母Aには内縁の夫Bがおり、Aは店を営んでいましたが店を閉鎖後からはBの給与で生計を共にしておりました。

内縁関係は20年以上も続いておりその間ずっと同所帯で生活しています。

Aには、実子のCとDがおりC・D共に各々家庭をもっております。

Aは病気で入院し治療費はおそらくBがみてたものと思われます。ここ数年は自分の意思を表すことが出来ない状態でした。 

Aが治療のかいなく他界してしまい、葬儀全般をBが全て決めてしまった。(C、Dには相談なし)

上記の事を踏まえた上で質問なのですが、

1:Bから治療費をC,Dに請求された場合は?

2:Aの生前にAが加入していた生命保険から給付された入院給付金はどのような扱いになりますか?
(治療費より給付金の方が多く、Bが受取っている為)

3:Bが葬儀費用の支払いをCとDに求めていますが、これは有効でしょうか?

4:Aの生保から支給される死亡保険金がDに100%受取り(800万円)があります。しかし、店を閉鎖後からBが保険金を負担してきました。(保険証券の内容は契約者及び、被保険者共にAのまま)
受取金はD固有の財産といことは理解していますが、Bは受取った後に700万よこすように言っております。
Dはそのつもりはありませんが、法的にBに対して払う必要があるのでしょうか?
もし支払い義務が発生した場合に、具体的な計算方法などわかれば教えてください。
支払った場合には課税されるのでしょうか? その税金の支払い者は?

法律に基づいて全て処理したいのです。

前回、別のカテゴリーで質問しましたが、話しが具体化してきましたので改めて整理しました。

A 回答 (1件)

実のところ、掲示板では事実関係を正確に把握するのにも限界があるので、


数百万円をどうこうしなければならないかって問題なら、
弁護士に相談したほうがいいと思います。

以下は、あくまで考える手がかりってことで…

>1:Bから治療費をC,Dに請求された場合は?

これ、もう少し問題をブレイクダウンしたいです。

もともと治療費や入院費の支払債務はAさん本人に発生しており、
Bさんはそれを立て替えてあげていた、ってことですか?

あるいは、質問2から推測するに、生命保険の医療特約で給付金が出ていて、
そこから支払っていた、ということですか?(順序の前後はともかく)

なんとなく後者のように思うんですが、だとすれば
後述するとおり給付金はAさん本人宛のものですから、
Aさんのお金でAさんの治療費や入院費を払っており、
Bさんは支払の処理をしただけ、って言う気もします。

前者だとすると、たぶんBさんに請求権はないように思います。
というのも、治療費負担義務がBさんにないのなら、
Bさんのやっていたことは民法上の事務管理にあたり、
民法702条による償還請求ができるって話になりますが、
一方で民法752条の夫婦相互扶助義務は内縁にも適用されるって判例があるんで、
治療費負担について「義務なし」といえるかどうかというと…ちと消極。

>2:Aの生前にAが加入していた生命保険から給付された入院給付金はどのような扱いになりますか?
>(治療費より給付金の方が多く、Bが受取っている為)

いわゆる医療特約の給付金は本人(つまりAさん)が受け取ることになっているはずです。
(特約の契約でそうなっているはず)
ですので、Aさんが死亡した場合は相続人、つまりCさん、Dさんに受け取る権利があります。

相続法の関係では内縁は夫婦とは認められないとするのが通説判例です。

>3:Bが葬儀費用の支払いをCとDに求めていますが、これは有効でしょうか?

一般には、葬儀費用は(とりあえず香典を考えないことにすると)相続財産から出すものとされています。
そうすると、原則として相続人であるCさん、Dさんが相続財産の中から出すべきものでしょう。
ただし、あまりにも分不相応に費用のかかった葬式だったのなら、
その「分不相応」な部分は、その葬式を主張した人、つまりBさんの負担となるでしょう。
このあたりは実質判断になるので、掲示板ではこれ以上の答えは書けません。

>4:法的にBに対して払う必要があるのでしょうか?

これは上記治療費と同じ考え方で、
Aさんに代わって保険料を払う義務がBさんにあったといえるかどうかでしょう。
義務なくして払っていたのであれば、やはり民法702条に基づく償還請求ができます。
もちろん、700万円という数字は根拠がなく、支払った保険料分のみですが…。
ただ、これも夫婦相互扶助義務の援用ってことを考えると、義務なしって考え方には懐疑的。
(少なくとも自然債務って考えられるんじゃないかな)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
色々参考になりました。

お礼日時:2005/04/12 14:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内縁関係不貞? 婚約破棄? 慰謝料

わたしにはつきあって6年になる彼氏がいます。
その6年の間に1年同棲をし、今年4月から同棲を再開しています。
しかし、去年から既婚者を好きになり、いわゆる不倫というものをしてしまいました。 (関係は半年ほどです。)

最近、彼にその不倫関係のことがバレてしまい、私は別れたいと伝えたところ、別れるなら、私と不倫相手に1千万ずつ慰謝料を請求すると言っています。

ここで、私と彼は内縁関係が成立するのでしょうか? 

同棲中の生活費はすべて彼が支払っていました。 家も彼の家です。 車も彼名義のものを与えられています。
周囲はわたしたちはいづれ結婚するものだと思っています。
私もそう思っていました。
婚約破棄になるのでしょうか? 内縁関係 不貞になるのでしょうか?

ちなみに、結婚に向けての式場の予約、指輪の交換などはありません。
ただ、お互いの両親に会っていますが、具体的に結婚の話はしていません。

慰謝料の請求の有無と、もしできるのならば、相場はいくらくらいか教えてください

Aベストアンサー

法律のカテゴリに行ったほうが、法の専門家が多数見ていますよ

http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/10182

婚姻の約束がなく、1年同棲のあと一旦同棲を解消して再び復縁?
これを内縁関係というかどうかが良くわからないですね
彼氏との関係、同居期間、不倫相手?との交際期間

これらを明確にした上で法のカテゴリで質問されることをお勧めします。
相手男性に関しては、内縁に当たる男性の存在を認識していたかが争点となります。
明確な結婚お約束がない状態(いつかしようねでは婚約関係ではないのです。いつしようねというのがあって始めて婚約関係が成立するのです)

http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/10182

内縁関係というのは1年の同棲ではなかなか認められないですよ
しかも一旦解消している。
>周囲はわたしたちはいづれ結婚するものだと思っています。
私もそう思っていました。

これが周囲および貴方の実感、内縁でなく恋人同士の同棲
だと貴方が主張すれば、彼は内縁を証明することは困難になる。
=慰謝料を請求することはできるが、裁判にしたとしても相手の要求が通ることは非常に難しい。

慰謝料というのは、簡単に請求することは可能です。
しかし、お互いに納得しなければ民事訴訟を起こさない限り支払う義務はないのです。

法律のカテゴリに行ったほうが、法の専門家が多数見ていますよ

http://profile.allabout.co.jp/ask/qa_detail.php/10182

婚姻の約束がなく、1年同棲のあと一旦同棲を解消して再び復縁?
これを内縁関係というかどうかが良くわからないですね
彼氏との関係、同居期間、不倫相手?との交際期間

これらを明確にした上で法のカテゴリで質問されることをお勧めします。
相手男性に関しては、内縁に当たる男性の存在を認識していたかが争点となります。
明確な結婚お約束がない状態(いつかしようねでは婚...続きを読む

QAがBに業務処理を委任し、BとC間で締結した契約の、Bの委任終了に伴う権利義務について

 AがBに対し、物品の売却業務を委任し、それに伴ってBがCと、それぞれ、契約の当事者として物品売買契約を締結しました。
 その後、物品の引き渡しや代金の支払いなどの契約内容が履行される前に、AがBに対する委任を解除しました。(そのことについてBは同意しています)
 そして、その後当初AがBに委任した内容と同じ内容をEに委任しました。
 このような状況で、BとCの物品売買契約内容を、EとCの物品売買契約として認めることはできますか?(Eは引き継ごうと思っています)
 できるとすれば、どのような手続きを取ればいいんでしょうか?
EがCに対して、Aから委任を受けましたということを通知して、Cが承諾すれば成立するんでしょうか?
 BとCの契約を解除し、EとCが新たな契約を結べばいいとも思いますが、どうなんでしょうか?(民法でいう更改?)
 Aは本社、B、EはAの営業所で、会社内部の取り決めでBに委任されていた内容をEに委任することになったという状況です。
 Cは個人のお客様です。
 このようなことを、法的にはどういうんでしょうか?

Aベストアンサー

>BとEは、A会社の営業所ですので、同じ会社、法人ということになると思っています。

 そうしますと契約当事者は、A会社とCであって、BとCではありません。B(正確には、A会社営業所Bにおいて権限を有している者)は、A会社の内部的な業務権限の配分により、A会社の代表者に代わって、A会社の名において、ある物品販売の契約を締結する権限が与えられているのであって、B(の権限のある者)が契約当事者になるわけではありません。
 従って、内部的にE(の権限のある者)が引き継ごうか、契約当事者はA会社であることに違いはなく、法的に独自の意味を有するわけではありません。当然、Cの承諾も不要です。(Eの担当者が引き継ぐことを知らせるのは、客商売としては当然でしょうが。)

Q内縁での慰謝料請求

 内縁でも慰謝料を請求できると聞いたことがあります。 
 彼氏は前の彼女と同棲中です。(今は別れることになりましたが)約4年間同棲していました。 同棲解消に伴い、彼女から慰謝料を請求されました。(協議ですので、私が直接彼女から言われたのではありませんが) 私は悪くないので、その彼女に慰謝料を払いたくありません、どうしたら慰謝料を払わないで済みますか?

Aベストアンサー

 2回目の回答をさせていただきます。

 「内縁関係」の定義についてはおっしゃる通りの解釈で結構だと思いますが(その専門家さんの返答はどうでしょうか、不貞行為による不法行為成立の有無を念頭においていらっしゃらない、一般論的な回答のように思います)、重要なのは彼氏と彼女が内縁関係にあったかどうかではなく、相手方の彼女が彼氏と彼女の内縁関係を証明できるかどうかです。おそらく、相手方の彼女は、同棲関係は証明できても、内縁関係(結婚の意志を有していたこと)は証明できないと思われます。単なる同棲関係であれば不貞行為による損害賠償責任は生じませんから、相手方の女性の請求は拒めば済みます。

 仮に相手方の女性が内縁関係を証明できる何らかの状況証拠を持ち合わせていたとしても、あなたは最後まで請求を拒むべきです。裁判まで行って、内縁関係が認められ、あなたの損害賠償責任が認定されてしまう確率は極めて低いと言えます。ここで内容証明について少し触れておきますが、内容証明には何ら法的強制力はありません。請求したという事実を証明するに過ぎない、ただの文書です。あなたがすべての請求を拒めば、相手方の女性は結局裁判に持ち込んで請求するしかなくなります。裁判以外の請求方法はすべて無視して問題ないでしょう。

 最後のご質問ですが、相手方の彼女が慰謝料の支払を強制するため、あるいは今回のことに対する仕返しをするために、報復に出た場合のことをおっしゃられているのだと思いますが、それに対してどのような手段が取れるかは、具体的に何かされたわけではない今の段階では何とも言えません。このような場合は賠償の請求というよりも犯罪に該当する行為であることの方が多いと思います。たとえば、脅迫電話をかけてきたり(脅迫罪)、会社にあなたの名誉を傷つける噂を流したり(名誉毀損罪)、会社そのものに対して妨害行為を働いたり(業務妨害罪)ということが考えられます(普通はここまでしないでしょうが)。それらの不法行為によってあなたに身体的・精神的被害が発生すれば、当然損害賠償の請求が可能です。

 まずは向こうの出方を窺いましょう。専門家をつけて証拠収集を開始しているようであれば注意する必要がありますが、単に慰謝料の請求を要求してくるだけであれば相手にせず無視していいでしょう。

 

 2回目の回答をさせていただきます。

 「内縁関係」の定義についてはおっしゃる通りの解釈で結構だと思いますが(その専門家さんの返答はどうでしょうか、不貞行為による不法行為成立の有無を念頭においていらっしゃらない、一般論的な回答のように思います)、重要なのは彼氏と彼女が内縁関係にあったかどうかではなく、相手方の彼女が彼氏と彼女の内縁関係を証明できるかどうかです。おそらく、相手方の彼女は、同棲関係は証明できても、内縁関係(結婚の意志を有していたこと)は証明できないと思われま...続きを読む

QAとBの共有持分をCとDに持分移転したい。

10名の共有のうちの2人を、別の2人に移転する場合の申請様式(考え方)を教えて下さい。
登記の目的 A,B 持分全部移転
原因     年  月  日贈与(持分放棄)
権利者   持分1/10 C 持分1/10 D
添付書類  申請書の写し  登記原因証明情報
        住所証明書   土地評価証明書
 
こんな感じでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

共有物の持分を放棄する場合は、他の共有者全員に持分に応じて持分が移転します。
特定の人間に「譲渡」する場合は、一般的には有償譲渡であるならば「売買」、無償譲渡であるならば「贈与」です。
目的の表示は合っています。

なお、後日に問題を残さないために司法書士に依頼する方がいいと思いますが、個人で登記を行いたいということであるならば、管轄登記所の登記相談にて書式・添付書類等のチェックをしてもらい、指導を受けるといいでしょう。

事案によって申請書の記載が一部変わりますので、全文を記載することは行いません。
それをそのまま信じてしまうと間違う恐れがあるためです。
具体的な内容については資料を見せた上で指導を受けて下さい。

Q嫁の不倫が発覚して、嫁から慰謝料を取り、離婚しました。今不貞相手の男に慰謝料を請求していますが、あま

嫁の不倫が発覚して、嫁から慰謝料を取り、離婚しました。今不貞相手の男に慰謝料を請求していますが、あまり取れなそうです。
私も正直嫁から結構な額の慰謝料を取れたのでお金よりは不貞相手の家庭をボロボロにしたい気持ちのほうが強いです。不貞相手の自宅も分かっているので、男がいない時に不貞相手の嫁さんと接触して、この事実を全て話してしまおうと思っています。(探偵を雇ったので証拠写真などは揃っています)
その際の注意点やそもそも危険な点がありましたら、ご意見頂きたいです。

Aベストアンサー

気持ちはものすごくわかります!私も似たようなことをむかーしむかーし考えたことあります!けども、
もう少し考えてみてください。

相手の奥様に告げ口したとして相手の家庭があなたの家庭のように崩壊するとは限りませんよね?


話し合って奥様が浮気を許して、夫婦で乗り越える場合だってありますし、、、。それがきっかけで家族の絆が深まる場合だってありえますよね?


もしくは、
こりゃ、いい機会だと、彼は離婚をして別れた奥さんと一緒になったりしするかも?


いずれにせよ、良いことなんてなさそうです。


ここまできたら神様に任せるしかないんですよ。

私からのアドバイスは
貰えるものはしっかりもらって法的手段で清算
一番です!!
法的手段で給料の差し押さえだってできるんじゃないですか?


まだどこまでやるかは貴方次第ですが。

もらったお金で
婚活!

新しい出会いを見つけて素晴らしい相手と出会って結婚!
人生を共に生きる!
新妻に寂しい思いをさせないでくださいね❤︎又離婚になりかねませんから。

とにかくあなたへのアドバイスは
同じ繰り返ししないように、
別れた奥さんより、浮気相手の家庭より、
貴方自身が誰よりも幸せになる事なんです。

前進あるのみ!

それが一番の仕返しです。

気持ちはものすごくわかります!私も似たようなことをむかーしむかーし考えたことあります!けども、
もう少し考えてみてください。

相手の奥様に告げ口したとして相手の家庭があなたの家庭のように崩壊するとは限りませんよね?


話し合って奥様が浮気を許して、夫婦で乗り越える場合だってありますし、、、。それがきっかけで家族の絆が深まる場合だってありえますよね?


もしくは、
こりゃ、いい機会だと、彼は離婚をして別れた奥さんと一緒になったりしするかも?


