気になったのですが
学校(小中高)に通うことはこれは義務なのでしょうか?
つまり義務教育云々ではなく、学校に行くこと自体これは
本人の意思に関係ない義務的なことなのでしょうか?
最近知り合いに相談されたのですが、その人の友達は
とある事情で学校に行く事を拒んでいるようで
身内と口論になっているそうです
どうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

今、中学校に行けていない子の親です。



皆さんのおっしゃるとおりだと思います。で、個人的な意見になりますが、学校に行く事を拒んでいる子の身内としては、子供が自分で将来に向かって道を切り開いて、学校に「行かない」という人生を選んだのなら万々歳だと思っています。

ただし、不登校児と言われる人の多くは「行かない」のではなく、行きたいのに、なんだかしらないけど「行けない」場合が多いようです。そういう場合、親としては、なんとかして行かせてあげたいなあ、と思います。「行かない」と言っている子の中にも、実は「行けない」場合が多いようですし。

それから、なんだかんだ言って、学校というところは便利にできていて、通っていればなんとか将来に結びついていったりするものです。だから、本当に、自分の道をしっかりと見つけて、「行かない」と決めた場合でも、学校以外の道に送り出すのは、親として、かなり勇気が要ります。これは親になってみないと分からないと思います。皆さんも書いておられるように、その学校以外の道でつまづいたら、親の責任になってしまいますし。

でも、たとえ「行けない」場合でも、しばらく休ませて子供本人に考える時間を与えるほうがいいという専門家も大勢います。逆に、子供自身は、「絶対に行かないほうが良い人生を送れる」と思い込んでいても、人生経験が豊富な親から見ると、現実はそう甘くはないと思っているのかもしれません。

その、学校へ行くことを拒んでいるというお知り合いのお友達ですが、スクールカウンセラーなどに同席してもらって親子で話し合ってみてはどうでしょう。学校専属のカウンセラーが合わなければ、保健所などでも紹介してくれるはずです。あるいは、本人だけがカウンセラーに会ったり、親だけがカウンセラーに会ったりすることもできます。カウンセラーは万能ではありませんが、いろいろな事例や情報をくれると思います。

親にも親の立場があると思うのですが、理解してもらっていないと感じるのは、子供としてツラいでしょうね。私も子供を理解してあげる努力をしているつもりですが、伝わったり伝わらなかったりします。
    • good
    • 0

小学校の高学年と中学校丸々を不登校として過ごした者です。



義務教育に関する法律云々は、他の方がすでにされておられるので、当事者だった本人としての感想みたいなのを書かせていただきます。

学校に行くことは、私は子どもの義務だとは思っていません。当時はそう思っていてかなり苦しみましたが、途中から、これが私だから、と思うようになり、親もそれを助けてくれるようになってかなり楽になったのを覚えています。
学校に行くのが当然、という今の社会風土では、義務だと思われていても仕方のないことだと思います。その「知り合いの友達」の身内の方も、そう考えて口論となっているのだと思います。

でもまあ、それは結局、法的なものではないわけですし。

少し質問の意図からずれてしまうのですが、当事者だった者として言えるのは、支えてあげてください、ということです。
不登校になりたてだった頃、周りの人間はみんな、学校に行くのは当たり前、だと思っていました。その中で、学校に行かない私は異常児扱いされ、何とか学校に来させようとあの手この手を尽くされ、かなりの地獄を見ました。善意でしてくれたものもあるでしょうが、私には、自分の評判を落としたくない教師と、教師に言われるからしている生徒、としか映りませんでした。まずして欲しかったのは、今の自分を受け入れてくれることだったのに。
学校は義務なのか、と質問してくれたbobuyin990さんは、そんな世間の当たり前に疑問を持ってくれたすっごく嬉しい人です。

「知り合いの友達」さんが学校に行くのを拒んでいるのが「とある事情」であるのなら、まずその事情を身内の方に話してみることからはじめてみてはいかがでしょうか。双方冷静に話し合いできない状態であれば、No.5さんがおっしゃったように、カウンセラーの方に同席してもらうとかして。
勉強なんてしようと思えばどこでもできます。学校以外のフリースクールとかに行っているのを出席日数に数えてくれる場合もあります。大検をとれば大学の受験資格も得られますし。高卒資格だって定時制などに行くという選択肢もあります。
学校に行くことが、結局は本人の心身に悪影響を及ぼし、病気になどなったりすれば、それこそ一大事ですからね。心身ともに健康であることが一番大事ですよ。

ちなみに、中学校を丸まる放棄した私は、その後勉強したいという思いから定時制のような高校に入学、卒業後は大学に進学しております。不登校の友人知人も、けっこうそれなりに人生を歩んでおりますよ。
義務じゃなくて、自分に何が必要かが、結局は重要ってことでしょうか。

長文、失礼しました。
    • good
    • 1

法的なものは 他の方がされているので十分ですよね。



でも 質問者さんの「義務」は 法的なもの以外を指していらっしゃると思うのです。(高校を含めている点で)

「道義的」な義務のことと思います。

No.5さんの書かれているところが 大方と思います。
(社会がそう言う「しくみ」になっているから)

でも、義務教育過程でなければ、
>学校以外の道でつまづいたら、親の責任になってしまいますし。
は、「保護者と子の責任」と考えてます。
(まだ 未成年ですし、子だけの責任にはできません。
本人以外(保護者)が責任取るって言っても どうやって取るのか具体的にわかりませんが・・。責任とれるのかな?本人も責任を取るといっても そのまま 暮らして行くしか無いわけで・・。違法行為をした責任を取るわけでは無いので、道義的な責任となると その範囲は明確ではないし・・・。)
=========================
私は中3のこどもがおりますが、通学しております。
    • good
    • 0

義務教育は本人を学校に行かせるというのでなく親権者が教育受けさせるのが義務ということです。

本人は義務を負いません。したがって本人が拒めば致し方ないことです。その代わり親権者は本人に何らかの教育を施さなければなら無い義務をおっていますので、こ
のため今登校拒否の子供たちを集めた塾に通わす親御さんがいらっしゃいますが法的にはこれでもかまわないことになります。親御さんご自身で教育をなさってもかまいません。要は何らかの形で教育を施す義務が親権者にあるといゆことです。学校にゆかづとも形式上中学卒業になります。従いまして学校に通うことのみが義務教育なりません。将来にわたる利益不利益は親権者の選択となります。高校は義務教育に属しませからここからは本人の選択で決まります。

参考URL:http://www.geocities.jp/hikovent/aoitori/columu/ …
    • good
    • 0

小中は「義務教育」なので義務です。


 ここでひとつ勘違いがあるのですが、この義務は「本人に行く義務」があるのではなく「保護者に行かせる義務」があると言うこと。
本人にあるのは「学校に行く義務」ではなく「教育を受ける権利」です。

 よって、本人が行くことは義務ではありません。
ただ、在籍はしなきゃいけないというかさせられますね。
いわゆる不登校になるのでしょう。
 ちなみに、欠席日数が足りない場合や修得が認定されなかった場合、小中でも進級できない(いわゆる留年)ケースがあります。

なお、高校は義務教育ではないので行かせる義務も行く義務もありません。
    • good
    • 0

本人は能力に応じて等しい教育を受ける権利があります。


保護者には教育を受けさせる義務があります。
高校以降は義務教育ではないので行かなくてもいいです。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B5%C1%CC%B3%B6%B5 …
    • good
    • 0

勘違いしている人が非常に多いですが、「教育の義務」とは「子供に教育を受けさせる義務」という「大人の義務」です。



子供にあるのは「教育を受ける(受けなくても良い)権利」です。

どちらを優先させるかというなら「権利の方」が優先されます。
また、「教育を『学校で』しなければならない」ことはないです。(親が自分で教育すると言う手段もあります。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q義務教育の、義務の、意味を、正しく知っている人、手を挙げて!

義務教育の、義務の、意味を、正しく知っている人、手を挙げて!

Aベストアンサー

知っています。
基本的には保護者が子供に教育を受けさせなければいけない「義務」ですが、同時に国はそのために、誰もが等しく教育を受ける環境を整えなければいけない「義務」を負っています。

Q義務教育である小学校や中学校でも、何回も校則違反をする生徒は、校長から「学校に来ないでください」と言

義務教育である小学校や中学校でも、何回も校則違反をする生徒は、校長から「学校に来ないでください」と言われるんですか?

Aベストアンサー

言われるだけで無く、除籍になります。追い出されるのです。学校側は他の児童・生徒に望ましくない影響を与えている、と判断した場合、追い出す権限があります。この場合何年もの行政訴訟になる方を選ぶか、精神・身体等に障害があると主張して特殊学級に入るかいずれかになります。

Q契約時に「法定相続人」の意味を説明する義務は?

私の従姉妹が年金保険を契約しました。死亡給付金の受取人には父親を指定してあったのですが、その父親の方が早く亡くなってしまったため、後日、受取人の名義変更をすることになりました。
ところがこの時に新しい受取人を「法定相続人」としてしまったのです。
父親が死亡した時点で彼女にはもう、法定相続人は存在していないのですが、おそらく言葉の意味を理解しないまま、名義を変更してしまったのだと思います。これが五年前のことです。
彼女は今年の春亡くなりました。医師から末期癌であることを宣告されており、死後の財産の処分を検討している中で、手伝っていた彼女の友人が、受取人不在であることに気がついてくれました。いそいで名義を変更しなくては、ということで、保険会社の担当の方に病床まで来てもらい、名義変更をお願いしたのですが、それには時間がかかるという返事でした。それならばいっそのこと解約したいと申し入れたのですが、結局彼女はその一日半後に亡くなってしまい、解約の手続きも間にあいませんでした。
解約して現金化されていれば、そちらの遺贈先は遺言状で指定されていたのですが、現在この死亡給付金の受取人も、請求の権利を有する者も、はっきりしない状態です。
保険会社とは協議中なのですが、私としてはなんとなく、これまでの経緯に釈然としないものを感じています。しかし詳しい知識もありませんので、感じている疑問が妥当なものかどうかが判断できません。そこでお尋ねいたします。
・そもそも最初の名義変更の時点で、担当者が「法定相続人」の意味を詳しく説明する義務があったのではないか。
・死の直前、明確に解約の意思を伝えていることを以て、たとえ事務的な手続きが間にあわなかったとしても、解約が認められるべきではないのか。
一般論として、どのようなものなのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。

私の従姉妹が年金保険を契約しました。死亡給付金の受取人には父親を指定してあったのですが、その父親の方が早く亡くなってしまったため、後日、受取人の名義変更をすることになりました。
ところがこの時に新しい受取人を「法定相続人」としてしまったのです。
父親が死亡した時点で彼女にはもう、法定相続人は存在していないのですが、おそらく言葉の意味を理解しないまま、名義を変更してしまったのだと思います。これが五年前のことです。
彼女は今年の春亡くなりました。医師から末期癌であることを宣告...続きを読む

Aベストアンサー

法定相続人がいない時は代襲相
続できますので・・・

代襲相続で検索下さい

父母の直系尊属が、兄弟姉妹が死亡している場合には、兄弟姉妹の子
(被相続人の甥姪まで)が各々の相続権を引継いで相続人になります

さて、契約時に「法定相続人」の意味を説明する義務は?

常識的に知っている内容と思われるので、特に説明義務は無いと思われます
 学校でも習いますよ、したがって知っていると思われるのが妥当だと思います
 

 通常は、法定相続人いるのかどうかは、契約者しかいません
 ただ、契約者が法定相続人意味が判らなく説明を求めたらならば当然説明義務は発生します
 それをおこたったのならば別ですが・・・

 代襲相続できますので・・・知らべて処理下さい

 

Q各学校の部活動について、最低でも中学校は週2日、高等学校で週1日は休みを取ることが義務化されるそうで

各学校の部活動について、最低でも中学校は週2日、高等学校で週1日は休みを取ることが義務化されるそうですが、これは私立の高校にも当てはまりますか?

