておりましたが私ではあまり本人の役に立ちそうもありません。

クビと宣告されたのは6月はじめで 今だ解決しません。
労働基準局/ハロワ-クにいきました まったく解決しません。

先方、会社側の担当者の説明はメチャメチャで「今 現在も雇用中」とのことですから「退職届」持ってこいと言うありさまです。
しかも このようにしてあるので「解雇」は存在しないと開き直っている始末です。

離職票もまだ手元になく 近々 送ってくるそうですが「自己都合」だそうです。
先方では これで不満であれば「ハロ-ワ-クに「異議申し立て」してくださいとのことです。

現場責任者から言われましたが 正規社員ではないため 正社員の店長にも確認したところ 、ヤハリ 「クビ」とのこでした。
本人は「今後も続け仕事をしたい」むねを伝えましたが、とりあってくれなかったそうです。
--------------------------------------------------------------------
非正規社員が突然クビにされた~解雇に関する金銭
他の人から相談されました。一年近い勤続があり「非正規社員ですが突然クビにされた」とのことでした。
理由は「まわりの人との関係がよくない」とのことです。
前回 同内容でご質問しました。親切な多くのお答えいただき心より感謝を申し上げます。

退職後 一ヶ月が過ぎて いまだ離職票が発給されていません。
当時の20代店長にいくら電話をかけても出てくれないそうです。

なにとぞアドバイスいただけると幸いでございます。

7-13 上記 ご相談内容
------------------------------------------------------

点線から下は前回 ご相談した内容でございます。
オイから相談を受けておりましたが私ではあまり本人の役に立ちそうもありません。

クビと宣告されたのは6月はじめで 今だ解決しません。
労働基準局/ハロワ-クにいきました まったく解決しません。

先方、会社側の担当者の説明はメチャメチャで「今 現在も雇用中」とのことですから「退職届」持ってこいと言うありさまです。
しかも このようにしてあるので「解雇」は存在しないと開き直っている始末です。

離職票もまだ手元になく 近々 送ってくるそ...続きを読む

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7587534.html
これですね。その前は分かりませんが、、

で、どこまでやりたいのか、どれだけ争う構えがあるのか、等々でやり方も変わってきます。
一族の名誉の問題として(実際にあった話ですよ。まあ、そうのたまうだけの一族だったんですが、)最高裁でもなんでもとことんやり抜くのか、取りあえず、何らかの決着が得られればいいのか、先のスレだと解雇に対する補償金という話も出ていましたから、そこまで言うなら自身に正義があり、解雇されるいわれば無いと胸を張れるだけの根拠も必要になってきます。
そして、ここのようなサイトでは、質問する方も良く分からないので簡単にしか書かない、読む方はそれを想像して、たぶん、こんな事なんだろうかな?みたいに拡大解釈して色々書いてみるわけです。
その中には勘違いや思い込みなどが入り、まさに船が山に登るような事にもなりかねません。
やりとりが続いていけばそれも少しは解消されるのですが、このように細切れで、はしょった状況ではどうにもなりません。
就労闘争と一口に言っても、実際にやるには覚悟だけではどうにもなりません。時によっては威力業務妨害で逮捕される事もあります。会社によってはやくざを雇ってブスリなんて事も実際にあった事件です。
という事で、労働弁護団とか一般労組など専門家に相談するのがよろしいかと思います。
ちなみに、労基署は労基法違反だけ(あと労災と)しか扱いません。解雇が正当か否かまでの判断には踏み込みませんので何もできませんししません。職安は職業紹介をする施設ですから、離職票ぐらいは職権で何とかできるはずですが、それ以上の事はできません。
労働局は労基法改正案とか考える部署でしょうから全くお門違い。
(あ、いえ、あなたが有力な政治家で、不当解雇を強力に禁止するような条文を作らせたいならそっちでしょうけど)

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7587534.html
これですね。その前は分かりませんが、、

で、どこまでやりたいのか、どれだけ争う構えがあるのか、等々でやり方も変わってきます。
一族の名誉の問題として(実際にあった話ですよ。まあ、そうのたまうだけの一族だったんですが、)最高裁でもなんでもとことんやり抜くのか、取りあえず、何らかの決着が得られればいいのか、先のスレだと解雇に対する補償金という話も出ていましたから、そこまで言うなら自身に正義があり、解雇されるいわれば無いと胸を張れるだけの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報