いずれにせよ、良いことなんてなさそう...続きを読む

QA、B、Cの内、売買契約でBが詐欺を働いた場合の物品の所有権。

小説読んでいたら気になる事が出てきたので質問させてください。

なお、この話は100%フィクションです。


ある会社A、B、Cがあります。

BはAから珍しい動物を1200万で購入する契約を結び、珍しい動物をもらいました。代金は2ヵ月後にまとめて支払う契約をしました。この2ヶ月間は動物の所有権はAにあります。

1ヵ月後、BはCへその動物を700万で販売しました。即日、Cは代金を700万円支払い、動物をもらい、BとCは売買の契約書を書きました。

Cは動物の所有権をBが持っていると思い、またBは私が動物の持ち主だとCに説明しました。

その後Bは倒産。経営者は行方を眩ませました。
Cのもとには動物と購入証が残ります。

BとCは共謀していない(Cは動物を買っただけ)です。

この時AはCに対し、法的に動物の所有権を主張することができるのか、という話です。


法律に詳しい方、どうか回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ああ、可能性としては低いけどもう一つ検討しておこうか。

もしも、Bは初めから騙し取るつもりでAと売買契約を結んだ(とはどこにも書いていないから、本来検討する必要はないがね。これは問題を勝手に作りすぎではある)とするなら、AB間の売買契約についてAが詐欺を理由に取消すという可能性があるね。この場合、どうなるかってーと、問題はどこでAが取消したかだ。まず、BC間の売買契約の後で取消したなら96条3項の問題として、Cが所有権を取得するということになる。BC間の売買契約の前に取消したならこれは判例では178条の問題で処理するのが筋ということになる。

んだけどね、そもそもAB間の契約には「所有権留保特約」が付いているわけ。そうすると、AB間の売買契約で所有権はBに移転していないというのは絶対なの。そして、無権利者から権利を取得することはできないのが原則だから、たとえ96条3項の適用があってもあるいは178条で処理するにしても、CはBから所有権を取得することはできないのが原則なの。96条3項にしろ、178条にしろ「一応は所有権を有する者から取得した場合」の話であって、Bには最初から最後まで所有権がないんだから、これは96条3項とか178条では解決できないの。だから結局は192条を考えざるを得ないわけだ。ってことは、最初から192条一本でけりが付く話なんだよ。だから96条は関係がないってわけ。

ああ、可能性としては低いけどもう一つ検討しておこうか。

もしも、Bは初めから騙し取るつもりでAと売買契約を結んだ(とはどこにも書いていないから、本来検討する必要はないがね。これは問題を勝手に作りすぎではある)とするなら、AB間の売買契約についてAが詐欺を理由に取消すという可能性があるね。この場合、どうなるかってーと、問題はどこでAが取消したかだ。まず、BC間の売買契約の後で取消したなら96条3項の問題として、Cが所有権を取得するということになる。BC間の売買契約の前に取消したならこれは...続きを読む

Q訴訟をしたいのですが 不貞の証拠が無い。 しかし精神的苦痛を受けたのでどうしても慰謝料の請求をした

訴訟をしたいのですが

不貞の証拠が無い。
しかし精神的苦痛を受けたのでどうしても慰謝料の請求をしたい。
慰謝料の額は250〜300を希望。

この状況で弁護士は受けてくれますか?

Aベストアンサー

不貞行為の慰謝料請求には、相談者が請求をするので原告という立場になります。
裁判には、「原告立証責任」という決まりがあり、不貞行為を裁判官が十分推察できるだけの証拠が必要となります。
1)ラブホテル等への日時別の出入り写真を複数
2)その不貞行為の現場を押える
上記のような、証明証拠が必要となります。

>証拠は内容が親密と思えるメールしかないです
これだけでは、相手側から「プラトニックな関係」だと主張されれば覆せますか?

相手が、相談者の動きに気付いていなければ、今からでも探偵社を雇って証拠を集めることです。

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Q不貞行為 慰謝料について

私 36歳
妻 36歳
子2人

彼女 36歳
夫  35歳
子2人

私は別居後すぐに好きな人が出来てしまいました。
別居の理由は好きな人が出来た事が理由ではありません。
※別居の理由は妻のお金使いが原因です。

先日、彼女の事を妻に知られてしまい。
妻は彼女が原因で別居をしてると主張してます。

離婚をしてくれれば妻に慰謝料を払おうと思っていますが。
※私的には不貞行為による慰謝料ではないのですが順番を間違えてしまった事への反省を込めてます。
妻が彼女に慰謝料以外にも反省文や誓約書を書かせる為に内容証明を送ると言ってきてます。

反省文や誓約書を書かせたら別れないといけないのかが心配です。
色々と調べましたが内容証明を無視して妻が告訴すれば裁判で慰謝料だけで収まるとか書いてあったりしますが、この辺りに詳しい方いらっしゃいますでしょうか?