Aベストアンサー

県教委が決めるにしても、許可を出すのは、文科省ですけど。

Q義務○○局とは

義務航空機局とか義務船舶局などと無線の世界で言ったりしますが、この義務○○局とはういう意味なのですか?
いろいろ探しているのですが明確な答えが見つかりません。

Aベストアンサー

 船の場合、船舶安全法で無線局を設置する義務がある船舶の無線局です。この無線設備を運用するには無線従事者の免許だけでなく、船舶局無線従事者証明が必要となります。
 電波法ではなく、船舶安全法に規定されるものですのでそちらを調べてみてください。

Q義務教育の「義務」について

日本の義務教育は
「保護者は子供に教育を受けさせる義務がある」
「子供には教育を受ける権利がある」
という事ですよね?(合ってますか?)

特別な事情が無ければ、小学校、中学校に通いますが、「義務だから仕方ねーよなー」と言う子供は、なぜこのような気持ちになるんでしょう?

義務があるのは保護者なのに、自分自身の義務と勘違いしているケースが多い気がします。(私もそうでした)

権利と言いながら辞退できませんよね。辞退したら登校拒否なんて問題になってしまいます。やりたくも無い勉強をしなければならない。(未熟だから保護者が管理してあげなければならないって事ですか?)

本当に権利なんでしょうか?義務教育とは何ですか?

Aベストアンサー

>なぜこのような気持ちになるんでしょう?
義務教育課程が「なぜ」あるのかを大人が教えなさ過ぎるから。

>義務があるのは保護者なのに・・・。
保護者自身(憲法解釈では、国民が)でも こども自身の義務教育と勘違いしている人がいる。

>辞退したら登校拒否なんて問題
「問題」と言うところがビミョーですが・・。
=============
民主主義なので、国民に主権があるので、ひとりひとりが独立して物事を考える力をもっていなければ困ります。
民主主義な国家を将来的にも継続するためには、(義務)教育が必要です。
未来は、こども(次世代)そのものですから。

但し、現在の日本の義務教育の内容が
・社会(将来)への連続性や 相互作用を十分に意識しながらのものであるか?
は 疑問なところです。
(もちろん 完全な教育カリキュラムなど存在しないですが・・。)

と 自分のこどもには 小学生の頃から言い続けている40代のオヤジだす。

Q英語ではなく外国語が義務教育?

昔の質問の続きですが
http://okwave.jp/qa4870404.html
いまいちよく理解していないのですが
英語は義務教育ではないが
外国語の勉強が義務教育?(必須科目?)で
たまたま英語を選択する小学校、中学校が多いだけなのでしょうか?

また必須科目と義務教育とは同じ意味ですか?
ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>英語は義務教育ではないが
外国語の勉強が義務教育?(必須科目?)で
たまたま英語を選択する小学校、中学校が多いだけなのでしょうか?

簡単にいえばそういうことですね。
必須科目は、あくまでも「外国語」であり、「英語」ではありません。

そのため、一部の私立中学や私立高校では、「英語」のほか、
「中国語」や「ドイツ語」、「フランス語」の授業をしているところもあります。

中学や高校の教員免許も、
「英語」、「中国語」、「ドイツ語」、「フランス語」
と、細かく分かれており、

教育職員免許法では、
・「英語」の免許しか持っていない教員が、他の言語の授業を担当することは、原則として認めない。
・英語以外の免許しか持っていない教員が、「英語」の授業を担当することは、原則として認めない。
となっています。

>また必須科目と義務教育とは同じ意味ですか?

厳密にいえば、少し違います。

・義務教育→日本国民なら、だれでも受けなければならない最低限度の教育

・必須科目→学校を卒業するために、全員が必ず勉強しなければならない科目

例えば、技術や家庭科の場合、

昭和63年までは、
中学男子→技術、中学女子→家庭科
高校男子→体育(6単位)、高校女子→家庭科(2単位)+体育(4単位)
となっており、どちらか片方のみ勉強すれば卒業出来ました。

平成元年の改正で、
それ以降は、
中学男子&女子→最低でも、技術から2分野、家庭科から2分野、合計4分野を必ず勉強すること。
高校男子&女子→卒業までに必ず、家庭科を勉強すること。

となり、男女関係なく、技術も家庭科も勉強しなければ卒業出来ない
という風に変更されました。

そのため、今では、全ての男子校で必ず家庭科の授業を行っていますし、
全ての女子校で、技術の授業を必ず行っています。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/daigaku/08082104.htm

>英語は義務教育ではないが
外国語の勉強が義務教育?(必須科目?)で
たまたま英語を選択する小学校、中学校が多いだけなのでしょうか?

