一万円札を作るのには数十円でしたっけ?その差益はどこに行くのでしょうか。(一円玉は1.3円かかるから発行差損?)紙幣と硬貨では違うのでしょうか。硬貨は財務省の、つまり政府の「儲け」になるのでしょうか。もしそうなら国家予算のどこに書いてあるのでしょうか。
それとも新しい貨幣は古い貨幣と交換するだけで、発行経費だけが発生するのでしょうか。でもその場合貨幣の総流通量が摩耗や退蔵などによって漸減しますよね。
実は二十年前ぐらいからずっと疑問に思っていることです。

A 回答 (5件)

>日本銀行の手元に残る、ということでしょうか。



 「法人税」というと語弊がありましたね、失礼しました。日銀自身の自己資本比率を高めるための積立金にある程度まわって、残りが日銀納付金という形で国庫に納付されます。

 日銀納付金が年々低下していることが、国会でもけっこう問題になってます。十四年度から十五年度に比べると4580億、二年間で合わせて1兆3430 億ぐらいマイナスになってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々回答を頂き有難うございました。納得しました。
日銀の独立性からいって政府でも「カネがないから少し印刷するか」というわけにはいかないのでしょうね。

お礼日時:2005/04/08 18:15

> その利益そのものはどこに行くのか知りたいのですが、日本銀行の手元に残る、ということでしょうか。



平成14年の日銀の決算

利益(当期剰余金)5944億円

利益処分
法定準備金891億円
配当金500万円
国庫納付金5053億円
合計 5944億円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よくわかりました。

お礼日時:2005/04/08 18:12

#2再登場です。



>中央銀行から政府へということですが、日本の場合国家予算にはどのような項目でカウントされるのでしょう?

日銀も法人税を納めています。

この回答への補足

法人税は法人の利益に対してその一部を国家が取り上げるわけですよね。その利益そのものはどこに行くのか知りたいのですが、日本銀行の手元に残る、ということでしょうか。

補足日時:2005/04/08 10:45
    • good
    • 0

 貨幣の発行利益は、各国の発券銀行=たいがいはその国の中央銀行、の利益になります。


 中央銀行は、物価を安定させる使命を持っていますので、経済発展の規模を超えない範囲でしか貨幣量を増大させられません。日本のように成長率が鈍化した国ではこの貨幣の発行利益はあまり問題にならないのですが、成長はじめたばかりの発展途上国の政府や、米ドルのように国外でも流通しているような通貨では、馬鹿にならない利益が中央銀行通じて政府に入ってきます。

 詳しくは「シニョレッジ」で検索をかけてみてください。

この回答への補足

中央銀行から政府へということですが、日本の場合国家予算にはどのような項目でカウントされるのでしょう?

補足日時:2005/04/08 10:15
    • good
    • 0

紙幣の発行益は日本銀行に帰属します。



参考URL:http://www.boj.or.jp/oshiete/money/05100001.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上原価と製造原価について

製造業で損益計算書の売上原価と製造原価報告書の当期製造原価の違いは何でしょうか?
売上原価の中に、製造原価は含まれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

製造原価報告書の当期製造原価は、当期の製品完成高を表します。

損益計算書の売上原価は、当期以前に完成した製品の内、当期に売上げられた部分を表します。

算式で示せば次の関係となります。
 期首製品棚卸高+当期製造原価-売上原価=期末製品棚卸高

期首、期末とも製品の在庫がゼロの場合は、当期製造原価と売上原価は同額となる関係です。

Q貨幣や補助貨幣が流通手段として使われるのは何故か

経済学に関してです。
(1)金本位制度であっても、貨幣や補助貨幣のような価値章標が流通手段として使われるのはなぜか
(2)銀行の果たす役割

資料をみても全然わかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

1)いくつかの視点があります。
1-1)
  貨幣は巨大な額から些少な額まで明確に表現できます。
  たとえば1円を金で表現すると物凄く扱いにくい事になりますし
  そもそも貴金属は重いですし流通させるにはあまりに貴重すぎます。
  ただ、仰るとおり昔は丁銀というものがあり、これは銀の延べ棒なのですが
  面白いのは必要に応じて決済時に適当な長さで切断して流通させました。
1-2)
  貨幣は、発行者に巨大な利益をもたらします。
  これは貨幣発行益、またはシニョリッジという言葉で検索すると出てくると思いますが
  簡単に言えば価値創造、信用創造と呼ばれる経済行為の一例です。
  厳密には違いますが、身近な例では、ポイントカードや商品券が挙げられます。
  ポイントや商品券はお金ではないので、お金(価値)に変えれば
  自分が発行した数字や紙切れ(無価値な有価証券)をお金(価値)に変える事ができます。
  この価値は自分の資本として利用でき、少ない資本で大きな事業を維持できます。
  貨幣はこれを国家規模でやっているもので、金利との併せ技で国家に
  巨大な利益をもたらします。自分で無尽蔵に価値を作れるので国家は破産しないのです。
  特にドルそのものが世界中の決済手段として需要がある米国が顕著でしょう。

