プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

相互確証破壊(MAD)について
現在プーチンは、核兵器を脅しとして利用しています。核戦争の恐怖が、アメリカにモスクワな届くような長距離ミサイルのウクライナへの供与をひかえさせています。
プーチンは、押し返されている戦線を建て直すため、予備役の召集とドンパス地方のロシアへの併合により、核兵器の使用の現実性を高め、停戦交渉を優位にすすめたがっているようにみえます。
この今の状況を相互確証破壊が機能している。つまり、核兵器の脅しが、核保有国同士を牽制し、戦争が全面戦争から終末戦争にいくのを阻止している。ある意味ローカルな戦争におしとどめている。とみますか?
それとも、相互確証破壊は機能していない。別な要因がウクライナの戦争の拡大を抑止している。とおもいますか?
率直な御意見をお聞かせ下さい。
わたしは、プーチンは核兵器を使う可能性は高いと危惧しています。

A 回答 (3件)

>この今の状況を相互確証破壊が機能している。

つまり、核兵器の脅しが、核保有国同士を牽制し、戦争が全面戦争から終末戦争にいくのを阻止している。ある意味ローカルな戦争におしとどめている。とみますか?

いいえ。恫喝に使う時点で、相互検証も何も、核クラブメンバとしてのプライドも、常任理事国としての矜持も全部捨て去っています。金正恩以下ですね。

>それとも、相互確証破壊は機能していない。別な要因がウクライナの戦争の拡大を抑止している。とおもいますか?

米国、欧州の自制、プーチンほど馬鹿ではない、他の核クラブメンバのプライドなどでしょう。

何にせよ、自身の利益追求のための戦争に核恫喝したロシアは、核クラブメンバの資格はありません。北朝鮮と同等に扱われることでしょうし、北朝鮮と同じく非核化の圧力を受けるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
核放棄したウクライナが、戦争に巻き込まれる。
まったく言葉がありません。

お礼日時:2022/09/27 19:01

核兵器の脅しが、核保有国同士を牽制し、戦争が全面戦争から


終末戦争にいくのを阻止している。
ある意味ローカルな戦争におしとどめている。とみますか?
 ↑
それがメインだと思います。




それとも、相互確証破壊は機能していない。
別な要因がウクライナの戦争の拡大を抑止している。
とおもいますか?
 ↑
戦争が長引けば、軍事産業が
儲かります。

イラク戦争では、当時の米国閣僚との
石油関連企業は
皆、大儲けしています。

米国が関係のない第二次大戦に参加した
のは、英国フランスが負けると、貸し付けた
金が戻らなくなるからだ、という
説があるぐらいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今現実に起こっていることをどう説明するのかが気になります。
プーチンはエスカレーションの姿勢を崩しません。唯一機能しているのが核です。経済的にも、軍事的にも、政治的にも不合理な選択をしているプーチンは、拠り所が核保有の全能感しかなくなっているとかんじています。

お礼日時:2022/09/26 09:39

プーチンが現在比較的ロシアに味方してくれる中国やその他の国から支援を貰うためには、その相互確証破壊とやらが確実に機能していることを見せなければならないというジレンマがあるだけです。



核を使用すれば、機能しているのがわかるのですが、機能していないことがバレる可能性もありますので、最終手段のほうになることは確かだとおもいますが、打つ手がなくなれば、必ず使用します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
追い込まれるとなにするかわからない。と思わせているだけか、実際やる気まんまんなのかがわからないです。

お礼日時:2022/09/25 23:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング