父が他界しましたが遺言状はありませんでした
相続人は私(結婚し住まいは別)と母の2人です
土地の相続に関してお伺いします

口約束の契約は成立すると聞きますがこういった場合どうなるのか教えて頂けますか?

親戚の母子に敷地の一部の土地の遺贈、又は借地権を与えるなどについて父が周りの人に話した事です
ある人にはその親子に遺贈する、別の人には親子に土地を貸す、又他の人にはそれらに関して反対する人(私を含め他の親戚)が一人でも居たらその限りでは無いとも

親戚の母子に確認した所、子(息子、独身)に直接話は無かったとの事、しかしその母の方との間には何らかの話が持たれていると思われます
以前は借地に関して匂わせていたのですが今はなんとしても内容を教えてくれません

父と今後の事を話し合う前に急死してしまいましたので事実関係を確認出来ていません
おまけに父の一貫性の無い話が周りで一人歩きしていて
中には「自分はそれが遺言だと思っている」という人まで居ます
以上の事から
(1)本人達と口約束があったのなら有効なのか
(2)その場合いつまでに誰に報告すべきなのか
(3)他人に話した内容については遺言として有効なのか
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

遺言は厳格に形式が決められており、口頭による遺言も認められますが、どうも質問の内容からはその要件を満たしていないように感じます。


但し、ご質問者が承知されてるように「契約」は口約束でも有効になりますから、利害関係者が亡くなった方の言ったことを証明できれば、契約としては成立します。
お父様が土地を上げると言い、当人がいただきますと返事をしていれば有効な契約であり、贈与として成立します。

http://www.office-kiriyama.com/souzoku-omakase/i …

口約束が遺言として成立する場合は
「臨終の席で」
 証人3人以上の立会いのもと、その中の人に口述筆記をしてもらう方法です。

筆記した人は遺言者と証人に読み聞かせ、間違いないと認めると、それぞれが署名・捺印します。
20日以内に裁判所の確認を受けないと無効になり、証人も遺産相続とは無関係の人で、成人でなければいけません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなり済みませんでした
色々調べてみたのですがご紹介のサイトには行き着きませんでした(^_^;)
とても判りやすいサイトで大変参考になりました
「贈与」と言う部分に関してはまだ誰からも何もリアクションがありませんのでなんとも言えませんのでまだまだ父の発言の真相が判らない状況ではあります

ありがとうございました

お礼日時:2005/04/07 16:20

相続に関しては、「口約束」なぞというものは、ありません。


 
 また、相続が発生する前の、「アタシ、財産いらないわよ」も無効です。

 遺言がなければ、すべて、法に定められたとおりに相続されます。

 この場合は、あなたと母上です。
 また、認知している子がいれば、その子も相続できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなりました
父の友人が通夜と葬式に現れて勝手に「遺言を聞いているから親族の前で話をしたい」と言い出して困っておりました
これでその方に遺言状が無い事と合わせて説明ができます
ありがとうございました

お礼日時:2005/04/07 16:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第一順位の者が相続放棄完了前に第二順位の者が死亡

相続のことで、ちとややこしい事になっていますので、ご教示を願います。

先日、義父(質問者の嫁の父)が死亡しました。
義父の死亡時、相続人となる可能性のある者は、

第一順位(子):嫁とその兄(質問者の義兄)
第二順位(親):義父(被相続人)の母親
第三順位(兄弟姉妹):義父(被相続人)の実姉(故人)の息子2人(代襲相続)

の5名です
※配偶者(質問者の義母)は既に離婚しており、相続人から外れています。

義父は事業をしておりましたが、明らかに負債が多いため、嫁とその兄(質問者の義兄)、義父(被相続人)の母親の3名は、相続放棄をする事とし、行政書士に手続きを依頼しました。
※第三順位の者は、義父(被相続人)の実姉(故人)が亡くなって以降、全く交流が無く、連絡が取れていません。

ところが、嫁とその兄の書類が整い、いざ家庭裁判所に提出する段階になって、義父(被相続人)の母親が死亡しました。


以下、質問です。
1.第一順位である嫁とその兄(質問者の義兄)は、引き続きこのまま相続放棄の手続きを進めます。
  晴れて相続放棄手続きが完了した際、次の相続人は誰でどうなりますか?
   A:義父死亡時には存命だった、第二順位の義父(被相続人)の母親になり、そのまま単純承認。
   B:義父死亡時には存命だった、第二順位の義父(被相続人)の母親になるが、生前に相続放棄の意向は示しており、相続放棄可能。
   C:第一順位の者の相続放棄手続きが完了時点で、第二順位の者は全員死亡しているため、第三順位の者2名に移る。


2.1の答えがBかCである場合、義父の相続財産と義父の母親の相続財産は別物であり、仮に嫁が、義父のは相続放棄し、義父の母親のは単純承認しても、義父の負債は負わなくてすむか。
 ちなみに義父の母親の相続人は、第1順位となる子はすべて死亡しており、代襲相続で孫の4名(嫁、嫁の兄、義父のときは第三順位にいたもの2名)だけとなります。

 以上、よろしくお願いいたします。

相続のことで、ちとややこしい事になっていますので、ご教示を願います。

先日、義父(質問者の嫁の父)が死亡しました。
義父の死亡時、相続人となる可能性のある者は、

第一順位(子):嫁とその兄(質問者の義兄)
第二順位(親):義父(被相続人)の母親
第三順位(兄弟姉妹):義父(被相続人)の実姉(故人)の息子2人(代襲相続)

の5名です
※配偶者(質問者の義母)は既に離婚しており、相続人から外れています。

義父は事業をしておりましたが、明らかに負債が多いため、嫁とその兄(質問者の義兄...続きを読む

Aベストアンサー

1.第一順位の子が最初から相続人でなかったことなり、被相続人の死去
時生存していた、被相続人の母となります。ただABCいずれでもありません。

2.(BCに該当しないので回答せず。)


1の続きとして、被相続人の母が、単純承認、相続放棄することなく3月以内に死去したこととなるのでしょうから、民法916条により、被相続人の亡母になりかわって、その相続人(代襲相続人)が、被相続人の遺産を放棄するかしない(=単純承認)かを、今している手続きとは別個にすることになります。この相続放棄をすれば、被相続人を相続することなく、被相続人の亡母遺産を相続できます。(代襲相続人間で放棄するしないが混然とした場合は、どう扱うのかは知りません。)

なりかわってする相続放棄をしない場合、被相続人の母遺産に、被相続人負債が含まれますので、負債込の「被相続人の母」遺産を代襲相続人として、単純承認するのか、限定承認するのか、相続放棄するのか、ということになります。いずれの放棄も3か月の起算は、被相続人母死亡により、代襲相続すると知った日から開始します。

Q借地権の第三者への対抗要件についての質問です。 昭和39年に、旧借地法に基づく借地権を父から相続し

借地権の第三者への対抗要件についての質問です。

昭和39年に、旧借地法に基づく借地権を父から相続しました。
同時に、同地上の家も相続しました。

現在まで、借地は原契約(契約者は父)のまま更新し続けています。
家に関しては、相続人(私)名義で所有権保存登記を済ませてあります。

ここで質問なのですが、この状態だと、第三者に対して借地権を主張できないのでしょうか?

また、借地権の名義変更には貸主の承諾は必要でしょうか。
更に、名義変更料は支払わなくてはいけないのでしょうか。

詳しい方、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お礼欄記載のとおりです。
そのままで第三者に対しても対抗力は有しています。
地主(土地賃貸人)の承諾も必要ないですし、名義変更料の支払い義務もないです。
地主(土地賃貸人)には再契約請求権はないです。
ないですが、地代の支払義務者が変わったわけですから、通知しておかないと地主としてはわからないです。
相続を原因として、借地権者の変更があったことを、建物登記簿謄本を添付して通知しておいて下さい。

Q第3順位の相続放棄につきまして

いつも御回答者の皆様には参考になる御回答をいただきまして大変感謝しております
第3順位の相続放棄につきまして再度ご教授願えればと思いまして質問させて頂きました
素朴な疑問なのですが第3順位の相続人が相続放棄をするに当たり戸籍謄本が必要に
なりますが戸籍謄本の取得の日付が相続人である事を知った日より早い日付ですと
裁判所から疑問を持たれたりするものなのでしょうか?第1順の相続人が放棄手続き中に
第3順位の方々にお願いし(受理されたらお願いしますと言う旨の内容)気の早い人は先に戸籍謄本を取ってしまった人がいる事を知りまして。
このような質問内容でございますが何卒、宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

 疑問を持たれること自体はあるかも知れませんが,それでも第一順位の人が相続放棄の手続きをしていることを知ったので早めに戸籍謄本を取っておいたと説明すれば,特に問題は起こらないと思いますよ。
 裁判所として関心があるのは,主に自己のために相続があったことを知った日から3ヶ月以内という要件を満たすか否かであり,先順位の人が相続放棄の手続きを終えてから3箇月以内の申立てであれば何の問題もありませんし,何らかの事情があって申立てが多少後にずれ込んだ場合でも,申立人の主張する「自己のために相続があったことを知った日」に合理的根拠があれば,裁判所はそれで受理しますから。

Q遺言書(遺贈)について

遺言書(遺贈)について
遺言書で内縁の妻(韓国籍:特別永住者)に遺贈するのですが何か注意する事は有るのでしょうか。

内縁の妻が韓国籍の特別永住者でも遺言書によって遺贈出来るのでしょうか、
専門家の方が教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

NO.2です。
うーん、今回はただ働きしますか。
まず、遺言書はこれで法律上の要件を満たしていますよ。
質問者様の補足に書いてありますが、以下の事は絶対にやってください。
これがどれか欠けると無効とされます。
1.自分で手書きで書くこと
2.日付を入れること
3.名前を書き印鑑を押す事
4.訂正が無い事が望ましい
 法律にのっとった訂正方法は有りますが、意外に面倒なのでこの程度
 の長さなら書き直したほうが良いと思います。
<後々の支障について>
これがケースバイケースなんですよ。
いままで出てきた内容で判断すると後々の支障は無いと考えられます。
ただ、全くもめない相続は珍しいので、もめた相続を何度も見ている私が
色々気になっているだけです。
遺言執行時に隠し子が出てきたり、遺言書を隠されたり、遺産を使い込まれていたり
相続農地にマンションが建ってたり・・・本当にこじれる時は凄いです。
はは、これは愚痴ですね。
奥様が、問題が起きたとき弁護士等と連携して旨く裁ければ全く問題ないのですが、
それを未然に防ぐ為の遺言書でもあるわけです。
でもね、この程度の遺言書なら、相談内容によりますが、法律家の中では
比較的安い行政書士に見せれば大抵5千円程度で文章チェックと最適な、
遺言方法の提案もしてくれると思いますよ。
お金にならないので、忙しい場合は嫌な顔をされるかもしれませんが・・・
その場合は、前もって質問事項と考えてほしい事を上げて相談した方が良いですね。
むろん遺言書を書いてくれと言えば、金額がかなり大きくなります。
ふっかける人間が居ないわけではないので、価格は相談前に聞けばよいですね。
良い法律家ならば、ここでは書けない事を細かく聞いて、税金等の事も含めて
アドバイスしてくれます。

NO.2です。
うーん、今回はただ働きしますか。
まず、遺言書はこれで法律上の要件を満たしていますよ。
質問者様の補足に書いてありますが、以下の事は絶対にやってください。
これがどれか欠けると無効とされます。
1.自分で手書きで書くこと
2.日付を入れること
3.名前を書き印鑑を押す事
4.訂正が無い事が望ましい
 法律にのっとった訂正方法は有りますが、意外に面倒なのでこの程度
 の長さなら書き直したほうが良いと思います。
<後々の支障について>
これがケースバイケースなんですよ。
いまま...続きを読む

Q相続の順位と相続額について

相続の順位について教えてください。
長文ですがご容赦ください。

<概略>
両親が他界し負債が20万ありましたが、相続者の私と兄は相続を放棄しました。
この負債が母方、父方の親族ににどう相続されるのか、相続額はどうなるのか、
について、教えていただきたいです。