簡単にいえばそういうことですね。
必須科目は、あくまでも「外国語」であり、「英語」ではありません。

そのため、一部の私立中学や私立高校では、「英語」のほか、
「中国語」や「ドイツ語」、「フランス語」の授業をしているところもあります。

中学や高校の教員免許も、
「英語」、「中国語」、「ドイツ語」、「フランス語」
と、細かく分かれており、
...続きを読む

Q学校の呼称について・・・小学校、中学校

日本の学校の呼称として、「小学校、中学校、高等学校、大学」と続くのですが、以前から違和感を持っています。まず、小学校=小さい学校、中学校=中ぐらいの学校、と「大きさ」で分けています。
そして、高等学校=程度の高い学校、大学=大きく学ぶ、といった具合で、一貫性がないと思われるのです。大学は学校なのに「学校」の文字が付きません。

どうしてこのような呼称を付けたのでしょうか。
英語では、初等学校、下級高等学校、上級高等学校、というように学ぶレベルで名付けているようですが・・。

Aベストアンサー

日本では小学校は初等教育
中学校は前期中等教育
高校は後期中等教育
大学は高等教育と分けられています。
小学校、中学校は基礎となることを学び
高等学校では進路に応じて高度な普通教育教育及び専門教育を学びます(学校教育法 第50条)
そして問題の大学ですが大学は深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。(学校教育法 第83条)

ですから質問者さんが言っていた「大学=大きく学ぶ」ではなく、学んだことをより大きくしていく学校なので大学と言うんだと思います

Q責任と義務

 麻生前首相が、
「***について、『責任と義務』があると、私自身はそう思っております。」
といった趣旨の発言をされていました。
ここでいう「責任と義務」とは、どういう違いあるのでしょうか?
それぞれの意味は、なんとなく理解できるのですが、
義務はすべきということ、責任は、できなかった場合に責めを負う、というで、
並べて使った場合には、重複があると感じています。

Aベストアンサー

的確な回答でないかもしれませんが。
「責任はあるが義務は無い」
場合、
やらなくても良いけど責任は取れ

「義務はあるが責任は無い」
場合、
やらなければならないが、責任は取らなくて良い

となるのではないかと。
要するに、責任者と担当者が同じですよと言うことでしょうか?(普通の会社であればそう言う解釈だと思います。)

Qなぜ小学校、中学校などの学校の先生になりたいのか

私は学校の先生になりたいと思ったことが全くありません。
なぜ教員志願者は教員になりたいと思うのでしょうか。どこで触発されたのか、給料、やりがいなど教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、教えるのが好き、子供が好き。まぁ、分からないではありません。これは初等と女子に多い。
3位は、自分に合った職業だと思う。

2位と3位は教員の子供が比較的回答する項目です。親をみていてそう思うのでしょうか。

困ったちゃんですと
・部活の指導がしたい。これは体育の免許を取得しようという学生に多い。要するに部活が指導できれば免許は何でもいいという阿呆です。
・別の大学志望だったが、落ちたので。という学生も無論います。これは理系に多い。こういう学生は教員は「滑り止め」で本音としては、大学院でどこか理系のラボにいきたいと考えている場合が多いです。

もちろん就職という話ですから、公務員としての安定性だとか賃金のことなども背景にあることは当然でしょう。特に芸術系・技能系の学生ですと、例えば「本当は音大(美大)に行きたいけれど、将来食えるかどうか不安なので」という心情はあると思います。それを「きれい」に語れば、3位の「自分に合った」という回答になるのでしょうね。

その辺は、普通の学生と変わりません。

私は教員養成系大学の教員なので、この辺りはよくアンケート結果を見ます。

1位は、自分が出会った先生が良くて、その先生のようになりたいという回答ですね。意外かもしれませんが男子に多い。「良かった」という意味は色々で
・小中学校の場合は、トラブルがあったときに助けてくれた、クラスが楽しかったなど生活面での話が多い
・中高で出会った先生だと、その教科の教え方が上手で、よく分かった、好きになったなど学習の話が多くなる(社会と理科、英語の免許を取得しようとする学生に多いかな)

2位は、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報