2)これも色々な視点があります。
2-1)中央銀行のカネを市中に流通させる。
2-2)市中のカネを必要なヒト(自然人・法人)に流通させる。
2-3)特に日本の場合、国債を買う。
2-4)取引先に経営指導を行い、経済を安定させる。
2-5)昔は、株式持合いの中心的役割を果たし、擬似的なコンツェルンの中核機能を果たした。
2-6)人材を教育し、金融業界に供給する。

こんなところでしょうか。
銀行のやってることの中身は果てしなく地味ですが、果たしている機能は極めて重要です。
一言で言えば、カネという血液を国内に充満させる心臓のような役割でしょうか。

こんにちは。

1)いくつかの視点があります。
1-1)
  貨幣は巨大な額から些少な額まで明確に表現できます。
  たとえば1円を金で表現すると物凄く扱いにくい事になりますし
  そもそも貴金属は重いですし流通させるにはあまりに貴重すぎます。
  ただ、仰るとおり昔は丁銀というものがあり、これは銀の延べ棒なのですが
  面白いのは必要に応じて決済時に適当な長さで切断して流通させました。
1-2)
  貨幣は、発行者に巨大な利益をもたらします。
  これは貨幣発行益、またはシニョリッ...続きを読む

Q製造原価・製造原価率について

昔、簿記3級を取得したことがあるのですが、全く覚えていません。
今回お聞きしたいのは簿記検定ではなく、実は初級シスアドに出てくるものなのですが、
簿記の分野で質問させて頂きたいと思います。
★印部分を教えてください。

製造原価と製造原価率がイマイチよく分かりません。
★製造原価とは「製造単価×生産数」で、
製造原価率とは「販売単価に対する率」でいいのでしょうか?
★製造原価率は売上に対する率であることもありますか?
そのような問題があったような気がして気になってます。
問題によっていろんなパターンがあると思いますが、
頭がこんがらがって分からないです。。。

例えば下のような商品Pの総利益を求める問題
販売単価r円、製造原価率10%、販売に必要な営業費は販売額の30%、販売計画数はα個、販売実績数はβ個である場合、
完売できた場合と実績の総利益を求めるのですが、
答えは【完売できた場合】0.6×r×α【実績】0.7×r×β-0.1×r×αと
なっており、解説を読むと理解はできたのですが、解説によると
総利益=販売額-製造原価-営業費で、この式と販売額と営業費の
出し方は問題を読んだ時点で分かったのですが、製造原価を
どうやって求めたらよいか分かりませんでした。
製造原価=1個あたりの製造原価×生産数であり、製造原価率が10%(販売単価の10%)であるから、
製造原価=販売単価×0.1×生産数と書いてありました。
★1個あたりの製造原価→製造単価と考えてOKでしょうか?
あと、簡単に解けるようなアドバイスがありましたらお願いします。
ド素人ですので、できるだけ簡単に分かりやすい説明を宜しくお願い致しますm(T-T)m

昔、簿記3級を取得したことがあるのですが、全く覚えていません。
今回お聞きしたいのは簿記検定ではなく、実は初級シスアドに出てくるものなのですが、
簿記の分野で質問させて頂きたいと思います。
★印部分を教えてください。

製造原価と製造原価率がイマイチよく分かりません。
★製造原価とは「製造単価×生産数」で、
製造原価率とは「販売単価に対する率」でいいのでしょうか?
★製造原価率は売上に対する率であることもありますか?
そのような問題があったような気がして気になってます。
問題...続きを読む

Aベストアンサー

本来、製造原価には原料費、固定費、変動費、一般管理費等が含まれるのが一般的です。ですから、元々の問題の解釈が正しいことになります。seroさん宛の御礼に書かれた問題を作成された人は、原価と言うことで原料費だけを考えたのでしょう・・・。

Q1ドル=360円になるまで紙幣を大量発行したとしたら国債は全部返せますか

政府が紙幣を大量発行したとして借金を全額返せるのはどのぐらいすったときでしょうか

Aベストアンサー

その前に国がIMFの管理下に入ります。
貴方が一人で生きられないように、日本も一国だけで存在しているわけではないのです。
他国と商取引して経済活動をしています。

その日本が勝手にお金を発行して紙幣価値を下げ続けたら、世界経済に
破滅的な危機をもたらします。アメリカのサブプライムと同じように…
そうなる前に、施政能力を失った政府はIMFの管理下に入るでしょう。

日本には借金もありますが、それを上回る資産を持っています。
片方だけ見ないで、バランスシートと同じように、両方見てください

Q飲食店の製造原価に含まれる人件費について

飲食店の製造原価に含まれる人件費について質問させていただきます。

会計上(税務上ではありません)、飲食店の厨房スタッフの人件費は製造原価に含まれると思うのですが(←間違っていたら指摘してください)、ホールスタッフの人件費は製造原価に含まれるのでしょうか?
それとも、製造原価には含まれず、販管費で処理されるのでしょうか?

ご回答、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

>ホールスタッフの人件費は製造原価に含まれるのでしょうか?
 それとも、販管費で処理されるのでしょうか?

会計上も決まりはありませんよ。これは masakan-de様が人件費をどう捉えるかによります。

一般的には、売上原価は売上高との個別対応・販管費は期間対応とされます。ですので、これに従えばホールスタッフは販売費や店舗の維持管理というよりも売上高と関連付けるほうが相応しいと思われますので売上原価とすべきものと考えます。
また、飲食業であればFLコストを意識すると思いますが、この指標自体が売上高との直接対応をもとに考えられておられますので、この点からも売上原価にされた方が内部管理的にも計数管理的にもし易いと思います。(帳場のような部門は販管費とされた方が宜しいです。)

ご参考にしていただけましたら、幸いです。

Q硬貨と紙幣について

昨日中学校で金融のことを習ったんですが、

財務省が硬貨を作って、紙幣は日銀が作っている。
そして日銀が硬貨も紙幣も発行している。

と習いました。
何故発行するのは日銀なのに
硬貨と紙幣はそれぞれ違うところで作っているのでしょうか。
作るところが違うことで利益があるから、だと思うんですが・・・
ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

紙幣の発行=日本銀行
硬貨の発行=日本国政府です。

紙幣は「日本銀行券」と言います。
硬貨は日本銀行券だけでは円滑な取引が出来ない為に
作られた「補助貨幣」です。

どちらも、新たに発足した独立行政法人が発行・製造を担当しています。
紙幣=印刷局(紙幣だけ作っているわけではない)
硬貨=造幣局(硬貨だけ作っているわけではない)

個人的には、1法人でも良いとも思いますね。
印刷屋と金属加工屋と言ったところでしょうか。

「経営統合」という言葉を聞いた事があると思います。
民間では、どんどん実施されています。
こちらでも統合出来る部分があると思うのですがね。
結局は役人のポストを残しておきたいからでしょうか。

財務省の内局から独立行政法人と名を替えただけの組織であると考えます。

Q自動車の製造原価

車のエンジンシリンダーヘッドでも最近では製造原価がとんでもなく安く、下請け業者さんは可哀想だなと思います。で、それを基準にして車の製造原価を計算していくと軽自動車で製造原価20万ぐらいで作れるのではと思いましたが、実際はどうなんでしょうか?詳しい方がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

一般的な製造業での売上総利益は20%から25%くらいです。自動車会社は組み立て製造業で売上総利益はせいぜい30%から35%くらいでしょう。それから逆算して製造原価は定価の60%くらいはあるでしょう。
最近の傾向としては労賃の安い極東地域や東南アジアに進出して部品も現地調達という生産シフトをしいているようです。日本国内の下請けさんが競合するには、自分のところも現地に行って部品の生産をするか、供給者として安い仕入先を現地で探して自動車会社に納めるとかしないと生き残りにくくなっています。
したがって消費者に売る値段から見ると製造原価の比率は変わっていないです。

Q硬貨は「日本国」紙幣は「日本銀行券」 どうしてですか?

硬貨には「日本国」との表示がありますが、
紙幣には「日本銀行券」との表示があります。
これは、同じ意味合いですか?
「日本国」=政府
「日本銀行券」=日銀または大蔵省
の意味のようにおもうのですが。
謂れをご存知の方がいらしたら、詳しく教えてください。
お願いいたします。

Aベストアンサー

歴史上の名残です。
もともと日本国政府は「金貨」と「銀貨」を発行していました。
政府が現在でも硬貨を発行しているのはその名残です。
そのほかに、金貨・銀貨に交換できない不換紙幣も発行していました。

銀行券ですが、もともと各銀行がそれぞれに発行していましたが、日露戦争の時に、戦費調達のためとインフレを避けるために、政府紙幣と各銀行の銀行券は発行を停止され、日本銀行券のみとなりました。
http://www.boj.or.jp/type/list/nenpyo/nenpyo.htm#1800
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E9%8A%80%E8%A1%8C%E6%9D%A1%E4%BE%8B

もともと、銀行券を発行するために創立されたのが旧国立銀行(旧第一銀行がみずほ銀行)です。
日本銀行自体は、西南戦争後のインフレ収集のため創立、日露戦争時に事実上国有化されています。
http://www.boj.or.jp/tour/b/kyukan/rekishi1.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E9%8A%80%E8%A1%8C_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)

歴史上の名残です。
もともと日本国政府は「金貨」と「銀貨」を発行していました。
政府が現在でも硬貨を発行しているのはその名残です。
そのほかに、金貨・銀貨に交換できない不換紙幣も発行していました。

銀行券ですが、もともと各銀行がそれぞれに発行していましたが、日露戦争の時に、戦費調達のためとインフレを避けるために、政府紙幣と各銀行の銀行券は発行を停止され、日本銀行券のみとなりました。
http://www.boj.or.jp/type/list/nenpyo/nenpyo.htm#1800
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9...続きを読む

Q製造原価の保険料について

現場で使うトラックの保険料を製造原価の保険料にしていいのでしょうか?
それに伴い、トラック購入時の重量税なども製造原価の租税公課にしていいのでしょうか?

製造原価の経費と販売管理費との仕訳でいつも悩んでしまい、最終的には現場で使うものは製造原価の科目にしているですが、この考え方でいいのでしょうか?

後、建設組合に払っている労災保険があるのですが、これは今まで販売管理費の保険料にしていました。
しかし、上の考え方でいきますと製造原価の保険料になるような気がしてしまいます。
私は最近引き継いだばかりなのですが、去年と同じように仕訳をしたほうがいいのでしょうか?

基本的な事だとは思いますが、誰にも聞けずに困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

製造原価で良いです。
トラックは製造のために使用しているのですよね?
保険料は、そのトラックのために支払っているのですよね?
でしたら、製造原価です。

労災保険料も同様です。
人件費は「労務費」「人件費(販売管理費)」に分けられます。
製造に携わる人の人件費は「労務費」で、製造原価になります。
その労務費に対応する労災保険料も製造原価です。

Q非流通紙幣が一気に市場にながれると極度の円安になると思うのですが

 そんな事態というのは、考えられないでしょうか?
日銀が、円を買い支えをしてもどうにもならないと思います。
 最悪通貨の切り下げですね

Aベストアンサー

「非流通紙幣が一気に市場にながれると極度の円安になると思うのですが」
これは確かに、円安になります。
次の「そんな事態というのは、考えられないでしょうか?
日銀が、円を買い支えをしてもどうにもならないと思います。
 最悪通貨の切り下げですね」なんですが、これは、まず、用語の使い方なんですけど、円は、主要通貨に対して、変動相場制をしいていますので、切り下げということは、起きないんです。為替市場の介入しかありません。では、日銀が為替介入して、駄目かというと、日本が沈みかけたアジア通貨危機の際、為替介入を行い、買い支えています。日本大手金融機関の破綻、大企業の倒産、マイナス成長、どう考えても、危機的状況でした。株も売られ、国債も売られ、通貨も売られ、いわばトリプル安状況が、私の記憶でも、数度ありました。通貨の下げの原因は、ヘッジファンドの売りで、また、低金利かでもあったため、確かに、外貨預金等にわまった資金はあったと思うのですが、通貨暴落に油を注ぐ様なインパクトまで至りませんでした。当時の、著名な為替ディーラーなどは、180円まで行くなどと言っていましたが、そうなっていません。なぜか?やはり、経済力でしょう。あのレベルまで悲観的な経済状況ではありましたが、沈没まで至らないと、我々国民も、経済界、金融界も考えていたから、資金の海外シフトをやらなかったし、無責任ではあるものの、政府も完全に信頼できない経済、財政政策を取ったわけではなかった。従って、日本経済を見限るまで、為替市場は反応しなかったし、為替市場の防御も、ある程度成功したという事ではないでしょうか?

「非流通紙幣が一気に市場にながれると極度の円安になると思うのですが」
これは確かに、円安になります。
次の「そんな事態というのは、考えられないでしょうか?
日銀が、円を買い支えをしてもどうにもならないと思います。
 最悪通貨の切り下げですね」なんですが、これは、まず、用語の使い方なんですけど、円は、主要通貨に対して、変動相場制をしいていますので、切り下げということは、起きないんです。為替市場の介入しかありません。では、日銀が為替介入して、駄目かというと、日本が沈みかけたア...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報