<家族構成 私から見て>
父、母、兄、私(弟) ・・・兄、私には子供はいません。

<親族構成>
〇父方
 祖母、姉
 ※祖父は他界済。

〇母方
 兄、姉1、姉2、姉3、姉4(他界済)娘1(20)、娘2(15)
 ※母は末っ子でした、姉4の娘さんには子供はいません。
 ※母方の両親は他界済。

<状況・時系列>
○去年9月
 父が亡くなり、財産がないものとして(プラスもマイナスも)単純承認しました。
○去年12月(父死亡から3ヶ月経過後)
 父に負債があることがわかりました。(判明したので約20万)
 母10万、兄、私に5万づつ相続される。
○今年1月
 司法書士事務所に連絡して、相続放棄の手続きを開始しました。(兄、私)
○今年2月
 母がなくなりました。
 母が相続していた父の負債2分の1も、兄、私が相続することになる???
 結果、兄、私それぞれに10万の相続になる???
 司法書士事務所に連絡して、母親分の相続放棄の手続きを開始しました。
 結果、父と母の相続放棄を同時にすることになりました。
○今年4月末
 両親分の相続放棄が受理されました。(裁判所から通知書が来ました)
○今年5月
 親族へ相続の権利が移ると聞いたので、連絡をしています。(今現在)

<知りたいこと>
(1)相続順位
(2)相続額

<相続第2順位>
認識している相続者以下の通りです、合っていますでしょうか。
○父方は祖母の1名
○母方は兄、姉1、姉2、姉3、姉4の娘1、娘2の計6名

<相続第3順位>
○父方の祖母が相続放棄をすると、父の姉が相続対象になる。
○母方は相続者がいないため、国に帰属する。

相続順位は合っていますでしょうか。
相続額はそれぞれどうなりますでしょうか。

よろしくお願いします。

相続の順位について教えてください。
長文ですがご容赦ください。

<概略>
両親が他界し負債が20万ありましたが、相続者の私と兄は相続を放棄しました。
この負債が母方、父方の親族ににどう相続されるのか、相続額はどうなるのか、
について、教えていただきたいです。

<家族構成 私から見て>
父、母、兄、私(弟) ・・・兄、私には子供はいません。

<親族構成>
〇父方
 祖母、姉
 ※祖父は他界済。

〇母方
 兄、姉1、姉2、姉3、姉4(他界済)娘1(20)、娘2(15)
 ※母は末っ子でし...続きを読む

Aベストアンサー

相続順位は合っています。

相続分について
父について祖母と母が相続した場合・・・祖母3分の1、母3分の2(この3分の2を母の兄弟が15分の2ずつ、母の姪が15分の1ずつで相続)

父について父の姉と母が相続した場合・・・父の姉4分の1、母4分の3(この4分の3を母の兄弟が20分の3ずつ、母の姪が40分の3ずつで相続)

父について、父の姉も放棄し、母のみが相続人となった場合・・・母が100%相続(これを母の兄弟が5分の1ずつ、母の姪が10分の1ずつで相続)

放棄をすることによって相続分も変わってきますのでややこしいですね。
なお、放棄によってはじめから相続人でなかったものとされる(民法939条)ので誤解なきよう。つまりあなたや兄が5万円を相続した上でその支払い義務を免れたわけではなく、債権者は20万円全額を他の者に請求できるになったに過ぎません。現状では債権者は、祖母3分の1、母の兄弟15分の2ずつ、母の姪15分の1ずつの割合で請求できます。

(以上、敬称略)

Q亡くなった父の内縁の妻にも財産の一部を遺贈したい

私の家族は父および父の内縁の妻と同居し、本当の家族同様に暮らしていました。
先日父が急に他界し遺産相続の話になったのですが、内縁の妻には相続権がないと知りました。(父は遺言書を作成していません)
私としては父がお世話になった方に父の財産の一部を受け取ってもらいたいと考えています。
私の知識では「父→相続→私→贈与→父の内縁の妻」となってしまい多額の税金が発生してしまいます。
父の作った財産を少しでも多く受け取ってもらいたいので何か手はないでしょうか。
ちなみに私には兄弟はいません。実母は他界しています。理想は父の内縁の妻20%、私80%です。