・内容証明を無視したらどうなるか?
・内容証明に記載されている慰謝料のみを払えばいいのか?
・仮に内容証明を無視して裁判になった際は慰謝料のみで問題ないのか?
・そもそも上記に記載した理由で慰謝料を払うと不貞行為を認めた事になり余計厄介な事になりますか?

様々なパターンがあると思いますが教えて下さい。
宜しくお願い致します。

私 36歳
妻 36歳
子2人

彼女 36歳
夫  35歳
子2人

私は別居後すぐに好きな人が出来てしまいました。
別居の理由は好きな人が出来た事が理由ではありません。
※別居の理由は妻のお金使いが原因です。

先日、彼女の事を妻に知られてしまい。
妻は彼女が原因で別居をしてると主張してます。

離婚をしてくれれば妻に慰謝料を払おうと思っていますが。
※私的には不貞行為による慰謝料ではないのですが順番を間違えてしまった事への反省を込めてます。
妻が彼女に慰謝料以外にも反省文や誓約...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の案件、ひと言で解決する問題です。つまり、奧さんから彼女に内容証明郵便が届いた場合、それに異議を唱え反論する内容証明郵便を彼女から奧さん宛に出しておけばすむ問題です。

つまり、彼女の反論の内容証明郵便は、次の様な文書にして彼女から奧さんに送っておけば良いです。

「あなた(夫・あなたの名前)と奧さん夫婦は、破綻したので別居したと聞いている。その後の付き合いなので、あなたに(奧さんに)慰謝料を支払う義務も責任もない事をご承知おき下さい。これ以上、夫婦問題で私に関わらないことをお願いします。もし、この通知書を受け取った以降に、私に何らかの要求があった場合、私は、仕方なくあなた(奧さんのことです)を、裁判所に訴える用意があります。

と、いうような感じの内容証明郵便を彼女から奧さんに送っておけばそれでおしまいになります。奧さんは数々の点において立証責任を負うことになりますので、夫婦関係から推測してそれはまずムリです。奧さんはただ権利を主張しているだけです。その権利の主張の為の責任と義務は放棄されています。

又、あなたが気にされている「謝罪文」「反省文」などの文書を書きなさい。と、強制することは出来ません。これも厳密に言えば強要ですので違反行為です。最後に、彼女が内容証明を無視した場合、内容証明に書かれていることは事実である。と、認めた感じで受け取られますので、必ず反論しておくべきです。

ご質問の案件、ひと言で解決する問題です。つまり、奧さんから彼女に内容証明郵便が届いた場合、それに異議を唱え反論する内容証明郵便を彼女から奧さん宛に出しておけばすむ問題です。

つまり、彼女の反論の内容証明郵便は、次の様な文書にして彼女から奧さんに送っておけば良いです。

「あなた(夫・あなたの名前)と奧さん夫婦は、破綻したので別居したと聞いている。その後の付き合いなので、あなたに(奧さんに)慰謝料を支払う義務も責任もない事をご承知おき下さい。これ以上、夫婦問題で私に関わらないこ...続きを読む

Q 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)につ

 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)について、仮にAが死亡した場合、そのまま放っておくことは問題ないでしょうか(つまり、Bのみが権利者となります。)。または、何か届出を行ったり、税金の問題が発生するのでしょうか。
 また、A(Bの親、Aの配偶者はすでに死亡)死亡後、Cを土地Xの共同権利者として追加することについて、「相続」に関する問題は発生するのでしょうか。
 ちなみに、Bには妹(配偶者及び子2人がいる)が1人います。
 現在、関係書籍を読んでいるところで、平行して質問させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人が同様に相続していきます。

CはAを相続することはできません。Aが遺言で持分をCに遺贈すると書いていた場合のみCへの登記が可能です。
Bの持分をCに贈与することは相続とは無関係に可能です。

税金については、
・相続税についてはXを含むの遺産全部の評価額がわからないとわからない
相続税は、Xを登記するかしないかや、Xを誰が相続するかには影響されない。
・Xについての登記関係の税金については、登記時点で登記免許税等が発生する。
 不動産取得税は相続人(B,妹)にはかからないが、Cが受贈した場合にはかかる場合と
 かからない場合がある。
です。


 

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報