Aベストアンサー

内縁の妻といっても、同居の事実(実質的な夫婦関係、だから内縁と言うんでしょうが)、生活の実態があれば戸籍上の配偶者に準じた相続が認められています。(特別縁故者として相続の権利の請求権)
あなたのような状況で世間一般的にトラブルが起きるのは、本来なら子供の私が独り占めできるのに父をたぶらかしたあの女にびた一文渡したくないわっ!!って時ですよね。
今回はあなたも渡したいと思っておられるのだし、その割合も20%と一般的な法判断にも近いので全く問題は無いと思いますよ。
あとはその内縁の妻という女性が、自分の取り分をきっちり最大に確保したいと色気を出さなければ妙なトラブルにはならないでしょう。

ただ本来法では内縁の妻を法定相続人として認めていないので、相続時の税金で恩恵を受けられないというデメリットが生じます。
あなたが、ただあげたいからといっても税務署は配偶者の相続として控除を認めてくれない場合がありますね。懸念されてるのはここでしょう。
ひとつの方法として内縁の妻の女性に家庭裁判所に特別縁故者として遺産相続の権利の請求を認めてくれるよう訴えて貰うというものがあります。
ちょっと抵抗があるかもしれませんが、これはいわば出来レースであって法定相続人でない人に相続権をあなたではなく裁判所に認めさせるのですね。(相続というより共に生計を立てた者として財産の幾分かは自分の助力によって作られたのだから、離婚時に財産分与を求める事が出来るのと同様の相続を受ける権利がある、という主張)
これによって内縁の妻にも控除分が発生する可能性があり、それを越えても相続税の2割増し程度の額で済む制度があるはずです。

内縁の妻といっても、同居の事実(実質的な夫婦関係、だから内縁と言うんでしょうが)、生活の実態があれば戸籍上の配偶者に準じた相続が認められています。(特別縁故者として相続の権利の請求権)
あなたのような状況で世間一般的にトラブルが起きるのは、本来なら子供の私が独り占めできるのに父をたぶらかしたあの女にびた一文渡したくないわっ!!って時ですよね。
今回はあなたも渡したいと思っておられるのだし、その割合も20%と一般的な法判断にも近いので全く問題は無いと思いますよ。
あとはその内縁...続きを読む

Q遺産相続第一位相続順位兄弟のうち1名が死亡

第一位相続順位の4兄弟のうち1名が死亡したとき、死亡した1名の子に相続順位が及ぶのか?また及ぶとしたらその分割割合は?教えてください。

Aベストアンサー

代襲相続で検索されたい。

Qどうして遺贈の場合は遺言書が必要なの

私にはAという相続人は居ますが、Aは、自分にでなく、自分の子供に私の財産を遺贈してくれるように望んでいます。
この場合、遺言書がなくても、相続人はAだけですので、係争は起りえません(-の遺産はないので)

そう考えると、一体誰の、何の為に、遺贈の場合には遺言書が必要なのかわけが分かりません。

(係争も起らないし、割り増しの税金を支払うのですから、全く誰の迷惑にもならないと思うのです・・・。)

遺贈のことが書かれた遺言書は、どの役所の人が、何の為に見せろというのですか?

Aベストアンサー

法律では、亡くなられた方の遺産は、法定相続人が相続するということとなっています。
また、法定相続分という考えも定めがあります。

相続人による遺産分割協議により、その取得する遺産等を決めることになるのが原則です。

遺言書による遺贈というのは、特定の相続人に多く配分する意思表示、法定相続人以外に相続人を定める行為など、いろいろな目的があるのです。

あなたが遺言書を残さなければ、Aさんが遺産を相続することになり、Aさんの判断でAさんの子に相続させることは出来ません。出来るのは、Aさんが相続した遺産をAさんがAさんの子に贈与するということになります。

遺贈による場合には、相続税の加算を受けるだけでAさんの子が相続できるわけですが、遺贈でない場合には、Aさんが相続する際に相続税を、Aさんの子が贈与を受ける際に贈与税を負担しなければなりません。もらう側としては、せっかく遺産を残してくれるのであれば、税負担の軽い方法で遺してくれた方がありがたいことでしょう。

遺言書が発見された場合には、基本的に家庭裁判所での検認を受けなければなりません。
また、遺言書で指定された相続人だからと言って、他の相続人の了承ない場合には、遺言書通りの相続ができないこともあります。争いとなれば、遺言書が指定された相続人にとっては、有利な証拠でもあります。あなたが男性であれば、過去に付き合った女性にあなたの子がいないかどうかなんてことはわかりません。亡くなった後に子供ですと言われれば、明確な意思表示をしていなければ、Aさんの都合よくは行えません。Aさんがどのような人なのかわかりませんが、あなたの人生のすべてを知っているわけではないことでしょう。そう考えれば、せっかく自分に残す意思表示をしてくれているのであれば、可能な限りリスクや負担を減らす為に遺言書で残してほしいと思ってもおかしくはないことでしょうね。

遺言書というものは、相続人やあなたの身の回りの人に対して、意思表示をする行為です。そして、それを守ってほしいという行為でもあるでしょう。そのような行為があって初めて、通常の相続人以外の人が一定の要件のもと相続できるのですしね。

割増の税というものが相続税の2割加算であれば、相続税の申告で遺言書の提示は必須でしょう。相続人間の遺産分割協議であっても、遺産分割協議書の添付が必須ですしね。ですので、相続の争いとなった場合には家庭裁判所、税務申告では税務署、金融機関や法務局の手続きでも必要となることでしょうね。
税金を払えば自由というものではありません。

法律では、亡くなられた方の遺産は、法定相続人が相続するということとなっています。
また、法定相続分という考えも定めがあります。

相続人による遺産分割協議により、その取得する遺産等を決めることになるのが原則です。

遺言書による遺贈というのは、特定の相続人に多く配分する意思表示、法定相続人以外に相続人を定める行為など、いろいろな目的があるのです。

あなたが遺言書を残さなければ、Aさんが遺産を相続することになり、Aさんの判断でAさんの子に相続させることは出来ません。出来るのは、A...続きを読む

Q第3順位の相続放棄について

いつもこちらでは助けて頂き感謝してます。今回も宜しくご教授いただきたく投稿させて頂きました
11月に母が他界しまして子供3人は相続放棄をし12月に家裁から受理の通知を受けました。
父は既に他界しております。ここで第3順位の方へ相続が移行された事になりますが         (第2順位の母の両親は他界してます)
ここでご教授願いたいのですが 例えば第3順位の方々へ債権会社から督促状が半年後に届いた時点で相続放棄の手続きを行っても大丈夫なのでしょうか
また第3順位の相続人が13人と多いので13人分の申述書とそれに添付する書類をまとめて
家裁に郵送して手続きをすることは可能なのでしょうか
本来であれば1件1件出向いてお願いするのが筋道とは思うのですが中には過去にトラブルがあり会って頂けない方や連絡の不通の方もいますのでその旨を伝える術が無く困ってます
皆様の知識で何卒ご回答をお願いいたします

Aベストアンサー

相続放棄は、相続発生をした日から3ヶ月以内に行なわなければなりません

第三順位の者の相続発生は前順位の者全員の相続放棄が認められた日です
それを知った日とは、何らかの方法で、相続人全員が相続放棄したことを知った日です
(それは請求書が送られてきた日かも知れませんし、誰かから相続放棄したことを聞いた日かもしれません、
が 早く連絡して手続きしてもらわないと面倒なことが増えます)

相続放棄の申述は本人が行なうか代理人が行なわなければなりません が 代理人は 司法書士等でなければなりません

必要書類を全て用意し、申述書を本人に記載してもらい、質問者が家裁へ届けるなら有効ですが(単なる使者として届けただけ)
全員の分をまとめて一通の封書で届けると、代理人が介在したと判断されます
一人分ずつ郵送すれば・・・・・

少なくとも、母上が亡くなったこと、相続人全員が相続放棄したので、第三順位のxxさんが相続人になったこと は文書で伝えるべきです

Q父が作成した公正証書遺言書を紛失してしまいました。この場合、父はまだ健

父が作成した公正証書遺言書を紛失してしまいました。この場合、父はまだ健在ですが遺言書の現物が無いと遺言自体が無効になるのでしょうか?また、子供としてとるべき処置はどうしたらよいのかアドバイスをいただければと思います。

Aベストアンサー

#4追加
他の回答に、相続人からできるとありますが、
再交付(謄本)は本人(被相続人)のみです。 相続人はできません。
子供にだって知りたくない場合があります。

死亡後は、相続人からできます。


人気Q&Aランキング